Swiftが学べるプログラミングスクール8社を選び方別に紹介!

「iOSアプリを作成してみたいけど、使用されるSwiftってどこで学べるの?」「Swiftを学ぶ環境が整っているスクールがわからない」などと悩んでいませんか?

この記事では、Swiftが学べるおすすめのプログラミングスクールを、3つの選び方別に紹介します。

スクールを検討する際は参考にしてみてください。

※なお、スクールの選定にあたっては、「プログラミングスクール Swift おすすめ」で検索し、検索順位10位以内のサイトで取り上げられていたSwiftを学べるスクールをスコアリングしています。(2020年8月当社調べ)


Swiftを学べるプログラミングスクールの選び方

  • オリジナルアプリを開発できるか
  • アプリをリリースする際に必要な知識をまとめて学習できるか
  • 現役エンジニアの指導が付いているか

オリジナルアプリを開発できるか

転職をしたい人や、フリーランスとして独立をしたい人は、オリジナルアプリを開発できるかどうかでスクールを選びましょう。

なぜなら、転職活動時や、独立後に案件を獲得する際は、開発実績を証明するために過去の成果物の提出を求められることがあるからです。

スクールによっては、教材で決められたアプリを作成して、学習が終了してしまう場合があります。テキスト通りのアプリ作成も機能を理解するために必要な学習ではありますが、オリジナルのアプリの開発では実際の業務にも出てくる可能性があるエラーを解決する力を身につけることができます。

そのため、オリジナルアプリ開発ができるスクールを選んだほうが、企業からの評価がより高い開発実績を提出できるようになると言えます。

アプリをリリースする際に必要な知識をまとめて学習できるか

アプリリリースを目的としたプログラミング初心者は、アプリをリリースする際に必要な知識をまとめて学習できるスクールを選びましょう。

なぜなら、Swiftでアプリを作成し、AppStoreへリリースする際には、アプリの審査提出までに多くの段階を踏む必要があるため、スクールで学習したほうがリリース方法を効率的に理解できるからです。

具体的には以下のような作業を行います。

  1. Certificate作成の下準備
  2. Certificate作成
  3. App ID作成
  4. Provisioning Profile作成
  5. アプリをAppStoreConnectに登録
  6. App情報の編集
  7. バージョン情報の編集
  8. アーカイブ作成&アップロード
  9. アプリをApp Store Connectで審査提出

(引用元):Qiita「【2019年版】iOSアプリをApp Storeに公開するための全手順まとめ」

オリジナルアプリの開発と共に、これらの作業を学習できると、将来自分で開発したアプリもスムーズにリリースすることができるでしょう。

現役エンジニアの指導が付いているか

転職希望のプログラミング初心者は、現役エンジニアの指導が受けられるかどうかで選びましょう。

なぜなら、現役エンジニアは現場で学んだことをわかりやすく受講生に伝え、オリジナルアプリの作成でも、実務に通用するような視点でアドバイスをしてくれるからです。

現役エンジニアが多いスクールといっても、スクールの卒業生が講師をしているところや現役20年という講師がいるところもあります。

「現役」という言葉だけでなく、実際にどのようなキャリアを踏んだ講師がいるのか、エンジニア経験は何年なのか、Swiftに詳しいエンジニアはいるかなどを公式サイトの情報や無料カウンセリングなどで確認してから、受講するスクールを検討しましょう。


Swiftを学べるおすすめプログラミングスクール8選

  • オリジナルアプリを開発できるスクール3選
  • アプリをリリースする際に必要な知識をまとめて学習できるスクール3選
  • 現役エンジニアの指導が付いているスクール2選

オリジナルアプリを開発できるスクール3選

1.侍エンジニア塾/株式会社侍

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

エキスパート
コース

基礎学習からオリジナルアプリ開発を目指すコース

12週間
~48週間

入学金:
29,800円

受講料:
389,400円
~1,077,600円

侍エンジニア塾はオリジナルサービスの開発に重点を置いたプログラミングスクールです。

カリキュラムはオリジナルサービスの開発に半分の時間を費やし、オーダーメイドカリキュラムにより、多種多様な言語から自分の目的・目標に合わせて学習することができます。

目標とする分野で集中的にサービス開発が行えるので、Swiftでアプリ開発をするエンジニアとして転職や独立を目指したい人に向いています。

(参照元):侍エンジニア塾

侍エンジニア塾の新型コロナウイルス関連情報

  • 2020年2月29日より対面レッスンを休止
  • オンラインレッスンのみに切り替え
  • レッスン・カスタマーサポートなどのサービスは通常通り運営

(参照元):新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言に伴うサービス影響について

※上記は2020年4月9日時点での情報です。最新情報は下記より確認してください。

株式会社侍 ニュース一覧

2.cshool/株式会社クスール

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

Swift講座

XCodeを使用したiPhoneアプリ開発をする中級講座

2か月

144,000円

cshoolは作品を作りながらスキルを身につけていくプログラミングスクールです。

Swift講座ではゲーム開発は行わず、ULKitというレイアウトを簡単に書けるCSSフレームワークを使用してスマートフォンを使いやすくするユーティリティアプリを作成します。

