Youtube広告の種類と、目的を達成するための選び方のコツ

Youtube広告に興味があるものの、「どんな種類があるのかわからない」、「自社にぴったりのものが選べない」という悩みをお持ちではないでしょうか。

Youtube広告は大きく5つに分かれていて、表示される場所や課金方式が異なります。広告の目的は認知拡大なのか、購買促進なのか。期待する成果を出すには、自社の目的に合った形式を選ぶことが重要です。

この記事ではYoutube広告の5つ種類とそれぞれの特徴、選び方のコツを解説していきます。

誰でも簡単に15分で動画制作できる!動画制作ツール『LetroStudio』


Youtube広告の5つの種類

Youtube広告には下記5つの種類 があります。

  • ディスプレイ広告
  • オーバーレイ広告
  • インストリーム広告(スキップ可能な動画広告/スキップ不可の動画広告)
  • バンパー広告
  • TrueView ディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告を除く4種の概要は次の通りです。TrueView ディスカバリー広告は再生画面ではなく、検索画面上での広告となりますので、個別紹介にて詳細を説明します。


画像引用:YouTube の広告フォーマット|YouTubeヘルプ

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは動画再生ページ右肩に表示され、視聴者に訴求する広告です。おすすめ動画の一覧よりも上に表示されるため、動画を連続視聴する際に目に触れる広告だといえます。

メリットとデメリット・課金形態・表示例

ディスプレイ広告の特徴はユーザーがクリックした場合に広告表示・ページ遷移が行われる点です。そのため、自分で広告にクリックする関心度の高いユーザーとの接点になることがメリットです。

一方で、関心の低いユーザーには詳細情報を見せることができず、リーチが難しい点がデメリットです。

課金形態はCPCで、ユーザーが広告をクリックした際に発生します。無駄のない予算設定ができるでしょう。

<表示例>

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは動画再生中に表示される広告です。画面を最大化しても広告は表示され続けます。

メリットとデメリット・課金形態・表示例

オーバーレイ広告の特徴の動画をオーバーレイ(覆うように)して表示されることです。

ユーザーに消されない限り、広告が表示され続け、目に触れる時間が長くなるというメリットがあります。一方デメリットとしては、ユーザーが画面を見なければ、広告が表示されていても認知されません。

課金形態としては30秒以上の表示で課金がスタートし、表示時間が長くなればその分加算されていきます。29秒以内にユーザーによって表示をオフにされた場合は課金は発生しません。

<表示例>

インストリーム広告

インストリーム広告には「スキップ可能な動画広告」と「スキップ不可の動画広告」が含まれます。

スキップ可能な動画広告とは3分以内の動画広告を、動画本編の再生前、再生中、再生後に挿入できるものです。ユーザーは広告の表示開始5秒後に手動でスキップできます。

スキップ不可の動画広告はスキップできない15秒もしくは20秒の動画広告を、動画本編の再生前、再生中、再生後に挿入できるものです。

メリットとデメリット・課金形態・表示例

スキップ可能な動画広告のメリットとしては5秒間でユーザーの気を引ければ、長時間の広告視聴への可能性が高まる点です。一方で、5秒間の固定時間が終了次第すぐさまスキップされてしまえば、ユーザーへのリーチが難しい点がデメリットです。

課金形態としては30秒以内に広告動画に対して操作が行われた場合か、30秒以上の広告視聴のいずれかが、課金発生条件となっています。

スキップ不可の動画広告のメリットは、ユーザーに確実に訴求できる点です。しかし、「スキップできず、最後まで見なければならない」という特徴がユーザーのストレスになり、広告に対してネガティブな印象をもたれてしまうリスクがあります。

課金形態はCPM(広告表示1,000回ごとのインプレッション)課金です。

<表示例>

バンパー広告

バンパー広告とは動画再生前に6秒の動画広告を表示するものです。

メリットとデメリット・課金形態・表示例

バンパー広告のメリットはスキップ不可の動画広告と同様、ユーザーに確実に商品・サービスを訴求できる点です。一方で6秒という短い時間での訴求ではユーザーの気を引くのが難しいというデメリットがあります。

課金形態はスキップ不可の動画広告と同じく、CPM課金です。

<表示例>

TrueView ディスカバリー広告


画像引用:動画広告フォーマットの概要|Youtubeヘルプ

TrueView ディスカバリー広告とは、ここまで紹介してきた4種とは異なり、検索結果部分に表示される広告です。

メリットとデメリット・課金形態・表示例

検索結果画面の最上部に表示され、ユーザーが自然に情報を見る可能性が高い点がメリットです。一方でユーザーが自らクリックしなければ動画が再生されず、リーチできない点がデメリットでしょう。

課金形態はCPCでユーザーがサムネイルをクリックし、広告を視聴した際に課金が発生します。

<表示例>


Youtube広告を使い分けるポイント

商品・サービスの認知度を高めるならバンパー広告

本編動画の再生前に6秒間の動画広告を流せるバンパー広告は認知度向上に最適です。6秒という固定された時間で再生されるため、伝える情報を広告主がコントロールできます。

また、インストリーム広告のスキップできない動画広告のように、ユーザーを長時間拘束し、ネガティブな印象を与える可能性も低いでしょう。動画視聴前にユーザーに負担なく商品・サービスの存在を知ってもらいたいという場合には、バンパー広告がおすすめです。

見込み客の獲得ならインストリーム広告

動画を使って見込み客を獲得する際にはインストリーム広告が有効です。スキップ可能な動画広告なら広告を5秒で消すのか、最後まで見るのか、ページ遷移するのかで、ユーザーが見込み客になるか否かを見極められます。

