食事に関する健康経営のコツは?おすすめの食事補助サービス8選!

人生100年時代と言われる中、経済産業省は企業側に社員の健康増進に繋げる健康経営を求めています。特に身体のエネルギー源となり、生活習慣病の予防にも繋がる食事は重要な要素です。

しかし、そう分かっていても健康経営を何から取り組めばよいのか分からず迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。食事における問題は会社によって「社員の食事に関する知識不足」「食事を取る時間確保が困難」など様々なため、問題に応じたサービスを提供することが大切です。

社員のニーズに合わせた取り組みを見つけられるよう、この記事では健康経営に取り組んだ企業の実例、理想的な導入の流れなど、担当者が気になる具体的な情報について紹介します。どのように取り組めば良いのか悩んでいる方は参考にしてみてください。

1700社が導入中!全品1品100円で購入できる社食サービス>>無料

※本記事は株式会社OKAN提供によるスポンサード・コンテンツです。


食事の健康経営に取り組む企業の割合【施策別】


経済産業省が企業側に健康経営を推進している中、平成28年度からは「健康経営優良法人認定制度」を創設しています。

この制度は、国民の健康寿命を延ばす目的で導入された健康経営に取り組む企業に対して認定される仕組みとなっています。

3回目の認定では、全国で3,322社が認定されています。株式会社日経リサーチが3,676社を対象に行った「平成30年度 健康経営度調査」では、社食などで健康づくり支援メニューを提供している企業は全体の50.6%、社食などで栄養素・カロリー等を表示している企業が50.2%と、食生活改善に向けた支援を半数以上の企業が取り組んでいることが分かっています。

食生活改善に向けた具体的な支援割合(%)
社食などで健康づくり支援メニューを提供50.6%
社食等での栄養素・カロリー等の表示50.2%
健康に配慮した食事・飲料の提供・補助39.1%
外部事業者等の栄養指導・相談窓口の設置29.5%
食生活改善アプリ提供等のサポートの実施21.5%
その他16.5%
行っていない24.2%
無回答3.3%

食生活改善に向けた支援は1つとは限らず、複数行っている企業もあります。また、健康経営の取り組みとして社内に明文化している企業の割合は年々増加傾向にあり、健康経営に対する企業の関心の高さがうかがえます。

社内への明文化行っている行っていない無回答
平成27年度65.1%33.7%1.2%
平成28年度76.0%23.4%0.6%
平成29年度84.3%15.0%0.7%

参考サイト:日経リサーチ


食事から始める健康経営への取り組み

社員の食事に対する意識改善に向けた取り組みも同時に行うことで、社員自身が日ごろの健康について考えやすくなり、より健康経営に伴う効果が高められます。

社員にも働きかけられる取り組みの具体例を、新たに制度やシステムの構築が必要なものから手軽に始められるものまで紹介します。

外部サービスを利用した取り組み

たとえば「健康的な食事を社員に提供しよう」「食生活の問題点を理解してもらおう」と考えても、自社だけで完結しようとするとノウハウや知識面で難しいこともあります。

そこで、健康経営に関するサービスを通して行える、3つの取り組みを紹介します。

社員に食育セミナーに参加してもらう

食育セミナーは、会社の課題に合わせてセミナーを選べるのが利点です。たとえば「体調管理のための自分でできる簡単な運動を知りたい」「体質を食生活で変えたい」など、社員が持つニーズを反映したセミナーを開催すれば、社員の健康意識改善にも役立ちます。

時間は60~90分、費用は内容に寄りますが15万~20万円前後が目安です。また、セミナーとマルシェを同時開催して販売した野菜の費用を会社が負担するといったユニークなセミナーもあります。

お昼など参加しやすい時間帯にし、福利厚生の一環として実施することで、社員側の満足度も高められます。

実施後は、社員からセミナーに参加した感想や意見を集め、今後の開催予定や頻度を決定します。

「こうしたセミナーも受けてみたい」など希望が出れば、それに応じた内容を開催するのも良いでしょう。

専門家からの指導・相談窓口を設置

社員の食事と言っても、何を指示したらよいか分からないことも多いでしょう。そうした疑問を解決してくれるのが、専門家の視点で社員の健康について指導してもらい、また相談を受けられる体制作りです。

