ジンジャーサインとは?特徴・機能・価格・評判

ジンジャーサイン(旧:Signing)は、Web上で契約業務を完結できる電子契約サービスです。

契約書の捺印稟議・契約の締結・契約書の管理といった、契約に関わる一連のフローをジンジャーサイン上ですべて完結できます。

ワークフローも柔軟に設定できるので、書面と同様のフローを電子契約でも再現できます。

またサポート体制も手厚く、「電子契約の体制整備は何から始めたらいいか分からない」という方でも安心です。

今回は、ジンジャーサインを提供する「Jinjer株式会社」に、サービスの特徴や主要機能、導入した企業からの評判・事例、料金まで詳しく話を伺ってきました。

「ジンジャーサイン」のサービス資料をダウンロードする>>

※本記事はjinjer株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


ジンジャーサインとは

引用:ジンジャーサイン

ジンジャーサインとは、jinjer株式会社が提供するオンラインで契約書を送付できる電子契約サービスです。

稟議・契約締結・契約書の管理といった一連の業務を一気通貫で行えます。フローを構築するためのサポート体制も万全なので、これから電子契約を取り入れてペーパーレス化を進めたいという企業にオススメです。

1つのツールで契約関連の業務全体に対応可能

ジンジャーサインは捺印の稟議、契約の締結、契約書の管理など、一連のフローを一気通貫で対応できるのが強みです。

電子契約サービスの中には、契約の締結自体が可能でも、その後の管理まで対応できないものもあります。その場合、別の管理システムをAPIで連携したり、オフラインでの管理をせざるをえないこともあります。

ジンジャーサインでは管理も含めすべて1つのツールに集約できます。

例えばファイリングと同じ感覚でフォルダを「階層管理」することが可能です。

また、「管理項目」を設定することで、締結済みの書類を検索できるようになります。

ワークフローを自由に設定し、「書面での契約フロー」を電子契約でも再現できる


ジンジャーサインでは、ワークフローを柔軟に設定できるので、従来の書面でのフローをそのままオンラインでも再現できます。

「ワークフローの編集の許可」「社内承認後、取引先に契約書類を送るタイミングの指定」「承認条件の指定」なども管理画面から簡単に設定できます。

また、書類ごとに個別のワークフローを設定できますので、イレギュラーな対応が必要な場合でも安心です。

企業ごとのニーズに合ったフローの構築をサポート


ジンジャーサインでは、電子契約のルール設定からフロー構築までサポートチームが伴走してくれます。

これまで紙での契約が主体で、一から電子契約へと移行する場合、「どういう準備が必要なのか」「何を決めればいいか」など、根底となるルール設定を自社ですべて完遂するのは容易ではありません。

ジンジャーサインでは、上記のようなルール設定などのフォローから、企業向けセミナーの開催、導入サポートMTGの実施などで、スムーズに運用フェーズへと進めるようサポートしてくれます。

UI/UXに優れ、誰でも直感的に使用できる

UI/UXにこだわって開発をしており、社内外問わず誰でも簡単に使用できます。

簡単に使えることでのメリットは、大きく分けて以下の2点が挙げられます。

  • 従業員に負担を与えないので、電子契約システムを利用する文化が浸透しやすい
  • 社外の方でも簡単に使えるので、オペレーションが不要で、契約までのリードタイムを短縮できる

実際に契約までのリードタイムの短縮により、「契約の締結率自体が改善された」という声もあります。


ジンジャーサインが解決できる課題・ニーズ

ジンジャーサインは、使い勝手の良さや手厚いサポート体制が特徴的なツールで、特に以下のような課題に直面している企業にオススメです。

  • 紙での契約が主体で、「脱ハンコ」に向けて動き出せていない
  • 社内での電子契約におけるフローが確立されていない
  • すでに電子契約システムを導入しているが、使用感が複雑で使いこなせない
  • 電子契約を取り入れているが、「契約書の管理」をオフラインで実施していて、作業効率が悪い
  • 「電子帳簿保存法」「インボイス制度」などの各種法律への対応法がわからない

