成果につながるMEO業者の選び方と費用相場を解説!おすすめMEO業者5選

Googleの検索結果においてマイビジネスの情報を上位に表示させることで、ユーザーの目に留まりやすく、集客につなげられる施策の1つがМEOです。

MEOを代行で行ってくれる業者がありますが、中には悪徳な業者も存在するため、成果を出すためには優良なMEO業者を見つけることが重要です。

しかし、どのように良い業者を選べばよいのか、また、依頼した場合の費用はどの程度なのかは気になるポイントではないでしょうか。

この記事では、MEO業者を探している方へ向け、知っておきたい業者の選び方と費用相場、そしておすすめのMEO業者をお伝えします。

Googleマイビジネス運用におけるポイントと事例紹介

※本記事はSO Technologies株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


MEO業者を選ぶ4つのポイント

MEO業者を選ぶにあたって以下の4つのポイントをおさえておきましょう。

  • 過去の実績
  • 順位チェックツールでのレポーティングができる
  • Googleガイドラインを守っている
  • 対策キーワード数で選ばない

過去の実績

MEO業者を選ぶ際に注目したいのは、「過去の実績」です。MEO業者のHPには、過去の実績を記載していることがあります。

実績の中で、対策キーワードや上位表示率について確認してみるとよいでしょう。

しかしMEO業者のHPに記載されている実績が真実かどうかを見極めるのは難しいです。

そこでMEO業者を検索した際に、「MEO」や「ローカルSEO」というキーワードで検索してみて、その業者が上位表示されるかをチェックしましょう。上位表示されていればその業者はMEOの実績があるといえます。

実績で選ぶ際の注意点

実績で選ぶ際には注意点があります。それは、Googleマイビジネスのビジネス名に「MEO対策の〇〇」というように、キーワードを詰め込んでいるMEO業者は避けるようにしたほうが良い、ということです。

Googleマイビジネスのガイドラインに抵触し、最悪の場合アカウントの停止に繋がる可能性があるからです。

順位チェックツールでのレポーティングができる

MEO業者を選ぶポイントとして、順位チェックツールのレポーティングができるかどうという点も重要です。順位チェックツールを利用できるのは、Googleマイビジネスアカウントを数百件持っていることが前提とされています。

つまり、順位チェックツールを持っているということは、数百件の実績がある会社だと判断できます。

順位チェックツールを持っていない場合は、順位の確認を目視で行うことになります。しかし目視では手間がかかるだけでなく、MEO対策が正しく行われていない可能性があります。

なぜなら、目視で確認する場合の順位結果は、検索ユーザーがいる場所とMEO業者がいる場所で変わってしまうからです。検索ユーザーとMEO業者のIPアドレス(位置情報)が異なるため、こうしたことが起こります。

そのため、MEO業者が目視で確認した際に上位表示されていても、検索ユーザーから見たら上位表示されていない可能性があります。これではMEO対策が正確に行われたとはいえないでしょう。

これらのことから、MEO業者が順位チェックツールを持っていることは非常に重要な選ぶポイントです。

Googleガイドラインを守っている

先述しましたが、Googleガイドラインに抵触するMEO業者は避けなくてはいけません。Googleガイドラインに違反してしまうと、検索結果に表示されないばかりか、アカウントが利用停止となる可能性があります。

例えば、ビジネス名に「MEO対策をするなら〇〇株式会社」といった企業名以外のキーワードを詰め込む行為は規約違反とみなされます。

こうしたリスクを回避するためにもGoogleガイドラインを確認した上でMEO業者を選びましょう。

対策キーワード数で選ばない

MEO業者によって対策キーワード数は異なりますが、対策する数が多いから良いということではありません。対策するキーワード数が多くても、成果や集客につなげられなかったら意味がないからです。

たくさんのキーワードを対策してくれるとお得だと感じるかもしれませんが、効果がなければ余計な費用がかかってしまうだけです。

ただ単に関連するキーワードの数で対策をするのではなく、どのキーワードを上位表示すると集客につながるかを考えることがMEO業者選びでは重要なことです。


MEO業者の支援内容

MEO業者に依頼した場合に、どのような対策業務を行うのか、支援内容について解説します。

分析業務

分析業務は、「キーワード分析」と「競合分析」を行います。

たとえば、「渋谷 カフェ」などのように、検索数の多いキーワードで上位表示されると集客につながる可能性は高いですが、こうしたキーワードは競合も多いため上位表示されるまでの時間や費用もかかってしまいます。