たとえば中日バス臨海株式会社では、従業員と管理栄養士の二者面談による食事内容と問題点の明確化を通し、コンビニエンスストアの宅配を取り入れたことで「生活習慣病の高リスク者」を52%から41%へ減少させることに成功しています。

設置方法としては、地域産業保健センターへの相談や外部相談窓口との連携、アプリを利用して健康相談ができるチャットツールの導入など、会社の規模により多岐に渡ります。

参考サイト:公益社団法人 日本栄養士会
参考サイト:Carely

社食サービスを導入する

健康経営の中心に、社員の食事サポートを位置づける場合、社員へ現物支給が可能な社食サービスが有効です。

社員食堂だけでなく、弁当宅配やコンビニエンスストアの商品配達などを通し社員が健康的な食生活を送ることを目的としているサービス全般をいいます。

コストや必要なスペース、手間はサービスにより大きく異なり、簡単に分けると次の3つです。

  • 社員食堂:コスト・スペース・手間がかかるが独自性が高い
  • 宅配型サービス:コスト・スペース・手間を抑えられるが
  • 設置型サービス:コスト・スペース共に抑えることができる

また、福利厚生を社員全員に対して平等に提供できることから、企業側と社員側双方にとってメリットが大きい取り組みだと言えるでしょう。

手軽に試すことができる取り組み

食育セミナーや専門家の指導といった取り組みの他に、社員の気分転換にもなるユニークな取り組みも存在しています。

シャッフルランチの実施

シャッフルランチとは日頃接点のない社員同士をグループ化し、企業の負担でランチタイムを楽しむという取り組みです。

終業後の食事会に参加しにくい子育て・介護中の社員、定時後の時間を大切にしたい社員も、就業時間を有効活用するため参加しやすいというメリットがあります。社員同士の交流が増えれば、事業で協力する際の連携もスムーズになるでしょう。

フリービタミン制度の導入

フリービタミン制度とは、体に必要なビタミン類を社員が手軽に摂れる環境を整えた取り組みのことを指しています。不足しがちなビタミンや栄養素を提供することで、社員の健康をサポートする目的があります。

 具体的には小型冷蔵庫や専用のかごを設置し、旬のフルーツや野菜、豆乳などをセットして社員が好きな時に摂取できるようにする方法があります。冷蔵庫の設置・運用費用やフルーツの購入費用、管理しやすいよう利用時間を決定するといった手間が必要です。

またファンケルの『置きサプリ』のように、タンパク質やビタミン、ミネラルなどのサプリメントを営業担当が設置・補填してくれるサービスもあります。

こちらはサプリメントの商品代金と送料、設置場所の確保が必要です。

参考サイト:ファンケル 健康経営サポートサービス

毎月決まった日にバランスのいい食事を提供する取り組み

食事をするタイミングがバラバラであったり、普段は忙しさで食事をおろそかにしがちな環境だと、仕事に切れ目がなく休憩タイミングも少ないため、効率がどんどん落ちていきます。

そこで特定の日に栄養バランスに優れた食事を企業側が提供するといった取り組みを通し、社員に仕事と休憩の両立を促してみましょう。

食事を提供する時間も決めておけば、社員は食事を確保するために動く必要がなく、仕事に集中できます。

また栄養バランスに優れた食事を実際に食べることで、普段の自分の食事には栄養素として何が不足しているのか体験できます。

費用をなるべくかけない取り組み

健康経営は「昼寝を導入する」「椅子に座る時の姿勢改善」など、費用がかからないものからスタートするのも手です。食事に関する取り組みにおいて、費用がなるべくかからず、少人数の会社でも始めやすいものを3つ紹介します。

