手軽にM&Aの相手を探せるマッチングサイト 選び方のポイントとおすすめ8選

M&Aといえば敷居が高いもので、今後の自社の発展の為にM&Aの検討をしていてもなかなか実行に移せなかった方もいるのではないでしょうか。そんな方に利用してもらいたいのは、M&Aマッチングサイトです。

M&Aマッチングサイトは、その名の通り、M&Aや事業継承のマッチングがオンライン上で実現できるサービスです。従来は、M&Aの専門家である仲介会社などに相手先探しを依頼していましたが、マッチングサイトではより手軽にM&Aの相手探しが探すことができるほか、幅広い会社に自らアプローチできるメリットがあります。

とはいえ、M&Aを実現させるために、まず自社に合うマッチングサイトを選ぶところからスタートしなければなりません。今回は、M&Aマッチングサイトを選ぶ際のポイントの解説や代表的なサイト8選を紹介していきますので、サイト選びの参考にしてください。

参考:5分でわかる「M&A」とは?意味・手法の種類・メリットを徹底解説

なお、重要度を客観化するために既存のM&Aマッチングサイトを紹介したサイト8個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よく良質なオンライン決済サービスを探すことができます。

※出現頻度が同数の場合は、アルファベット順に掲載しています。日本語名については、ローマ字表記で判断しています。


M&Aマッチングサイトを選定するときの3つのポイント

サイトを選定していく上で、必ず確認したい3つのポイントをご紹介します。

M&Aマッチングサイトは必ずしも1つに絞る必要はありません。闇雲に登録するのは時間の無駄になりますが、より有利な条件の相手を見つけるために、自社に合うサイトが見つかれば、複数のサイトに登録することも検討しましょう。

ポイント1. 利用料金やオプションサービスなどにかかる費用が予算に合うか確認する

多くのM&Aサイトでは、利用料金を「譲渡企業は無料、譲受企業のみ手数料が発生」と設定しています。但し、「譲渡企業側も期日までに成約報告手続きを完了することが条件、期日を過ぎた場合、成約手数料の増額や遅延損害金が発生」など、条件を設けているケースや最低支払金額が定められているケースもあるので細部まで確認することをおすすめします。

またオプションとして、他の案件よりも注目されやすくなる優先表示枠への表示や、自社の価値がいくらかを算定してくれるサービスが存在します。さらに相手が見つかり、交渉を行っていく際は、M&Aの専門家にサポートを依頼することが可能なサイトもあります。

なかには、M&Aアドバイザーとマッチングサイトを組み合わせてサービスを提供しているサイトもあるので、サービスや料金体系はよくチェックするようにしましょう。

特にM&Aの専門知識がない方や、全て自社で進めるのは不安な方は、M&Aをはじめる前の準備から交渉成立までを専門家が代行するプランなどの利用も含め、予想外の出費が発生しないように、事前にオプション費用を含めた検討をしておきましょう。

参考:【最新比較】おすすめの事業承継・M&Aマッチングサイト10選!|起業LOG

ポイント2. 自社の希望に合う相手が見つかりそうなサイトかチェックする 

マッチングサイトを選ぶときは、譲渡企業(売り手)、譲受企業(買い手)のどちらの立場から利用するかによって、サイト選びのポイントが異なってきます。

譲渡企業(売り手)にとっては、ユーザー数が多いほど成約率を期待でき、より条件の良い相手に出会える可能性が高まります。譲受企業(買い手)の登録数や一覧等を掲載しているサイトもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

譲受企業(買い手)の場合は、案件数に着目してください。案件数とは、譲渡企業(売り手)が登録している売り案件の数を意味します。案件数が多いほど、希望に合う相手先とのマッチングが期待できます。また、譲受企業(買い手)による譲渡企業(売り手)の公募を行えるサイトも存在します。

ほかにも、成約率に関わる取り扱い案件の規模や業種は、譲渡企業(売り手)、譲受企業(買い手)ともに、重要です。

小売・飲食業界の案件が得意なサイトやIT業界の案件に強いサイトもあるので、譲渡企業であれば自社と同じ業種に興味持つ相手が多いサイトを、譲受企業側であれば興味がある業種や規模の案件を取り扱っているサイトを選ぶことが大切です。

さらに海外案件にご興味がある方は、取り扱い案件の地域や海外案件取り扱いの有無も確認しておきたいところです。他にも、マッチング実績の多いサイトの方が相手先の見つかる可能性が高まるので、実績数や成約率が公開されているか調べておきましょう。

