一刻も早くWeb集客で効果を出したいなら!知っておくべき手段とその選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

海千山千のライバルたちがひしめくWEB群雄割拠のこの時代、自分のサイトに来てもらうためには大変な労力と工夫が必要ですよね。でもお客さんが来てくれなければ売れるものも売れませんから、あの手この手で呼び込まなければなりません。
 
そこで今回は、サイトの運用を任されたはいいけれど、そもそも集客自体ができていなくて途方に暮れているあなたに向けた内容です。あの手この手といろいろあるとはいえ、どの手から使えば手っ取り早く人を集められるのかをご紹介します。

自社に合った制作会社を無料で見つけて売り上げアップ/WEB販促の窓口

※本記事はニフティ株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。
※本記事は2014年03月20日に公開された記事をLISKUL編集部にて再編集したものです。

WEBで集客するための手段とは

ひとくちにWEB集客といっても、その手段は様々です。ここではひとまず、WEBで集客をするための方法を4つご紹介します。

1.SEO(検索エンジン最適化)

Google、Yahooなどの検索サイトで、より上位に表示されるようにサイト内の情報を書き換えることです。一般的には上位に表示されているサイトのほうがクリックされる確率は高くなりますから、もし自社の売上につながりそうなワードでの検索がされたときに、自分のサイトを上位に表示させることができれば、より多くの人を集めることができるようになるわけです。

【メリット】
・自分でやれば無料。
・広告からの流入と比べると、成果に結びつきやすい。

【デメリット】
・なんらかの対策をしたとしても、効果があらわれるまでに時間がかかる(数週間~数ヶ月)
・専門知識が必要。

SEOについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ。

★SEO 検索エンジン最適化

Webサイト制作の際には制作会社の得意分野にも注目しましょう

WEBの制作会社といっても、SEOに強い企業、デザインに強い企業、システムに強い企業など、それぞれに特徴があります。

最近では無料で自分に合った制作会社を紹介してくれるサービスなども登場していますので、Webサイトを制作する際には、制作の目的や、企業の戦略に即した制作会社にお願いするようにしましょう。

参考:あなたに合ったWEB制作会社を無料で相談仲介/WEB販促の窓口

2.リスティング広告

自分の選んだキーワードが検索された際に、検索結果画面の上部に、自社の広告を掲載することができます。こちらも広告枠の中でより上位に掲載されれば、クリック率が高くなる傾向がありますが、ここでは1クリックにより高い金額をかけられる広告主が上位に掲載される仕組みとなっています。偉大ですよね。お金の力。

【メリット】
・クリックごとに課金されるので、少額から始めることが可能。
・すぐに始めることができ、短期間で集客効果があらわれやすい。

【デメリット】
・日々の運用
・調整に手間がかかる。

リスティング広告について詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ。

★5分で絶対に分かるリスティング広告+運用テクニック

弊社では5万円でリスティング広告をお試しできるプランがございます。最初のアカウント開設から設定、実施後のレポートも解説しております。5万円からできる!インターネット広告お試しプラン

 

3.メールマガジン

この辺りは言わずもがなかもしれませんが、購読したい人に向けて、自社商品やサービスの情報を書いたメールを定期・不定期で送信します。いかにしてメールを開封して読んでもらうか、またそこからサイトへと誘導することができるかが重要です。

【メリット】
・少なくともあなたの会社に興味のある人に送ることができる。
・配信する内容や頻度を自由に調整することが可能。

【デメリット】
・配信ユーザー数を増やすのが難しい。
・読まれないことが多い。

メールマガジンについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ。

★5分で絶対に分かるリスティング広告+運用テクニック
メールマガジンの作り方

 

4.アフィリエイト

他社のWEBサイトや、個人ブログに広告を掲載してもらい、その広告を経由して成約や売上に至った場合に報酬を支払う手法です。

【メリット】
・成果報酬である点。
・広告を掲載する側もあなたの売上につなげるための努力をしてくれる。

【デメリット】
・報酬欲しさに不正な申し込みをされるケースが多い。
・大手のASPシステムを利用する場合は別途固定費用が発生する場合がある。

アフィリエイトについて詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ。

★「アフィリエイト」とは?~今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい!