ランチ補助として電子ジャーを設置して社員の食費負担を減らす

食事のうち、主食を会社側で提供することで、社員の食費負担を減らすことが可能です。

主食を提供することで、おかずとなる肉や野菜を使った惣菜に食費を回してもらい、健康的な食事を目指す取り組みです。

また白米に限らず雑穀米や玄米を炊くことによって、マンネリ化を防ぐだけでなく、社員の健康増進を図ることにつながります。

食事に関する豆知識ポスターを掲示して社員のリテラシーを上げる

食事に特化した情報提供には、食事に関する豆知識ポスターの掲示や、健康的なメニューを社内報に掲載するといった方法が挙げられます。

無料でダウンロードできる、日本生活習慣病予防協会提供のポスターやパンフレット、テンプレートを活用してみましょう。

また健康指導向けの商品を扱うサイトでは、ポスター販売も行われています。サイズにも寄りますが、1枚当たり印刷費用なども含めて10,000円ほどかかります。

社内のカレンダーを、健康にまつわる豆知識が掲載されたカレンダーにしてみるのも良いでしょう。こちらは1,000~2,000円ほどで購入可能です。

食生活改善のためのアプリ提供・カロリー記録をサポート

日々の食事量や運動量の記録をサポートするアプリの活用で、社員の健康への取り組みを目に見える形にするの方法です。

たとえば歩数計アプリ『RenoBody』のように、クラウドで情報管理を行うことで、健康状態の把握や利用状況の確認ができるアプリがおすすめです。アプリであれば、スマートフォンの機能を利用するため、初期費用が発生しません。

コストとして月額利用料金がかかりますが、1カ月からの短期利用やトライアル期間も用意されているため、社員の反応を見てから導入できます。

またIT導入補助金の対象となるIT導入支援事業者のサービスを導入すれば、経費の一部に対し補助が受けられます。健康データや健診管理がアプリでできる『CARADA』は、その1つです。

参考サイト:CARADA
参考サイト:RenoBodyウォーキングイベントサービス


社食サービスを導入する場合の理想的な流れ

社食サービスの導入は、社員が昼食のために外に出る必要がなく、低価格で利用できるといったメリットがあります。ただし、あらかじめ社員の要望をアンケートで聞くなど、さまざまな準備が求められます。

社食サービスのイベントやセミナーに参加する

福利厚生の一環として、多くの企業が社食サービスを導入しています。規模やサービス内容によっては、多額のコストがかかる可能性もあるため、自社に合ったサービスを行っている運営会社を選ぶことが大切です。

社食サービスの導入を検討したら、まずは各運営会社が開催しているイベントやセミナーに参加することをおすすめします。多くが無料で参加でき、試食会が行われています。

このようなイベントやセミナーに参加することで、どのようなメニューが提供されているのか、どのくらい栄養バランスに考慮されているのかといったことを把握できます。

役員が実行委員会を開いて検討する

実行委員会は、社内の健康面での課題に応じた達成目標の選定、それらを達成できるサービスの検討、導入後の取り組み評価が役目となります。経営者の目線も必要となるため、経営層に近い人材が担当者になることが理想です。

社員数が多い会社では、1部署に1人は担当者がいることで、社員の満足度も反映しやすくなるでしょう。実行委員会が取り組みたい内容としては、次の7ステップが挙げられます。

  1. 加入している健康保険組合・全国健康保険組合等が健康経営を支援しているか確認する
  2. 社内への健康経営の告知を行う
  3. 健康診断の受診率やストレスチェックを通して「食事」や「健康」など社員の課題を選定
  4. 課題解決のために社食サービスに対して求めることを明確にする
  5. 条件を満たしたサービスを絞り混み、社内アンケートでニーズを確認する
  6. 利用サービスの決定
  7. 導入後の社員の変化や利用状況を評価し、目標達成のための次の改善策を検討する

