【2023年最新版】法人向けメールサーバーおすすめ15選を比較!選び方も紹介

一般的なレンタルサーバーでは、通常Webサイトとメールを利用できますが、「ホームページは必要ないけれど、独自ドメインのメールだけを利用したい」「メールのみで良いのでコストを抑えたい」という要望を持つ方もいるかもしれません。

数は多くありませんが、そのような方に向いている、メールの運用に特化したサーバーサービスが存在します。テキストメールサーバーを利用することで、レンタルサーバーよりも格安で、ビジネスでの信頼感が増す独自ドメインのメールアドレスを獲得可能です。

月額5,000円から導入できるメール配信システム

今回は、メールサーバーを選ぶ際のポイントの解説や代表的なメールサーバー15選を比較・紹介します。

なお、重要度を客観化するために、「メールサーバー おすすめ 法人 比較」で検索し、検索上位10位までの紹介サイトを調査し、各メールサーバーを登場回数順に並べました。

この記事を読むことで、効率よく良質なメールサーバーを探すことができます。

※スコアリングや掲載している企業情報などは2023年8月時点のものです。


メールサーバーのピックアップ[PR]

月額5,000円で送信数無制限!大手企業にも選ばれる「Cuenote FC/ユミルリンク株式会社

  • 独自開発の配信エンジンとノウハウで1000万通/時の配信スピード
  • セグメント配信やHTMLメール、効果測定、多言語配信など標準で多くの機能が使える
  • ワンタイムパスワードを採用し、不正ログインを防止
対応端末
(スマホ・PCなど)※受信側
PC、スマホ、携帯
HTMLメール作成の可否
ステップメール配信の可否
メール分析の可否
クリック測定機能の有無あり
開封率測定機能の有無あり
登録可能アドレス数要問い合わせ
配信可能数配信数無制限
配信能力1時間1,000万通
初期費用要問い合わせ(資料内に記載)
月額費用5,000円~
※ユニークアドレス数によって月額料金が変動。料金詳細は資料内に記載
無料トライアルの有無あり
導入実績1,900以上(サッポロビール、サイバーエージェント、アイ・オー・データ他)

Sponsored by ユミルリンク株式会社

1.WebARENA メールホスティング/株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

WebARENA メールホスティング
メールサーバーなら安心と信頼のWebARENA(ウェブアリーナ)|メールホスティング

  • クリック操作で使いやすく簡単に入力が可能。
  • 万が一サーバー故障が発生したときも、別サーバーで継続できる仕組み(分散処理)があり安定した稼働が可能。
  • 高機能なウィルスチェックなど標準機能として搭載されている環境。
初期費用5,500円
料金プラン200ID:月額8,812円〜
300ID〜1,000ID:月額21,780円〜
1,000ID〜5,000ID:月額132,000円〜
主な機能バックアップ、隔離メール自動削除、IPアドレス制限、添付ファイル自動暗号化、大容量ファイル転送など
導入社数2,800社以上
導入企業株式会社オンデーズ、グローウィン・パートナーズ株式会社、株式会社グリーゼなど
サポート体制の有無

2.さくらのメールボックス/さくらインターネット株式会社

さくらのメールボックス
さくらのレンタルサーバ | 高速・安定WordPressなら!無料2週間お試し

  • 定期的バックアップによりサーバー障害に備えた体制。
  • 自社開発のデータセンターがあり停電対策が万全。
  • 企業サイトやECサイトなど幅広いニーズに対応が可能。
初期費用0円
マネージドサーバのみ17,600円〜
料金プランライト:月額128円〜
スタンダード:月額425円〜
プレミアム:月額900円〜
ビジネス:月額2,122円〜
ビジネスプロ:月額3,819円〜
マネージドサーバ:月額7,485円〜
主な機能メール転送、自動返信、振り分け転送、ファイルマネージャー、商用利用など
導入社数480,000社以上
導入企業株式会社ショップエアライン、株式会社ネットショップ支援室、株式会社アントアントなど
サポート体制の有無