 

とりあえずリスティングからやってみよう

一杯目のビールを頼むときの「とりあえず」とはちょっと違います。「他のことはさしおいて」という意味での「とりあえず」です。根拠があります。

なぜリスティングからやってみるべきなのか?先ほどリスティングの説明部分にも記載しましたが、「短期間で集客効果があらわれやすい」からです。今回の記事のテーマが集客だからということもありますが、「短期間で」という点は最大のメリットです。

おそれながら申し上げますと、あなたの商品は現時点ではWEB上で売れるかどうかがわからないわけです。そして冒頭でもいいましたが、そもそもお客さんが来てくれなければ売れるものも売れないのです。「WEBで売れるのか、売れないのか」。その判断は早めにするべきであり、その判断をするためにもまずは短期間で集客効果を狙う必要があると考えられます。

 

売れなかったらどうするの?

「それで売れたら万々歳だけど、売れなかったらどうするのさ」と思われるかもしれませんが、もし売れないと判断したら、一旦止めればいいのです。リスティング広告のいいところは始めたいときに始められ、止めたいときに止められる点です。ここで重要なのは「お客さんさえ呼んでこれれば売れるのか否か」を判断することですから、「売れない」ということがわかったのであれば、それもまた一歩前進なのです。

 

なぜ売れなかったのかを考えてみる

さて、売れないという事実を前向きに受け止められたら、次にするべきなのは「なぜ売れないのか」を考えることです。推測できる要因は下記の3つではないかと思います。

①    商品自体に問題がある

それを言っては元も子もないですし、きっと売れる自信があるからこそ販売に踏み切られたのでしょうから、この点についてはここでは考えないことにします。

②    サイト設計に問題がある

実店舗やWEB以外の広告からはちゃんと売上はあがっているのに、WEBだけはうまくいかないということであれば、WEB上での接客部分、つまりサイトが悪い場合もあります。
WEBサイトの構成やコピー次第で大きく効果は変動しますので、こちらの見直しをすることも検討してみてください。

手前どもの味噌で恐縮ですが、構成でお困りの際はこちらの記事をどうぞ。
★【完全保存版】必見!成果を上げるランディングページの作り方

③    リスティング広告の運用に問題がある

商品にもサイトにも自信があるということであれば、リスティング広告の運用に問題があったのかもしれません。お客さんを集めたいという気持ちはわかりますが、誰かれ構わず呼べばいいというものでもありません。自転車を買いたいと思っている人に「フライパン買ってよ!」といっても、そうそう売れません。キーワードと広告文で「見込み客」を選定することも重要です。

自社に合った制作会社を無料で見つけて売り上げアップ/WEB販促の窓口

まとめ

そこからの要因については、とりあえずお客さんを集めてみてから考えてみればよいと思います。ただ、リスティング広告をせっかくやってみたのに③の運用要因で売れなかったとしたら、お金も時間も大変もったいないですよね。場合によっては「①と②は改善したつもりなのに、なんでまだ売れないんだろう?」ということにもなりかねません。
 
 
リスティングに関する説明のデメリット部分としてあげましたが、リスティングでの効果を最大化するための日々の運用や調整には手間がかかります。そのため、自社での運用だけではなく、効果を出してくれそうなリスティング広告の代理店を探してみることもおすすめします。

リスティング広告の代理店を検討される際にはこちらをどうぞ
★リスティング広告代理店、成果を出せる代理店を選ぶ11個のポイント

実際にリスティング広告の運用をしてみて悩んだ方はこちらをどうぞ
★リスティングで効果を出すための7つの基本

WEBプロモーションの成功の第一歩は集客からです。
がんばっていきましょう。

ニフティが厳選した集客の得意なWEB制作会社を無料でご紹介!/WEB販促の窓口

WEB販促の窓口は、ニフティのスタッフが直接会って厳選した、全国の優良な制作会社だけをご紹介するサービス。窓口にお問い合わせ・ご相談いただいた内容に応じて、その課題解決に適した会社を複数ご紹介します。

「実際に会って相談したい」「メールベースでスピーディにやりとりしたい」いずれの方法もOK。制作会社のご紹介は「完全無料」ですので、何度でも安心してご利用いただけます。

自分に合った制作会社を無料で見つける≫

※本記事はニフティ株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
pagetop