運営会社によってメニューやサービスが異なるため、実行委員会にて社員の健康を維持に貢献しつつ、社員の満足度も高められるサービスを選定しましょう。

参考サイト:健康経営ハンドブック2018

社内アンケートなどを実施する

社食サービスを始めても社員の要望に沿わない場合、利用率のアップは期待できません。サービスによっては1日当たり10食など、導入条件が決まっているところもあります。

絞り込んだ運営会社ごとの導入条件をピックアップし、さらに運営会社を絞り込みます。

そのサービスに対する印象や、メニューへの評価など、利用する社員全員を対象にしたアンケート調査を行い、アンケート結果に見合った運営会社に決定しましょう。

運営会社が決定したら、公式ホームページや応募フォームを使って申し込みします。


健康経営の実現におすすめの食事補助サービス8選

健康経営を実現するには、栄養バランスに考慮した魅力的な食事補助サービスを提供している運営会社の選定が求められます。ここでは健康経営の実現におすすめの8社を紹介していきます。

なお、選定基準は健康的なメニューを提供しており初期費用や社員の負担が少ないことと、導入実績が豊富な運営会社に絞っています。

サービス名ジャンルメニュー内容単価費用対応エリア決済方法
Healthy Stand弁当配達スマートミール認証弁当1食500円~初期費用0円千代田区、中央区、港区、など都内集金箱
オフィスおかん惣菜配達和風から洋風まで季節のお惣菜を販売1品100円初期費用0円
利用料金54,600円(税抜)~
管理など全代行:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
クール便対応:全国
現金かIC決済
OFICE DE GOHAN惣菜配達毎月20種の基本コースと、無添加にこだわった10種コースから配達1品100円など設定可能初期費用30,000円
利用料金24,000円~
全国対応オフィスに運用をお任せ
OFICE DE YASAI野菜配達旬のフルーツや野菜を配達1品100円初期費用0円利用料金36,000円~クール便であれば全国対応集金箱
KIRIN naturalsスムージー配達野菜やフルーツのスムージーと健康セミナー1品50~100円初期費用0円利用料金40,000円よりスムージーは全国対応集金箱
みんなの食堂デリバリー型社食省スペースで社食提供1食500円初期費用・月額利用料共に0円要相談交通系ICカード、クレジットカード、コンビニ、給与からの天引きなど複数あり
TAVENAL弁当配達7大栄養素までこだわりぬいた弁当の配達1食500円要相談基本全国スマホやPCから購入
シャショクル弁当配達低価格から有名店まで日替わりでお弁当を配達弁当により500~1,500円初期費用・利用量ともに0円全国主要都市対面販売プランあり

Healthy Stand:ヘルシー弁当をオフィスに届ける

Healthy Standは、厚生労働省が提示した「生活習慣病予防その他の健康増進を目的として提供する食事の目安」をクリアした企業だけに認められる日本初のスマートミール認証を獲得している置き型弁当販売システムです。

スマートミール認証弁当は1食550円で提供されており、導入企業は2,000社を超えています。

提供メニュー

7~8品目のおかず入り、管理栄養士によるバランス弁当が毎日2種類ずつ提供されます。

費用

初期費用0円に加えて月額費用も0円で利用でき、お弁当1つにつき500円からという低価格を実現しています。

提供エリア

千代田区、中央区、港区、江東区、墨田区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、川崎市、横浜市に対応しています。

ロケーションにより配達できない場合もあるため、基本は相談が必要です。

決済方法

代金を集金箱に入れて、清算します。導入費用や固定費用はなしですが、弁当代金の一部を企業が負担し、福利厚生費として計上することもできます。

オフィスおかん:管理栄養士がメニューを考案している


オフィスおかんは導入企業の99%が継続して使い続けており、導入実績は1,000拠点を突破しているお惣菜配達サービスです。主要都市に限ってサービスを提供している運営会社が多い中、全国対応しているため、導入におけるハードルが低いのが魅力です。

提供メニュー

管理栄養士がメニューを考案した、約20種類のお惣菜やごはん、ドリンクが提供されます。毎月5~6品の新商品も追加されるため、旬の味が楽しめるのも魅力です。

費用

初期費用は不要、1商品につき100円で購入可能です。企業側の月額料金は、54,600円からで利用数によって料金が異なります。また商品を温めるための電子レンジについても、企業側の負担です。

