信用調査会社とは?帝国データバンク・東京商工リサーチ・リスクモンスターを徹底比較

信用調査会社を活用すると、インターネットで調べる以上に高精度な信用調査報告書を得られます。IPOも視野に入れると、会社の管理体制を強化するために、信用調査会社の活用を検討している方もいらっしゃると思います。

本記事では、そもそも信用調査会社とは何かといった基礎的なことから、主要3社の詳細比較までご説明します。

自社に合った信用調査会社を見つけて、さらなる事業拡大を進めていきましょう。

待っているだけで、取引先の風評など信用情報が手に入る。(無料お試し)

※本記事はアラームボックス株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


信用調査会社とは?

信用調査会社とは、個人や法人の金銭的な信用度を調査する会社です。与信調査会社ともいいます。

前受取引(納品よりも前に代金を支払う)や、現金取引(納品と同時に代金を支払う)であれば、支払いにおける問題はほとんど発生しません。

しかし、企業間では、実際は商品を納品した後に代金を支払うのが、取引を進めるうえで一般的です。

このとき、取引先の支払い能力に問題ないか、第三者の立場から調査し、総合的に判断するのが信用調査会社です。
「金銭的な信用度」は、主に以下の3点で計測されます。

  • 企業の技術力や強みなどを総合的に判断して、金銭的な信用があるかどうかを確かめる。
  • 代金を先払いした場合、契約どおり遂行されるのか信用度を調べる。
  • 企業が経営上の問題を抱えているとき、解決の見込みがあるのかどうかヒアリングする。

信用調査会社はなぜ必要?

企業間の取引のほとんどは信用取引(商品の納品後に代金を支払う)のため、取引前に支払い能力が問題ないか、知る必要があります。取引先の倒産リスクなどを知ることで、代金が回収できないリスクを未然に防げるのです。

あわせて、信用調査会社では、情報誌の発行という役割も担っています。

信用調査会社が定期的に発行している情報誌には、広範囲の企業の経済情報(業績や財務分析など)が掲載されており、定期的に更新されます。業界ごとの信用度の統計なども記載されているので、市場調査の役割もあり、業界の傾向を分析するときにも役立ちます。

このように、信用調査会社は企業の動向を知るために、欠かせない存在となっています。


信用調査会社を利用する3つのメリット

信用調査会社の調査にはどのようなメリットがあるのか、また信用調査会社が発行する情報誌についても解説します。

メリット1:時間をあまりかけずに信用調査ができる

信用調査は、業歴・財務状況・社会性などさまざまな観点から調査しなければならないので、膨大な時間がかかります。

知見のある信用調査会社に任せれば、調査工数がゼロになり、取引可否をスムーズに意思決定できます。

メリット2:主観にとらわれず、漏れなく調査できる

自社で他企業の調査をすると、ついつい先入観にとらわれがちです。それに対し、信用調査会社は事実に基づく調査をし、第三者の公正な視点で結果を出します。チェック項目も決まっているので、漏れなく重要事項を把握できます。

主な調査項目としては、以下の情報が挙げられます。各社によって、調査項目はそれほど大きく変わりません。

  • 沿革、代表者、株主などの基本情報
  • 事業設備、従業員の人数、販売・仕入先
  • 業績、財務分析、取引銀行からの信用度

メリット3:情報誌を読むことで他企業のことを知ることができる

信用調査会社の発行する情報誌から、取引先候補の情報や、競合情報もチェックできます。
要注意企業の情報なども入っているので、取引の可否を判断する際に役立つでしょう。

メリット4:自社で継続的に調査をしなくても自動で情報が配信される

なかには、取引先を登録しておけば自動で情報を配信してくれるサービスもあります。継続的に与信管理を行う際や、自社で時間が取れない場合に活用するとよいでしょう。

1社であれば無料で登録できるのでまずは試してみるといいでしょう。

取引先を登録するだけで会社情報が自動で取得できる(登録無料)


信用調査会社を選ぶ際のポイント

実際に信用調査会社を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

費用

信用調査会社の費用相場は、2~3時間の調査につき、3~5万円が目安といわれています。
自社で調査したい内容に対して、費用がどれくらい必要となるのか、各社に見積もりをとって比較しましょう。

納期

会社によって報告書の納期に差があります。

取引先の信用調査を依頼するときは、できるだけ早く調査結果を知りたい場合もでてきます。自社の取引の進め方に応じて、適切な納期で対応できる会社に依頼しましょう。

一般的な相場として、新規の調査に関しては、通常は2〜4週間が目安です。過去に依頼した会社の調査であれば、より短納期となる場合もあります。

報告書の見やすさ

報告書のサンプルを見る際に、以下のポイントをおさえているかをチェックしてみてください。

  • 表やグラフを適切に用いているか
    調査会社は数字を含むデータを取り扱うので、報告書に表やグラフは必須です。必要なグラフのみが並び、分かりやすい形式で表示されているかチェックしましょう。
  • 色使いにまで気を配られているか
    白黒だけの報告書でも問題ないですが、適切な配色が施されていると見やすくなります。細かい見やすさまで配慮されているか確認しましょう。

海外企業に対応しているか

海外企業とのお取引予定があれば、海外の企業まで調査できるのか、日本語での報告に対応しているのかも確認しましょう。


信用調査会社3社を徹底比較

実際にどのような信用調査会社があるのか、各社の特徴をみていきます。

本記事では、「信用調査会社」と検索して上位10位に含まれる(2018.7月時点)信用調査会社3社に絞って徹底比較します。

先ほど紹介した選ぶポイントをもとに比較するので、ぜひ自社に合った信用調査会社を探してみてください。

会社名費用納期海外企業対応
帝国データバンク(TDB) ・5枚→24,000円/枚
・9枚→2,222円/枚
・15枚→20,000円/枚
・27枚→18,519円/枚
29営業日(追加料金で7営業日)対応している
東京商工リサーチ(TSR)・5枚→24,000円/枚
・9枚→22,222円/枚
・15枚→20,000円/枚
・21枚→19,048円/枚
・27枚→18,519円/枚
・9枚→22,222円/枚
25営業日(追加料金で5営業日)対応している
リスクモンスター(RISMON)要お問い合わせ要お問い合わせ対応している

