たった5ヶ月で検索流入数が5倍アップ!「KEYWORD FINDER」の活用方法

みなさんはコンテンツ制作を行う際に何を意識して書いていますか?おそらく多くの方が「質の良いコンテンツ」に注力されている方が多いかと思います。

しかし近年、非常に多くの方が「有益なコンテンツをたくさん制作したにも関わらず、
想定流入数が全く伸びない、順位があがらない・・・・」というお悩みを抱えています。

そこで本日は、コンテンツマーケティングを成功に導いた「KEYWORD FINDER」を利用し、たった5ヶ月でサイト流入数が5倍にアップした成功事例を元に、具体的にどういった対策を行ったのかをご紹介させていただきます。

コンテンツマーケティングを成功へ導く【KEYWORD FINDER】|資料を無料ダウンロード

※本記事は株式会社ディーボ提供によるスポンサード・コンテンツです。


KEYWORD FINDERとは?

「KEYWORD FINDER」はSEO対策、コンテンツ対策に効果的なキーワードを自動で取得・表示してくれるキーワードツールです。

効果的なキーワードや関連キーワードを自動で毎日取得し、蓄積するので、他のツールよりも圧倒的に多いキーワードを提案できるという大きな特徴があります。

また今までのキーワードの洗い出し作業をツールで自動で行ってくれるため、キーワード探しはツールに任せ、コンテンツ制作に集中できます。コンテンツマーケティングにはかかせないツールといえるでしょう。

KEYWORD FINDER

KEYWORD FINDER1KEYWORD FINDER公式サイト

ツールの特徴

  • コンテンツマーケティング、SEO対策に効果的なおすすめキーワードを自動で取得表示。
  • 関連キーワードを毎日自動で取得、分類。
  • キーワード順位を毎日自動で取得。
  • 自社、競合の比較ができる。
  • GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールと連携可能。
  • ロングテールキーワードも自動取得。
  • 月間検索数、難易度、関連度データを自動取得(数値で確認)。

料金

  • 無料利用可能:7日間 (※一部制限がありますがほぼすべての機能が利用できます)
  • 有料プラン スタンダード版 5万/月〜

無料で使える機能

1.効果的なキーワードを選ぶ

 →「おすすめキーワード」機能

2.キーワードを意識したコンテンツ制作

 →「SEOスコア」機能

3.検索ユーザーが求めるトピックスかチェックする

 →「キーワードマップ」機能

4.キーワードの順位をチェックし、リライトを繰り返す

 →「キーワード一覧」機能
 →「Googleランクアップ/ダウンキーワード」機能

5.順位が上がらない場合は上位サイトを分析する

 →「上位サイト分析ツール」機能

6.他に上位を目指せるキーワードがないか?をチェックする。

 →「ページ機能」

それでは、先ほどご紹介した「KEYWORD FINDER」を活用して実際にサイトの検索流入数を5倍まで伸ばした企業様の事例をご紹介いたします。

KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら


たった数ヶ月で検索流入数を5倍にアップさせるためにおこなった成功対策

いまやコンテンツマーケティングという手法は主流となりましたが、いくら良質なコンテンツを日々追加しても、効果がでないというお悩みを抱えた方は、いまだに多くいます。

まずは、なぜ良質なコンテンツにもかかわらず流入が増えないのか?からご説明します。

よくあるコンテンツマーケティングで流入が増えない原因

以下は流入数が伸びないというお客様のサイトに共通する問題点となります。

  • キーワード選びに時間がかかってしまい、コンテンツ制作に時間がとれない。
  • コンテンツ記事を毎日作成しているが、効果的なキーワード選びができていない。
  • 競合とキーワードがいつもかぶってしまい、競合に勝てそうなキーワードが見つけられない。
  • 良いコンテンツを制作しているつもりだが、順位が改善されない。

このような問題点があることを理解したうえで、ここからはコンテンツマーケティングを成功させるための施策・考え方をご紹介します。

0. コンテンツマーケティングを成功させるための事前心得

まず、コンテンツマーケティングを成功させる前提の心得として、SEO対策を事務的におこなうのではなく、「ユーザーのためのコンテンツを提供する」ことが大切だと忘れないでください。

検索エンジンは ”検索ユーザーにとって有益=ベストな答え+α” が書かれた良質なコンテンツを上位表示させます。検索ユーザーが何を求めているのかを分析し、最高のオリジナルコンテンツを制作しましょう。


良いコンテンツの前に、効果的なキーワードを選ぶ

良質なコンテンツを制作するには、まず適切なキーワードを選ばなければなりません。以下は通常、SEO対策キーワードを探して、決定するまでのフローを表したものです。

SEO対策キーワードを決定するまでの流れ

1.関連キーワードを洗い出し 例:「キーワード」の場合

KEYWORD FINDER2

2.各キーワードごとに「月間検索数(ボリューム)」「難易度(競合性)」「順位」「関連度」といった数値を調べ、リスト化

KEYWORD FINDER3

3.キーワードを決める

KEYWORD FINDER4

月間検索数:多い、難易度:低キーワードから順に選んでいき、対策キーワードを決めます。キーワードを決定するまでの間には、キーワードの検索ボリュームや競合性といった特徴を考慮して、どのキーワードを選ぶか総合的に判断しなければなりません。

ここまでのすべての作業を【KEYWORD FINDER】で行えます!