自社に合った案件があればメールで通知してくれるサービスや、M&Aだけではなく資金調達先を探すことが出来るサイト、急ぎの売却相談にも対応してくれるものもあるなど、サイトによって特色があります。どのサイトなら自社にあう相手先をみつけられるか、事前に検討した上で、登録していきましょう。

参考:【2020年決定版】M&Aマッチングサイトランキング。M&Aで会社・事業を売却して資金調達するならここ!M&Aマッチングサイトをまとめました。|資金調達BANK
   事業承継M&Aを考える経営者必読!M&Aマッチングサイトの選び方|事業継承LABO

ポイント3. 登録時の本人確認の有無などで、安心して利用できるか確認する

サイトへの登録時に本人確認を行っているかも重要なポイントです。

利用登録やマッチングの申し込みをする際に、譲渡企業、譲受企業ともに、法人ユーザーなら登記簿謄本等、個人ユーザーなら運転免許所やパスポートのコピー等の提出をすることで、本人確認を行うサイトもあります。本人確認をすることでなりすましや架空情報の登録を防げるほか、本人確認されていない場合に比べて、円滑に交渉を進めることが可能になります。

また掲載されている案件を全て、専門スタッフが精査しているサイトやサービスを利用中の企業例や成約事例が掲載されていれば、サイトへの信頼性が高まります。気になる企業があればチェックしてみましょう。M&Aの成功の為にも、安心して利用できるサイトであるか慎重に見極めましょう。


TRANBI/株式会社トランビ


  • 海外スタートアップ案件の取り扱いあり
  • 累計マッチング数2万件以上
  • ユーザー数は5万人以上
利用料金(買い手) ■登録料・メッセージ交換・マッチング:無料
■成約:成約価額の3%( 業務提携等含む。期日までに成約報告手続きを完了することが条件。期日を過ぎた場合、成約手数料の増額や遅延損害金が発生)
利用料金(売り手) ■登録料・メッセージ交換・マッチング:無料
■成約:無料(期日までに成約報告手続きを完了することが条件。期日を過ぎた場合、成約手数料の増額や遅延損害金が発生)
オプションサービス(買い手) 専門家定額プラン(料金プラン多数)
オプションサービス(売り手) ■専門家定額プラン(料金プラン多数)
■M&A案件の優先枠(ピックアップ)表示(月額3万円)
提携企業(ご利用企業)の例
登録時の本人確認の有無 あり(任意。本人確認済みのユーザーには交渉画面などに【本人確認済】マークが掲載)
ユーザー登録対象者 ■売り手:譲渡する株式、事業や設備のオーナーの方、もしくはその代理人(個人も可)
■買い手:意思決定できる方もしくはその代理人(個人も可)
登録ユーザー数 5万人以上
登録案件の範囲 株式会社、有限会社、合同会社等の法人のほか、個人事業の方であっても、 譲渡したいもの(設備等の資産や、店舗等の事業等)があれば登録が可能
案件数 常時1000件以上の案件が掲載
取り扱い案件の地域 全国
取り扱い案件の業種 ホテル・旅館、飲食サービス、美容サービス、教育・学習塾・お稽古、介護・福祉他、幅広い業種に対応
取り扱い案件の規模 全規模対応
海外案件取り扱いの有無 あり(TRANBI USの会員登録が必要)
専門家によるサポートの有無 あり(オプションサービス)


Batonz/株式会社バトンズ


  • ベンチャー企業特化型のマッチングサービスも提供
  • ユーザー数は4万人以上
  • 日本M&Aセンターグループが運営
利用料金(買い手) ■<売り手と最終契約締結時> 2020年3月31日までに実名開示依頼した交渉→事業または法人の承継対価総額の5% または 25万円 のいずれか高い方(いずれも税別)、2020年4月1日以降に実名開示依頼した交渉→事業または法人の承継対価総額の2%(税別)
■その他の基本サービスは無料
■支援専門家に委託(アドバイザリー契約を締結)する場合は、支援専門家への支払いが必要
利用料金(売り手) ■基本サービス利用はすべて無料
■支援専門家に委託(アドバイザリー契約を締結)する場合は、支援専門家への支払いが必要
オプションサービス(買い手) ■企業評価(不動産評価は除く)3万円~
■不動産評価 5万円~
■契約書チェック 10万円~(支援専門家による)
■企業精査 20万円~(支援専門家による)
オプションサービス(売り手) ■企業評価(不動産評価は除く)3万円~
■不動産評価 5万円~
■売り情報ページ登録代行 無料
■契約書チェック 10万円~(支援専門家による)
提携企業(ご利用企業)の例 スピックバンスター株式会社、花工房まりか、魚のぬか漬け「こんかこんか」ほか
登録時の本人確認の有無 あり
ユーザー登録対象者 法人
登録ユーザー数 4万人以上
登録案件の範囲 個人事業、家業、会社など
案件数 売り案件1964件(2020/3/19現在)
取り扱い案件の地域
取り扱い案件の業種
取り扱い案件の規模
海外案件取り扱いの有無
専門家によるサポートの有無 あり(1,500を超える支援専門家と提携)


