ショートメールの仕方一覧と、ビジネス目的のSMSの送付方法を解説

従来は、親しい友達や家族に送ることが多かったSMS(ショートメッセージサービス)ですが、ビジネスでも有効な連絡方法です。

携帯電話やスマートフォンに搭載されている機能の1つのSMSですが、個人・ビジネスのどちらにおいてもあまり活用していないという人も多いのではないでしょうか。

個人用であれば「+メッセージ」というアプリを利用するか、各端末にインストールされたアプリを利用するのが一般的です。

ビジネス目的であればSMSの送信サービスを利用する必要があります。

今回はショートメールの仕方を徹底解説します。そのうえで、おすすめのSMS送信サービスの利用方法などについて紹介していきます。

SMSをビジネスに上手く取り入れて、ビジネスチャンスを見出して新たな顧客を確保したいという人もぜひ参考にしてください。

NTTコム オンラインが提供する安心のSMS送信サービス「空電プッシュ」の資料をダウンロード


※本記事はNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


SMS(ショートメール )を送信する手順

SMS(ショートメッセージサービス)は、電話番号があればインターネット上で70文字以内の短いメッセージの送受信ができるサービスです。

メールアドレスを使用しなくても相手にメッセージが送信でき、手軽に素早くメッセージを送りたいときにも適しています。ここでは、iPhoneやAndroid系のスマートフォンやパソコンなどからSMSを送る手順についてみていきます。

下記は国内で利用できる主なSMSの一覧です。

サービス名称提供会社概要
+メッセージNTTドコモ
KDDI(au)
ソフトバンク
・従来のSMSサービス(ショートメッセージ)の機能を進化させた新しいメッセージサービス
・ドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン・タブレットのユーザーは無料で利用可能(パケット通信料が別途かかる)
・最大全角2,730文字までの文字や絵文字も送信可能
・文字以外に写真・動画・音声メッセージ・地図も送信可能
・+メッセージをインストールしていない相手には、今までのSMS形式でメッセージ送信が可能
iOS系のSMS各端末のアプリ・他キャリア宛の場合、最大で全角70文字の文字送信が可能
・文字と数字が送信できる
Android系のSMS各端末のアプリ・他キャリア宛の場合、最大で全角70文字の文字送信が可能
・文字と数字が送信できる
SMS配信サービスSMSサービス提供会社・携帯電話網を使ったSMSサービスを使い電話番号宛に直接送信する
・キャリアを選ばずメッセージを送信可能
・インターネット上での本人認証の確認手段や決済、プロモーションツールとしてビジネスでも活用されている
・各SMS配信会社によりサービス内容が違う

+メッセージ

+メッセージは、国内の大手携帯キャリアのSMSサービスが共同で提供している新しいメッセージ送信用サービスです。

従来、各キャリアで使われていたメッセージサービスを進化させ、ドコモ、au、ソフトバンク契約しているスマートフォンとタブレットのユーザーが使用可能です。無料で使用できますが、送信する際には別途パケット料がかかります。

+メッセージでのメッセージ送信方法は次の通りです。

  1. 事前にAndoroidであればSMSアプリをアップロード、またはau Marketからダウンロードしておきます。iPhoneの場合はApp Storeからダウンロードしておきます
  2. ホーム画面の基本機能をタップします
  3. 基本機能の中にある「+メッセージ」をタップします
  4. 全ての連絡先が選択されていることを確認します。右端に+メッセージのアイコンがついている人は+メッセージ機能が使えます 
  5. 送りたいメッセージを入力し、青の送信アイコンをタップするとメッセージが送信されます
  6. 左下の+アイコンをタップすると写真や音声メッセージも送信可能です。右下のスタンプマークをタップするとスタンプが送信できます
  7. 相手にメッセージが届くとチェックが1つ入り、既読になるとチェックが2つになります

iPhoneなどのiOS系デバイスからの送信

  1. ホーム画面の「メッセージ」アプリをタップします
  2. メッセージ画面がでたら右上の新規作成アイコン(鉛筆マーク)をタップします
  3. メッセージ作成画面が表示されたら送信する相手を選びます。選び方は右上アイコンの+マークをタップし、連絡先を開き送る相手を選択します
  4. ボックスに送るメッセージを入力し、横にある送信用の緑のアイコンを押し送信します

