シフト管理にかかる時間を圧縮するおすすめ管理システム5選

シフト管理

業務で部下やアルバイトを管理している際に意外と手間がかかるのが、毎月のシフト作成・管理・修正です。

シフト管理は正確に行う必要がありますが、メイン業務の合間に時間を作って行わなければならず、煩雑になりがちです。また業務の

コアタスクに注力するためには、シフト管理システムを導入し、紙・Excelから卒業しましょう。シフト管理システムを利用すれば単純にミスの頻度が減りますし、シフト確定後の変更依頼などにも簡単に対応できるようになります。

今回は、シフト管理システムについての内容説明や、システムを使うことでどのようなメリットがあるのかについて解説していきます。そのうえで、おすすめのシフト管理システムを5つご紹介していきます。

シフト管理で通常業務が圧迫されている方は、この記事を読んで今すぐシフト管理システムの導入を検討してみてください。

無料で使える仕事のコミュニケーションツール、LINE WORKS


※本記事はワークスモバイルジャパン株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


シフト管理システムの導入で、手間なく正確に勤怠管理ができる

シフト管理システムは、その名の通り従業員のシフト作成・管理に利用するシステムのことを指します。

紙やExcelでの管理と比べても手間が少なく、ミスも少ないです。煩雑な管理によって起こりがちなシフトの抜け・漏れなどをなくすことができます。

シフト管理システムの主な機能は、次の通りです。

  • シフト表の作成・確認
  • 勤怠管理
  • 休暇申請
  • データ集計

シフト管理システムによっては、欠員の自動補充や給与計算機能、店舗運営の分析などにも対応してくれ、人事の総合的な管理だけではなく、効率的な業務運営なども目指せます。

シフト管理システムを使うメリット

シフト管理システムを利用することで「管理工数を下げられる」「正確に管理できる」「

シフト管理システムを利用すれば、シフト表を簡単に作成できるだけではなく、従業員同士共有できるので、スケジュール管理も苦労しないでしょう。

システムを事前に設定しておけば、最適な人材配置ができ、業務改善と安定につながります。余計な人材費の削減も可能です。欠員が出た際、アプリで一斉に呼びかけヘルプ要請できるシステムもあります。

シフト管理システムの相場

シフト管理システムには、オンライン上でサービスを提供されるクラウド型と、サーバーを準備するパッケージ型があります。クラウド型サービスは導入コストが低く、パッケージ型サービスはクラウド型よりも導入コストが高い傾向にあります。

クラウド型の初期費用の相場は約3〜50万円ですが、サービスによっては無料のケースもあります。毎月の費用の目安は、従業員人数1人あたりで約200〜500円です。

パッケージ型の相場は、初期費用で約30〜100万円です。くわえて、1万円前後の運用・保守費用がかかります。

シフト管理システム以外でも簡単に使えるツールのご紹介(PR)

仕事用LINE、「LINE WORKS」であればLINE同様のトークでお仕事での連絡はもちろん、カレンダー機能を備えているのでメンバーの予定を簡単に見ることができます。また、カレンダーには、自動でメンバーの空き時間を見つけてくれる機能があるので予定管理がよりスムーズになります。

LINE WORKS1

PCだけでなくスマホでも同様の機能が使えるので店舗など現場でのお仕事にも最適です。
予定の管理だけでなくホーム(掲示板)で店舗の管理やお知らせ事項を共有することもできます。

LINE WORKS2

おなじみのLINE UIで誰でも簡単に使えるので教育・研修が不要で予定だけでなくお仕事のコミュニケーション全般が可能という点がメリットです。

<費用>
・無料~(カレンダー、チャット、ホーム機能使用可)

「LINE WORKS」は、業界問わず小規模のチームで使えるコミュニケーションツールで、1つのアプリにお仕事で使いたい機能を揃えています。モバイルに最適化しているので、PCが使えない現場でもスムーズにやりとりができます。無料で使えるので予算の心配もありません。

無料で使える仕事のコミュニケーションツール、LINE WORKS


おすすめシフト管理システム厳選5選

数あるシフト管理システムの中から、おすすめのシステムを5つピックアップしてご紹介していきます。

今回は導入実績が豊富で、サポート体制が整っているシステムを選びました。各サービスの特徴を知り、自分に合ったシフト管理システムを見つけましょう。

システム名 費用 特徴
ジョブカン勤怠管理 月200円~
  • LINEなどからも打刻できる
  • 様々な勤務形態に対応
  • 必要な機能だけ自由に組み合わせて使える
アールシフト 月30,000円~
  • スマホからシフト申請・申請承認できる
  • 24時間営業に対応したシフト表も作成可能
  • レジ割当などの細かい割り当ても自動で作成できる
勤之助 月300円~
  • 有給休暇の残日数管理を一括管理できる
  • 全従業員の打刻情報を自動集計する機能あり
  • 勤務交替のシフトスケジュールを一括で作成する機能あり
jinjer勤怠 月300円~
  • 契約継続率99.4%・サポート満足度91.6%
  • 勤怠管理や休暇申請などもできる
  • 自動集計機能も搭載
快決!シフト君NEO ライセンス費用60万円~
  • シフト表原案を自動作成してくれる
  • 勤怠管理・給与計算のシステムと連携できる
  • 一般業種から医療業界、介護業界に対応

