おすすめ生産管理システム5選を厳選比較!料金・特徴・機能など

「売り切れがよく出るから在庫の管理をしたい」「作業工程の進捗状況を素早く知りたい」「資金繰りが不安定だから資金繰りを安定させたい」そう思われる方も多いはず。

生産管理とは、製造業における一連の流れを無駄がないように管理することです。生産管理システムを導入すれば、生産フローと進捗をリアルタイムで簡単に管理できます。

しかし、どんな生産管理システムを導入すればいいかわからない人も少なくないはず。そこで今回は代表的な生産管理システムについて、特徴や気になる項目を比較・紹介していきます。

なお、重要度を客観化するために既存の生産管理システムを紹介したサイト〇個調査し、出現頻度をスコアリングしました。出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よく良質な生産管理システムを探すことができます。


生産管理システム選び方3つのポイント

ポイント1.導入目的を明確にする

導入しようと考えている企業は、課題をまず明文化し、その課題を解決するための目的を明確化することが大切です。そして明確化した課題、目的を重要度、優先度順に決めます。重要度が高い機能が入っている生産管理システムを導入しましょう。

優先度が低い課題は、のちのち、機能追加などにより対応できる場合があります。生産システムを導入しても、すべて一気に解決しようとすると現場は混乱してしまいます。まず「導入する目的」を明確にし、その課題を解決することに念頭において導入しましょう。

ポイント2.自社に合うサービスを導入する

生産管理システムといっても、注目するポイントが業種や生産形態によって変わってきます。そのシステムが自社の生産形態や管理方法に対応しているとは限りません。

実際に使用する際は、「生産現場の抱えている問題は何か」ということを明らかにし、自社に合う生産プロセスに沿った内容でシステムを構築することが大切です。出てきた問題を解決できるシステムを現場と相談しながら慎重に選ぶと良いでしょう。

ポイント3.「5M」が管理できるものを選ぶ

「5M」が管理できるものを選びましょう。「5M」とは製造業の品質やコスト、納期を実現するために必要不可欠である5つの項目のことです。具体的には以下5つです。

  • 1.「人(Man)」
  • 2.「機械(Machine)」
  • 3.「もの(Material)」
  • 4.「作業方法(Method)」
  • 5.「金額(Money)」

例を挙げると、3.「もの」が可視化されることで、部品情報の把握に要する時間が短縮できたり、5.「金額」が含まれることによりコストや収益へのインパクトが確認できるようになります。また、作業方法は業務プロセスの標準化を促進するための視点を意味します。

「5M」は各部門からの要望をシステム上で実現するための鍵になってきます。

参考:【各部門が納得する】生産管理システムの選び方5つのポイント


生産管理システム比較5選

1. Factory-ONE 電脳工場MF/株式会社エクス

  • 開発ツールを刷新させ、Windows10に対応
  • 業種・業態に広く対応する製品のラインナップ
  • データベースは従来のOracleとPostgreSQLの二種類に対応

料金

月額2,000円~

サポート内容

すべての画面・帳票の項目名を、自社の業務に合わせることができる

おすすめの企業規模

中小企業向け

利用できる地域

国内外対応

おすすめの業種

全般

2.FutureStage/株式会社日立システムズ

  • 手軽な生産管理システム
  • 簡易MRPで手配を自動作成できる
  • 部品登録なしで運用できる

料金

クラウド型プラン 月額84,750円~

サポート内容

トータルソリューションベンダーの総合力と提案力で導入から運用までワンストップでしっかりサポート

おすすめの企業規模

中小企業向け

利用できる地域

国内外対応

おすすめの業種

製造業・卸売業・小売業

3.TECHS-BK/株式会社テクノア

  • 利益体質企業の一歩となる
  • 複雑になりがちなデータを一元化
  • 進捗・納期管理強化と原価低減効果

料金

98万円~(税別、運用指導費、保守料別)

サポート内容

サポートセンターの充実・導入後のサポートもあり

おすすめの企業規模

中小企業向け

利用できる地域

国内向け

おすすめの業種

製造業向け

4.TECHS-S/株式会社テクノア

  • 部品マスタの事前登録なしで運用可能
  • 利益体質(会社の品質)への改善と継続効果
  • 個別受注型製造業に特化したシステム

料金

150万円~(教育費別)

サポート内容

サポートセンターの充実・導入後のサポートもあり

おすすめの企業規模

中小企業向け

利用できる地域

国内向け

おすすめの業種

製造業向け

5.Hi-PerBT KIT3/株式会社日立ソリューションズ西日本

  • 自社業務にフィットした販売管理
  • 内部統制を支えるセキュリティ
  • わかりやすい画面表示

料金

500万円~(税別)

サポート内容

要望に沿ったシステムを個別開発

おすすめの企業規模

全般可能

利用できる地域

国内向け

おすすめの業種

食品製造・小売業・製造業・卸売業向け

コメント