Instagram(インスタ)広告とは?特徴・出稿手順を初心者にもわかりやすく解説

Instagram(インスタ)広告は、国内月間アクティブユーザー数3300万人超のSNS「Instagram」で配信可能な
広告のことです。

しかし、インスタ広告の特徴を把握していないため、自社でもインスタ広告に予算を割くべきなのか判断がついていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インスタ広告はビジュアル面での訴求に強いSNSなので、美容やファッションと関連のある業態であれば相性が良いでしょう。一方、BtoB商材をメインに取り扱っている場合、成果につなげにくいです。

今回はインスタ広告の特徴から相性の良い・悪い企業の特徴、そして出稿の流れまで解説しています。

5G時代を見据えた「動画広告」攻略の方向性 (無料ダウンロード)


インスタ広告は Instagramユーザー投稿に溶け込む形で配信される広告

インスタ広告とは、Instagramのフィード、ストーリーズ、発見タブなどユーザーの投稿に溶け込むような形で写真や動画で出稿できる広告です。Instagramは写真や動画を中心としたSNSサービスで、日本国内のユーザーは3,300万人ほどと言われています。

実名制SNSのFacebook傘下のサービスで、広告配信先を年齢や性別、地域、趣味、職業などで細かくターゲティングできることも大きな特徴です。最低出稿金額は100円から利用でき、状況に応じた柔軟な広告配信できます。


インスタ広告の種類と配信面

インスタ広告には以下3つの種類と配信面があります。

  • ストーリーズ広告
  • フィード広告
  • 発見タブ広告

ストーリーズ広告はフォローしているアカウントのストーリーを流し見している時に配信され、フィード広告は同じくユーザーの投稿をスワイプしている途中に配信されるなど、広告色を弱めることができます。

ただ、それぞれの機能を使用しているユーザーは、利用用途が異なるので、広告の種類や配信面に合わせたクリエイティブや、目的別で利用するインスタ広告も異なります。

ストーリーズ広告

ストーリーズ広告とは、Instagramのストーリーズ機能に配信される広告です。ストーリーを3回再生された後に1回広告が配信される仕組みとなっています。モバイル画面全面に広告を出せるため、動画や写真を効果的に見せられるのが特徴です。

また、ストーリーズ広告では広告を配信するだけでなく、画面を上にスワイプすることで指定のリンク先に飛ばすことも可能です。 Instagramの使用感に合わせたリンクへ導線を引けるために誘導しやすい広告になります。

ただ、ストーリーズはフォローしているユーザーの「今」を知る機能になるので、その点を踏まえると、ストーリーズ広告はリアルタイム性の高いキャンペーン告知などに向いてます。

フィード広告

フィード広告とは、ユーザーが正方形や長方形の写真や動画を気軽に投稿できる部分で、下にスクロールすることでフォローしているアカウントの投稿が見られます。

その中に溶け込むようにして配信できるのがフィード広告です。フィードの場合、フォローしているアカウントの近況をみる、ブランドアカウントの新商品を見るなど、何気なく情報を収集するときに利用します。

ただ、フィードの場合はストーリーズとは異なり、投稿したら削除またはアーカイブにしない限りに残ります。そのため、リアルタイム性はないが、ユーザーのタイミングで商品やサービスなどを知って欲しいときに有効です。

フィード広告は次の4種類があります。

  • 写真広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告

写真広告

静止画を表示する、インスタ広告内で最も基本的な広告フォーマットです。

ユーザーの投稿と遜色ないデザインのため、広告らしさをあまり感じさせません。

動画広告

動画とテキストで構成された広告で、最長60秒までの動画を入稿することができます。

カルーセル広告

複数枚の写真や動画とキャプションを表示できる広告形式です。

複数のサービスを紹介する場合や、商品・サービスの特徴を複数に分けて紹介したい場合に向いています

コレクション広告

メイン画像や動画の下にあらかじめ登録した商品カタログが表示される広告のタイプです。

Instagramのショッピング機能を活用するとそのまま購入につなげることもできるので、ECサイトと相性が良いです。

発見タブ広告

発見タブ広告はユーザーがInstagramのプラットフォーム内で調べ物をする時に活用する機能です。ここでは、キーワードを入力することで、それに合わせたフィードやストーリーズを視聴できます。

