MEO対策とは?実施のメリットと、初心者でもできる始め方の手順

MEO対策とは「マップエンジン最適化」を意味する言葉で、Googleマップ上での検索エンジン最適化のことを指します。

Web施策の1つだということは知っていても、意味をよく知らなかったり、どういうメリットがあるかわからずに実施すべきかの判断がつかない、という方も多いのではないでしょうか。

近年Googleマップ経由で行きたいお店を探すユーザーが増えていて、MEO対策に取り組むことで高い集客効果に期待できます。特に飲食店や美容室など、実店舗を経営しているのであれば、総じて実施すべき施策です。

実際にMEOを実施することで表示回数やサイトのクリック数が大幅に改善された事例も多数あります。

この記事ではMEO対策とはどのような施策なのかを説明したうえで、MEO対策の始め方や上位表示させるためのポイント、施策の効果を上げるためのコツなどについて解説していきます。

本記事を読むことで、MEO対策の重要性を理解したうえで、実際に自分の手で始められるようになります。


MEO対策とは

MEO(Map Engine Optimization)とはGoogleMapで上位表示を獲得するための施策のことです。「ローカルSEO」とも呼ばれ、飲食店や美容院といった店舗経営の業態で大きな効果を得られる集客方法として注目を集めています。

なぜこんなにもMEOが注目されるようになったのかというと、スマートフォンの普及によってGoogleMapを利用して目的地を探すユーザーが増えた結果、今では44%のユーザーがGoogleMap経由でお店を探しているというGoogleの調査結果が出たためです。

GoogleMap上で見つけてもらいやすくすることで大きな集客効果を期待できるようになりました。


MEOのメリット・デメリット

MEO対策のメリットには視認性の高さ、競合の少なさなどがありますが、最大の特徴は費用対効果の高さが挙げられます。ただし、GoogleMapの口コミ機能は時としてデメリットに働く可能性もあります。具体的にメリットとデメリットを見ていきましょう。

MEOのメリット

MEOのメリットは以下のとおりです。

  • 検索結果の視認性が高い
  • ユーザーアクションに繋げやすい
  • 比較される競合が少ない
  • 施策の効果が出るまでが短い
  • 費用対効果が高い
  • 参入している競合が少ない

検索結果の視認性が高い

現状、MEOで上位表示されると地図と一緒に検索結果ページの最上位に表示されます。これはスマートフォンでの検索結果でとくに顕著で、ファーストビューに表示されることで効果的に認知してもらえるようになります。視認性が高ければ当然クリック率も高くなり、来店してもらえる確率がグッと高くなるのです。

ユーザーアクションに繋げやすい

店舗情報や周辺施設情報を検索するようなユーザーはもとから明確な目的を持っているケースがほとんどです。そのため、ユーザーアクションに繋げやすいという特徴があります。

たとえば、GoogleMapでは店舗の詳細情報が掲載でき「Webサイト」「電話番号」などのリンクからユーザーがすぐに店舗情報の取得や問い合わせが可能です。スムーズなユーザーアクションに繋げられるのは集客では大きなアドバンテージとなります。

比較される競合が少ない

googleでの検索結果
MEOで上位表示される枠は3つです。そのため、比較検討される競合が少ないというメリットがあります。これがSEOの場合、検索結果の10位までが一気に表示されるため、比較検討される対象が10個(最悪もっと多く)の熾烈な競争に巻き込まれてしまうのです。MEOの場合、ユーザーはわざわざ上位3つ以外の情報を比較することが少ないので戦いやすいのです。

施策の効果が出るまでが短い

MEOなら早ければ1週間程度で結果が出ます。MEOの場合、競合となるのはその周辺エリアの競合他社のみですので、勝ちやすくすぐに結果が出やすいのです。

通常SEO施策をやろうとすると、効果が出るまで半年~1年ほどかかります。しかも、かならず結果が出るわけではないのがSEOの難しいところ。これはネット上のあらゆるサイトが競合対象になってしまうためです。

