【2024年最新版】同時在庫管理ECシステムおすすめ18選を比較!

「自社商品の在庫を一元管理したい」「入力間違いや計算ミスなどの人的ミスを減らしたい」という場合は、同時在庫管理ECシステムの利用がおすすめです。

同時在庫管理ECシステムは、複数のオンラインショップにある商品を一元管理できるシステムです。

システム上で、受注・発注情報、在庫数などを管理することで、在庫を調整したり、在庫余剰や売り切れによる販売機会の損失も防げます。

過剰在庫・売り切れを防ぐ需要予測をたった数分で行う方法

参考:受注管理とは?ミスを減らして業務を効率化できるシステム9選

ただし、機能や提供形態は製品によりさまざまです。

本記事では、ECサイトを運営している方や在庫管理の担当者の方に向けて、代表的な同時在庫管理ECシステムの特徴や費用などを比較しました。

自社の目的に合わせたシステム選びのポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、本記事では各同時在庫管理ECシステムの注目度を客観的に判断するために、「同時在庫管理EC 比較」で検索し、検索上位に表示された10位までの紹介サイトを調査し、各同時在庫管理ECシステムを登場回数順に並べました。

この記事を読めば効率よく自社に合った同時在庫管理ECシステムを探すことができます。

※スコアリングや掲載している企業情報などは2024年2月時点のものです。


<比較表>同時在庫管理ECおすすめ15社

同時在庫管理 EC

本記事で紹介している15社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しました。短時間でサービスの比較をしていただけます。


1.ネクストエンジン/NE株式会社


ネットショップ・ECの一元管理ツールならネクストエンジン

  • EC運営の自動化・効率化を図るための機能が200以上提供
  • 連携システム・サービスが豊富
  • 運用方針に沿ったカスタマイズが可能
初期費用0円
料金プラン月額費用=基本料金+従量課金

①基本料金
3000円

②従量課金(月間受注件数1件ごとの単価)
受注件数 1件ごとの単価
0~200件 0円
201~400件 35円
401~1,000件 30円
1,001~3,000件 25円
3,001~5,000件 20円
5,001~7,000件 15円
7,001~10,000件 10円
10,001件~ 5円

※金額は税抜金額を示す

導入企業株式会社ベアレン醸造所
有限会社大澤洋蘭園
Global Leavolution Partners合同会社など
導入社数6,033社
(利用店舗数:47,728店)

2.TEMPOSTAR/NHN SAVAWAY株式会社


TEMPOSTAR(テンポスター)複数ECショップの受注・在庫・商品一元管理

  • 個人の要望に応じて、柔軟にカスタマイズ可能
  • ECサイトの仕様変更に常時対応
  • ECサイト運営を効率化する機能提供
初期費用0円
料金プラン月額費用=商品課金+受注課金(従量プラン or 定額プラン)
※合計金額が11,000円に満たない場合でも、11,000円は最低金額が必要

①商品課金
商品登録上限数
1~2000点 2,200円
2,001点~5,000点 8,250円
5,001点~10,000点 16,500円
10,001点~20,000点 33,000円
20,001点~ 10,000件ごとに+16,500円

②受注課金(従量プラン)
月間受注件数 月額費用
1件~600件 27.5円/件
601件~2,000件 22円/件
2,001件~10,000件 11円/件
10,001点~ 5.5円/件

②受注課金(定額プラン)
月間受注件数 月額費用
1件~3,000件 55,000円
3,001件~5,000件 77,000円
5,001件~10,000件 110,000円
10,000件ごとに +55,000円

※金額は税込金額を示す

導入企業株式会社ファッション・コ・ラボ
株式会社アイ・シンク・パートナーズ
ハイライン株式会社など
導入社数要問い合わせ

3.CROSS MALL/株式会社アイル


ネットショップ,ECの在庫,商品,受注,発注管理[CROSS MALL]|一元管理ASP「クロスモール」

  • ECサイトの仕様変更に常時対応
  • 最適な業務フローとなる提案実施
  • 成果が出るまでサポートする体制
初期費用0円
料金プラン月額費用 = 選択したプラン

