Twitterをマーティングに活かす!3つの分析目的

多くの企業がTwitterアカウントを運用し、情報を日々発信しています。より効率よくマーケティングに利用したいと思うなら、「分析」は避けて通れません。

しかしいざ「分析」するとなると、どうしたら良いかわからないという担当者の方も多いのではないでしょうか。

今回はTwitterをマーケティングに活用する上で、最低限知っておくべき分析目的を、3つに絞って解説します。また、目的別に最適と考えるツールもご紹介しますので、ぜひお役立てください。

Twitter分析のノウハウや事例がつまった資料ダウンロード(無料)

※本記事は株式会社ホットリンク提供によるスポンサード・コンテンツです。


Twitterで分析すべき重要項目

Twitter投稿の反応を分析するために重要な項目は以下の3つです。

  • 自社アカウントについて、フォロワー属性 / 投稿の拡散度を分析する。
  • 競合アカウントについて、フォロワー属性 / 投稿の傾向を分析する。
  • どのような投稿が流行っているのか分析する。

それぞれをさらに詳しく見てみましょう。

自社アカウントのフォロワー属性・投稿の拡散度を分析する

自社アカウントの分析では、ツイート数やツイートの表示回数、ツイートへの反応数、プロフィールへのアクセス数などを知ることができます。

また、フォロワーの属性や、特定フォロワーのフォロー人数のような、ツイートを見られているユーザー層の分析も可能です。

これらのデータから、Twitterでのプロモーションがどのような属性の人にどの程度見られているのか、どれほどの反応があったのかという情報が得られます。その結果、プロモーションの内容だけでなく、頻度やツイートする時間帯などの改善に活かせます。

競合アカウントのフォロワー属性・投稿の傾向を分析する

Twitterのプロモーションを有効活用するには、自社のアカウントのみではなく、競合相手のアカウントの分析も重要です。

他のアカウントについて、ツイート数やツイートの時間帯、フォロワー数、ツイート内容の傾向などの分析ができます。そのデータから、Twitter利用のヒントを得たり、他社の戦略まで把握できます。

どのような投稿が流行っているのか分析する

特定のアカウントに限らず、Twitter全体、世界全体での人気ツイートやトレンドを分析することも重要です。また、ターゲット層ユーザーのトレンドを把握できれば、プロモーションに活かすことも可能でしょう。

トレンドを意識したツイートをしていくことで、内容により興味を持ってもらえます。反響の多いツイート、注目されているニュースや人気検索キーワードを把握・分析して、プロモーションにも反映させてみてください。

(参考)プロが公開しているTwitter分析のポイント

Twitter専門で、戦略策定から分析・運用・改善までおこなうサービスを提供している企業もございます。これらの企業は自社の優位性を示すため、分析のノウハウの一部を公開しています。

本記事ではTwitter分析のポイントの一部に、ついて説明していますが、まだまだたくさんのノウハウが公開されていますので、ブログや資料などを参考にしてみると良いでしょう。

参考:Twitter活用のノウハウや事例がつまった資料|ホットリンク


Twitter分析におすすめのツール

同様の分析を行えるツールは多数存在します。しかし、数多くのツールを並行して使いこなすのは、時間や得られる内容を考えるとあまり効果的ではありません。

そのため、ここではより効果的に分析するために最良と思われる分析ツールを紹介します。既存のツールを紹介したサイト5個を調査して出現頻度をスコアリングし、分析目的別におすすめツールをピックアップしました。

自社アカウントの分析には:Twitterアナリティクス

TwitterアナリティクスTwitterアナリティクス

概要

Twitterアナリティクスは、Twitterが提供している公式の分析ツールで、Twitterユーザーであれば誰でも無料で利用できます。

Twitterアナリティクスを利用すれば、自社アカウントのフォロワーがどのような人がいるのか、自社の投稿がどの程度拡散しているのかを可視化できます。

ツイートの影響度を分析「ツイートアクティビティ」

  • インプレッション(ツイートが表示された回数)
  • エンゲージメント数(つぶやきを見たユーザーが何らかのアクションを起こした数)
  • メディアのエンゲージメント(メディアがアクションを起こしたかどうか)
  • リツイート
  • いいね
  • 詳細のクリック数
  • プロフィールのクリック数