口コミで集客を加速できる

GoogleMapでは口コミが店舗情報に掲載され、ユーザーはその情報を参考にしながら検討できます。つまり、良い口コミを獲得すればするほどユーザーは安心して来店できるようになり、より多くの集客が期待できるようになります。

費用対効果が高い

MEOはSEOと比べても費用対効果が高いです。通常、SEOをやろうとすると月30万以上のコストがかかります。MEOなら月数万円程度で始められ、予算が少ない場合でもチャレンジできます。しかも、上位表示できれば売上はそれ以上に伸びるのでやらない理由が見つからないくらいです。

参入している競合が少ない

店舗経営者の中にはインターネットは苦手なので手をつけていない方も多く、今の状況はまさにブルーオーシャンといえるでしょう。そのため今からMEOに取り組めば、競合よりも集客し、口コミを集めて認知度で上を行くということも十分に狙えるといえます。

MEOのデメリット

MEOのメリットは以下のとおりです。

  • ユーザーの評価がシビアに影響する
  • Googleの評価アルゴリズムの影響を受けやすい

ユーザーの評価がシビアに影響する

GoogleMapは口コミを投稿できるという話はメリットでご紹介しましたが、このメリットがデメリットになるリスクも当然存在します。ユーザーの口コミが悪いものであれば、集客にダイレクトに響いてくる可能性があるのです。

とはいえ、ユーザーが満足しなければ悪い評価をもらってしまうのは客商売の常、そこは来店していただいたお客様を全力で満足させるサービスを提供することを心がけるようにすれば問題ないはずです。

Googleの評価アルゴリズムの影響を受けやすい

Googleは常に最良の検索結果をユーザーに届けることを目指しています。そのため、どのような店舗(サイト)を検索結果の上位に表示するか試行錯誤しているのです。

そのアルゴリズムは日々変わっており、これまでは上位表示されていたものが明日も表示されるという保証はありません。店舗経営をしながらMEOの順位もキープし続けるのはそれなりの努力が必要になるでしょう。その場合はプロの業者にお任せしてしまうのがおすすめです。


MEOを実施するべき企業・業種

MEOならを実施するべき企業・業種は以下のような業種です。

  • 飲食店
  • 美容関係
  • 病院
  • 士業(弁護士・税理士 etc)
  • 宿泊施設
  • 施術専門店
  • 塾・予備校

具体的な事例をいくつか見ていきましょう。

検索表示数が約5倍になったペットショップの事例

MEO対策をまったくやっていなかったペットショップが施策をスタートした結果4ヶ月で検索表示数が約5倍にまで増加したケースがあります。これまでは月に約1,300回だった検索表示数が7,000回にまで伸びたのです。これによって検索からのアクションも約2倍にまで上昇しました。

ペットを買う場合ペットショップは家の近所で探したいというニーズがあるので、MEOは最適といえますね。

クリック数が31倍にまで伸びた飲食店の事例

ある飲食店がMEO対策したところ、対策前と対策後でクリック数が約31倍にまで伸びた事例もあります。これまでは1日1,200回の検索表示数、クリックが200回程度だったのに対し、対策後は月間37,000回の検索表示、クリックが6,200回まで伸びました。

飲食店の場合は「◯◯駅 ラーメン」のように消費行動に直結しやすい検索キーワードが多数あるため、露出が増えてアクションに繋がりやすい傾向があります。

MEO対策で客数が激増した美容院の事例

それまでまったくネット集客に力を入れていなかった美容院がMEO対策をした途端、月間4,600回の検索表示、620回のクリックを獲得しました。これまでまったくネット集客をしていなかったため、その効果は顕著に現れて客数が激増、さらにその後も安定して新規顧客を獲得し続けることに成功しています。