提供エリア

管理や商品補充などを全て代行してくれるサービスは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のみです。ただし、クール便を利用した『オフィスおかん便』は全国に対応しています。

決済方法

現金。IC決済は1都3県のオフィスおかん対応エリアのみ対応可
(Suica,PASMO,楽天Edy,iD,QUICPay,WAON,nanaco,SAPICA,PiTaPa)

OFICE DE GOHAN:無添加へのこだわりを持つ


OFICE DE GOHANは全国各地に対応しており、専用のWebシステムを介して注文すると、2~5日程度で「おかわり」が届く仕組みが構築されています。導入実績は1,000拠点以上で、トライアルもできるため社食サービス導入に悩んでいる際の比較も可能です。

提供メニュー

1人で食べられるサイズの、電子レンジで温めるだけで食べられる商品を販売しています。月ごとに変わる30種類のメニューを提供、無添加や国産の安心安全な食材にこだわっているのが魅力です。

費用

サービス本契約時に30,000円、企業側の負担は月額24,000円からとリーズナブルです。基本の配送数である80個パックが16,000円、利用量が1個当たり200円発生するため、注文時の費用は32,000円かかります。また商品だけでなく、割り箸などの消耗品も購入可能です。

提供エリア

日本全国に配送してもらえるため、複数の事業所に設置してもらうことも可能です。

決済方法

企業に委ねられていますが、集金についても対応している地域もあるため、あらかじめ問い合わせが必要です。

OFICE DE YASAI:季節に合わせたラインナップ

OFICE DE YASAIは健康経営優良法人として認定された企業も利用している、新鮮なフルーツや産地直送野菜を、豊富に取りそろえた野菜やフルーツ特化の社食サービスです。導入実績は1,000拠点を超えています。

提供メニュー

安心安全の国産野菜とフルーツに加え、季節によって旬な食材を使ったサラダやドリンクを提供しています。プラス1品の要素が強いため、すでに社食サービスを導入している企業にもおすすめのメニューです。

費用

1個につき100円というお手頃価格で、企業側は月額36,000円から利用できます。冷蔵庫を含め、必要な備品は全額無料で、3ヵ月のトライアル期間付きです。

提供エリア

全国対応のクール便と、東京都・埼玉県の一部、千葉県の一部、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡氏に対応した配達員によるお届けの2種類があります。配達員によるお届けの場合、集金や商品の納品、賞味期限切れの回収なども依頼できます。

決済方法

集金箱による決済で、欲しい時に社員が費用を払って使う形式です。

KIRIN naturals:野菜と果物が手軽に摂れる

KIRIN naturalsは導入実績50社以上を誇る、大手飲料事業者のKIRIN株式会社が運営する社食サービスです。

提供メニュー

若い女性を中心に人気が高まっているスムージーを提供しており、企業向けの体験健康セミナーの利用が可能です。

健康セミナーは、野菜や果物について食のスペシャリストが知識提供を行う「食育マルシェ」や、エクササイズを体感する「オフィスフィットネス」のほか、免疫力や花粉対策に知識を向けたものが用意されています。