3.KAGOYA メールサーバー/カゴヤ・ジャパン株式会社

KAGOYA メールサーバー
メールプラン | クラウドとレンタルサーバーの KAGOYA

  • アカウント設定から運用までワンストップ対応。
  • メールアドレス数無制限で利用が可能。
  • アーカイブデータなど長期保存が可能。
初期費用共用タイプ:0円
専用タイプ:19,800円〜
エンタープライズ:31,900円〜
料金プラン共用タイプ:月額440円〜
専用タイプ:月額9,130円〜
エンタープライズ:月額28,710円〜
主な機能メールゲートウェイ、ホワイトブラックリスト、迷惑めーるフィルタリング、IPアドレス制限、アーカイブなど
導入社数要問い合わせ
導入企業株式会社東京ドーム、東洋紡糸工業株式会社、エス・エー・エス株式会社など
サポート体制の有無

4.お名前.com/GMOインターネットグループ株式会社

お名前.com
お名前.com レンタルサーバー |使いやすさと高機能の両立を実現

  • スマートフォン、パソコン、タブレットでも利用が可能。
  • Webメールの用意があるためメールソフト不要で始められる。
  • 自社開発のコントロールパネルがあり複雑な操作不要で初心者でも始めやすい。
初期費用0円
料金プラン1ヶ月プラン:月額1,430円
6ヶ月プラン:月額1,188円〜
12ヶ月プラン:月額1,078円〜
24ヶ月プラン:月額990円〜
36ヶ月プラン:月額891円〜
主な機能自動バックアップ、収容サーバー、スクリプト機能、権限別複数アカウント作成、データベースなど
導入社数30,000,000社以上
導入企業ロッテ健康産業株式会社、オリンパス株式会社、株式会社森永乳業など
サポート体制の有無

5.MuuMuuDomain/GMOペパボ株式会社

MuuMuuDomain
ムームードメイン | 欲しいドメインがすぐ見つかる。

  • 法人向けco.jpなど400種類以上のドメインから選べる。
  • 煩わしい設定が不要ですぐに利用が可能。
  • ECショップやホームページ作成など連携できるサービスが豊富。
初期費用0円
料金プラン月額88円〜
主な機能都道府県型ドメイン、ドメイン移管、Webサイト作成、オンラインショップ作成、ホームページ作成など
導入社数4,000,000社以上
導入企業株式会社成城石井、株式会社やまやコミュニケーションズ、株式会社スペースシャワーネットワークなど
サポート体制の有無

6.アルファメール/大塚商会

アルファメール
アルファメール/アルファメール2 会員サイト

  • 無料でドメイン取得ができ追加料金なしで利用が可能。
  • スマートフォン、パソコン用のホームページ作成機能まで完備。
  • 大容量ディスクで従業員の多い企業にも対応が可能。
初期費用5,000円
料金プランアルファメールプレミアム:月額4,180円〜
アルファメール2:月額3,080円
アルファメール2コンパクト:月額1,540円
主な機能管理者機能ページ、DNSレコード設定、ホームページ簡易作成機能、アクセス制限、アクセス統計など
導入社数株式会社タナチョー、株式会社土井志ば漬本舗、株式会社ワイ・デー・ケー九州など
導入企業要問い合わせ
サポート体制の有無

7.ConoHa VPSメールサーバー/GMOインターネットグループ株式会社

ConoHa VPSメールサーバー
VPSならConoHa|登録者数55万アカウント突破 – 期間限定キャンペーン実施中

  • 簡単3ステップですぐに始められる。
  • 直感的に使える操作手順が簡単なコントロールパネルがある。
  • 種類豊富なテンプレートがありニーズに合わせて利用が可能。
初期費用0円
料金プラン512MB:月額751円
1GB:月額1,065円
2GB:月額2,033円
4GB:月額3,969円
64GB:月額59,290円
(36ヶ月の場合)
主な機能テンプレート、コントロールパネル、DNSサーバー、API、オブジェクトストレージなど
導入社数要問い合わせ
導入企業株式会社イーシー・ライダー、C Channel株式会社、鈴与シンワート株式会社など
サポート体制の有無