そこでキーワード分析でのポイントは、検索数が多いビッグワードではなく、検索数や競合が比較的少ない「ミドルワード」に注目します。

例えば「渋谷 おしゃれ カフェ」などのように、複合キーワードで検索数が少なめのキーワードからMEO対策を行っていきます。ミドルワードで上位表示をさせることでサイトへの流入が増えていき、そこからビッグワードでの集客への準備へとつなげることができるのです。

一方、競合分析は、基本的にエリアで表示される競合店の以下の内容を基準に分析します。

  • 競合店の口コミ数
  • HPコンテンツの内容
  • 画像の枚数
  • HPへの流入数
  • HP被リンク数
  • SNSのシェア数
  • 運用実績

Googleのアルゴリズムによって、どの店舗を上位表示するかどうかが決められます。こうした内容を分析することで、上位表示のための、いわゆる「勝ちパターン」を見つけることができるのです。

内部業務

内部業務は、「画像投稿」、「口コミへの返信」、「コピーライティング(紹介文の作成)」があり、いずれも集客のために必要なものです。

画像投稿は、自社が画像を投稿する場合とユーザーが投稿する投稿する場合の2種類があります。

自社投稿の際はマイビジネスアプリから写真を選択して投稿可能です。また、利用ユーザーなど他の人が画像を投稿することもgoogleからの評価につながるとされています。

サービスを利用したユーザーから口コミをもらうこともありますが、口コミへの返信も集客においては重要とされています。返信の際に、エリアや業種を記載すると上位表示される傾向にあるとされています。

たとえば、返信をする際に「渋谷に来た際はまた〇〇カフェにお越しくださいませ」というように、「渋谷」「カフェ」のキーワードを入れると、Googleは「渋谷」と「カフェ」に関連している店だと判断します。その結果、関連するキーワードでの上位表示率が高まります。

ただし、ここでも不自然にキーワードは詰め込みすぎないようにしなければなりません。

そして、コピーライティングは店舗の紹介文のことになりますが、ここでも記載する文章が重要です。検索ユーザーが紹介文を読み、お店へ行きたいと思うような内容が望ましいでしょう。

たとえば、お店のイチ押し商品を紹介したり、おすすめポイントを紹介するなど、ユーザーが魅力的だと感じる文章を記載することが重要です。

外部業務

外部業務の内容は、外部流入施策(被リンクやSNS)と口コミ投稿依頼です。

被リンクとは、自社のHPが他のサイトやSNSなどでどの程度紹介されているのかということです。外部からの流入数が多いHPはGoogleによって高く評価されるため、結果的にMEOにおいても上位表示される可能性があります。

また、MEOにおいて口コミの数は非常に重要な評価項目となります。そのため、口コミ投稿依頼によって、店舗を利用したユーザーに口コミの投稿を依頼して評価してもらうことも重要です。


MEO業者の契約形態と費用相場

MEO業者によって契約形態や費用は異なります。ここでは、契約形態のパターンと費用の相場について解説します。

契約形態は月額固定と成果報酬型がある

MEO業者の契約形態は、「月額固定」と「成果報酬型」の2パターンあります。

月額固定は、上位表示という成果がない場合でも毎月決まった料金を支払う料金体系です。

一方、成果報酬型は、対策キーワードの上位表示されない限りは費用は発生しません。基本的には「3位以内に表示された日数×日額成果金額」で支払う金額が決まる仕組みです。

どちらの契約形態を選択するべきか悩む場合は、店舗周辺の競合店の数で決めましょう。

競合店が少ない場合、MEO対策をしている店舗は少ないと考えられ、上位表示はされやすくなります。

このような状況であれば、費用が一定で安定的に成果を出せる月額固定契約が良いでしょう。

成果報酬型は月額固定型に比べて支払額が高くなる可能性があるので、競合や対策キーワードなどを考慮し、自社にとってどちらが良いのか慎重に考えて決めましょう。

MEO業者に依頼する場合の費用相場

費用相場は、契約形態によって異なります。それぞれの平均的な相場を見ていきましょう。

初期費用1~5万円
月額固定型月額2~5万円
成果報酬型日額800~1,200円

初期費用とは、Googleマイビジネスのアカウント取得や基本情報の登録、写真撮影等の事前準備に必要な費用のことです。

しかし、業者によっては初期費用を無料にしているところもあります。

月額固定型の場合は、対策キーワード数が4キーワードで月額2〜3万円が相場となります。3.5万円を超える場合は割高だと考えておいたほうがいいですが、キーワードによっては相場よりも高くなる可能性があります。