費用

初期費用0円、企業側の負担はスムージー月額36,000円とリーズナブルで、社員に負担を求める場合は1個につき50~100円で販売できます。

提供エリア

現在は、スムージー配達は全国ですが、健康セミナーは随時サービスを拡大となっています。

決済方法

貯金箱への1個あたり100円の集金で、金額入金誤差についてもKIRINで対応してもらえます。

みんなの食堂:デリバリー型給食スタイル

みんなの食堂は、大手からベンチャー企業までジャンルや規模を問わない多くの企業が導入している社食サービスです。

デリバリー型給食というスタイルで、昼休憩に合わせて指定された場所にデリバリーしてくれる仕組みとなっています。

提供メニュー

管理栄養士が1週間単位で栄養バランスを考えたメニューを、ブッフェ形式で温かいうちに食べられます。

費用

企業側の初期投資は机2つ分のスペースのみで、初期費用や月額料金はかかりません。社員が1食580円から料金を支払うことで、導入できます。

提供エリア

デリバリー型のため、エリアについては相談の上で対応してもらえます。下見を兼ねた打ち合わせや、試食会を行ったうえでの決定が必要です。

決済方法

交通系ICカード、クレジットカード、コンビニ、給与からの天引きなど柔軟に対応してもらえます。

TAVENAL:こだわりぬいた健康弁当

TAVENALは医師や管理栄養士が監修したメニューを提供しており、デスクワーク中心のビジネスパーソンを対象としたカロリーで作られていることが特徴です。

TAVENALを導入している企業は多く、ロート製薬やKDDIといった大手企業での導入実績があります。

提供メニュー

添加物も一切使用しておらず、糖質量も60g以下と健康に配慮されたメニューが考案されています。専用の冷蔵庫へ配送されるお弁当を、取り出して食べる方式です。

費用

初期費用や利用料金は全て企業側の負担となりますが、社員は1食あたり500円で利用できます。

提供エリア

基本は全国とされていますが、エリアによっては配達が難しいなどの理由から導入できない場合があります。

決済方法

購入方法から発注まで全てWEBで基本完結しています。

シャショクル:4000種類の豊富なメニューが魅力

シャショクルは低価格なお弁当や有名店のお弁当をデリバリーしてくれる社食サービスで、最近ではビュッフェスタイルのサービスも開始しています。

提供メニュー

4,000種類という豊富なメニューから異なる種類のお弁当が準備され、ラインナップが豊富なことが魅力です。事前にお弁当を決めて注文できる、少人数でも使いやすいスマートデリバリーもあります。

費用

必要料金はお弁当代のみで、初期費用や利用料金は一切かかりません。

提供エリア

関東・関西を中心に、全国の主要都市に向けてサービスを展開しています。

決済方法

対面販売の場合は、直接現金をシャショクルのスタッフに手渡します。定期配送プランの場合は、請求書での支払いで決済されます。


食事補助サービスを利用した健康経営の成功事例4選

それでは、実際に社食サービスを利用した企業の成功事例を紹介していきます。大手から中小企業まで、さまざまな規模の成功事例を抜粋しています。

社食サービスがきっかけでランチミーティングが実現した事例

マーケティングや情報処理サービスを展開する電通マクロミルインサイトでは、社食サービスとして『みんなの食堂』を2018年11月に導入しています。

業務が忙しいため、コンビニで手軽に昼食を済ませようとする社員が多いことから、社員の健康増進を目的として社食サービスの導入に踏み切ったという経緯があります。

その結果、社員が栄養バランスに考慮した食事を摂れるようになり、ランチミーティングも実現しています。

参考サイト:電通マクロミルインサイト

導入から1カ月で規則正しい食事の習慣ができ始めた事例

東京に本社を置く株式会社メタップスでは、近隣に食事できる場所が少ないことやコンビニ弁当ばかりで社員の栄養が偏ってしまうことを危惧し、社食サービスとしてみんなの食堂を導入しています。

昼休憩の時間が近づくとお腹がすいたという声が上がるようになり、食事という軸を作ることで社員の健康を願って社食サービスが導入されたという経緯があります。

その結果、社員の食事時間が規則正しくなり、温かい食事が摂れることから昼休憩を楽しむにする職員が増えています。

参考サイト:メタップス

500kcal台の社食で自分の健康について考えるようになった事例

不動産開発や管理を手掛ける株式会社大京では、社員の平均年齢が徐々に上がってきていることから、健康経営の取り組みとしてTAVENALの社食サービスを導入しています。

すでにさまざまな形で健康経営に取り組んでいたものの、明らかな手ごたえを感じられていませんでしたが、TAVENALの導入によって味覚が変わったことや体重の変化を口にする社員が増えました。