8.CPI 共用レンタルサーバー/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

CPI 共用レンタルサーバー
共用レンタルサーバー | レンタルサーバーならCPI

  • 自動バックアップや復元もワンクリックで簡単操作。
  • サーバーを分けて運用することでトラブルを最小限にできる環境。
  • 導入前後のテクニカルな相談も手厚いサポートがある。
初期費用0円
料金プランシェアードプラン
12ヶ月契約;月額4,180円
6ヶ月契約:月額4,510円
3ヶ月契約:月額4,840円
主な機能WAF機能、無制限転送、データベース、CMSインストーラー、移転サービスなど
導入社数要問い合わせ
導入企業株式会社コーセイカン、株式会社フラットコード、株式会社コミュニティコムなど
サポート体制の有無

9.WADAX/GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社

WADAX
メールサービス | サービス | レンタルサーバーのWADAX

  • サーバーを常時監視し、万が一のトラブル時にも早急に対応できる体制がある。
  • NO! と言わない土日祝も充実したサポート環境。
  • アフェリエイトプログラムも同時利用が可能。
初期費用3,300円
料金プランスモール:月額1,100円
ミドル:月額2,200円
ラージ:月額5,500円
主な機能コントロールパネル、迷惑メールフィルター、セキュリティ対策、ウイルスチェック、自動応答メールなど
導入社数要問い合わせ
導入企業ビタクラフトジャパン株式会社、株式会社サンテレビジョン、株式会社マーズスープなど
サポート体制の有無

10.Xserver Business/エックスサーバー株式会社

Xserver Business
法人・企業様のニーズに特化したレンタルサーバー【Xserverビジネス】

  • 高いハイスペックなサーバー機器を使用し安定して稼働が可能。
  • ホームページ作成など無料サービスが豊富。
  • 予算や機能などニーズに合わせて選べるプランが柔軟性。
初期費用共有サーバー:16,500円
マネージド仮想専用サーバー:55,000円
マネージド専用サーバー:220,000円〜
料金プラン・共有サーバー
スタンダード:月額3,762円
プレミアム:月額7,524円
エンタープライズ:月額11,286円

・マネージド仮想専用サーバー
エントリー:月額19,800円
ミドル:月額39,600円
ハイエンド:月額79,200円

・マネージド専用サーバー
エントリー:月額29,700円
ハイエンド:月額55,000円
ハイエンド+:月額60,500円

(36ヶ月契約の場合)

主な機能無制限転送、データベース、オリジナルCGI、Webサイト高速化、アクセス解析など
導入社数180,000社以上
導入企業日本鋳造株式会社、JAバンク大分、ファンタジーリゾートなど
サポート体制の有無

11.ヘテムル/GMOペパボ株式会社

ヘテムル
レンタルサーバー|超高速オールSSDのヘテムル

  • 大容量・高速バックボーンに接続されたサーバーで快適な稼働を実現。
  • プラン1種のみだが、必要な機能が揃う運用の柔軟性。
  • 1つのサーバーで独自ドメインを無制限に管理が可能。
初期費用0円
料金プラン月額1,100円〜
主な機能無料独自SSL、マルチ・サブドメイン、データベース、設定代行、自動バックアップなど
導入社数要問い合わせ
導入企業YUSUKE NAKAMURA、株式会社ピクルス、ウッドスタイルプランニングなど
サポート体制の有無