・スーパーライトプラン:5,000円×サイト数(3サイトまで)
※商品点数:1,000点まで(注文数500件まで)
・プラン1,000:9,000円×サイト数 ※商品点数:1,000点まで
・プラン3,000:14,000円×サイト数 ※商品点数:3,000点まで
・プラン5,000:18,000円×サイト数 ※商品点数:5,000点まで
・プラン15,000:23,000円×サイト数 ※商品点数:15,000点まで

※金額は税抜金額を示す

導入企業株式会社ピー・ビー・アイ
株式会社マルヒサ
株式会社夢・八天など
導入社数700社以上

4.アシスト店長/株式会社ネットショップ支援室


EC管理を効率化。複数モールの受注・在庫・顧客・発送業務を一元管理するEC管理システム アシスト店長®

  • CRM機能内蔵型による顧客管理も対応可能
  • 受注~発送、メール配送等の自動化による業務効率化
  • 顧客管理、分析管理、フォローアップによる売上アップ実現
初期費用①受注管理機能
共用サーバープラン:50,000円
専用サーバープラン:200,000円

②在庫管理機能
30000円

※金額は税抜・税込かは不明

料金プラン月額費用は下記機能に応じて発生

①受注管理機能
共用サーバープラン:25,000円
※1001件以降は、受注件数ごとに従量課金発生

専用サーバープラン:100,000(5,500件~30,000件)
※3000件以上は要問合せ

②在庫管理機能
~1,000件/SKU数 20,000円
~5,000件/SKU数 30,000円
※5,001件以上は要問合せ

※金額は税抜・税込かは不明

導入企業株式会社I-ne
株式会社サンライズファーム
株式会社 グローリー・インターナショナルなど
導入社数要問い合わせ

5.助ネコ/株式会社アクアリーフ


ネットショップ・EC一元管理システムなら助ネコEC管理システム

  • 誰でも操作が覚えられる、使いやすい画面内容
  • 商品マスターの作成をせずに、モールやカートとの連携作業だけで受注管理可能
  • 100%サポートが自社スタッフによる、適切・的確なサポートを実現
初期費用①受注管理
30,000円

②商品登録
30,000円※1

③在庫管理
30,000円※1

④発注管理
30,000円※1

※金額は税抜金額を示す
※1「助ネコWeb領収書」「助ネコ送り状コンバーター・PLUS」以外のシステムを既にご契約頂いている場合は10,000円

料金プラン月額費用は下記機能に応じて発生

①受注管理
Lite:月額2,000円
Basic:月額15,000円~ ※連携モール数によって変動
Plus:月額80,000円
Premium:要問い合わせ
※各プランに設けられた受注件数を超過すると従量課金発生

②商品登録
Sプラン:10,000円
Mプラン:15,000円
Lプラン:要問い合わせ
※Mプランは5001件以上を商品登録すると従量課金発生

③在庫管理
単体契約:20,000円
オプション契約:10,000円

④発注管理
単体契約:15,000円
オプション契約:5,000円

※2024年4月末までの金額(2024年5月から価格改定される)
※金額は税抜金額を示す

導入企業名古屋グランパスエイト
まるか水産
有限会社貞苅椅子製作所など
導入社数要問い合わせ

6.GoQSystem/株式会社GoQSystem


ECサイトの受注管理システム”GoQSystem”|在庫・商品・物流・売上管理など、ネットショップ・通販業務の一元管理がクラウドで

  • 自社の通販運営を通じて欲しいと感じた機能が取り込まれシステム
  • 最低利用期間が3ヶ月で、繁忙期だけの利用も可能
  • 管理画面が直感的で使いやすい
初期費用・フリープラン:0円
・受注管理プラン:30,000円
・受注・在庫プラン:40,000円
・受注・商品・在庫プラン:50,000円
・受注・商品・在庫、出荷プラン:100,000円