ユーティリティアプリとはスマートフォンに標準搭載されている「目覚まし」や「お天気」アプリなどが例に挙げられますが、スマートフォンの動作環境を整えるタスク管理アプリなどもあります。

Swift講座は中級者向けとなっており、JavaScriptの知識が必要なので注意しましょう。

(参照元): cshool公式サイト

cshoolの新型コロナウイルス関連情報

  • 週末講座のオンラインバージョンを開催
  • Twitterでアンケートを取り、開催時間を検討
  • 企業研修ではすでにオンライン移行を実施

(参照元):初オンライン「ほんきでHTMLオンライン」受講生募集中!

※上記は2020年5月28日時点での情報です。最新情報は下記より確認してください。

CSHOOL BLOG

3.G’s ACADEMY/デジタルハリウッド株式会社

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

LAB COURSE
(フルタイム総合)

プログラミングを基礎から学び、起業・エンジニア就職を目指すコース

6か月

入学金:
100,000円

授業料:
600,000円

G’s ACADEMYのLAB COURSEでは、週4日フルタイムで学習をし、6か月でエンジニアとしてのスキルを身につけるコースです。

1000時間以上のコーディングを行い、一流エンジニアの指導を受けながら複数のサービスを作成します。

また、P2Pラーニングという学習メソッドを採用していることが特徴です。これは生徒同士で評価し合い、それぞれが責任をもってプロジェクトを達成するという学習方式です。そのため、仲間と一緒に目標を達成するのが好きな人に向いています。

(参照元):G’s ACADEMY公式サイト

G’s ACADEMYの新型コロナウイルス関連情報

  • 2020年10月よりLABコースではリモート受講と校舎での受講を選択することができる
  • 説明会は、東京・福岡ともにオンライン開催
  • 東京校は2020年8月1日~2020年8月31日まで臨時閉館
  • 閉館期間中もスタッフはリモート勤務しているので、お問い合わせの対応はしている

(参照元):【東京校】新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時閉館のお知らせ

(参照元): リモート | ジーズアカデミー|東京・福岡|起業家・エンジニア養成学校(プログラミング)

※上記は2020年8月1日時点での情報です。最新情報は下記より確認してください。

G’s ACADEMY INFORMATION

それ以外のオリジナルアプリを開発できるスクール

アプリをリリースする際に必要な知識をまとめて学習できるスクール3選

1.CodeCamp/コードキャンプ株式会社

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

アプリマスター
コース

初心者からスマートフォンアプリを開発するコース

2か月
~6か月

148,000円
~298,000円

CodeCampは現役エンジニアのレッスンが付いており、未経験からオリジナルアプリを開発・公開できるプログラミングスクールです。

アプリ開発に必要な環境構築から開発方法などを学び、SNSやカメラアプリをいくつか作成してからオリジナルアプリを開発・公開を目指します。

オンラインで個別レッスンが受けられるので、自分のレベルとペースに合わせてアプリをリリースしたい人に向いています。

(参照元):CodeCamp公式サイト

2.TECH ACADEMY/キラメックス株式会社

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

iPhoneアプリ
コース

オリジナルアプリを開発・AppStoreで公開するコース

4週間
~16週間

149,000円
~299,000円

TECH ACADEMYはオンライン完結で、現役エンジニアの指導を受けられるプログラミングスクールです。

iPhoneアプリコースでは、アクションゲームアプリやタスク管理アプリなど、指定されたアプリだけでなく、オリジナルアプリの開発・公開も行えます。

XCodeというアプリ開発用のデベロッパツールを用いて、アプリの開発からAppStoreへの提出までの作業を学ぶことが可能です。

期間中に作成できるオリジナルアプリはAppStoreへ公開することができるので、個人でアプリビジネスを始めたいと考えている人に向いています。

(参照元):TECH ACADEMY公式サイト

3.RainbowApps/レインボーアップス株式会社

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

iPhoneアプリ開発
入門コース

アプリ開発の初歩を理解するコース

300分
全2コマ

10,000円

iPhoneアプリ開発
初級コース

アプリ開発の基礎を習得するコース

900分
全6コマ

50,000円

iPhoneアプリ開発
中級コース

各単体機能を学習し、1つのアプリを作り上げるコース

1200分
全8コマ

100,000円

RainbowAppsは、約6000名の受講実績のあるiOS・Androidアプリ専門のプログラミングスクールです。

講師陣は全員現役のアプリ開発エンジニアで、人気アプリを開発した経験があるなど、実績のある講師が揃っています。

初心者からベテランまで、自分のレベルに合わせて学習を開始することが可能です。また、中級コースのカリキュラムにはAppStore申請が含まれており、開発したアプリをリリースするために必要な手順を学ぶことが可能です。

