リスティング広告を少額で始めるべき4つの理由と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
リスティング広告 少額

リスティング広告を始めるか検討してる方は最初に予算のことで悩むことも多いのではないでしょうか。多くの予算をかけれないけれども、リスティング広告などのネット広告を出してみたいという方も多いと思います。少額でも広告を出稿できるのか、やって意味があるのかということをよく聞かれます。

結論から言うと、リスティング広告は少額から始めるべきです。最初は1万でも5万でも少額で試すことで、自社の商品・サービスのネット上での市場感がわかり、適切な予算設定ができるためです。運用するうえで必要なデータを把握していることで、その後の施策も勝率が上がります。

特に広告費に使用できる予算が限られている企業や、初めてネット広告を出稿しようと考えている人、テストマーケティングをしてみたい人は、少額で始めた方がいいので、絶対に読んでみてください。リスティング広告を運用する代理店で勤務する筆者がリスティング広告を少額で始めるメリットや具体的な始め方を解説していきます。

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)


1万円でリスティング広告を始め、問い合わせ獲得に成功した事例

リスティング広告 事例

A社の場合、もともとサイト制作中に、せっかくサイトを作るなら集客も一緒にしたいと思い、まずは1万円からリスティング広告を出稿してみることにしました。1万円という少ない出稿金額にもかかわらず、実際に広告を通して問い合わせがあり、電話での問い合わせも増加しました。

リスティング広告が自社に合っているとわかったA社はその後広告費を増加させていきます。獲得単価の調整などに苦労することもありましたが、これ以上越えることができないという獲得単価を超えることなく、問い合わせの増加に成功しました。

またリスティング広告で見込み顧客がどんなキーワードを検索しているのかわかったため、サイト改善に活かすこともできました。A社はリスティング広告の結果を他のWebマーケティングにも活かして問い合わせを増やしていったのです。

A社の成功要因は
・少額でもチャレンジして自社のサービスの反響を見てみたこと
・リスティング広告を出稿して把握できたことをサイト改善に役立て、成果に繋げたこと

ということが考えられます。

リスティング広告は予算を多額にかけて始めることが正解なわけではありません。むしろ最初は少額からチャレンジし、改善しながら徐々に予算を上げていく方がいいです。

少額で始めるべき理由と注意点

少額で始めるべき4つの理由:自社の商品がネットに合っているのかわかり、他の施策にも活かせる

1.まずはリスティング広告で自社の商品がWebマーケティングに合っているのか確認

広告を出したからと言って、必ずしも成果が出るとは限りません。まずは自社の商品・サービスがネットでおこなうマーケティングに合っているのか確認しましょう。一般的に利益率が高い商品やリピート率が高い商品は、リスティング広告と相性がいいと言われています。

また、まだ広告を出す段階ではない企業もあります。せっかくお金をかけて広告を出してサイトにユーザーを呼び込んでも、サイト自体に問題があると問い合わせなどの成果につながりません。サイトに課題がある場合、広告を出すよりもサイト改善からおこなったほうがいいです。まずは商品とネットの相性や自社でおこなうべきマーケティング施策の段階を把握しましょう。

参考:リスティング広告と相性の悪い商品・サービスとは?

2.広告を出してみることで、実際の検索ボリュームがわかる=市場感がわかる

どんなに広告を出しても、それを求めるユーザー数がほとんどいない場合、広告を出す意味がありません。リスティング広告を出すことによって、自社の商品に関するキーワードを検索しているユーザー数がどのくらい存在するのかわかります。この検索ボリュームの把握をすることによって、ネット上での自社サービスの市場感がわかります。

3.正確なクリック単価を把握できる

指定したキーワードがどれほどのクリック単価、獲得単価になるかわかる無料ツールもありますが、それでは業界ごとの特徴を把握する程度に使用することをおすすめします。これらの単価は主に業界によって傾向が分かれますが、些細な条件の変化や組み合わせの仕方によって、大きな変動があります。

例えば、クリック単価が高く700円ほどかかると言われている人材業界でも、「博多」などの地名を掛け合わせることでクリック単価を200円ほどに下げられます。逆に想定していた単価よりも大幅に高くなってしまうことも多いです。

リスティング広告の各単価は些細な条件によって結果が大きく異なってしまうので、こんなはずではなかった、ということにならないためにもまずは正確な数字を把握することが重要です。

参考:有料広告を始める前に知っておきたい クリック単価の事実と相場とは!?
参考:リスティング広告の予算・目標CPA・獲得件数の設定方法

4.他のWebマーケティング施策にも活かせる

もし広告を出稿した結果を見て、リスティング広告をやめると判断した場合も、このリスティング広告を出稿してわかったキーワードはSEO対策や、他の広告文、チラシ作成にまで活かすことができます。

なぜかというとリスティング広告では見込み顧客の一番顕在的なニーズを把握することができるためです。もっとも顕在的なニーズを把握しておくと、潜在的なニーズにも対応することができます。