美容院の客単価は約4,000円ですので、月数万円でそれ以上のリターンが生み出せているのがよくわかります。


MEO対策で上位表示されるための3つのポイント

MEOで上位表示するために意識しなくてはいけないポイントがあります。それは以下の3つです。

  • 関係性
  • 距離
  • 知名度

関係性

「関係性」は検索キーワードとGoogleMapに登録されている店舗情報にどれだけ関係性があるかを表したものです。どのような検索キーワードに対してMEO対策をしたいのかによって店舗情報の内容も当然変えていかなくてはいけません。

たとえば「新宿 和食屋」というキーワードを狙っているのに店舗情報に「新宿」「和食屋」というワードが入っていないのであれば、関係性は低くなってしまいます。

距離

「距離」は検索キーワードに対して店舗の住所がどの程度離れているかを表したものです。たとえば「近所の美容院」を探しているユーザーがいるとしましょう。そのユーザーに10キロ先の美容院を検索結果を提供しても意味がないことは誰にでもわかりますよね?つまり、検索しているユーザーやキーワードに住所が近ければ近いほど有利になるということです。

知名度

「知名度」はMEO対策するうえでもとくに重要な要素となります。MEOでは知名度を高めることをサイテーションと呼びますが、サイテーションを効果的に行うことでGoogleからの評価も高くなるのです。「サイテーション」は日本語では「引用、言及」という意味で、SNSやブログで店舗・施設について言及されればされるほど評価は高くなります。

このように、MEOで上位表示されるには上記の3つのポイントを意識して行う必要があります。次に具体的な対策方法について見ていきましょう。


MEO対策の方法

具体的にMEO対策をするには次の手順を踏む必要があります。MEO対策は誰でも行えるため、この手順を知っておけば誰でもMEO対策ができますよ。

  1. Googleマイビジネスに登録する
  2. 写真の投稿などでプロモーションする
  3. ユーザーと交流する

①Googleマイビジネスに登録する

まずはGoogleマイビジネスに登録します。GoogleマイビジネスはGoogleMap上で自分が店舗のオーナーであることを登録&編集するためのものです。Googleマイビジネスに自分の店舗が登録されているかを確認しましょう。

実は、GoogleMapは自分が登録していなくてもGoogleが独自に店舗を登録しているケースがあります。GoogleMapで屋号検索してみて、表示されれば登録済みということになります。

すでにGoogleマイビジネスに店舗が登録されている場合は、「このビジネスのオーナーですか?」というリンクから自分にオーナー権限を付与してもらうようにGoogleに依頼すればOKです。ハガキ・電話などで確認作業が行われます。登録されていない場合は、そのまま新規で登録作業を進めていきましょう。

基本情報はGoogleに店舗の情報を認知してもらうための重要な要素です。しっかり店舗の情報を入力しておきましょう。

②写真の投稿などでプロモーションする

Googleマイビジネスでは基本情報のほかに特典やイベント、サービスのプロモーションを行うことができます。プロモーションを行うには「投稿」機能を使いましょう。投稿機能で表示される情報は1週間のみ掲載されるのでこまめに店舗のプロモーションを行う必要があります。投稿する際には以下のポイントに気をつけてください。

  • 写真は高解像度のものを使う(横400px縦300px以上のもの)
  • タイトルはすぐに理解できる端的な言葉でアピール
  • 詳細では検索キーワードなども盛り込みながら商品やイベント情報を説明
  • 「来店をお待ちしております」など次のアクションにつなげるフレーズで締める

③ユーザーと交流する

最後に口コミに対して返信してユーザーと交流します。ユーザーからの口コミは店舗をよりよくするための貴重なフィードバックです。良い口コミだけでなく、悪い口コミにも真摯な対応を心がけましょう。このフィードバックはGoogleがもっとも重視しているポイントでもあるので、手を抜かずに対応することが大切です。

まれに他店と勘違いした口コミや悪意のある口コミなどが投稿されることがあります。そういう場合は落ち着いてGoogleに「不適切な口コミ」として報告して対応しましょう。