KEYWORD FINDER5KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら

KEYWORD FINDERではコンテンツSEO対策に効果的なキーワードやデータを自動取得し、あなたの代わりに効果的なキーワードを見つけてくれる「おすすめキーワード」という機能があります。

機能:「おすすめキーワード」とは?

1.関連キーワードを洗い出し (自動)
2.各キーワードごとに「月間検索数(ボリューム)」「難易度」「順位」「関連度」といった数値を調べる(自動)
3.リストの中から、対策すべきキーワードを見つける(自動)

効果的なキーワード=「おすすめキーワード」

効果的なキーワードの要素とは、以下の3つです。

  • 月間検索数(ボリューム)が多い。
  • 難易度が低い。
  • 関連度が高い。

おすすめキーワードはこれらの要素を含んだキーワードを自動で抽出します。

おすすめキーワードを使えば、効果的なキーワードを選ぶために行っていたこれまでの面倒な作業が自動化され、その分を質の良いコンテンツ制作に集中できるというメリットがあります。

おすすめキーワードを利用することのメリット

  • 効果的なキーワードを自動化させることでコンテンツに集中できる。
  • 毎日、関連キーワードを取得した中から表示されるため、他のキーワードツールよりもキーワード候補の母数が多い。
  • SEOの知識があまりない初心者でもツールが自動で判別してくれるため、安心して利用できる。
  • 月間検索数と難易度を考慮したサイトに関連するキーワードを表示。

検索ユーザーはどういった内容のコンテンツを求めているのかを調べる

対策するキーワードが決まれば、次はどういったコンテンツ内容にするかです。ユーザーがどんな内容のコンテンツを求めているのか?を把握する必要があります。

通常、サジェストや関連キーワードを洗い出しますが、どのトピックスが関心が高いのか分かりません。この方法では、どのトピックスをユーザーが求めているのかよく分からないままです。

しかし、KEYWORD FINDERの機能を用いれば、この問題も解決できます。

【KEYWORD FINDER】ユーザーが関心度がひと目で分かる

キーワードマップ

KEYWORD FINDER6

「おすすめキーワード」から選んだ対策キーワードを入力し、「マップを生成する」ボタンをクリックすると、対策キーワードを起点に検索ユーザーがどんなトピックスを求めているのかが表示されます。

どのトピックスがユーザーの感心が高いのかわかりやすい

他のツールやサービスとは異なり、検索数(●の大きさ)、難易度(カラー)で表示されるため、●が大きければ大きいほどユーザーの関心が高く、カラーで難易度を確認し、攻略可能かどうかの判断を行います。

例えば、「引っ越し」でコンテンツを制作する場合、「引っ越し 費用」や「引っ越し 挨拶」、「引っ越し 準備」などがユーザーが比較的対策しやすく、ユーザーの感心が高いトピックスというのがわかります。どんなトピックスでコンテンツを構成してよいのかわからない、ユーザーにとって有益なコンテンツを制作する前に、一度チェックしてみるといいでしょう。

KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら


キーワードを意識してコンテンツに反映されているか?

サイト流入数を増やすには、SEO上位表示もコンテンツ制作と同時に上位表示を狙うキーワードを意識したコンテンツ制作も必要となります。

【通常】SEO対策のチェックよりも、コピーコンテンツツールを利用

最近のコンテンツ対策でよく行われるのはコピーコンテンツのチェックです。コピーコンテンツのチェックはもちろん必要ですが、コピーチェックをしただけではSEO対策ができたとはいえません。

【KEYWORD FINDER】キーワードを意識した基本的なSEO対策がされているかどうかチェックする

SEOスコア

KEYWORD FINDER7

SEO対策、コンテンツマーケ初心者でも安心!対策キーワードとコンテンツURLを入力するだけで、作成したコンテンツが狙ったキーワードに対して、コンテンツ制作がされているか?基本的なSEO対策がされているか?など、初心者でもわかりやすく100点満点であなたのコンテンツをチェックしてくれます。

この機能を利用し、SEOに強いコンテンツを制作を目指しましょう。

KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら

4.キーワードの順位をチェックし、リライトを繰り返す

コンテンツをリリースした後はこまめに順位チェックすることがとても大切です。

【通常】チェックツールに対象キーワードを登録し、日々順位チェックする。

おそらく多くの皆さんは日々の順位チェックツールを利用されているかと思います。ただし、毎回順位チェックツールにログインし、新たに順位を計測するキーワードを追加したりするのが面倒に感じることはありませんか?

