WordPressのプラグイン|このブログで実証済み!オススメ厳選17個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
20140912_00

WordPressのプラグイン、本当に「使える」ものを選ぶのは、情報を調べるのも時間がかかりますし、検索しても英語だし、すべてを理解して導入するにはとかく手間がかかります。
SEOを中心とした集客を成功させたり、見やすいサイトにするために、多くのプラグインを試されている方も多いのではないかと思います。

そこで、今回は当ブログで使用しているプラグインを公開いたします。

2014年の1月に立ち上げから数ヶ月で、「リスティング広告」や「ランディングページ」など、自分たちで狙おうと決めたキーワードでSEO上位表示を達成することができ、累計150万PVを達成できたのは、執筆者の努力もありますが、プラグインの貢献も大きいのです。

当ブログの試行錯誤の中、淘汰に勝ち残り、厳選されたプラグインが、みなさまのサイトやコンテンツマーケティングのお役に立てば幸いです。

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

リスクルが使っているプラグイン17個

Google XML Sitemaps

サイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。
とにかく便利で有用です。
ブログサイトなどはページ数が膨大になるため、このプラグインで生成することがおすすめです。
ちなみにサイトマップの役割は、検索エンジンへサイトの情報を伝える、というものです。なかなか検出されないURLなどもサイトマップで伝えることができるので、サイトの下層ページが検索結果に表示されたりします。

Google XML Sitemaps

Breadcrumb NavXT

パンくずリストを生成・表示してくれるプラグインです。
ブログサイトでパンくずリストがあるとないとでは、利便性が大きく変わります。
また、設定画面に必要な項目を入力するだけなので、設定も簡単に行えます。
ちなみに、パンくずリストはSEO対策としても有効です。

20140912_02
Breadcrumb NavXT

WordPress SEO

SEO対策のパッケージとも言えるプラグインです。
導入することで、SEO対策で重要となる要素を、記事投稿の管理画面でまとめて設定することができるようになります。

20140912_03
WordPress SEO

EWWW Image Optimizer

画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。
これをインストール・設定しておくだけで、画像アップロードと同時に圧縮してくれます。
画像の容量が小さくなれば表示速度の向上につながります。

EWWW Image Optimizer

Lazy Load

ページ内の画像読み込みをよしなにしてくれるプラグインです。
通常、画像の多いサイトは読み込みに時間がかかりますが、このプラグインは画像の読み込みを遅らせる機能を持っているので、ページ自体の読み込みがスムーズに行われるようになります。

Lazy Load

WordPress Popular Posts

ウィジェットで人気記事を表示させられるプラグインです。
人気記事を決定する基準(期間やPVなど)も細かく決められます。

20140912_04
WordPress Popular Posts

WordPress Related Posts

関連記事を表示させるためのプラグインです。
当ブログだと記事の下部に出ていますが、これもプラグインで設定しています。

20140912_05
WordPress Related Posts

Open Graph Pro

Facebookへの投稿を見目麗しくしてくれるプラグインです。
このプラグインを設定した状態でFBに投稿を行うと、画像の挿入や、タイトルの強調などを行ってくれます。

20140912_06
Open Graph Pro

WP Social Bookmarking Light

記事にソーシャルボタンを表示することができるプラグイン。
これひとつで大多数のソーシャルボタンを設定することができます。もちろん、それぞれの表示/非表示を選択することも可能です。
表示させる位置なども設定でき、かゆいところに手の届く仕様となっています。

20140912_07
WP Social Bookmarking Light

Fancier Author Box

記事の執筆者情報を整理、閲覧性を高めてくれるプラグインです。
当ブログの記事下部にある「この記事を書いた人」「最新の記事」のボックスを表示できるようになります。
表示される記事の数や、ボックス色も変更が可能なので、人気の高い執筆者がいる場合や、当ブログのように執筆者が多い場合に役立ちます。

20140912_08
Fancier Author Box

Contact Form 7

フォームを簡単に作成することができるプラグインです。
管理画面からフォームの項目を設定し、自由にフォームを作ることができます。
非常に扱いやすいプラグインなので、個人サイトでも導入しているサイトが多いです。
ちなみに現在、LISKULではこのプラグインで作成したフォームを公開していません。

Contact Form 7

StatPress Seolution

WordPressの管理画面でアクセス解析を閲覧できるようになるプラグインです。
Google Analyticsなどとはまた別物になります。WordPressの管理画面上で様々な情報を確認できるようになるので、現状把握に便利です。

20140912_09
StatPress Seolution

TinyMCE Advanced

WordPressの記事投稿画面をカスタマイズすることができるプラグインです。
WordPressのデフォルト編集画面はかなり簡素で「HTMLを自分で打ったほうが早いのでは」くらい思ってしまうのですが、このプラグインを使用することで編集画面を使いやすくカスタマイズすることができます。
様々なショートカットを表示させることができ、HTMLを知らなくても編集が手軽にできるようになります。

20140912_10
TinyMCE Advanced

WP-DBManager

データベースのバックアップをしてくれるプラグインです。導入時に設定をしっかりしておけば定期的にバックアップしてくれるので、サイトに何かあったとき安心です。

WP-DBManager

AntiVirus

WordPressテーマ内のウィルスチェックをしてくれるプラグインです。
WordPressにはテーマが無数にあるため、中には改ざんされてしまっていたり、悪意をもったものが混じっているとも限りません。
そのため、定期的なテーマのウィルスチェックは必須となります。

AntiVirus

Akismet

WordPressに初期からインストールされている、スパム対策プラグインです。
コメント欄に無数に投稿される、スパムコメントをブロックしてくれます。
有効化するにはユーザー登録が必須となりますが、基本的に無料で使用することができます。

ただし、商業利用の際は有料となりますので、ご注意ください。

Akismet

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語対応してくれるプラグイン。これがないと日本語の入力がままならないた、導入が必須です。
ちなみに、日本語版WordPressにはデフォルトでインストールされていますのでご安心ください。

WP Multibyte Patch

 

ちなみに、すべてのプラグインは、WordPressのプラグイン検索ですぐに探せます。
下記画面の検索ボックスにプラグイン名を入力、検索してください。

20140912_012

プラグインで快適なサイト制作を

以上が当サイトで利用中のプラグインになります。
工数削減や使いやすさを追い求め今後も変わっていく可能性は大いにありますが、そのときはまた記事にてお知らせしたいと思います。これらの情報がみなさまのサイト制作の一助になれば幸いです。

それでは、失礼いたします。

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
LISKUL編集部
LISKUL(リスクル)は、ソウルドアウト株式会社の社員によって執筆・運営されています。Webマーケティングの成果改善の役に立つさまざまなノウハウを発信中。
pagetop