その結果、社員の健康に対する意識が高まり、一人ひとりが健康について考えるきっかけになっています。

参考サイト:株式会社大京

4倍になった社員数に対応して社外アピールにも繋がった事例

インターネット広告の技術開発などを手掛けるFringe81は、2018年5月の大型連休明けにみんなの食堂を社食サービスとして導入しています。これまでは自席で食事しても良い環境でしたが、社食サービスの導入をきっかけとして自席で食事してはいけないというルールを取り入れました。

その結果、社員同士で話しやすい環境が整い、食堂がコミュニケーションスペースとして活かされました。また、ビジネスの話題以外の話もできるようになったため、貴重な情報収集の場として利用されています。

参考サイト:Fringe81


健康経営アワード2019【経済産業省】に選出された企業の事例を紹介

経済産業省は社員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組む企業を対象として「健康経営銘柄2019」を選出しています。第5回目となる今回は37社が選出されましたが、その中から2015~2019年にかけて毎年選出されている企業6社を紹介していきます。

参考サイト:健康経営銘柄2019

効果検証と改善で3ヵ月で内臓脂肪減少を達成した事例

洗剤や化粧品を販売する大手化学メーカーの花王では、健康経営銘柄に4年連続で選出されると共に、経済産業省から健康経営優良法人として2年連続で認定されています。

食事に対する取り組みでは、2008年から独自に内臓脂肪の蓄積と食事を研究してきた結果、食事の量よりも質やタイミングが関係していることがわかりました。

これらに考慮した食事を「スマート和食」と名付け、本社の社員食堂で2014年から提供を開始しています。その結果、3カ月間のモニター試験で昼食の摂取頻度が多いほど内臓脂肪の減少が認められています。

参考サイト:花王株式会社

二次検査・保健指導を4年連続100%達成した事例

衛生陶器や住宅設備機器の製造や販売を行うTOTO株式会社では、30,000人を超える社員一人ひとりの健康づくりを推進し、健康管理、メンタルヘルス対策、健康増進の3本を軸とした健康経営に取り組んでいます。

食事に関する取り組みでは、食育をテーマにしたイベントやセミナーを積極的に開催しています。2006年には本社内にヘルスケアセンターを設立し、社員の健康管理や健康増進活動の取り組みを積極的に行っています。

参考サイト:TOTO株式会社

5年連続で健康経営銘柄に選定されている事例

医療機器の製造や販売を手掛けるテルモ株式会社では、5年連続で健康経営銘柄に選定されています。5年連続での選定は約3,600社のうち6社のみで、長期間に渡って健康経営が実施されていることがわかります。

健康経営の一環としてレコーディングダイエットやウォーキング大会を開催し、子会社を含めた社員が健康への取り組みと同時に社員同士のコミュニケーションを目的としています。食事に関しては、社員食堂でダイエット食を提供するなど、生活習慣病の予防に取り組んでいます。

また、喫煙率やメタボ率の低減やウィメンズヘルスといったさまざまなテーマに重点を置き、社員一人ひとりが健康で働きやすい職場の実現を目指しています。

参考サイト:テルモ株式会社

病院と連携した幅広い取り組みを行っている事例

東京と神奈川を結ぶ鉄道を運行している東京急行電鉄株式会社では、人材戦略室が中心となり東急病院と連携して社員とその家族に対する健康増進を目指しています。

具体的にはクラウド型健康支援アプリを活用して体重コントロールを促したり、東急病院の管理栄養士が考案したメニューの提供などを行っています。
また、毎年10月頃にはウォーキング大会を開催し、700名程度の社員が参加し、社員同士のコミュニケーションも活性化しています。

参考サイト:東京急行電鉄株式会社

健康習慣のポイント化で意識向上に成功した事例

住友商事グループのSCSK株式会社では、社員の健康増進を目的として「健康わくわくマイレージ制度」を導入しています。

この制度は健康の維持や増進に資する5つの行動習慣や健康診断の結果をポイント化し、獲得ポイントに応じてさまざまなインセンティブが支給されます。

食事に関しては健康に配慮したメニューを提供する社員食堂を設けており、1g 1.2円で8種類の料理を選べます。また、カロリーと栄養バランスにこだわった「Re:correct」も提供しています。