Android系デバイスからの送信

  1. ホーム画面、もしくはアプリ一覧画面の「メッセージ」アプリをタップします
  2. メッセージ画面右下の、青の新規作成アイコン(鉛筆マーク)をタップします
  3. メッセージ作成画面が表示されますので、送信先の電話番号を手で入力もしくは、右上アイコンから電話帳を開いて送り先を選びます
  4. メッセージ入力欄に送りたいメッセージを入力し、右の送信ボタンを押すと送信されます

参考:NTTドコモ:SMS(ショートメッセージサービス)の送り方


ビジネスでSMS(ショートメール )を送るなら専用の送信サービスの利用がマスト

友人や家族など個人用としてSMSを送る場合と、ビジネスでSMSを送る場合の目的は全く違うものです。

ビジネスでSMS送信サービスを利用する場合、1対1のメッセージのやり取りよりも多数の人へのメッセージ送信が目的です。ここでは、SMS送信サービスを使うと、どのようなことができ便利かどうかについて解説します。

SMSキャンペーン等のDMを顧客に一斉送信できる

メールではなくSMS送信サービスを利用して企業のDMやキャンペーン案内、イベント情報、そして支払いの催促などを送信すると、複数の宛先にメッセージを一斉送信できます。
このようにSMS送信サービスを活用することで、従来よりも速くより効率的に顧客への連絡が可能になり、売り上げアップやサービスを利用者の増加にもつながります。

また、キャンペーン用のDMを送るときも有効的です。SMS送信を使うと、見込み客に対して一斉にアプローチが可能となります。

さらに、新規の設備投資も不要なところも魅力です。クラウドサービスを利用し、1通ごとの送信料だけかかる従量課金制や月額利用料など、さまざまな料金形態から適したサービスを選ぶことができます。

API連携によって本人確認やワンタイムパスワードなどを SMS(ショートメール)で自動送信できるようになる

近年、インターネットを利用したショッピングやサイトへのログインなど、セキュリティとして本人認証や確認をする場面がとても多くなっています。

もし、企業が手作業で顧客に対して、本人確認やワンタイムパスワードを発行・送信していると膨大な作業量になりかなり時間がかかります。

そこで、本人確認の通知やワンタイムパスワードを自動で送信できる「SMS送信サービス」を利用すると、作業効率が上がり利用者の増加にもつながります。このように、ビジネス場面においてSMS送信サービスの利用はもはや必須といえます。

IVR連携で音声ガイダンスに合わせてSMS(ショートメール)を送信できるようになる

SMSメッセージ送信サービスの中には、音声ガイダンス(IVR)と連携しているものがあります。IVRと連携させたサービスを活用すると、電話で問い合わせをしてきた顧客に対してより高度な対応ができます。

たとえば、音声案内で内容に合ったSMSを送信し、電話オペレーターを通さずに対応することが可能です。また、このメッセージ送信サービスは、フリーダイヤルやナビダイヤル経由でも利用でき、伝わりにくい情報・メッセージも正確に伝えます。

IVRと連携したSMSサービスを使うことのメリットは他にもあります。電話を受信した後に、受信の状況と問い合わせ理由の両方を確認することが可能です。また、メッセージ送信時に顧客コードを割り当てることで、顧客対応の記録を簡単に管理するなど、便利な機能も魅力です。

顧客と企業の双方向でSMS(ショートメール)の送受信ができる

SMS送信サービスの中には、顧客からの問い合わせやアクセスに対して自動のショートメッセージを一方的に送信するだけでなく、顧客の返信内容に合わせてSMSで応答できるタイプもあります。

APIと連携することで完全に自動化させたメッセージ送信が可能です。双方からのメッセージの送受信をおこない、業務内容や顧客対応状況に応じて、より柔軟にコミュニケーションをとるシステムです。

たとえば、企業のコールセンターや人材派遣会社、保険会社などの活用では、オペレーターの稼働させずに情報収集ができますので人件費や教育費のコストを節約できます。

また、物流会社でSMS送信サービスを利用すると、電話やメールでかかる時間が大幅に短縮します。業務フローに従い顧客と双方向でやり取りし、自動予約をおこない、より効率化を実現します。

参考:NTTコム オンラインが提供する安心のSMS送信サービス「空電プッシュ」の資料をダウンロード


【初心者必見】SMS送信サービスの選び方

SMS送信サービスを提供している企業は多数あります。初めて利用する企業や個人は、どのSMSサービスを取り入れたらよいかについて情報を得たいという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、SMSサービス初心者向けに選ぶときに押さえておきたいポイントや、どのような機能が付いているサービスがおすすめなのか、などについてみていきます。ぜひSMSサービスを導入する際には参考にしてみてください。