発見タブではユーザーが能動的に情報収集している状態になるので、検索キーワードのニーズに合わせた広告を配信できれば、成果につながりやすいです。

発見タブはターゲットが明確かつ、ニーズを理解しており、その解決につながる商品やサービスに関する広告の配信に向いています。


インスタ広告は100円からでも出稿可能

インスタ広告は予算・配信期間を自由で決められるセルフサーブ型の広告で、1日の最低出稿額は約100円から可能です。

そのため、あまり広告に予算をかけられない企業でも、期間・予算を絞りつつ出稿することが可能です。

参考:【最低100円からOK】インスタ広告にかかる費用と、本格的に攻略するための予算感


インスタ広告の課金方式はCPM・CPC・CPI・CPVの4種類から選択できる

インスタ広告には次の4種類の課金方式があります。

  • CPM
  • CPC
  • CPI
  • CPV

CPM

広告が配信されれば課金が発生する方法です。ただ、Instagramの場合は広告が1配信された場合でも費用が発生しますので、1000回配信されるまで費用がかからないわけではありません。

あくまでも、1000回配信された場合の費用の目安として設定されるので、その点に注意しましょう。

CPMはクリックされても料金が発生しないので、クリック率の高い広告は低コストで運用できることがメリットです。反対に、クリック率の低い広告はコストだけかかり費用対効果が悪くなる可能性があるので注意しましょう。

CPC

クリック1回あたりの広告費用が課金されます。

クリックされない限り課金されないCPCは、余分な広告費が発生しないのがメリットです。例えば、ユーザーの選別できるターゲットを詳細に絞り込んだクリエイティブなどに効果的です。また、クリックすれば目的のページに誘導できるため、広告運用の効果分析もしやすいでしょう。

ただし、出稿費は競合他社とのオークション形式で決まるので、競合他社が増えるとコストが増えるのが難点です。予算が十分に確保できない企業には不向きな広告形式と言えます。

CPI

アプリ広告の場合にのみ適用される課金方法です。広告経由でアプリがダウンロードされるたびに課金が発生します。Instagramはスマートフォンユーザーも多いので、アプリのダウンロードを目的とした広告を配信したい時におすすめです。

CPV

動画広告にだけ有効な広告形式です。動画が10秒以上視聴される、または最後まで視聴された場合に課金されます。

逆に10秒以下、または最後まで視聴されなかった広告が課金されません。ですので、最初の数秒でインパクトを与え、ユーザーの行動を促すことができれば広告費用は抑えられます。


インスタ広告と相性の良い業種・相性の良くない業種

インスタ広告はInstagramの特性に合った、ビジュアル面で強く訴求ができる商材は相性が良く、広告クリエイティブも作りやすいのです。逆にBtoBの商品や高齢者サービスは 相性が良くありません。

参考:Instagram広告のセグメントの種類と使用方法 | NobyNoby(ノビノビ)

相性が良いのは「ビジュアル」を打ち出せる業種

インスタ広告は特にビジュアル面での訴求を強めたい企業におすすめの広告です。
例えば、以下のような業種であれば成果を実感しやすいでしょう。

  • 美容
  • コスメ
  • ファッション
  • インテリア
  • 食品・飲食

BtoBビジネスはインスタ広告とマッチしない可能性がある

インスタ広告は消費者にとって身近ではない商品やサービスを扱う企業にとっては不向きです。

例としては、以下のような特徴のある企業は、インスタ広告との相性は良くないと言えるでしょう。即効性を期待するのは難しいので、別の広告に予算を割くほうが得策となるケースも珍しくありません。

  • BtoB向けの商品・サービス
  • 高齢者サービス
  • 単価が高すぎるもの(不動産など)

インスタ広告の配信方法

自社の商品やサービスがインスタ向きであることを確認できたら、インスタ広告の配信方法を確認しておきます。インスタ広告を出すには、Facebookビジネスマネージャーのアカウントを作成しておきましょう。

Facebookビジネスマネージャーアカウントを作成するには、以下3つの情報が必要になるので準備しておきましょう。

  • アカウント名
  • 名前
  • メールアドレス

「ビジネスおよびアカウントの名前」の入力欄は、ビジネスマネージャー画面を表示したときに表示される名前になるので、お好きに設定しても構いません。

またメールアドレスは広告クリエイティブの承認・非承認のメールが届きますので、ご自身が一日に1回以上閲覧するメールアドレスを入力しましょう。

これらが完了すれば、Facebookビジネスマネージャーアカウントの作成は完了です。これが完了したら次にFacebookページの作成とInstagramアカウントの紐付けを行いましょう。

Facebookページの作成手順は以下記事を参考にしてください。

参考:ビジネスマネージャにページを追加する | Facebook Businessヘルプセンター

InstagramアカウントとFacebookページの紐付け方法は以下記事で詳しくまとまっています。

参考:FacebookページでInstagramアカウントを追加または削除する | Facebook Businessヘルプセンター

キャンペーンの作成

引用:【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?費用や配信面の種類や特徴を徹底解説

はじめに、ビジネス設定メニューから広告マネージャーをクリックします。続いて、「+作成する」をクリックして、広告を出す目的を一覧から選択しキャンペーン名を決めましょう。