このように、MEO対策方法は非常にシンプルで店舗経営者であればいつでも始めることができます。続いて効果的なMEOの方法を学んでいきましょう。


MEOの効果を上げる4つの秘訣

MEOの効果を上げるには次のポイントがあります。

  • Webサイトを充実させよう
  • 口コミを集めよう
  • NAP情報は統一しよう
  • ユーザーが満足するサービスを届けよう

1つずつ見ていきましょう。

Webサイトを充実させよう

MEOは公式Webサイトがなくても施策可能ですが、Webサイトがあればより効果的です。なぜなら、GoogleMap上で表示される店舗情報にはWebサイトへのリンクが表示されるからです。ユーザーが公式サイトに飛んでさらに検討できるので、コンテンツが充実したWebサイトを作っておけばより多くの集客が期待できます。

口コミを集めよう

ユーザーの生の体験談を共有できる口コミはユーザーにとっても有益な情報です。たくさんの口コミが集まれば、ユーザーはそれだけ繁盛しているお店だと判断します。さらにGoogleからの評価も上がるため、常に検索上位を取り続けることが期待できます。

NAP情報は統一しよう

NAP情報とは

  • Name(店舗や企業の名前)
  • Address(住所)
  • Phone(電話番号)

の3つ示した言葉で、これらの情報を正確に登録することがMEOでは重要とされています。

もし、店舗名や住所の登録情報にバラツキがあると、Googleはどの情報を採用すればいいか判断ができず評価できなくなってしまいます。Facebookやインスタグラムの公式アカウントを持っている場合はこれらの情報もしっかり同一の表記にしてください。一方がカタカナ表記なのに一方がアルファベットになっていると順位表示に悪影響が出ます。

ユーザーが満足するサービスを届けよう

これはサービス業の基本中の基本ですが、ユーザー(お客様)が満足するサービスを提供するように心がけましょう。せっかくMEOに成功して来店していただいても、満足させられなくて悪い口コミを書かれてしまっては逆効果にしかなりません。

良いサービスを提供することがユーザーの満足度を高め、それが良い口コミとなってさらに新しいユーザーを呼び込む、これがMEOの本質と心得てください。


絶対NG!MEOでやってはいけない注意点

MEO対策をするうえで、これだけはやってはいけないという注意点があります。これらをやってしまうとGoogleに見つかった場合ペナルティを受けることになるので覚えておいてください。ペナルティ対象になると店舗情報が削除されてしまう事態に発展する可能性があります。以下では、ガイドラインの中でとくに気をつけたほうがいいものをご紹介します。

リンクを含めない

コンテンツの中にURLリンクを入れ込むことはNGです。Webサイトの場合は店舗Webサイトの欄に入力しましょう。

店舗名には余計なキーワードを入れない

店舗名を入力する際、店舗名以外の余計な情報を入れないようにしてください。
(例)「◯◯青果店 毎週金曜日は特売デー!」

競合他社への悪評操作

競合他社を陥れるために、わざと悪い口コミを投稿するような行為(スパム行為)は当然NGです。

自作自演の口コミ

良い口コミを偽装しようとして自作自演で口コミを投稿するのもNGです。

上記以外にも注意するべき点はありますが、本格的に始める際には一度ガイドラインを読んでおくことをおすすめします。自分でやるにはちょっと不安だという場合はMEO業者に任せたほうが確実です。


MEO業者の選び方

MEO業者を選ぶ際には、以下の点をポイントにしてください。

上位表示の実績で選ぶ

MEO業者のWebサイトを見ているとかならず実績が掲載されているはずです。ここでしっかり1位を獲得した実績があるのを確認します。そのほか「上位表示率」なども掲載されいるので、これらの情報がしっかり提示されている業者を選ぶようにしましょう。