最低限押さえておくべきポイント

SMS送信サービスを初めて使う人や初心者が疑問に思うことは、「SMS送信サービスを比較するときに、最低限どんなことを押さえて選ぶべきなのか」なのではないでしょうか。

そこで最初に、SMS送信サービスの接続方式をチェックしてみましょう。大きく分けると「国内直収接続」と「国際網接続」の2つの方式のサービスがあります。おすすめしたいのは、キャリア直収とも呼ばれる国内直収接続方式です。

直接の接続によりメッセージの到達率が高まり、セキュリティ面でもより安全です。さらにメッセージを送信した結果の詳細もわかります。

次に重視したいのが、「メッセージ文の拡張機能の有無」です。ビジネスでSMS送信を使う場合、件名や文頭に送り先のユーザー名を自動的に入れる「One to Oneメール機能」が有効です。

また文章も短いものではなく600文字ほどの長文に対応しているかどうかや、文字数を節約するための「短縮URLに変換する機能」などの有無もチェックすることをおすすめします。

目的別のチェックポイント

SMS送信サービスを選ぶときには、どのような目的で使うかどうかによって押さえておきたいポイントが変わってきます。

ここではその中でも、顧客向けキャンペーンに活用したい場合と顧客の本人確認用として活用したい場合のSMSサービスの選び方を紹介していきます。

顧客にキャンペーンを打ち出したいなら一斉送信サービス機能が必要

SMS送信サービスのメリットの1つが、メールのように1件ずつ宛先を選んで送信する必要がないことです。一斉送信サービス機能を使うことで、顧客にすばやく簡単に連絡をすることができます。

また、この一斉送信サービスにもさまざまなタイプがあります。利用するときに送信したい顧客数をまず確認し、必要な人数やメッセージ文字数などの条件が合うサービスを選ぶようにしましょう。

自動で本人確認やワンタイムパスワードを発行したいならAPI機能が必要

近年は不正アクセス防止やセキュリティ面の強化のため、多くの企業がワンタイムパスワードを発行するサービスや本人確認用の4桁コードをSMSで送信するなど、さまざまな工夫をおこなっています。

このような自動発信においてはAPI機能が必須となります。各サービスを比較するときには、文章内容がAPI機能でできるかどうかを確認することをおすすめします。

上記2点を満たすサービスの代表例として「空電プッシュ」があります。

NTTグループが提供しており、SMS送信サービスの中でも信頼性が高いです。サービスが絞り切れないという方は導入をおすすめします。

NTTコム オンラインが提供する安心のSMS送信サービス「空電プッシュ」の資料をダウンロード


まとめ

従来は個人用として主に使われていたSMSですが、ここ数年急速にビジネス用としても活用されてきています。

SMSのよい点は相手のメールアドレスがわからない場合でも、携帯やスマートフォンの番号がわかれば手軽にメッセージを送ることができるところです。

大手キャリアでは従来のSMSサービスを進化させた+メッセージという新サービスを展開しています。これは短いメッセージ文だけでなく写真や画像、スタンプや音声なども簡単な操作で一斉に相手に送信できる便利なシステムです。

ビジネスにおいて、個人認証や問い合わせへの対応をするさいにSMS送信を使うケースも大変増えています。大規模なシステム導入をしなくても、メッセージを送信した分だけ料金を支払う便利なSMS送信サービスもあります。

自分のビジネス上で必要な機能をまず確認し、より満足できるSMSサービスを選びましょう。

5年連続シェアNo.1ののSMS送信サービス「空電プッシュ」の資料をダウンロード

本人性の高いSMS認証や、返信率85%以上のSMS一斉送信などの活用方法をご提案します(PR)


NTTコム オンラインが提供する『空電プッシュ』は、携帯電話やスマートフォンのSMS(ショートメッセージ)機能をビジネスの様々なシーンで組み合わせて活用することで、業務効率化、コスト削減、売り上げ向上を実現します。

ビジネスでのご利用シーン

  • スマホアプリ利用時の本人認証に
  • 自治体から住民への情報配信に
  • 料金滞納者に対する督促/請求のご案内に
  • 商品配送や訪問の事前連絡やリマインダーに
  • コンタクトセンター業務の効率化に
  • 重要性/必要性が高いメッセージをより確実に配信
  • ビデオを活用したお客さまサポート業務改善に
  • 自社の顧客に対するアンケートのご案内に

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください

※本記事はNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。