ジンジャーサインとフィットしやすい企業

ジンジャーサインは使いやすさ・導入のしやすさに重点をおいて開発されたツールで、サポートも手厚いので、「これから電子契約を始めたい」という企業に適しています。

また、「他の電子契約システムは使いこなせなかった」「やりたいことが実現できなかった」という企業も検討してみることをオススメします。

ジンジャーサインとフィットする企業

  • 従業員規模が50~1,000名の企業
  • 社員のデジタルリテラシーが高くないので、難しいツールは使いたくない
  • とにかく多機能な電子契約システムを導入したい
  • 導入だけではなく、契約管理ルールの定義決めから伴走してほしい
  • 複雑な契約フローをそのまま電子契約でも再現したい

ジンジャーサインとフィットしない企業

  • 社内の基幹システムと連携したい
  • 会計・請求書システムなど、どうしても使いたいものがある

API連携が難しく、そのほかのシステムと連携させるためには別途開発コストがかかります。


ジンジャーサインの導入事例・評判

ジンジャーサインを導入した企業からの評判・成功事例をまとめました。

契約締結をペーパーレス化することで、業務効率化に成功した株式会社シバタの事例

産業用資材を取り扱う株式会社シバタでは、主に内定承諾書や誓約書の締結にジンジャーサインを活用しました。同社が抱えるクライアントはデジタルに疎く、パソコンを利用しない可能性があったため、スマホでも簡単に契約を完結できるジンジャーサインを導入し、ペーパーレス化に成功しています。

導入前の課題

  • 契約業務に工数がかかりすぎていた
  • 月に20通ほどしか契約書を締結しないため、コストを抑えられるサービスを探していた
  • 取引先がデジタルに疎い可能性があり、誰でも簡単に使えるサービスを探していた

ジンジャーサインを導入した理由

  • スマホで契約締結ができ、かつ月額費用が安く機能が充実していた
  • PDFをドラッグして宛先を入力するだけで契約業務が完了する簡単さ
  • 継続的に開発してさらなる機能拡充をしていく、というサービス成長への期待

導入後の成果

  • 契約業務のペーパレス化に成功
  • 業務効率の改善
  • 契約書をフォルダに分けて管理できるようになった

参考:「こんなに簡単に使えると思っていなかった」ジンジャーサインの魅力は機能が豊富だけどシンプルで使いやすいこと|ジンジャーサイン

インストラクター100人の契約業務を電子化し契約業務の工数をゼロにできた株式会社JAPAN WELLNESS INNOVATIONの事例

主にフィットネスインストラクターの養成を行う株式会社JAPAN WELLNESS INNOVATIONでは、業務委託契約を結ぶ100人のインストラクターとの契約のためにジンジャーサインを導入しました。その結果、ペーパーレス化で契約業務にかかる工数をゼロに、契約にかかっていた費用を3分の2程度削減することに成功しました。

ジンジャーサイン導入後は契約書をフォルダ分けできるようになり、「保険も検索も楽になった」と効果を感じられています。

導入前の課題

  • 業務委託契約を結ぶ100名のインストラクターとの契約をすべて郵送で対応しており、契約内容に不備がある場合は再郵送するなど、契約業務に時間がかかっていた
  • テレワークを導入しており、契約業務をデジタルにシフトしていく必要があった

ジンジャーサインを導入した理由

  • 低コストで導入できる
  • パソコンやスマホが苦手でも使いやすいデザイン

導入後の成果

  • 契約業務の工数が減少し、契約不備による再郵送の手間もゼロになった
  • 契約書送付にかかるコストを従来の3分の2程度に抑えられた
  • フォルダ分けにより契約書の保管や検索が楽になった

参考:100人の契約業務の工数が大幅削減!ジンジャーサイン導入で、契約不備による再郵送、管理場所の確保からも解放|ジンジャーサイン

「管理のしやすさ」に魅力を感じ、ジンジャーサイン導入後に契約業務の工数を削減できたLiLi株式会社の事例

キャリア女性向けの教育事業などを手がけるLiLi株式会社は、「デジタルに疎い人材でも使えるサービス」や「フォルダ分けのしやすいサービス」を探しており、ジンジャーサインで全て解決できることが決め手となり導入しました。