スキップ不可の動画広告なら商品・サービスの情報をユーザーにじっくり見せられます。最終的にページ遷移に至らなかったとしても、動画を通じてユーザーを見込み客化することを目指せるでしょう。

購買促進はTrueView ディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告が他の広告と異なるのは、ユーザーがまだ動画を視聴しはじめていないというという点です。検索画面という視聴する動画が決まっていない段階で目に触れるため、他の表示形式に比べ、ページ遷移へのハードルが低いと考えられます。

そのため、Youtubeからのページ遷移および遷移先での購買促進を目指すならTrueView ディスカバリー広告がおすすめです。


Youtube広告の出稿の流れ

Youtube広告を出稿する流れは公式ページで下記のように説明されています。

動画キャンペーンの作成方法

    1. Google 広告にログインします。
    2. ページメニューで、[キャンペーン] をクリックします。
    3. プラスボタンをクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。
    4. キャンペーン タイプとして [動画] を選択します。
    5. キャンペーンの名前を入力します。
    6. [入札戦略] セクションで、入札戦略を設定します。(参考:入札戦略の詳細

  1. [予算と日付] セクションで、予算タイプ、キャンペーンの開始日と終了日、予算の配分方法を設定します。
  2. [ネットワーク] で、動画キャンペーンを表示する場所を選択します。
  3. キャンペーンのターゲットとする言語と地域を選択します。

テキストだけではイメージしにくいため、次に主要項目の画面キャプチャにそって説明します。

まずGoogle広告にログインし、画面左の「キャンペーン」を選択し、中段の「プラスボタン」をクリックします。


画像引用:YouTube(ユーチューブ)動画広告の出し方!広告の仕組みや種類、出稿の流れを解説|ferret

さらに、表示されたページで「+新しいキャンペーンを作成」と書かれたボタンを選択しましょう。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

次に必要になるのは目標の設定とキャンペーンの設定です。目標の設定については具体的な目的があれば、該当するものを選択してください。とりあえず動画広告を使ってみたいという場合は、「目標を設定せずにキャンペーンを作成する」を選びます。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

続いて、キャンペーンの設定の項目では「動画」を選びます。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

キャンペーン設定で動画を選択し、「続行」をクリックするとキャンペーンのサブタイプの設定画面に移行します。この画面ではどのタイプの動画広告を活用したいかを選びます。

それぞれに説明が書かれていますので、イメージする動画広告を実施できそうなサブタイプを設定してください。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

動画広告のタイプを選択したら次は詳細設定です。「入札戦略」、「予算と日程」、「ネットワーク」のそれぞれを設定していきましょう。

「入札戦略」では単価の上限を、「予算と日程」では予算タイプと配信期間を、「ネットワーク」ではどの場所に広告を配信するかを設定します。

「ネットワーク」の項目内にある「YouTube検索結果」と「YouTube動画」はYoutube内に広告を配信するものです。「ディスプレイネットワークの動画パートナー」はYoutube外に広告を配信するものです。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

次にターゲティング関連の情報を設定していきます。まずはユーザー属性です。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

次にキーワード設定。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

さらにトピックを設定していきましょう。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing

各種設定後、動画広告を作成・登録すれば、広告配信が可能になります。


画像引用:YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅|Keyword marketing


よくある疑問・Q&A

最後にYoutube広告について、よくある4つの疑問にQ&Aでお答えします。

費用対効果は?

Youtube広告は単純に表示された回数ではなく、表示中にアクションがあったか、規定以上の再生時間を満たしたかといった条件の達成度合いに応じて課金される方式を取り入れています。発生する費用に対する効果の納得度は高いでしょう。

自社サイトへの誘導は可能?

Youtube広告は動画広告を配信して終わりではありません。動画を説明する文章の中やバナー自体に、自社サイトへのリンクを埋め込み可能です。動画を見て興味を持ったユーザーを、スムーズに自社サイトへ誘導できます。

ターゲット設定はできる?

出稿の流れのなかで紹介したように、ターゲット属性や関心に基づき、細かくターゲット設定をすることが可能です。Google広告の出稿経験があれば、同じ使用感で設定できるでしょう。

ユーザーの追跡は可能?

Youtube広告はGoogle広告内の情報と連携しているため、ユーザーの追跡が可能です。Google広告のさまざまな配信面と連携することで、Youtube広告の効果を高められます。


まとめ

今回はYoutube広告の基本として、広告の種類・使い分けるポイント・出稿の流れ・Q&Aを紹介しました。

Youtubeは1日の再生時間が、全世界で10億時間をこえる巨大な動画配信サイトです。今後も多くのユーザーが集まるプラットフォームとして、成長を続けていくことが予想されます。

Youtube広告を活用してみたいという思いがあるなら、今からでも遅くはありません。ますます可能性が高まるYoutubeの動画広告にチャレンジし、その効果を実感してください。

誰でも簡単に15分で動画制作できる!動画制作ツール『LetroStudio』

多数の代理店が導入!「編集しやすい」動画制作ツールNo.1を獲得した『LetroStudio』

『LetroStudio』は、業界最大級の800以上のテンプレートとパワポのような直感的で柔軟な編集機能で”作りたい動画を誰でも15分で作れるツール”です。 LetroStudioを導入すれば、今まで動画制作にかかっていた時間を短縮するだけでなく、複数パターンの動画を制作し、素早い効果検証・軌道修正が可能になります。『LetroStudio』には、以下のような特徴があります。 ・経験豊富な専門チーム作成の800超のテンプレが使い放題 ・パワポのような感覚で編集可能!制作本数は一切制限なし ・貴社専任のコンサルタントが体制構築をサポート 今回は『LetroStudio』のサービス概要資料を特別にご用意したので、ぜひダウンロードしてみてください。

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください