【2024年最新版】労務管理システムおすすめ31選を比較!選び方も紹介

労務管理システムとは、従業員情報の管理や年末調整の手続き、社会保険への加入手続きなどの業務を効率化できるシステムです。従業員情報を一元管理することによってデータの活用や各種書類の自動作成が可能になります。

しかし、労務管理システムによって機能性や用途が異なるため、自社に合ったシステムを選ぶには大変な労力が必要となります。

労務管理の書類作成・印刷・配布がPC上のたった1操作で完結「カオナビ労務」

本記事では、労務管理システム31社の料金や特徴を、わかりやすく整理してまとめました。

特に注目度の高い15社については、表形式で料金や機能の違いが比較できる一覧表をご用意していますので、以下よりぜひダウンロードしてご活用ください。

労務管理システムおすすめ15社

この記事を読むことで、探す手間をかけずに、自社にぴったりの良質な労務管理システムを効率的に比較することができます。

なお、本記事では各労務管理システムの注目度を客観的に判断するために、「労務管理システム 比較」で検索し、上位表示されたサイト9個を調査し、各労務管理システムを登場回数順に紹介しています。ぜひ参考にしてください。

※スコアリングや掲載している企業情報などは2024年3月時点のものです。

目次


労務管理システムのピックアップ[PR]

カオナビ労務/株式会社カオナビ

カオナビ労務HR

  • 入社手続きや年末調整などの労務管理をペーパーレスで完結できるクラウドシステム
  • 書類の作成・印刷・封入・配布がPC上のたった1操作で完結できる
  • 行政機関へ書類を電子申請でき、郵送作業が不要
初期費用0円
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/無料トライアル要問い合わせ
主な機能・入退社手続き
・身上申請
・マイナンバー
・電子申請
・マイナポータル連携
・年末調整
・給与明細
・源泉徴収票
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ
Sponsored by 株式会社カオナビ

<比較表>労務管理システムおすすめ15社

労務管理システム

本記事で紹介している15社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しました。短時間でサービスの比較をしていただけます。


1.SmartHR/株式会社SmartHR

SmartHR
SmartHR(スマートHR)|シェアNo.1のクラウド人事労務ソフト

  • 登録した情報をもとに書類の自動作成ができ、データ入力や転記・押印の作業を削減
  • 住所変更や扶養変更など自動でデータベースが更新され、常に最新の人事データを管理できる
  • 専門知識が不要で分かりやすい操作性とデータの可視化・分析が簡単にできる
初期費用0円
料金プランHRストラテジープラン
人事・労務エッセンシャルプラン
タレントマネジメントプラン
各プラン:要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアル
要問い合わせ/15日間
主な機能入社手続き・雇用契約
マイナンバー管理
予約管理
Web給与明細
人事評価など
導入企業株式会社Flatt Security
株式会社メディカルリンク
株式会社ツマミナなど

2.freee人事労務/freee株式会社

freee人事労務
freee人事労務/freee株式会社

  • チャットやメール、ヘルプページなど社内では相談しづらい業務のサポートまで対応が可能
  • 勤怠から給与明細まで全てをペーパレス化し業務を一気通貫で管理が可能
  • アラート機能で今やるべきことが可視化されるため抜け漏れを防げる体制
初期費用0円
料金プランミニマム:月額2,600円
スターター:月額3,900円
スタンダード:月額5,200円
アドバンス:月額7,150円
無料プラン/
無料トライアル
有/要問い合わせ
主な機能勤怠管理
給与計算
入退社手続き
マイナンバー管理
年末調整など
導入企業株式会社タイセイ
日の丸興業株式会社
株式会社山本商店など


3.ジョブカン労務HR/株式会社DONUTS

ジョブカン労務HR
従業員情報を一元管理「ジョブカン労務HR」

  • 労務担当者300人の声を活かした機能の充実
  • 保存された情報をもとに自動で書類作成することが可能
  • 途中になっている手続きや同時に複数の手続きを進めている場合でも進捗状況をひと目で把握できる
初期費用0円
料金プラン無料プラン:0円
有料プラン1ユーザー:月額400円
無料プラン/
無料トライアル
有/30日間
主な機能アラート機能
労働者名簿作成
帳票自動作成
年末調整
マイナンバー管理など
導入企業株式会社ネクストリンク
メドライン・ジャパン合同会社
株式会社ホームネットなど

4.ジンジャー人事労務/jinjer株式会社

ジンジャー人事労務
人事・労務管理システム「ジンジャー人事労務」| 人事労務のクラウド化ならジンジャー(jinjer)

  • 従業員がWeb上で基本情報を回答するだけで入社手続きが可能
  • 部署ごとに管理・更新していた人事情報の最新情報をひとつにまとめ管理が可能
  • 従業員の顔写真と名前で表示ができる組織図で組織の確認やシミュレーションが可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン1ユーザー:月額300円〜
無料プラン/
無料トライアル
有:要問い合わせ
主な機能入社手続きの電子化
組織管理
マイナンバー管理
ロール管理
従業員情報の管理など
導入企業株式会社モスバーガーフード
ネッツトヨタ栃木株式会社
リソルホールディングス株式会社など

5.オフィスステーション労務/株式会社エフアンドエム

オフィスステーション労務
オフィスステーション 労務|労務のあらゆる業務最小化を実現

  • 従業員とのやり取りもクラウド上かつ手続きも電子申請のため作業わずか5分程度で完結
  • 直感的に操作でき圧倒的に簡単で速く業務の遂行が可能
  • 入社・退職など人事労務に関わる帳票110種類に対応が可能
初期費用110,000円
料金プラン1ユーザー:月額440円
(従業員が10名以下の場合:月額4,400円)
無料プラン/
無料トライアル
有/30日間
主な機能従業員情報の簡単収集
雇用契約書
登録フォーム機能
ワークフロー機能
電子申請など
導入企業モロゾフ株式会社
株式会社KDC
株式会社ANAPなど

6.HRBrain 労務管理/株式会社HRBrain

HRBrain 労務管
HRBrain 労務管理 | 【サポート品質 No.1】 | HRBrain

  • 企業ごとに合わせた100通りのプランから選べ、必要な機能を必要な分だけ導入が可能
  • 従業員から直接情報を収集し簡単にシンプルに一元管理が可能
  • 導入準備から運用まで専任スタッフによる細かいサポート体制
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアル
有/要問い合わせ
主な機能入退社手続き
マイナンバー管理
Web給与明細
電子申請
年末調整など
導入企業株式会社東京インテリア家具
株式会社博展
高砂電機工業株式会社など

7.マネーフォワード クラウド社会保険/株式会社マネーフォワード

マネーフォワード クラウド社会保険
社会保険ソフトで帳簿の作成・提出を簡単に – マネーフォワード クラウド社会保険

  • 従業員ごとの対応状況や、届出の申請状況を一覧画面で確認することが可能
  • 入退社などの社会保険届出書を作成しクラウド上で安全に管理が可能
  • PDF出力ができるため紙での申請にも対応ができ、各種届出の電子申請が可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン・個人向け
パーソナルミニ:月額900円
パーソナル:月額1,280円
パーソナルプラス:月額2,980円
・法人向け(50名以下)
スモールビジネス:月額2,980円
ビジネス:月額4,980円
・法人向け(51名以上)
要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアル
有/1ヶ月
主な機能従業員の入退社
育児休業手続き
賞与支払届
月額変更届
労働保険申告書など
導入企業株式会社クラウドワークス
note株式会社
株式会社FINCなど

8.クラウドハウス労務/株式会社Techouse

クラウドハウス労務
クラウドハウス労務 | 大手法人向け人事労務SaaS

  • PCとクラウドで手続きができ最短1日で入社手続きが可能
  • 従業員から収集した情報をシステム上からワンクリックで承認し自動保存が可能
  • 人事データを一元化・見える化し、エンゲージメント向上や離職率防止に向けた施策を打つことが可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアル
要問い合わせ
主な機能入社手続きの自動化
雇用契約の電子化
申請承諾機能
人事データベース
年末調整など
導入企業日本ハウズイング株式会社
NTTデータマネジメントサービス株式会社
株式会社JTBグローバルアシスタンスなど

9.sai*reco/株式会社アクティブアンドカンパニー

sai_reco
人事を戦略に変える。sai*reco(サイレコ)HRオートメーションシステム

  • システム上で全情報を一元化し使い続けることで人事情報を蓄積することが可能
  • 人事施策が直感的に分かりやすく可視化され組織内共有が可能
  • 導入プランに応じて情報登録や運用設計まで手厚いサポート体制
初期費用要問い合わせ
料金プラン1ユーザー:月額220円〜
無料プラン/
無料トライアル
有/14日間
主な機能組織全体管理
従業員管理
評価機能
組織構成の履歴検索
給与明細など
導入企業株式会社高橋ふとん店
株式会社ベルマネジメントワイズ
株式会社ノースオブジェクトなど

10.ARROW/株式会社S&A

ARROW
トップページ – ARROW

  • 外部連携が不要であらゆる機能が揃ったオールインワンのサービス
  • ユーザーインターフェイスに精通したプロによる画面構成で誰でも分かりやすい
  • 社員専用のアプリがあり全社員でシフトの共有が可能
初期費用要問い合わせ
料金プランAプラン:月額1,980円
Bプラン:月額3,980円
Cプラン:月額4,980円
無料プラン/
無料トライアル
有/60日間
主な機能シフト管理
勤怠管理
給与計算
帳票作成
データ集計など
導入企業ベルジオコーポレーション株式会社
フェアフィールド・バイ・マリオット難波
麗澤大学など

11.社労夢Company Edition/株式会社エムケイシステム

社労夢Company Edition
社労夢Company Edition|社会保険・労働保険の電子申請クラウドシステム

  • 全国の社労士事務所で使われているシステムを一般企業向けに使えるようにしたソリューション
  • 申請手続きの管理を可視化・一元管理ができ、申請漏れや遅れを防ぐことが可能
  • 複数拠点の申請時も一覧で確認ができ、事業所ごとにフォルダを分けて管理ができる
初期費用0円
料金プラン月額45,000円〜
無料プラン/
無料トライアル
有/2ヶ月
主な機能手続き進捗管理
基本台帳
社会保険関連
電子申請
マイナンバー管理など
導入企業株式会社MCEAホールディングス
パーソルホールディングス株式会社
(記載2社のみ)

12.COMPANY/株式会社Works Human Intelligence

COMPANY
クラウド型統合人事パッケージ【COMPANY】|Works Human Intelligence

  • 入社から退職までの人事労務をすべて管理できる総合人事システム
  • 会社をまたがった検索や集計作業もエクセルや他システム・ソフトを介さずに実現が可能
  • 給与計算制度に標準対応し社員区分などによって異なる給与計算もボタンひとつで計算が可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアル
要問い合わせ
主な機能人事管理
給与計算
勤怠管理
タレントマネジメント
雇用手続管理など
導入企業株式会社明治
キリンビジネスシステム株式会社
株式会社TKCなど

13.e-AMANO人事届出サービス/アマノ株式会社

e-AMANO人事届出サービス
e-AMANO人事届出サービス|アマノ株式会社

  • 従業員へ入社手続きの招待メールを送信し、収集した情報を電子データとして自動作成が可能
  • 雇用契約書などレイアウトを自由に変更することが可能
  • 作成した申請書はワンクリックでe-Gov・マイナポータル電子申請が可能
初期費用0円
料金プラン〜30名:月額9,000円
〜50名:月額15,000円
〜100名:月額24,000円
〜150名:月額35,000円
他Web参照
無料プラン/
無料トライアル
有/30日間
主な機能入社手続き
雇用契約書
年末調整
Web明細
マイナンバー管理など
導入企業要問い合わせ

14.Gozal/株式会社Gozal

Gozal
Gozal|給与計算チェックを変え、ミスをなくす

  • 毎月発生する給与計算チェック業務にフォーカスし、業務をスマートにするためのソフトウェア
  • 前月給与との差異分析や企業独自のルールによる計算処理の変更まで自動化が可能
  • 複数人でチェック業務をしても誰が何をチェックしたのか証跡を残すことが可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアル
有/要問い合わせ
主な機能異動情報の自動検知
給与連絡票の自動生成
進捗管理
計算テスト代行
自動リストアップなど
導入企業みんなのマーケット株式会社
ベースフード株式会社
株式会社プレイドなど