成果報酬型の場合は、日額かつ上位表示(3位以内)に入らなければ費用はかからない仕組みです。

例えば、成功報酬が1,000円で、3位以内に1カ月に15回入った場合は月15,000円の支払いという計算になります。

いずれの場合も、競合店の多さや対策するキーワードによって費用は変動するので、まずはどのような対策をしたいのか相談すると良いでしょう。

MEO業者4社の料金比較資料はコチラ


おすすめのMEO業者5選

MEO業者といっても、検索すると数多く存在しています。そこで選び方のポイントを基準に、おすすめのMEO業者として5社紹介していきます。

今回は「MEO業者 比較」で検索し、検索上位10位までの紹介サイトでの出現頻度を調査しました。そのうえで、今回解説した「選び方」にマッチする業者を選んでご紹介しています。

株式会社トライハッチ


株式会社トライハッチは、独自のツール開発と提供をして、ビジネスオーナーをサポートするMEO業者です。独自の順位計測・効果測定ツール「MEOチェキ」では、順位計測から競合順位取得、過去最大2年間分のインサイトデータ確認まで、ローカル検索の効果測定を簡単に行うことが可能です。

契約形態

月額固定(3種類あり)・成果報酬型

契約期間

6カ月

費用

成果報酬型と3種類の月額固定の4種類のプランが用意されています。初期費用はすべて0円です。

対策キーワード数

4~6キーワード
※キーワードは自由に決められます。場合によっては1キーワードのみ、10キーワード以上も可能です。

実績

1,300店舗以上
取引先には、歯科医院や音楽スタジオなどがあります。

おすすめの利用シーン

独自の測定ツールを利用できる点から、効果的にMEO対策を行いたい場合におすすめです。

株式会社H2


株式会社H2の運営するsmartMEOは、専属のMEOコンサル担当と直接対面しての打ち合わせを行うことができ、投稿文の作成、店舗SNSへの投稿代行等も行っています(投稿代行に関してはMEOライトプランは対象外です)。

MEO対策サポートツールとして、「G‐MAC」という集客効果が見られるツールを提供しています。また、順位集計機能や口コミ促進機能も提供しており、上位表示だけではなく、集客につなげる施策も考えてサポートしてくれます。

契約形態

月額固定

契約期間

12カ月

費用

下記の3種類のプランから構成される、月額固定契約となります。

  • MEOライトプラン:25,000円
  • スマートプラン:35,000円
  • スマートPROプラン:60,000円

対策キーワード数

4~8キーワード

実績

1,500社以上

おすすめの利用シーン

専属のコンサルタントがつくため、しっかりとしたサポートを期待したい方や投稿代行サービスを利用したい場合におすすめです。

株式会社コーボー


株式会社コーボーは、3,500社以上の実績を持っているMEO業者です。月額固定と成果報酬型の2種類のプランで構成され、比較的安価な料金が設定されています。Googleアカウントの取得支援をはじめ、外部施策、対策キーワードの順位レポートや、独自開発の順位測定ツールの提供などがあります。

順位測定ツールは、店舗別に計測地点を変えて順位取得を行うことで、エリア内の検索者が閲覧する検索順位と違いが出ないように成果計測を行ってくれます。

契約形態

月額固定・成果報酬型

契約期間

6カ月(自動更新)

費用

初期費用は0円で、2020年12月31日まで最初の2カ月間の対策費用が完全無料になるキャンペーンを実施中です。

  • 月額プラン:18,000円
  • 成果プラン:700円(日割り)