1.帝国データバンク(TDB)


TDB帝国データバンク(TDB)

特徴

  • 信用調査のシェア国内1位の60%を誇る。
  • 「現地現認」を貫き、経営陣へ直接取材した内容などから報告がなされる。
  • 「事業内容」「会社の特色」「最新の業績」など、定性的な報告も充実している。

参考:信用調査会社のビッグ2、帝国データバンク・東京商工リサーチを徹底比較する|プロの企業調査室

費用

依頼する調査書の枚数によって単価が異なります。

  • 5枚(1枚あたり24,000円)
  • 9枚(1枚あたり22,222円)
  • 15枚(1枚あたり20,000円)
  • 27枚(1枚あたり18,519円)

参考:企業信用調査|帝国データバンク

納期

納期は29営業日です。追加料金4,000円を支払えば7営業日まで短縮できます。

報告書

TDBの報告書は表と文章が中心になっており、黒・グレーのみのレイアウトです。各項目について、調査員の定性コメントが載っているので、より具体的に状況を把握できます。

参考:帝国データバンクの報告書サンプル

海外企業対応

海外企業の対応もしています。アジアや欧米諸国をはじめ、世界の190ヶ国以上の企業を調査できます。

こんな人にオススメ

  • 定性的なコメントを多く入れてほしい方
  • 実際に現地に行った調査員の意見も知りたい方

2.東京商工リサーチ(TSR)

TSR東京商工リサーチ

特徴

  • 信用調査のシェア国内2位の20%を誇る。
  • アメリカの大手信用調査会社(D&B)と連携して、海外企業の調査に精通。
  • 調査対象となる企業について、契約前に調査できる内容と費用感について把握できる「予備調査」を実施。

参考:信用調査会社のビッグ2、帝国データバンク・東京商工リサーチを徹底比較する|プロの企業調査室

費用

依頼する枚数によって単価が異なります。帝国データバンクとほぼ変わらない費用体系です。

  • 5枚(1枚あたり24,000円)
  • 9枚(1枚あたり22,222円)
  • 15枚(1枚あたり20,000円)
  • 21枚(1枚あたり19,048円)
  • 27枚(1枚あたり18,519円)

参考:料金表一覧|東京商工リサーチ

納期

納期は25営業日です。追加料金4,000円を支払えば5営業日まで短縮できます。

報告書

東京商工リサーチの報告書は表やグラフが中心になっています。配色は黒・青を基調としグラフでは他の色も使っています。
TSRオリジナルの国内企業報告書「TSR REPORT」はこちら

海外企業対応

海外企業の対応もしています。世界中で最も利用されているD&Bの調査レポートが手に入ります。

こんな人にオススメ

  • 国内外にまたがって複数の企業の調査書を一括で依頼したい方
  • なるべく早く調査結果を手に入れたい方

3.リスクモンスター(RISMON)

リスクモンスターリスクモンスター

特徴

  • 別の信用調査会社4社の信用調査書もまとめてもらえる。
  • 1社から信用調査を依頼できる。
  • 中国の上海にも同グループの会社があり、中国企業に関して精通。

費用

入会金3万円が必要です。調査書の費用詳細は、公式ホームページよりお問い合わせください。

納期

公式ホームページよりお問い合わせください。

報告書

企業の基本情報から業界動向、人事異動などの情報までを一つにまとめた「よくばりPDF」という報告書を利用できます。

表やグラフが中心で、グラフ以外の部分は黒色のみのレイアウトです。
リスクモンスターオリジナルの「よくばりPDF」はこちら

海外企業対応

海外企業の対応もしています。特に中国企業に精通していますが、ほかにもヨーロッパ・南米を中心に信用調査書を提供しています。

こんな人にオススメ

  • 1社から調査書を依頼したい方
  • いくつもの調査会社から調査書を選択したい方

まとめ

信用調査会社とは、企業の金銭的な信用度を調査する会社です。信用調査会社を選ぶ際には、費用、納期、報告書の見やすさ、海外企業に対応しているかなどの項目から自社に合ったものにしましょう。

こちらのサイトでは帝国データバンク、東京商工リサーチ、リスクモンスターを主要な3社を紹介しましたが、上記以外にも信用調査会社はいくつも存在します。
自社に合った信用調査会社を見つけて、さらなる事業拡大を進めていきましょう

会社情報を調べるならアラームボックス(PR)

アラームボックスは専門知識不要でスマートフォンからでもカンタンに利用できます。チェックしたい会社を一度登録すれば、状況が変わるたびにお知らせ。自社で継続的に情報を取得する手間を大幅に減らせます。

1社までなら無料で登録できます。ぜひお試しください。

企業調査サービス「アラームボックス」無料トライアル

※本記事はアラームボックス株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。

参考にしたサイト

信用調査会社のビッグ2、帝国データバンク・東京商工リサーチを徹底比較する|プロの企業調査室
企業情報を提供している会社一覧|倒産研究室
企業信用調査を比較して活用しよう。|企業信用調査花鳥風月
調査会社選びのポイント|ヒューマン探偵事務所
信用調査サービス:国内企業信用調査|リスクモンスター株式会社