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理
ジョブカン勤怠管理

「ジョブカン勤怠管理」は、株式会社Donutsが運営しているクラウド型の勤怠管理システムです。50,000社以上の導入実績があり、無料プランもあるため、導入しやすいでしょう。

ジョブカン勤怠管理は、LINEなどからも打刻できるので、学生バイトなどが多い企業・お店でも楽に管理できます。

さまざまな勤務形態にも対応しており、シフト管理者の手間を省くための仕組みも少なくありません。1ヶ月ごとのシフトを1画面でチェックでき、不足している場合、背景の色が変化して知らせる機能もあります。

費用

  • 初期費用:0円
  • 月額:200円~
  • 無料トライアル:有

有料プランは、利用機能数によって異なります。利用機能は、「出勤管理」「シフト管理」「休暇・申請管理」「工数管理」から選択可能です。

利用機能数 料金/月
1つ 200円
2つ 300円
3つ 400円
4つ 500円

また、従業員情報の入力やシフト作成などを対応してくれる「初期設定の代行サービス」を18万円から受け付けています。

こんな人におすすめ

さまざまな勤務形態に対応しているため、フレックスや裁量労働などの不規則な勤務の管理を求められる企業は、「ジョブカン勤怠管理」がおすすめです。

各機能は単独でも利用できるため、必要な機能だけ自由に組み合わせて使いたい人にも向いているでしょう。

アールシフト

アールシフト
アールシフト

「アールシフト」は、オーエムネットワーク株式会社が運営している店舗シフト管理システムの決定版です。小売業やサービス業に人気のシステムでもあります。

スマホからシフト申請や申請承認が可能で、月間・日別のシフト表データが自動連携しているサービスです。

24時間営業に対応したシフト表もすぐに作成でき、レジ割当などの細かい割り当ても自動で作成可能です。

費用

  • 初期費用:500,000円~
  • 月額:30,000円~
  • 無料トライアル:無

こんな人におすすめ

「アールシフト」は、小売業・サービス業に特化したシステムのため、小売・サービス業を展開している会社に最適です。

オプション機能が豊富なため、細かな設定をしてシステムを利用するケースにもおすすめします。

勤之助

勤之助
勤之助

HOYAサービス株式会社が運営している「勤之助」は、パソコンや携帯、ICカードなど企業のニーズに合わせて選択し組み合わせできるクラウド型のサービスです。

全従業員の打刻情報を自動集計する機能や勤務交替のシフトスケジュールを一括で作成する機能もあります。

費用

  • 初期費用:別途見積り
  • 月額:300円~
  • 無料トライアル:無

「勤之助」にかかる費用は、利用したいサービスによって金額が異なります。

機能 月額料金(1ユーザー)
勤怠・打刻管理などの勤怠管理基本サービス 日本語版 300円
勤怠・打刻管理などの勤怠管理基本サービス 日本語版 + 英語版 400円
残業・休日出勤などの申請機能 50円
各機能の操作ログなどを記録・表示する機能 50円
PCタイムレコーダー 500円

こんな人におすすめ

「勤之助」は、メーカーなどの一般企業やサービス業など幅広い会社で使われているサービスのため、どんな人でも使いやすいです。

煩わしい有給休暇の残日数管理が一括管理できるからこそ、大人数の企業にもおすすめします。

jinjer勤怠

jinjer勤怠
jinjer勤怠

「jinjer勤怠」は、株式会社ネオキャリアが運営しているシフト管理・勤怠管理システムです。従業員のシフト表作成・管理だけでなく勤怠管理や休暇申請などにも対応しています。

スマートデバイスに対応し、自動集計機能も搭載しているため、使いやすさを実感できるでしょう。無料トライアルを実施していることも特徴に挙げられます。

費用

  • 初期費用:情報なし
  • 月額:300円~
  • 無料トライアル:有

「jinjer勤怠」は、クラウド型のサービスになり、月額料金は1ユーザーあたり300円から利用可能です。勤怠管理以外の別のサービスも追加料金で利用できます。

サービス 月額料金(1ユーザー)
人事管理 500円
給与計算 500円
経費管理 500円
労務管理 300円
コンディション管理 300円
ワークフロー管理 300円