【KEYWORD FINDER】★マークをつけるだけ!日々の順位チェックと競合比較が可能!

キーワードファインダーは自動で取得してきたキーワードに★マークをつけるだけでキーワード順位を毎日自動で取得します。また、対象キーワードの列をクリックするだけで、競合サイト7社の動きも同時にチェックすることができます。

キーワード一覧

KEYWORD FINDER8

GoogleとYahoo! の順位はもちろん、順位右には前日の順位差が表示されます。

KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら

Googleランクアップ/ダウンキーワード

KEYWORD FINDER9

前日と比べ順位がランクアップ、ダウンしたキーワードをチェックするには左メニユーの「Googleランクアップキーワード」「Googleランクダウンキーワード」をクリックします。すると一覧でどのキーワードが上昇して、下降したのか?をまとめてチェックできます。

5.順位が上がらない?どういったサイトが上位に表示されやすいのかを知る

もし順位があがらない場合、まずはすでに上位表示されているサイトを分析しましょう。

上位サイト分析

KEYWORD FINDER10KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら

良質なコンテンツを書いてSEO対策もおこなったのになかなか順位があがらない・・・という場合はまず、すでに上位にランクインされているサイトを分析しましょう。上位ランクのサイトには、上位に表示されるだけの理由があるはずです。

検索ユーザーが求めている内容と一致しているのか?ボリュームのあるコンテンツなのか?など、上位サイトを分析し、分析結果を踏まえた上でオリジナルを加えたコンテンツにしていきます。(上位サイトの内容をそのままコピーはNG)

6.他に上位を目指せるキーワードがないか?をチェックする

【通常】順位チェックツールで順位とランディングページのみチェック

・登録したキーワード順位しか分からない。
・順位変動を見ても、月間検索数が分からないので、どれが重要なキーワードか分からない。

【KEYWORD FINDER】ランディングページごとに順位が取れているキーワードが分かる!

ページ画面

ページ画面は各ランディングページごとに検索結果にランクインしているキーワードがわかります。

本来対策したキーワードとは別に強化すれば流入が上がりそうなキーワードをここで見つけ、リライトや新規コンテンツキーワードの参考にしましょう!


まとめ:【結果】順調に流入を増やし、数ヶ月で5倍に!!

【流入を5倍にするためにおこなった6つの施策 】

 1.効果的なキーワードを選ぶ
 2.キーワードを意識したコンテンツ制作
   →「SEOスコア」機能を活用。
 3.検索ユーザーが求めるトピックスかチェックする
   →「キーワードマップ」機能を活用。
 4.キーワードの順位をチェックし、リライトを繰り返す
   →「キーワード一覧」機能を活用。
   →「Googleランクアップ/ダウンキーワード」機能を活用。
 5.順位が上がらない場合は上位サイトを分析する
   →「上位サイト分析ツール」機能を活用。
 6.他に上位を目指せるキーワードがないか?をチェックする。
   →「ページ機能」を活用。

KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら

7. KEYWORD FINDER の強み

他のツールと比べ、関連キーワードの取得数が圧倒的に多い

はじめに自分のサイトと競合サイト7社、メインキーワードを登録し、その登録データを元に
KEYWORD FINDERがweb上にあるあらゆる関連キーワードを毎日取得し、蓄積していきます。
他のキーワードツールはその1回調べた時点でのキーワードデータしか得ることができませんが、KEYWORD FINDERは毎日取得し蓄積された中から表示してくれるのでキーワード候補の母数が異なり、登録情報により他の競合とキーワードがかぶりにくいという強みがあります。

競合とキーワードの重複がしにくい

よくあるのが、競合と同じ「キーワードツール」を使い、競合と同じ「キーワード」入力し、双方同じ関連キーワードを取得し、バッティングが発生しやすいというケースです。

キーワードファインダーでは、通常のキーワードツールに比べ、取得回数が1回に対し、毎日、関連キーワードを取得してくるため、蓄積されていくキーワードデータ量が自然と多くなります。その中でおすすめキーワードが表示されるため、競合他社とキーワードが重複しにくい仕組みとなっています。

KEYWORD FINDER 無料デモ登録はこちら

(not provided)で見えなかった流入キーワードが分かる

KEYWORD FINDERではSSL化による流入キーワードが(not provided)表示になる現象の対策方法として、どのキーワードで流入したかが把握できる「想定流入キーワード」という機能があります。

どのキーワードでの流入が多いのかを知り、対策強化を行いましょう。

売上につながったコンバージョンキーワードがわかる

Googleアナリティクスと連携させることで、どのキーワードが売上に貢献したのか分かる「CVキーワード」とコンバージョンする可能性のある「CV見込みキーワード」が把握可能!

売上に貢献するキーワードをチェックし、コンテンツやSEO強化を行いましょう。

コンテンツマーケを成功へ導く【KEYWORD FINDER】|資料を無料ダウンロード

※本記事は株式会社ディーボ提供によるスポンサード・コンテンツです。