15.カオナビ労務/株式会社カオナビ

カオナビ労務HR労務業務の効率化|活用シーン|カオナビ【シェアNo.1】社員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステム

 

  • シンプルな機能設計で必要な機能だけ組み合わせて利用が可能
  • ドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズができ自社の人事施策に合わせ情報を一元化できる
  • 所属データをもとに組織図を自動生成しリアルタイムで共有が可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアル
有/要問い合わせ
主な機能入退社手続き
社員タイプ分析
労務負荷分析
360度評価運用
メール一斉送信など
導入企業本田技研工業株式会社
SGグループ株式会社
三菱UFJニコス株式会社など

そのほかおすすめの労務管理システム

MINAGINE就業管理
奉行Edge 労務管理電子化クラウド
Bizer
One人事[労務]
HybRid
ez-GoV
タレントパレット
総務人事奉行クラウド
楽楽人事(旧:楽楽労務)
かんたん雇用契約 for クラウド
マネーフォワード クラウド年末調整
Workcloud
KING OF TIME
リモート産業保健
DirectHR
ApplyNow Sign


労務管理システムを選ぶ4つのポイント

労務管理システムを選ぶポイントは以下の4つが挙げられます。

ポイント1. クラウド型かインストール型か
ポイント2. 対応している業務の内容
ポイント3. 既存のシステムと連携できるか
ポイント4. サポート体制の充実度

ここでは、それぞれのポイントを具体的に解説します。

ポイント1. クラウド型かインストール型か

労務管理システムには大きくわけて「クラウド型」と「インストール型」の2種類がありますが、現在は圧倒的にクラウド型のシェアが高いといえます。

クラウド型はスマートフォンに対応しているものが多く、インターネット環境さえ整っていれば利用可能です。テレワークを導入している企業にとっては最適といえるでしょう。

また、年度によってフォーマットが変わることが多い申請書類も、自動で最新情報にアップデートされるためミスが発生しにくく、安心して使用できます。自動バックアップや豊富な帳簿の種類など、サービスが充実しているところもクラウド型の特長です。

一方、インストール型は高額な初期費用と保守料などの維持費がかかるため、比較的安価なクラウド型と比べると導入障壁が高い印象です。自社のサーバーにシステムを構築するため高いセキュリティー対策を実現できますが、基本的には社内のネットワークでしか使用できないためテレワークへの対応は難しいでしょう。

ポイント2. 対応している業務の内容

労務管理システムを選ぶときに押さえておきたい2つ目のポイントは、対応可能な業務範囲です。

労務管理システムは大きく分けると

  • 従業員の入社・退社の手続き
  • 従業員情報の管理
  • 年末調整の手続き
  • 雇用契約書の作成・締結

の4つの業務に対応していますが、システムによっては対応できないものもあります。

また、最近主流になってきている電子申請は、インターネットを通して申請できるため、ぜひとも取り入れたいところです。

しかし、サービス内容が充実している労務管理システムがベストかといえば、決してそうとは言い切れません。充実度が高いゆえにシステムがわかりにくい仕様になってしまい、「どこをどこを操作したら良いかわからない」ということもあり得ます。

たとえば役所などへの提出の手間軽減を考えているのであれば電子申請に対応しているシステム、年末調整や給与明細だけ管理したいということであればWeb給与明細に絞って購入するのもひとつの手です。労務管理システムを比較検討する際には、まず自社で効率化させたい業務を明確化することからはじめましょう。

ポイント3. 既存のシステムと連携できるか

「すでに給与計算ソフトや勤怠管理システムを導入している」という企業も少なくないでしょう。あとから労務管理システムを導入することになった場合、既存のシステムと連携できるものを選ぶと、業務の一元管理が可能になります。ほかのシステムとの連携機能の有無は必ず確認するようにしましょう。

初めてシステムを導入する企業や、労務管理や勤怠管理、給与計算までをすべてひとつのシステムにまとめたいと考えている企業には、幅広い業務をサポートしてくれるシステムがおすすめです。