BIZREACH SUCCEED/ビジョナル株式会社


  • 「承継公募」(譲り受け企業による譲渡企業の公募)の仕組みあり
  • 買い手候補となる企業は法人限定
  • 転職サイトの株式会社ビズリーチが運営
利用料金(買い手) 譲り受け金額の1.5%を案件紹介料 (最低支払金額100万円)
利用料金(売り手) 全ての機能無料、案件成約時にも料金は一切発生なし
オプションサービス(買い手)
オプションサービス(売り手)
提携企業(ご利用企業)の例 ちばぎん、常陽銀行、Lancersほか
登録時の本人確認の有無 あり
ユーザー登録対象者 法人、個人事業
登録ユーザー数
登録案件の範囲 法人、個人事業
案件数 2227件
取り扱い案件の地域 全国
取り扱い案件の業種 様々な業種に対応
取り扱い案件の規模
海外案件取り扱いの有無
専門家によるサポートの有無 あり


FUNDBOOK/株式会社FUNDBOOK


  • M&Aアドバイザーが成約まで完全サポート
  • 最短52日の成約実績あり
  • 全国・全業種・あらゆる事業規模に対応
利用料金(買い手) レーマン方式 〜5%(譲受先との基本合意時に成功報酬の10%、最終的な成約時に残りの90%)
■5億円以下 5%
■5億円超~10億円以下 4%
■10億円超~50億円以下 3%
■50億円超~100億円以下 2%
■100億円以上 1%
利用料金(売り手) レーマン方式 〜5%(譲受先との基本合意時に成功報酬の10%、最終的な成約時に残りの90%)
■5億円以下 5%
■5億円超~10億円以下 4%
■10億円超~50億円以下 3%
■50億円超~100億円以下 2%
■100億円以上 1%
オプションサービス(買い手)
オプションサービス(売り手)
提携企業(ご利用企業)の例 山昭運輸株式会社、徳三運輸倉庫株式会社、株式会社ラグザイア、株式会社ビーイング他
登録時の本人確認の有無 あり(登録時に秘密保持契約を締結)
ユーザー登録対象者 法人、個人事業
登録ユーザー数
登録案件の範囲 法人、個人事業
案件数 譲受企業約4,000社
取り扱い案件の地域 全国
取り扱い案件の業種 日本中にある様々な業種
取り扱い案件の規模 様々な売上規模の企業
海外案件取り扱いの有無
専門家によるサポートの有無


M&A Cloud/株式会社M&Aクラウド


  • 気になる買い手に直接アプローチ可能
  • 希望の買い手に会える率84.0%
  • IT上場企業の10%以上が買い手として掲載中
利用料金(買い手) 平均プラットフォーム手数料 3%(※買収価格により手数料が変わります)
利用料金(売り手) 着手金・成約手数料などすべて無料
オプションサービス(買い手)
オプションサービス(売り手) ■買い手と面談するための資料:原則39万8000円※最低14営業日必要
■買い手との交渉やその準備など(「売却戦略コンサルティング」「譲渡先候補企業のリスト作成」「売却条件タームシート等の資料作成」「買い手企業様との面談への同行」「その後の交渉フォロー」など):成約に応じて別途手数料発生
提携企業(ご利用企業)の例 株式会社クレディセゾン、株式会社カオナビ、株式会社ベクトル、エイベックス株式会社 他
登録時の本人確認の有無
ユーザー登録対象者 会社売却や事業売却を検討する会社のオーナーの方。M&A業者は不可。
登録ユーザー数 売り手登録者数:2,507 社、買い手掲載社数:225 社
登録案件の範囲 法人、個人事業
案件数 ■掲載中買い手件数:228、公開中売却案件:185
取り扱い案件の地域 首都圏を中心に全国
取り扱い案件の業種 IT、ソフトウェア、通信、サービス、インフラ他
取り扱い案件の規模 1,000万円以下から5億円以上まで
海外案件取り扱いの有無
専門家によるサポートの有無 あり※オプションとして