※金額は税抜・税込かは不明

料金プラン月額費用は各プランに応じて発生

・フリープラン:0円
・受注管理プラン:15,000円
・受注・在庫プラン:29,800円
・受注・商品・在庫プラン:44,800円
・⑤受注・商品・在庫、出荷プラン:64,800円

※金額は税抜・税込かは不明

導入企業株式会社ますやみそ
株式会社ホリウチ
有限会社アーテックなど
導入社数43,318社(2024/02/19現在)

7.Crossma/株式会社IZUMI


クロスマ|EC・ネットショップを一元管理&自動化し売上を向上

  • 商品データをワンクリックで取得し、ワンクリックで各モールへ出品
  • 商品・在庫・受注情報の一元管理だけでなく、自動出荷指示、自動メール送付などの豊富な機能が揃っている
  • テンプレートを活用したストアデザインを代行で依頼することができる
初期費用・2モール連携:0円
・3モール連携:15,000円
・4モール連携:30,000円

※金額は税抜・税込かは不明

料金プラン月額で下記が発生
14,800円
※受注数が増えても金額は据え置き

※金額は税抜・税込かは不明

導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

8.LOGILESS/株式会社ロジレス


EC自動出荷システム LOGILESS (ロジレス)

  • OMS(受注管理システム)と、WMS(倉庫管理システム)が内蔵された一元管理システム
  • 毎日発生する受注~出荷までの人手作業が不要
  • 全注文の90%以上の自動出荷が実現
初期費用0円
料金プラン月額費用=基本料金+従量課金

①基本料金
22,000円

②従量課金
0~500件 0円/件
501~5,000件 20円/件
5,001~10,000件 10円/件
10,001~15,000件 6円/件
15,001~20,000件 4円/件
20,001件~ 2円/件

※金額は税込金額を示す

導入企業ベル食品株式会社
アソビュー株式会社
株式会社朝日新聞社など
導入社数1,000社以上

9.タテンポガイド/株式会社オークファン


ネットショップ・ECサイトの受注・在庫・顧客管理 | タテンポガイド公式サイト

  • 複雑なネットショップ業務フローをシンプル化
  • 一元管理化により、煩雑な業務を効率化
  • 専任担当者によるサポート実施
初期費用0円
料金プラン月額で下記が発生

①基本料金
11,000円~
※受注件数に応じて金額が変わる

・受注件数
0~300件 11,000円
301~500件 13,200円
501~1,000件 26,400円
1,001~2,000件 48,400円
2,001件~ 要問合せ

※金額は税込金額を示す

導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

10.まとまるEC店長/株式会社ブランジスタ


受注・在庫・商品の多モール一元管理|まとまるEC店長

  • 業界最安値に挑戦した、月額固定費のシンプルプランを提供
  • 各モールの仕様変更にも、無料で迅速に対応
  • 無料で専任の担当者がサポート
初期費用0円
料金プラン月額で下記が発生

①基本料金
9,800円~
※商品数に応じて金額が変わる

・商品数
0~3,000件 9,800円
3,001~5,000件 15,000円
5,001~10,000件 25,000円
10,001~30,000件 54,000円
30,001~50,000件 78,000円
50,001件~ 要問い合わせ

※金額は税抜金額を示す

導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

11.通販する蔵/株式会社ソフテル


ECネットショップの受注や在庫、商品管理システムなら「通販する蔵」

  • 多店舗の受注・商品情報を一元管理
  • 要望・課題を丁寧にヒアリングし、システム化を提案
  • ネットショップの運営に必要な様々なシステムに連携可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業エデュテ株式会社
きゅうべえ
ピットスポーツなど
導入社数要問い合わせ

12.mylogi/アートトレーディング株式会社


mylogi | EC運営をもっと気軽に

  • 小規模や小ロットから対応可能
  • 多色展開や多サイズ管理もミスなく対応可能
  • バーコードによる管理機能を完備
初期費用0円
料金プラン月額費用は各プランに応じて発生