対策キーワード数

4キーワード
※成果プランの場合、1つ以上が上位表示されると成果となります。

実績

3,500社以上
2020年4月時点では、Googleマップの上位表示率84%を実現しています。

おすすめの利用シーン

比較的安価な料金で行ってくれることから、なるべく費用を抑えたい場合におすすめです。

株式会社Lim


株式会社Limは、人工知能を使った分析と改善を行うMEO業者です。人工知能により集客につながるキーワードを選び、対策キーワードが上位表示するために競合分析をしながら自動で分析を行います。また、最終リーチ数から逆算してキーワードを選ぶため、検索ボリュームとしては小さくても、上位表示をより確実に実現します。

また、フォトグラファー在籍のため、店舗の撮影から運用・分析までを一貫して依頼することも可能です。

契約形態

月額固定・一括払い

契約期間

6カ月

費用

月額固定プラン以外に、一括で支払う専属プランがあります。専属プランの場合は、月1回のレポーティング、専属担当者との電話や目視対応確認と、より手厚いサポートを受けられます。

  • MEOシルバープラン:19,800円
  • MEOゴールドプラン:39,800円
  • MEO専属プラン:298,000円

対策キーワード数

3キーワード

実績

4,000社以上

おすすめの利用シーン

人工知能を使ったMEO対策によって、効果的に集客をしたい場合におすすめです。

株式会社Reyes


株式会社Reyesは、医療施設に特化したMEO業者です。マイビジネスの管理代行、アクセス解析、キーワードの選定、Googleストリートビューの撮影等、ワンストップでサービス提供しています。

特に順位計測では、店舗があるエリアにて計測値を設定して行っているため、正確な順位計測が可能です。

契約形態

お試し・レンタル・月額固定・成果報酬型

契約期間

契約期間は、プランによって異なります。

  • トライアルプラン:1カ月
  • レンタルプラン・エグゼクティブプラン:6カ月~
  • スタンダードプラン・成果報酬プラン:12カ月~

費用

下記の5種類のプランが用意されています。

  • トライアルプラン(順位測定のみ):0円
  • レンタルプラン(継続ツール貸出あり):5,000円
  • スタンダードプラン:25,000円
  • 成果報酬プラン:日額1,000円~1,500円
  • エグゼクティブプラン:50,000円

対策キーワード数

  • スタンダードプラン・成果報酬プラン:6キーワード
  • エグゼクティプラン:要問合せ

実績

顧客の利益を追求するため、1地域1社でサービスを提供しており、競合となる会社とは取引を行っていません。

取引先には、国立大学法人東京医科歯科大学、日本赤十字看護大学、岩手医科大学附属病院などがあります。

おすすめの利用シーン

医療施設で、お試しでMEOを始めたい場合や、ワンストップでMEO対策を依頼したい場合におすすめです。


まとめ

店舗への集客にはMEO対策は必要不可欠です。そこで重要になるのがMEO業者選びです。

MEO業者は、過去の実績、MEO対策において重要な順位チェックツールや口コミ促進ツールを所持しているか、Googleガイドラインを遵守した業者か、対策キーワード数で選ばないといった4つの選ぶポイントがあります。

特にツールは、数百件の実績を持っていることで所持できますので、所持していることが実績が多くある業者だと判断できます。

MEO業者によってサポートする内容、費用、契約形態は異なります。

本記事を参考に自社にとってどの業者が良いのかを比較し、集客につなげましょう。

Googleマイビジネスの登録から運用まで一挙におまかせ!多店舗経営と相性の良い『ライクルGMB』

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください

『ライクルGMB』はGoogleマイビジネスを自動で保守・運用してくれる連携ツールで、25,000社超(2020年11月現在)を管理運用しています。

Googleが認定した「Googleマイビジネス公式パートナー」であるSO Technologiesが開発しています。ライクルGMBを連携すると、以下のようなことが自動で行えます。

・オーナー認証まで通常20日かかる期間を最短1日に
・営業情報の一括更新
・Googleマイビジネス上の店舗情報の他人による書き換えを自動修正
・月1度の自動レポート機能
など。

とくに多数店舗を管理したい担当者のニーズに特化して対応する機能をそなえています。興味がある方は、上記のフォームから資料をダウンロードできるので、ぜひご覧ください。

多店舗のGoogleマイビジネスを一括管理・自動運用できる『ライクルGMB』

※本記事はSO Technologies株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。