M&A PARK/株式会社エムアンドエーパーク


  • 世界38カ国以上の投資家が登録
  • 買収オファー8件(案件あたり)
  • チャットで気軽に相談可能
利用料金(買い手) ■登録・着手金・メッセージ交換:無料
■マッチング(実名連絡先交換):無料
■M&Aの成約:買い手は有料(成約価額の3%)
利用料金(売り手) ■登録・着手金・メッセージ交換:無料
■マッチング(実名連絡先交換):無料
■M&Aの成約:売り手は*無料(成約の報告と事例をM&A PARKの事例として紹介してよい場合無料。報告がなかった場合は3%の手数料が必要)
オプションサービス(買い手) ■M&A 案件の登録代行:3万円(税別)/案件あたり
■M&Aの専門家(弁護士・司法書士・会計士など)紹介サービス:無料
オプションサービス(売り手) ■M&A案件の上位表示枠への掲載(ピックアップ枠):月額5万円(税別)
■M&A 案件の登録代行:3万円(税別)/案件あたり
■M&Aの専門家(弁護士・司法書士・会計士など)紹介サービス:無料
提携企業(ご利用企業)の例
登録時の本人確認の有無
ユーザー登録対象者
登録ユーザー数
登録案件の範囲 法人、個人事業
案件数 3,652(事業を買いたい案件)
取り扱い案件の地域 日本・海外各地
取り扱い案件の業種 様々な業種(製造、小売り、不動産、飲食店や介護等のサービス他)
取り扱い案件の規模
海外案件取り扱いの有無 あり
専門家によるサポートの有無 あり


MAfolova/エン・ジャパン株式会社(en-japan inc.)


  • 全案件が外部に一切公開されない非公開型
  • 約5万社の譲り受け候補企業
  • エン・ジャパンが運営
利用料金(買い手) 登録・利用料無料の成功報酬型(企業買収総額の1.5%又は100万円のいずれか高い金額(税抜))
利用料金(売り手) 無料(相談・譲受候補の紹介など全てのサービスが無料)
オプションサービス(買い手)
オプションサービス(売り手)
提携企業(ご利用企業)の例 エデュテ株式会社、株式会社チューブロック
登録時の本人確認の有無 登録内容の独自審査実施あり
ユーザー登録対象者 法人(利用約款に同意頂けない方及び個人の方は不可)
登録ユーザー数 5万社以上
登録案件の範囲 企業
案件数 1,823(3/19時点)
取り扱い案件の地域 全国
取り扱い案件の業種 医療・福祉、IT・Webサービス、飲食店、建設・不動産関連、製造業、サービス業、小売店、ホテル・レジャー・冠婚葬祭、マスコミ・出版・広告など
取り扱い案件の規模
海外案件取り扱いの有無
専門家によるサポートの有無


M&Aプラス/デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社


  • 担当FAが交渉をサポート
  • 担当FAはサイト上から自身でオファー可
  • デロイト トーマツ グループが運営
利用料金(買い手) 無料 ※ただし、通常は個々のFAとの契約内容によって担当FAの間で報酬やその他の費用が発生。利用者は手数料体系や特徴などを確認しながら担当FA(ファイナンシャルアドバイザー)を選定する。
利用料金(売り手) 無料 ※ただし、通常は個々のFAとの契約内容によって担当FAの間で報酬やその他の費用が発生。利用者は手数料体系や特徴などを確認しながら担当FA(ファイナンシャルアドバイザー)を選定する。
オプションサービス(買い手)
オプションサービス(売り手)
提携企業(ご利用企業)の例 – (案件情報掲載あるが会社名は伏せてある)
登録時の本人確認の有無 審査あり
ユーザー登録対象者 法人、個人事業(全国の中小企業オーナー)
登録ユーザー数
登録案件の範囲 法人、個人事業(売却案件の登録は対象外)
案件数
取り扱い案件の地域 全国
取り扱い案件の業種 建設業、医療・飲食店・娯楽などのサービス業、他
取り扱い案件の規模 制限なし
海外案件取り扱いの有無 登録対象外 ※但し、日本に事業所を有している場合当該事業所は会員として登録可能。
専門家によるサポートの有無 あり(選定したFA=ファイナンシャルアドバイザー会員によるサポート。手数料あり)