参考サイト:SCSK株式会社

ポイントインセンティブで楽しんで健康へ取り組む体制を作った事例

東証一部情報企業の株式会社大和証券グループ本社では、健康経営銘柄に5年連続で選出されており、2015年10月からは健康経営推進体制を強化しています。

主な取り組みとしては、がんに罹患した社員が仕事と治療を両立できるようにサポートする「ガンばるサポート」や健康意識向上を目的とした「KA・RA・DAいききプロジェクト」といったさまざまな取り組みがされています。

食事に関する取り組みは、一定の年齢以上の社員を対象にした「腹八分目キャンペーン」などを実施しており、ポイントを貯めると給与アップに繋がる制度が設けられています。

参考サイト:株式会社大和証券グループ本社
参考サイト:経済産業省


健康経営のための食事サービス利用時の注意点

健康経営の一環として食事サービスを導入する場合、失敗しないために以下のような注意点を押さえておきましょう。

メニューが少ないと飽きてしまう場合がある

社食サービスは、社員にとっては低価格で食事が摂れることが最大のメリットだと言えるでしょう。しかし、いくら低価格で食事が提供されていても、毎日変化のないメニューばかりだと飽きてしまいがちです。

そのためメニュー内容やボリュームなど、社員の要望に沿った社食サービスを提供している運営会社を選定することが大切です。

社員から見て使い勝手の良いサービスを選ぶ

昼休憩になると社員全員が社食に集まり、長蛇の列に並ぶような状況となってしまうと、時間的に外で食事するのとほとんど変わりません。

待ち時間が解消できるように、自分で好きなものを取るビュッフェスタイルのサービスを選んだり、導入したサービスの利用時間を工夫したりして、利用しやすい環境を整える必要があります。

また社食の営業時間外に勤務する社員がいれば、社員間の不公平が出てしまいます。『オフィスおかん』のように冷蔵庫に商品を設置するサービスの方が、食事時間が異なる企業には向いています。

社員から見て使い勝手の良いサービスを選ぶことで、社員の満足度を高めていきましょう。

利用者数を確保する

社食サービスを提供している運営会社は数多くありますが、運営会社によっては最低利用者数を定めている場合があるので注意が必要です。

また、最低利用者数に応じた料金プランを設けている運営会社もあるため、社員数や利用が見込まれる人数をあらかじめリサーチしておきましょう。

時期によって利用者数の増減が見込まれる場合は、その旨を運営会社に相談することをおすすめします。


まとめ:まずは食生活を改善して、社員全員のサポートを行おう

少子高齢化が顕著となった現代、健康で長生きするために健康寿命の長さが求められます。健康は環境などによっても変化しますが、何よりも毎日の食事が大きく影響します。

社員が健康で長く働くためにも、企業側の健康経営が鍵になると言っても過言ではありません。まずは健康経営の一環として社食サービスを導入し、社員全員の健康をサポートしましょう。

1700社が導入中!全品1品100円で購入できる社食サービス>>無料

※本記事は株式会社OKAN提供によるスポンサード・コンテンツです。

参考にしたサイト

日経リサーチ
公益社団法人 日本栄養士会
Carely
ファンケル 健康経営サポートサービス
CARADA
健康経営ハンドブック2018
Healthy Stand
株式会社大和証券グループ本社
経済産業省
SCSK株式会社
東京急行電鉄株式会社
テルモ株式会社
TOTO株式会社
花王株式会社
健康経営銘柄2019
Fringe81
株式会社大京
メタップス
電通マクロミルインサイト
シャショクル
TAVENAL
みんなの食堂
KIRIN naturals
OFICE DE YASAI
OFICE DE GOHAN
オフィスおかん
Healthy Stand
ファンケル|健康経営サポートサービス
一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
保険福祉ネットワーク
保険指導マーケット
E-カレンダー.com