導入後は、契約業務にかかる工数を激減させることに成功し、契約書の共有やフォルダ分けも容易にできるようになりました。

導入前の課題

  • 他社の電子契約サービスを活用していたが、契約書の管理に不満を感じていた
  • デジタルに疎い人材でも使えるサービスを探していた

ジンジャーサインを導入した理由

  • 契約書の共有やフォルダ分け、閲覧権限があり、どこにどの契約書があるのかわかりやすかった
  • ワークフロー機能があり、承認業務の効率化が期待できた

導入後の成果

  • 徹底したサポートにより、これまにでないほどスムーズに導入できた
  • 契約業務にかかる工数が激減し、主業務に集中しやすい環境を整えることができた

参考:他社サービスで感じていた「管理の手間」をジンジャーサイン導入で解消!契約業務の工数も削減|ジンジャーサイン


ジンジャーサインの主要機能

引用:ジンジャーサイン

ここではジンジャーサインに搭載されている主要機能について紹介します。

  • 電子契約機能
  • 社内ワークフロー機能
  • タイムスタンプ
  • テンプレート機能
  • 契約ステータス管理機能
  • チャットボット機能

電子契約機能

ジンジャーサインでは、契約を行う当事者に変わって第三者(立会人)が電子署名とタイムスタンプを付与することで契約の正当性が認められます。

本人確認はメール認証で行うため、手間やコストがかからないのが特徴です。

ジンジャーサインの電子契約機能の契約フローは以下になります。

  1. ジンジャーサインの管理画面に契約書をアップロード
  2. 署名箇所の指定、締結日・氏名・住所・署名者などを設定
  3. 取引先のメールアドレスを指定し署名依頼メールを送信
  4. 取引先担当者がWeb上で必要事項を記入

社内ワークフロー機能

社内ワークフロー機能は、社内承認後に取引先へ送信タイミングが指定できる機能です。

承認ルートを設定し、承認が得られた書類を送信できるため、未然に不正を防げます。

タイムスタンプ

ジンジャーサインでは、電子契約を結ぶ際に電子署名と「タイムスタンプ」が付与されます。

タイムスタンプとは、電子データが存在していた時刻と、タイムスタンプが付与された時刻から改ざんされていないことを証明する認証技術です。

これにより電子契約書の有効性を証明できます。

テンプレート機能

ジンジャーサインでは、使用頻度の高い電子契約書のひな形をテンプレート化して登録することができます。

登録していれば契約書作成をする際にファイルをアップロードせずに利用できます。

契約ステータス管理機能

契約ステータス管理機能とは、電子契約の進捗状況を確認できる機能です。

契約依頼中、締結済、却下など契約状況が把握でき管理しやすくなります。
 

チャットボット機能

24時間365日対応のチャットボット機能が搭載されています。

営業時間外の問い合わせ対応も可能です。


ジンジャーサインの料金体系

ジンジャーサインは、「ライトプラン」、「ライトプラスプラン」、「ベーシックプラン」の3つの料金プランから選べます。それぞれの料金プランは下記をご覧ください。

項目ライトプランライトプラスプランベーシックプラン
月額基本料金10,000円(税抜)28,000円(税抜)50,000円(税抜)
初期費用50,000円100,000円250,000円
送信料200円/通200円/通200円/通
契約期間12ヶ月12ヶ月12ヶ月
アカウント数無制限無制限無制限
送信制限無制限無制限無制限
機能ライトプランライトプラスプランベーシックプラン
従業員管理
所属管理
役職管理
二要素認証・二段階認証
書類管理(電子帳簿保存法)
受信者ファイル添付
(画像含む)
フォルダー作成
フォルダー公開設定
社内ワークフロー
CSV一括送信
書類インポート|タイムスタンプ有/無
IP制限
アラート機能実装予定実装予定
SSO認証実装予定
サポートライトプランベーシックプランアドバンスプラン
メールサポート
導入企業向けセミナー
初期フォロー
導入サポートMTG
従業員向けセミナー

参考:電子契約サービスジンジャーサイン(旧Signing[サイニング])


まずは資料ダウンロード

ジンジャーサインは、契約業務一連のプロセスをWeb上でスピーディーに完結できる電子契約サービスです。

最短1分で契約書を作成・送付できるため、これまでかかっていた契約業務の工数を大幅に削減可能です。

運用設計から導入、運用後のフォローまでサポート体制が充実しているためスムーズな運用が期待できます。

契約フローの電子化が進められておらず、何から始めたらいいかわからないという方は、まず以下から資料をダウンロードしてみてください。

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください

※本記事はjinjer株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。