ビデオチャットを簡単に実装する方法と、APIを利用した実装手順

「複数人でコミュニケーションを取れるビデオチャットを実装して欲しい」と上司から頼まれたけれども、「わざわざ実装しなくてもサービスを利用すればよいのでは」と疑問に思っている人はいませんか。

ビデオチャットの実装は、WebRTCを活用すれば、手軽に実装可能です。この記事では、ビデオチャットを簡単に実装する方法と、APIを利用した実装手順を詳しく解説します。

「ビデオチャットをコピペなどで簡単に作成できるコードを知りたい」「費用をかけずに自社システムにビデオチャットツールを実装したい」という方は、参考にしてください。

SMSのURLで簡単ビデオ通話「ビデオトーク」【SkyWay基盤のWebRTC+SMS】資料ダウンロード


※本記事はNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


WebRTCを活用することでビデオチャットを楽に実装できるようになった

数年前であれば、ビデオチャットを実装するためには、Flashなどを利用する必要がありました。また、パソコンの機種・ブラウザの違いで通信が分断されたり、開発難易度が高かったりしましたが、現在ではWebRTCを活用すれば従来の仕組みよりも手軽にビデオチャットを実装できます。

WebRTCはブラウザ上だけでビデオチャットが可能


ビデオチャットは本来、パソコン間にプラグインを導入する必要があり、同アプリケーション使用者のみでしか利用できませんでした。しかし、WebRTCが登場したことによって、専用のアプリケーションを使用する必要がなく、Webブラウザ上で容易にビデオチャットを利用できるようになりました。

WebRTCは、「Web Real-Time Communications」の略称です。この名称の通り、Webブラウザ上でリアルタイムのコミュニケーションを実現できます。

従来の開発法・実装工数の違い


ビデオチャットを実装するための従来の開発法は、1からコードを作成し、パソコンの機種によっては、通信が分断されてしまうため、各機種に合わせたコードも求められました。

こうした開発法・実装工数だったため、自社システムにビデオチャットを実装することを断念していた人は多かったのですが、WebRTCの登場により、ブラウザ単位で通信できるだけではなく、簡単なコードを入力するだけで実装できるようになりました。

従来の開発法よりも手軽に実装できるようになったことも、WebRTCの特徴です。


ビデオチャットを実装すべき人とそうでない人

翻訳機能や通話を即座にテキスト化するなど機能性にこだわりたい場合、自社でビデオチャットを実装すべきです。コミュニケーションツールとして利用するだけであれば、ビデオチャットサービスの利用でも問題ないでしょう。

翻訳機能や通話を即座にテキスト化するなど機能性にこだわりたい方は実装する


WebRTCは、ビデオチャットシステムを用意に実装できるだけではなく、ビデオ・音声での通信やファイルの共有も可能にします。そんなWebRTCの導入事例は次の通りです。

  • ウェブ会議システム
  • カスタマーサポート
  • Webカメラでの像配信
  • オンライン講座
  • 無人受付 など

また、翻訳機能や通話を即座にテキスト化するなどの機能も導入可能です。そのため、ビデオチャットの機能性にこだわりたい人は、WebRTC活用して実装することをおすすめします。

コミュニケーションツールとしての利用だけならビデオチャットサービスを利用する


ビデオチャットを実装する場合、どうしてもコストがかかってしまいます。そのため、顧客とのコミュニケーションにビデオチャットを利用するだけならば、既存のビデオチャットサービスの利用をおすすめします。

また、ビデオ通話を開始するのに専用アプリケーションのインストールが必要だったり、アカウントの登録が必要だったり開始までの障壁があるサービスもございますので用途に合わせての選別に注意が必要です。

例えば、「ビデオトーク by 空電プッシュ」は、電話番号を宛先にしたSMS(ショートメッサージサービス)でURLを送信しクリックするだけでビデオ通話が開始出来るサービスとして知られています。

NTTグループが提供するサービスということもあり信頼性も高く、さまざまな規模・業種の企業が利用しています。

参考:SMSのURLで簡単ビデオ通話「ビデオトーク」【SkyWay基盤のWebRTC+SMS】資料ダウンロード


WebRTCを活用したビデオチャット実装の手順

WebRTCを活用したビデオチャット実装の手順は、次の通りです。
手順1:WebRTCを選ぶ|SkyWayに登録しよう
手順2:アプリケーションを作成する
手順3:script.jsにAPIキーを置き換える
手順4:動作確認して完了

手順1:WebRTCを選ぶ|SkyWayに登録しよう


WebRTCの商用サービスには、さまざまな種類があり、次のような特徴があります。

  • 高品質な通信
  • サーバー運用が必要なし
  • レコーディングできる
  • 会議に利用できる
  • ライブ配信に対応している
  • さまざまなデバイスで利用できる
  • 営業や顧客対応などの商用利用もできる

中でもおすすめなのは、NTTコミュニケーションズが提供している「SkyWay」というサービスです。「SkyWay」の特徴は次の通りです。

  • WebRTCに求められるサーバーの構築や運用が必要ない
  • ブラウザやiOS、Android、IoTデバイスを網羅
  • ビデオ・音声通話やデータ通信を手軽に利用可能 など

プランは無料の「Community Edition」と有料の「Enterprise Edition」があり、無料のプランは、転送量や接続回数に上限があるものの、トライアルとして利用したい人にはおすすめです。有料プランは、サポートが手厚いため、法人利用や対顧客向けに利用したい人に向いています。

手順2:アプリケーションを作成する


「SkyWay」に登録後、アプリケーションを作成する作業に移ります。サンプルコードを取得するために、「https://github.com/skyway/skyway-js-sdk-tutorial」から「index.html」「script.js」「style.css」をコピーしましょう。

手順3:script.jsにAPIキーを置き換える


次の手順は、「script.js」にAPIキーを置き換える作業が必要です。「script.js」の5行目にアプリケーション作成時に表示されたAPIキーを置き換える必要があります。こうしたビデオチャット構築後は、動作を確認しなければなりません。

手順4:動作確認して完了


続いて、サンプルコードを保存しているディレクトリでローカルサーバーを立ち上げましょう。画面に発信相手と受信相手の顔が映れば、動作確認は完了です。このようにビデオチャット構築は、それほどハードルが高いわけではありません。

SMSのURLで簡単ビデオ通話「ビデオトーク」【SkyWay基盤のWebRTC+SMS】資料ダウンロード


まとめ

ビデオチャットの実装は、WebRTCを活用するのが一般的です。WebRTCを活用すれば、ブラウザ上だけでビデオチャットが可能で、従来よりも比較的簡単に作業を進められるでしょう。

翻訳機能や通話を即座にテキスト化するなど機能性にこだわりたい人は実装すべきですが、コミュニケーションツールとして利用するだけの場合、ビデオチャットサービスを利用することをおすすめします。

SMS送信で簡単スタート。ビデオ通話によるお客様対応で、顧客満足向上と業務効率化をご提案します(PR)

NTTコム オンラインが提供する『ビデオトーク』は、オペレーターとお客さまとのビデオ通話を、 クリッカブルなSMSを送るだけで簡単に実現お客さま対応のスピードと質を向上、 業務を効率化します。

ビジネスでのご利用シーン

  • 家電、保険、ロードサービスなどの緊急な情報伝達が必要な各種サポート/コールセンター向け
  • 引越し業者、不動産向けなどの見積り、内見などの移動時間の削減
  • お客様⾯談、WEB⾯接、コンサルなどの対面接客の効率化

SMSのURLで簡単ビデオ通話「ビデオトーク」【SkyWay基盤のWebRTC+SMS】資料ダウンロード

※本記事はNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。