顕在層と潜在層

例えば、ワンピースを購入したい顕在層のユーザーは「ワンピース 購入」と検索します。しかし潜在層ユーザーは「洋服 購入」と検索したり、「20代 女性」というバナーに分類されて広告を見ているかもしれません。ここでワンピースを購入したいユーザーのニーズを把握していると、その下層の「洋服 購入」や「20代 女性」の層にアプローチするときにも活かすことができます。

少額で始める際の注意点:緊急性が高い場合や、キャンペーンなどには向かない

キャンペーンなど集中して集客を行いたい場合は向かない

緊急性が高い場合や、期間を限定している場合は少額からおこなうことをおすすめしません。期間が限られている場合は、高額で始め一気にデータを蓄積する方が望ましいでしょう。

件数を大幅にとることは望めない

少額から始める場合、大幅に問い合わせ数などを増やすことは見込めません。大幅な獲得数増加が必要な場合は、予算も多めに始めた方がいいです。

データをためるのに時間がかかる

少額からスタートする場合、低リスクですがその分データを蓄積するのにも時間がかかります。スピード感をもって施策を変えていきたい場合はデータを蓄積するのに時間がかかるため、施策を判断するのにも時間が必要となってしまうため、少額で始めるのは避けた方がいいです。

リスティング広告の始め方

リスティング広告は自分で運用する場合と、代理店に任せる2通りがあります。代理店に任せる場合は、効果の改善をアドバイスしてもらえるので、結果に繋がりやすいです。逆に自社で運用する場合は固定費などがかからないのがメリットです。

メリット・デメリット

代理店に任せる:忙しく時間がないけれど、効果を改善していきたい方向き

任せるメリット

・効果の改善をアドバイスしてもらえる。
・自社に合った他のWebマーケティング施策を提案してもらえる場合もある。
・細かい設定や管理から解放される。

代理店を選ぶ際のポイント:少額でもしっかりと対応をしてくれ、商材の幅が広い代理店を選ぶ

・基本的な対応をしっかりしてくれる代理店を選びましょう。
少額の予算だと毎月の報告などもなく、アカウントの状況がわからない場合もあるので、初期の段階で現状の報告などをしてくれる代理店か判断しましょう。質問に答えてくれる、現状の報告をしてくれるなどの基本的なことをしてくれるかが重要です。

・商材の幅が広い代理店
もし自社のマーケティングにかけられる予算が少ない場合、リスティング広告よりも予算をかけた方がいい施策があるかもしれません。その時にリスティング以外の他の商材も含めて提案してくれる代理店の方がいいでしょう。もしも代理店で扱っている商材が少ないと、その中の施策しか提案してもらえないかもしれません。なので、扱っている商材の幅が広い企業を選びましょう。

参考:リスティング広告代理店、成果を出せる代理店を選ぶ11個のポイント

自社での運用:手数料や固定費をとことんおさえたい方は向き

自分でおこなうメリット

・固定費や、初期費用がかからない。
・手数料(およそ20%)がかからない。
・スピード感のある運用がしやすい。

少額で運用するときに注意するポイント:ターゲットを絞り込み、商材やキーワードを増やしすぎない

・ターゲットをしっかり把握する
限られた予算の中では無駄うちをすることは余計にできません。ターゲット選定をしっかりして効果的に広告を出せるようにしましょう。

・複数のキャンペーン、複数の商材を試そうとしない
限られた予算の中でよくばり、多くの商材をアカウント構成に入れてはいけません。クリック数やCV数に差がつかなくなり、何が効果的なのか把握できなくなります。試したい商材を絞り込んで施策をおこなってください。

・Bigキーワードはいれない
Bigキーワードはユーザーの顕在的なニーズではなく、潜在的なニーズを含みます。少額から始める場合は獲得に確実に繋げるため、顕在的なニーズを狙った方がいいです。そのためBIGキーワードではなく、検索回数は少ないが、ユーザーの顕在的なニーズを含むテールワードを入れましょう。

とはいえ、リスティング広告を実際に自分で始めてみても結果に繋がらず、貴重な予算を活かせていない方も多く見てきました。なので、始める際に最初の設定や効果の改善をアドバイスしてもらえると、結果に繋がりやすく予算を有効活用できます。

参考:リスティング広告の運用|最低限押さえておきたい運用7つのポイント
参考:インハウスリスティング|事例で学ぶ成功/失敗を分ける5つのポイント

まとめ:リスティング広告は少額で始めるべき

いかがでしたか。リスティング広告を最初は1万でも5万でも少額で試すことで、自社の市場感がわかり適切な予算設定ができます。まずは少額でもチャレンジして始めてみることで、その後自社がWebマーケティングでどのような施策をおこなっていくべきかがわかります。ぜひ少額から始めて自社のWebマーケティングにリスティング広告を活かしてみてください。

弊社では1万円(手数料込み)でリスティング広告をお試しできるプランがございます。最初のアカウント開設から設定、実施後のレポートも解説しております。ぜひご活用ください。

5万円からできる!インターネット広告お試しプラン

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
駒木奈美

駒木奈美

2016年入社。何でもテキパキこなせる、かっこいい女性にあこがれています。

同じカテゴリーの関連記事

pagetop