参考:【2023年最新版】おすすめマイナンバー管理システム7選を比較!
   おすすめ勤怠管理システム10選!料金・サポート内容・機能など

ポイント4. トラブル発生時にすぐに対応してもらえるか

労務管理システムを導入しても、最初のうちは上手に使いこなせずに疑問点が出てくる可能性が高いものです。システムを使う従業員が多ければ多いほど、予期せぬトラブルの発生が考えられます。

そのため、エラーが生じた場合にもすぐに対応してくれる、サポート体制の充実した労務管理システムを選んでおくと安心です。チャットや電話などの対応方法や、休日、深夜も含めた対応時間を考慮したうえで検討を進めましょう。


労務管理システムに関するよくあるご質問

労務管理システムの導入を検討中の方に役立つQ&Aをまとめました。

Q.労務管理システムにはどのような機能がありますか?

A.労務管理システムには、入退社手続きや従業員管理などの機能が含まれています。他にも、給与計算やマイナンバー管理ができるものなどがあります。

各システムの機能を比較したい方は比較表をご覧ください。

労務管理システムおすすめ15社

労務管理システムと勤怠管理システムの違いは何ですか?

A.勤怠管理は労務管理の一部であり、労務管理システムの中に含まれる機能の一つです。労務管理システムは従業員の労働条件、給与、福利厚生、社会保険手続きなど、労務全般を管理するシステムです。一方、勤怠管理システムは従業員の出退勤や労働時間、休憩時間を管理し、給与計算に反映させるなどを主な目的としたシステムです。

各労務管理システムの内容を確認したい方は比較表をご覧ください。

労務管理システムおすすめ15社

Q.労務管理システムの料金相場はいくらぐらいですか?

A.全体の相場は不明ですが、LISKULでリサーチした15サービスの中では、月額料金は6,000~7,000円ほどのものが多いです。機能が限られた無料版や、様々なツール連携やカスタマイズが可能な10,000円以上の高機能ツールもあります。

料金について詳しく知りたい方は、比較表をご覧ください。

労務管理システムおすすめ15社

Q.無料で使える労務管理システムはありますか?

A.無料で利用できる労務管理システムはあります。ただし、無料版は機能が制限されている場合が多く、必要な機能が揃っているかを事前に確認することが重要です。また、一定期間だけ無料で使えるシステムもあります。

Q.労務管理システムのセキュリティ対策はどうなっていますか?

A.ログイン制限やIPアドレス制限などのセキュリティ対策に関する機能が備わっているシステムが多いですが、詳しくは提供元にお問い合わせください。


まとめ

本記事では、おすすめの労務管理システムを31個紹介しました。

選ぶポイントは、クラウド型かインストール型か、対応可能な業務は何か、既存のシステムと連携できるか、トラブル発生時にすぐに対応してもらえるかを目安にすると良いでしょう。

本記事の情報を参考に、自社にフィットする労務管理システムを見つけてください。

参考にしたサイト

労務管理システム比較13選!クラウド型のメリット・選び方まで|アスピック
【2024年版】おすすめ労務管理システムの価格や機能を比較表で徹底比較!|ITトレンド
【2024年】労務管理システムのおすすめ10製品(全28製品)を徹底比較!満足度や機能での絞り込みも
【比較表あり】労務管理システム比較20選 | おすすめクラウドソフトは? | BOXIL Magazine
労務管理システム比較おすすめ18選【2024年最新】導入メリット、機能、価格を解説 – ビジトラmedia
【2024年版】労務管理システムのおすすめ17選を徹底比較! – SaaS LOG
【2024年03月】労務管理システム人気ランキング|満足度や口コミ・評判を調査 | ボクシルSaaS
労務管理システム (SaaS)9製品をまとめて比較!|ITトレンド
労務管理システムのおすすめ人気ランキング20選【2024年】 | mybest
労務管理システムのおすすめ11選!比較表付きで人事労務や勤怠の効率化ツールを紹介 | システムの活用 | チムスピコラム | 勤怠管理・工数管理・経費精算ならチームスピリット