こんな人におすすめ

移動中にシフト確認や申請内容の承認ができるため、管理者が忙しく外出が多いケースに最適なサービスです。簡単な操作性から、シフト管理・勤怠管理の経験がない、スタートアップ企業にもおすすめします。

快決!シフト君NEO

快決!シフト君NEO
快決!シフト君NEO

「快決!シフト君NEO」は、株式会社NTTデータセキスイシステムズが運営しているサービスです。医療や介護など、あらゆる業種のシフト表・勤務表に対応しているシステムでもあります。

従業員の人数や能力などの必要条件を設定するだけでシフト表原案の自動作成が可能です。しかも、設定する条件は設定ウィザードで簡単に変更できます。

データ集約して分析・検証ができ、次回のシフト作成に反映でき、勤怠管理・給与計算のシステムと連携できることも特徴です。

費用

  • 初期費用:15万円~
  • 月額:要問合せ
  • 無料トライアル:無

「快決!シフト君NEO」は、一般業種向けの「シフト君NEOS」の100人ライセンスの場合、初期登録料が15万円~で、ライセンス費用が60万円~です。

こんな人におすすめ

「快決!シフト君NEO」は、あらゆる業種に対応した万能型の管理システムで、一般業種から医療業界、介護業界に適しています。

また、充実したサポートがあるため、初めて導入する企業にもおすすめします。


シフト管理システムを選ぶ際のポイント

シフト管理システムには様々なタイプがあるため、選ぶ際は、次のポイントをおさえておきましょう。

  • 自社の事業規模に合った管理システムを選択する
  • システム導入後のサポート体制が整っている
  • 費用対効果を計算してから導入する

自社の事業規模に合った管理システムを選択する

シフト管理システムはクラウド型とパッケージ型の2つが主流です。

クラウド型は導入の手間が少なく、コストも比較的安いです。パッケージ型は従業員数に応じて月額コストが上下しないので、大規模なシフト管理に適しています。

少人数の従業員管理にはクラウド型サービスがおすすめ

クラウド型サービスは、インターネットで勤怠システムが利用できるので、気軽に導入できるシステムです。自社でサーバーを構築する必要がなく、レンタルサーバーを準備する必要もありません。

こうした特徴を持つクラウド型は、既製品で企業がある程度システムに合わせる必要があることも、特筆すべき点です。処理する人数によって運用費用が加算されていくものの、導入時や毎月の費用を安く抑えられることはメリットといえます。

大規模なシフト管理にはパッケージ型サービスがおすすめ

パッケージ型サービスは、インターネットではなく、自社ネットワークシステムを使って運用するものです。自社の希望に合わせたり、業務形態をカスタマイズできたり、柔軟な対応ができることを特徴としています。

クラウド型と比較すると初期費用が高くなるものの、従業員の数が増えても、毎月の運用費が高くならないメリットがあります。

システム導入後のサポート体制が整っている

システム導入後のサポート体制が整っているサービスであれば、安心して利用できます。導入から運用までのサポートがしっかりしているものであれば、さらに使いやすいでしょう。

そんなサポートは、無料の場合もあれば、定額制だったり、その都度費用がかかったり、様々なケースがあります。契約前にしっかりと確認して、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

費用対効果を計算してから導入する

システムを導入する際、自社の事業規模や業務にマッチしていなければ、費用が無駄になってしまいます。多機能すぎて使いこなせなかったり、機能をもてあましたりするケースも少なくありません。

そのため、「シフト管理と同時に勤怠管理・給与計算の機能は最低欲しい」など、必要な機能が何かを初めの段階で考えて、できるだけニーズに近いシステムを選ぶようにしましょう。

無料で使える仕事のコミュニケーションツール、LINE WORKS


まとめ

シフト管理システムとは、ITに対応した人事システムのことです。シフト管理システムがあれば、今まで手入力で行っていたシフトの管理を、楽に進められます。

今回は実績の豊富なシフト管理システムを5つご紹介しています。どのシフト管理システムを選ぶか迷っている方は、この中から選ぶと良いでしょう。

シフト管理システムは、自社の規模に応じて選ぶことが大前提です。そのうえでシステム導入後のサポート体制・セキュリティ面も確認しましょう。

社内チャットから簡単打刻!LINE WORKS × KING OF TIME(PR)

LINE WORKS3
メンバーのコミュニケーションと予定管理は仕事用LINE、「LINE WORKS」で、シフトの打刻はアクティブユーザー数80万人の「KING OF TIME」でできる方法をご紹介します。

LINE WORKS4

チャットボットに「おはよう」「お疲れ様」など指定された文字やスタンプを送信するだけで、出勤・退勤打刻として扱われ、KING OF TIMEに打刻データが自動登録されます。

詳しい情報は下記をぜひ参考ください!

社内コミュニケーションと打刻管理を一気通貫で効率化する方法

※本記事はワークスモバイルジャパン株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。