キャンペーンの目的はパフォーマンスを大きく左右します。ゴールに応じて正確に設定するようにしてください。

広告セットを作成する

引用:【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?費用や配信面の種類や特徴を徹底解説

キャンペーンの目的を整理して、「誰に向けて」「どこに配信するのか」をよく考えましょう。

オーディエンスを決める

引用:【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?費用や配信面の種類や特徴を徹底解説

広告のターゲットを決める設定です。広告セットの中には、地域、年齢、性別、言語などの項目があります。

またそのほかにも、詳細ターゲット設定ができ「プロフィールの登録情報からターゲットに近い人」など詳細に決められます。

ここでは、「誰に届けたいか」を明確に決めましょう。

広告の配置場所を決める

引用:【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?費用や配信面の種類や特徴を徹底解説

広告を掲載する場所を選択します。広告の配信先については、以下4つのプラットフォームから選ぶことができます。

  • Instagram
  • Facebook
  • Audience Network
  • messenger

広告の配置場所はデフォルトだと自動配置となっており、Facebookなどにも同じ広告を配信します。Instagramだけに配信したい場合には、Instagram以外の項目を削除しておきましょう。

予算と掲載期間を決める

引用:【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?費用や配信面の種類や特徴を徹底解説

予算や掲載期間を決めます。同時に、1日に使う予算や掲載期間、広告の課金タイミングも決めましょう。

ここでは、前述した通り最低でも15cvは獲得できる価格設定が好ましいです。

作成した広告を設定する

引用:【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?費用や配信面の種類や特徴を徹底解説

どのような広告にするかを設定します。動画にするのか静止画にするのか、フィードに投稿するのかストーリーズに投稿するのかなどを検討しましょう。

支払方法を設定する

引用:【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?費用や配信面の種類や特徴を徹底解説

広告料の支払い方法を設定します。広告料の支払いには、VISA、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、JCBのクレジットカードが使えます。


インスタ広告の効果を上げるコツ

インスタ広告を運用するうえでの重要なマインドは「いかに早く広告の機械学習にデータを取得させ、最適化するか」です。

インスタ広告は一定のデータ量を確保し、自動で広告を回せるようなれば広告の配信量や配信場所、広告の費用まで自動で最適な状況で運用してくれます。

その結果、広告予算も節約できるだけでなく、コンバージョンのアップにもつなげられ、売り上げの最大化やリード獲得を効率よく行えるのです。以下で紹介するコツを参考にする前に、まずは「機械学習を最適化する」が大切であることを理解しておきましょう。

1.「キャンペーン予算の最適化」を積極的に活用する

インスタ広告の予算配分は「キャンペーン予算の最適化」機能の活用をおすすめします。キャンペーン単位で予算の配分をリアルタイムで自動化できるので、手動で管理するよりも効率よく予算配分が可能です。

2.学習の最適化のために、1日当たり15CV以上を目指せる予算の確保が必要

広告費用は配信するジャンルによって費用が異なりますが、できれば最低でも1日15cvは獲得できる予算設定を行いましょう。

Instagramの機械学習は多くのデータを収集することで最適化されます。より多くのデータを集めることで、最適な予算を自動で設定してくれる仕組みになっているのです。

15cvも獲得できるデータ量であれば、最適化するのに十分な情報を得られるので、広告効果を上げるためには、それだけの予算を確保しておくことが大切です。

その際、ターゲティングも性別や年齢などの属性で絞り込みすぎず、適度な規模のオーディエンスを確保できるものにするとよいでしょう。

3.クリエイティブは極力使いまわさない

インスタ広告以外のSNSなどに広告出稿しているケースでも、可能な限りInstagram用に作成するのが望ましいとされています。特にストーリーズは、他のSNSと比べても特徴的な表示がされる広告です。ストーリーズだからこそ活きるようなデザインを意識すると、ユーザーにとって価値のある広告になるでしょう。


まとめ

この記事では、インスタ広告の基本から実際にインスタ広告を活用して成果を上げた成功事例、成果を上げるためにマインドやコツをご紹介しました。

インスタ広告にはストーリーズ広告、フィード広告、発見タブ広告の3つがあり、それぞれ利用シーンや目的が異なることも解説しました。どの広告を使うかによっては、効果に差が出るのでまずは一定期間、全ての広告に出稿してデータを比較するのもいいでしょう。

また、業種によってはインスタ広告が合わない場合もあります。まずはその点を確認した上で、合わないのであればインスタ広告以外の配信面を利用することも視野に入れておくことが大切です。

5G時代を見据えた「動画広告」攻略の方向性 (無料ダウンロード)

コメント