MEO専用の計測ツールを導入している業者を選ぶ

MEOでは施策効果を測定するためのツールがたくさんあります。独自ツールを開発&運用するにはGoogleのAPIを利用する必要があり、そのためにはGoogleマイビジネスアカウントを一定数持っていることが条件になります。つまり、独自ツールを運用しているMEO業者は実績数も一定以上あるということになるので1つの安心材料になるのです。

報酬体系で選ぶ

MEO業者には「成果報酬型」と「月額型」の2パターンがあります。「成果報酬型」は上位表示された場合のみ支払いが発生します。成果が出れば出るほど報酬は上がるので、ターゲットとなる検索キーワードがたくさんあるとそれだけコストも大きくなるのがネックです。

一方で「月額型」は成果の有無に関わらず報酬が発生しますが、報酬額は成果報酬型よりも安めに設定されています。検索キーワードが少なくて初期予算が少ない場合は「成果報酬型」、継続的に施策したい場合は「月額型」にしたほうが良いでしょう。


おすすめMEO業者5選

smart MEO

概要

  1. 最大8つの対策キーワード
  2. 専任担当によるサポート
  3. 自社開発のMEO専用効果測定システム「G-MAC」(ジーマック)
  4. SNS集客&投稿代行あり

料金プラン

月額型:月25,000円(税抜)~

導入社数

1,500社以上

こんな人におすすめ

  • MEOは初めてなのでなるべくお任せでお願いしたい
  • キーワードはなるべく多めに設定したい
  • 担当者としっかり相談しながら進めたい

プロモスト

概要

  1. 「地域名+◯◯」の6パターンを上位表示
  2. 成果報酬型、月額型の両方から選べるプラン
  3. 計測地域が指定可能なMEOチェックツールを無料提供

料金プラン

成果報酬型:月額30,000円~
月額型:月額30,000円~(6ヶ月契約)

こんな人におすすめ

  • 地域名に特化したMEO対策がしたい
  • 目的に応じた料金プランを選びたい

トライハッチ

概要

  1. MEO順位計測・効果測定ツール「MEOチェキ」
  2. 専門チームによる徹底した分析と運用
  3. 独自アルゴリズムと競合比較からキーワードの難易度を抽出&選定

料金プラン

成果報酬型:月額0円 ~ 37,200円
月額型:月額24,800円~39,800円

導入社数

1,300社以上

こんな人におすすめ

  • 目的に応じた料金プランを選びたい
  • 成果の出やすいキーワードを選んでほしい
  • 実績豊富な業者にお願いしたい

Faber Company

概要

  1. マイビジネス一括管理でラクラク運用
  2. GMB&検索エンジンの集客&運用効率改善サービスあり
  3. 「海外SEO情報ブログ」鈴⽊謙⼀氏による最新のノウハウ

料金プラン

月額型:月額3,900円~(12ヶ月契約)

こんな人におすすめ

  • SEOと合わせてMEO対策も行いたい
  • Googleアルゴリズムに対応する最新ノウハウを知りたい
  • なるべく低価格で始めたい

Reyes

概要

  1. 医療施設に特化したローカルSEO対策【MEOメディカル】
  2. マイビジネスの管理代行やキーワード選定、アクセス解析までワンストップ提供
  3. 0円で試せるトライアルプラン

こんな人におすすめ

  • 医療業界に明るいMEO業者にお願いしたい
  • まずは無料で試してみたい
  • 普段忙しいのでなるべくお任せしたい

まとめ

MEO対策はSEOと比べても費用対効果が高く、早ければ1週間で効果が確認できるため誰でも始められるネット集客手法です。熱心に取り組んでいる競合が少ない今だからこそ差をつけるチャンスといえるでしょう。

MEO対策は自分でも十分に行えますが、継続的に取り組むのが難しい場合は業者に頼むのがおすすめです。業者によって特徴がありますので、自分のニーズに合った業者を選んでくださいね。この記事で学んだ知識を活用して、さっそく明日からMEO対策に取り組んでみましょう!