Basic:15,000円 ※出荷件数が301件以上の場合、30円/件の従量課金発生
Standard:30,000円 ※出荷件数が1001件以上の場合、20円/件の従量課金発生
Premium:60,000円 ※従量課金はないが、標準版利用時に限る

※金額は税抜・税込かは不明

導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

13.速販UX/株式会社サイオ


ECサイトの一元管理、受注管理システムは設定簡単「速販UX」

  • ハイブリッド型受注管理システムにより、画面操作が早く簡単に使える
  • ハイブリット型であるため、障害対応や機能リリースが素早い実施が実現
  • 商品マスター登録せずに、すぐに利用すること可能
初期費用30,000円
料金プラン月額費用は各プランに応じて発生

ライトプラン:8,000円
スタンダードプラン(定額):13,000円
スタンダードプラン(従量):10,000円 ※301件以降は10円/件の従量課金発生

※金額は税抜金額を示す

導入企業名入れギフト ひよこ堂
しらかみラボ
ハイカラン屋など
導入社数要問い合わせ

14.コマースロボ/株式会社コマースロボティクス


EC事業者向け – ネットショップ運営で受注自動化はコマースロボ

  • RPA内蔵のEC自動出荷システムで、受注処理業務の効率化とヒューマンエラーの防止
  • 人が目で見て確認していた修正作業が不要
  • 料金形態がわかりやすい
初期費用0円
料金プラン月額費用は各プランに応じて発生

①Starterプラン:5,000円 ※出荷件数が500件/月まで
②自動出荷プラン:10,000円 + 従量課金(出荷件数)
③SCMプラン:30,000円 + 従量課金(出荷件数)

・従量課金
0~500件 0円
501~5,000件 20円
5,001~10,000件 15円
10,001~20,000件 10円
20,001件~ 5円

※金額は税抜・税込かは不明

導入企業mederi株式会社
株式会社エスプールロジスティクス
株式会社BOLDなど
導入社数950社

15.DX ウランバ!!/クラウズ・スパイス株式会社


ホーム – DXウランバ!!

  • Salesforceのプラットフォーム機能をもったサービス
  • CRMと一気通貫で連携することで、二重データ管理が不要
  • Salesforceの高い可用性を持ったクラウドサービス
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額費用は下記機能に応じて発生

①DXウランバ販売管理シリーズ
ライト:3,300円
スタンダード:3850円
プロフェッショナル:4,400円

②DXウランバ在庫管理シリーズ
ライト:3,300円
スタンダード:3850円
プロフェッショナル:4,400円

※金額は税込金額を示す

導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

その他おすすめの同時在庫管理ECシステム

AnyX
DX ウランバ!!
ITFOReC MS2


同時在庫管理ECシステムを検討するときの3つのポイント

同時在庫管理ECシステムを選ぶ際は、以下のポイントを基準にして選定しましょう。

  • 導入目的・必要な機能を明確にする
  • 連携できる外部システムを確認する
  • 機能に合わせて料金プランを選択する

それぞれ解説します。

ポイント1. 導入目的・必要な機能を明確にする

同時在庫管理ECシステムは、製品によって、備わっている機能や提供形態はさまざまです。

例えば、導入後に活用したい機能が「販売管理のみ」の場合と、「製造から販売までを総合的に管理する」という場合では、求める機能が異なります。

また、システムの顧客対象が、個人と法人どちらであるかにも注意しましょう。

提供形態は、オンプレミス型とクラウド型があり、オンプレミス型では自社サーバーを構築して社内で運用することになります。

クラウド型はインターネット上でシステムを利用する仕組みで、複数拠点やリモート作業にも向いています。

さらにクラウド型には、インターネット上でソフトウェアを提供する事業者のASP(Application Service Provider)と、クラウドで提供されるソフトウェアそのものを指すSaaS(Software as a Service)があります。