初心者は入門コースからアプリ開発の知識を身につけられるので、開発に必要な技術や知識と公開準備までしっかりと学習したい人に向いています。

(参照元):RainbowApps公式サイト

RainbowAppsの新型コロナウイルス関連情報

  • iOSアプリコースはオンライン受講対応
  • オンラインによる無料体験も可能

※上記は2020年8月当社調べの情報です。最新情報は下記より確認してください。

RainbowApps お問い合わせ

それ以外のリリースする際に必要な知識をまとめて学習できるスクール

現役エンジニアの指導が付いているスクール2選

1.プログラミングジャパン/株式会社サンクチュアリ

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

ゴールド
コース

エンジニア転職に必要な知識と技術を身につけるコース

2か月
~6か月

598,000円

プログラミングジャパンはスマートフォンアプリの開発を目的としたプログラミングスクールです。

現役エンジニアの指導と転職サポートが付いており、転職案件紹介を受けることが可能です。また、フリーランス志望の人には仕事を取る方法などを教えてくれるので、卒業後もしっかりと活躍できるような学習内容となっています。

学習内容は、開発言語の基礎を習得後、じゃんけんアプリやToDoアプリなどのアプリを実践形式で作成します。

マンツーマンで現役エンジニアの指導が受けられるので、コードの書き方まで丁寧に教えてほしい人に向いています。

(参照元):プログラミングジャパン公式サイト

プログラミングジャパンの新型コロナウイルス関連情報

自宅で現役エンジニア講師によるオンラインマンツーマンレッスンを受講可能です。

※上記は2020年8月当社調べの情報です。最新情報は下記より確認してください。

プログラミングジャパン公式サイト

2.Udemy/株式会社ベネッセコーポレーション

コースの一例

概要

期間

料金(税別)

Swiftコース

Swiftを動画コンテンツで学べる

アカウントを所持している限り無制限

無料~
30,000円程度

Udemyは自分の学びたい分野の動画を1本ずつ購入して学習ができるスクールです。

講師の中にはフリーランスとして活動している現役エンジニアもおり、講師の説明と作業画面を見ながら効率よく学習することが可能です。

動画には受講者の評価やコメントが付いているので、教え方が分かりやすい講師かどうかを確認してから受講できます。

実際にアプリを開発するためのフォローはありませんが、アプリ開発の基礎学習やミュージックリストアプリの作成方法などの動画コンテンツがアップされているので、開発に必要な知識を習得することが可能です。

(参照元):Udemy公式サイト

    それ以外の現役エンジニアの指導が付いているスクール


    Swiftを学べるプログラミングスクールを選ぶときの注意点

    • スクールの教材は常に最新版になっているか
    • Macをレンタルすることができるか

    スクールの教材は常に最新版になっているか

    スクールの教材は常に最新版になっているか注意しましょう。

    なぜなら、Swiftは未だにアップデートが行われており、少し前の教材などは情報が古く、実際の開発にはそのまま適用できない事項が載っている場合があるからです。

    実用性のない情報を一生懸命覚えることは効率的な学習の妨げにもなります。

    無料カウンセリングや無料体験時に教材が更新されているかを確認して、快適に学習できるようにしましょう。

    Macをレンタルすることができるか

    Macをレンタルすることができるか注意しましょう。

    なぜなら、Swift言語を使用してiOSアプリ開発を行うためには、XCodeという開発環境を用意する必要があり、そのXCodeはMacでしか使用ができません。

    スクールによっては無料で貸し出しをしていたり、格安で最新版のMacを販売していたりするところもあるので、事前に確認しておきましょう。


    まとめ

    Swiftを学べるプログラミングスクールを選ぶ際は、以下のようなことを大切にしましょう。

    • オリジナルアプリを作成できるか
    • アプリをリリースする際に必要な知識をまとめて学習できるか
    • 現役エンジニアの指導が付いているか
    • 教材は最新版になっているか
    • Macをレンタルすることができるか

    本記事を参考に、自分に合ったプログラミングスクールを探し、気になるスクールがあれば無料体験などの参加を検討してみてください。

    調査したプログラミングスクール一覧