各ツイートの効果を分析できます。どのような投稿がフォロワーに好評だったのか、どんな投稿であれば大きく拡散されるのかを分析することができます。

インプレッションが極端に低かったり、エンゲージメント率が上がらないツイートはあまりフォロワーに効果的ではない内容だった可能性があります。

フォロワー属性の分析「オーディエンスインサイト」

  • 人口特性(フォロワーの言語、性別、国、地域)
  • フォロワーの興味関心
  • ライフスタイル
  • 携帯電話会社(どのキャリアを利用しているか)

フォロワーの属性を分析できます。女性向けの施策を多く実施しているのにそもそも女性のフォロワーが少なければ、その施策の効果はあまり期待できない可能性があります。

他にも、現在Twitter上で話題になっているトレンドやツイートした動画のアクティビティの分析も可能です。

価格

無料

競合アカウントの分析には:whotwi

whotwiwhotwi

概要

whotwiは、TwitterのIDを入力するだけで、フォロワー数やツイートの傾向など、そのアカウントに関する様々なデータを分析できるツールです

たとえば、特定のアカウントに関するフォロー・フォロワー数の比率や、ツイートのうちリプライが占める割合、ツイートに出現しやすいキーワードが一目でわかります。

分析できる要素

  • ツイート数
  • 一日のツイート回数
  • 最も活発な時間
  • 平均文字数
  • 一日平均文字数
  • 累計文字数
  • 平均ツイート間隔
  • ツイート傾向
  • 曜日・時間帯
  • フォロー状況
  • ハッシュタグ

そのIDにおいてのTwitterの利用状況が細かに分析できます。競合企業がすでにTwitterマーケティングで効果をあげているなら、自社プロモーションの参考にしてはどうでしょうか。

価格

無料

今のトレンドを調査するには:meyou

meyoumeyou

meyouは、Twitterの人気アカウントや注目されているツイート、トレンド、Googleでの人気検索ワードをリアルタイムで知ることができるツールです。

分析できる要素

  • Twitterトレンド
  • Google急上昇キーワード
  • リアルタイム検索結果(検索されているワード)
  • キーワードなどのカテゴリーごとの人気アカウント

今、Twitter上でなにが人気を集めているかをまとめて把握することができます。キーワードやトレンドをツイートに反映することでさらに拡散効果を期待できるかもしれません。

価格

無料


まとめ

急速に普及し、日常的によく使われるTwitter。だからこそ、上手に活用できれば、大きなプロモーション効果も期待できます。

自社のアカウントだけでなく、競合相手のアカウントやトレンドをしっかり把握した上で戦略を立てることが、Twitterの有効利用の第一歩とも言えるでしょう。

無料で分析できるツールでも、得られる情報量はなかなかのものです。今回ご紹介したツールを用いて、ぜひTwitterの情報を深掘ってみてはいかがでしょうか。

Twitter分析する方は必見の資料(PR)

Twitter分析を活用したマーケティング全般については以下の資料を参考にしてください。

SNSマーケティングで累計2,000社以上の支援実績を持つホットリンクが、そのノウハウや事例を惜しみなく公開しています。無料でダウンロードできますので、ぜひ入手してください。

Twitter分析のノウハウや事例がつまった資料ダウンロード(無料)

※本記事は株式会社ホットリンク提供によるスポンサード・コンテンツです。

参考にしたサイト一覧

Twitter分析ツール19選|公式ツールとの併用で分析力向上 | Marketing Native(マーケティング ネイティブ)
witter運用で役立つ!基本料金が無料のTwitter分析ツール19選|ferret [フェレット]
Twitterアナリティクス
whotwi グラフィカルTwitter分析
Twitter(ツイッター)検索、ランキングサイト – meyou.jp(ミーユー)