どちらの形態が自社に合っているのかも、あわせて検討しましょう。

システムによっては、おすすめの業種や業態、導入事例を紹介している場合もあるので、参考にしてみてください。

その際、自社と似た商品を取り扱う企業がシステムを導入した実績があるかどうかを確認しておくと安心です。
システムの導入目的や、自社のサービスや担当する業務で必要となる機能を明確にして、システムを絞り込んでいきましょう。

参考:在庫管理システム比較17選 – おすすめソフト | ECサイトや倉庫管理向けツールも|ボクシルSaaS    ASPとは? ITにおけるASPの意味や導入メリット、SaaSとの違いを徹底解説|メルカート

ポイント2. 連携できる外部システムを確認する

ECサイトでは、「各モール・カート」→「受注管理システム」→「在庫管理システム」の順でデータが移動するため、それぞれ異なる管理番号が割り振られることが少なくありません。

そのような場合も、同時在庫管理ECシステムを利用・連携することで、モールやカートの注文番号・受注管理番号・在庫管理番号など複数の管理番号を一元管理できます。

そのため、検討中のシステムと、自社で利用している受注管理システムなどの「外部システム」が連携できるかどうかの確認は必須です。

連携可能な外部システムは、物流・伝票・決済・各配送業者提供システムなどさまざまなので、どんなシステムと連携できるのか、導入事例や実績などを確認してみましょう。

参考:ECサイト向きの在庫管理システムとは?|在庫スイートクラウド    ECの一元管理システムとは?受注・在庫管理のメリットも一緒に解説|DigitalMarketingBlog

ポイント3. 機能に合わせて料金プランを選択する

同時在庫管理ECシステムの利用料金についても、事前に確認が必要です。

システムによっては、初期費用が不要の場合もあります。

月額費用は、商品登録上限数による「商品課金タイプ」と、受注商品数による「受注課金(従量課金制)タイプ」が一般的です。

必要な機能をオプションで選択できるシステムも多いので、どの程度カスタマイズが可能かも確認しましょう。

システム導入後に、一定期間使用してから、新たな機能が必要になる場合もあるので、サポート体制なども事前に確認しておくと安心です。

どの機能が必要か分からなかったり、複数のシステムで迷っている場合は、無料トライアル期間などを利用して、自社に最適なシステムを選択してください。


まとめ

本記事では、同時在庫管理ECシステムのおすすめと選び方のポイントを紹介しました。 同時在庫管理ECシステムを自社に導入する場合、以下のポイントを基準に選びましょう。

  • ポイント1. 導入目的・必要な機能を明確にする
  • ポイント2. 連携できる外部システムを確認する
  • ポイント3. 機能に合わせて料金プランを選択する

本記事を参考に、自社の課題にあった同時在庫管理ECシステムを探してみてはいかがでしょうか。

参考にしたサイト

在庫管理システム比較33選!ECサイトや倉庫管理向けおすすめソフト【無料あり】 | BOXIL Magazine 一元管理システム(OMS)14社を比較!在庫・受注・発注管理を効率化|ECのミカタ 【2024年最新】在庫管理システム18選を厳選比較|PRONIアイミツ SaaS おすすめEC一元管理システム13選!比較ポイントや導入のメリットは? | mylogi おすすめEC一元管理システム13選!比較ポイントや導入のメリットは? | mylogi ECサイト一元管理システムの比較7選;メリットや選定ポイント EC一元管理システムの比較13選。ネットショップ運営を効率化|アスピック EC担当者必見!導入必須の在庫連動システム5選!|在庫管理大学|在庫管理ソフト「ロジクラ」|無料(フリー)で試せる EC通販一元管理システム比較29選|種類・メリット・機能・多店舗ECネットショップ受発注&商品在庫を効率化 ECサイト向けの同時在庫管理システムを比較!特徴・選び方を合わせて解説 | EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio ECサイト管理を効率化!おすすめの一元管理システム・サービスを8社比較 | ネットショップ・ECの一元管理ツールならネクストエンジン