12.iCLUSTA+/GMOインターネットグループ株式会社

iCLUSTA+
法人向けレンタルサーバー|GMOクラウドのiCLUSTA+

  • 広帯域・低遅延のバックボーンに接続した国内データセンターを完備し安定した稼働を実現。
  • ワードプレスなど人気アプリの利用も可能。
  • 複数のサイト運営が可能。
初期費用0円〜5,500円
料金プランミニ:月額1,027円〜
レギュラー:月額1,155円〜
プロ:月額1,947円〜
主な機能データベース、スケールアップ、サーバー管理パネル、DNSサーバー、マルチドメインなど
導入社数要問い合わせ
導入企業聖徳学園中学・高等学校、ハタラク、三陸鉄道株式会社など
サポート体制の有無

13.Xseverレンタルサーバー/エックスサーバー株式会社

Xseverレンタルサーバー
エックスサーバー|高速・安定の高性能レンタルサーバー

  • 1台当たり1千万円を超える最新の商用サーバー機器を利用できる。
  • 高速化技術を導入したサーバー環境。
  • WAF搭載など柔軟した機能がある。
初期費用0円
料金プランスタンダード:月額990円〜
プレミアム:月額1,980円〜
ビジネス:月額3,960円〜
主な機能無制限転送、無料独自SSL、データベース、RAID構成、セコムセキュリティ診断など
導入社数要問い合わせ
導入企業株式会社センチュリー21ジャパン、アールビバン株式会社、中村農園など
サポート体制の有無

14.Google Workspace(旧:Google Apps for Business)/Google

Google Workspace(旧:Google Apps for Business)
ビジネスアプリとコラボレーションツール | Google Workspace

  • 仕事に必要な機能を完備し一元管理が可能。
  • 連携作業が簡単にできる。
  • エンドポイント管理がありデータの安全性を維持できる。
初期費用要問い合わせ
料金プランBusiness Starter:月額680円
Business Standard:月額1,360円
Business Plus:月額2,040円
Enterprise:要問い合わせ
主な機能共有カレンダー、会議スケジュール、ビデオ会議、画面共有、共同編集など
導入社数要問い合わせ
導入企業森ビル株式会社、株式会社帝国ホテル、J.フロント リテイリング株式会社など
サポート体制の有無

15.Microsoft 365/日本マイクロソフト株式会社

Microsoft 365
Microsoft 365 の紹介 | Office アプリ、クラウド サービス、セキュリティの統合

  • Word、Excel、PowerPointの利用も可能。
  • メール・予定表など1つにまとめて管理が可能。
  • 企業向け仕様のセキュリティ保護がある。
初期費用要問い合わせ
料金プランBusiness Basic:月額750円
Business Standard:月額1,560円
Business Premium:月額2,750円
Apps for Business:月額1,030円
主な機能データ暗号化、ウイルス自動無効化、予定表、データ収集、検索機能など
導入社数要問い合わせ
導入企業あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社 資生堂、サントリー株式会社など
サポート体制の有無

メールサーバーを検討するときの3つのポイント

メールサーバーを選ぶ際は、以下のポイントを基準にして選定しましょう。

  • 性能と価格を確認する
  • ビジネスに役立つ機能を確認する
  • サポート体制を確認する

それぞれ解説します。

ポイント1. 性能と価格を確認する

メールサーバーの価格帯はさまざまです。価格に比例して性能が高くなるため、必要な性能レベルと価格のバランスが取れたメールサーバーを選ぶことが大切です。

まずは、必要な容量を見積もりましょう。容量を超えて使用すると、メールを受信できなくなる可能性があります。メールサーバー会社によっては、足りなくなると追加出来るプランもあるので、あわせて確認してみてください。

また、メールアドレス数のことを意味する「アカウント数」も確認が必要です。無制限のものも多いですが、容量に見合わない数のアカウントを作りすぎてしまうと、運用に支障が出てしまうため、自社の必要数を把握しましょう。

ほかにも、一つのサーバー契約でドメインを複数使いたい場合は、マルチドメインの個数のチェックも忘れないでください。

参考:【2020年最新】メール専用のレンタルサーバー7社徹底比較【ビジネス・個人】|メールサーバーNAVI

ポイント2. ビジネスに役立つ機能を確認する

メールサーバーには、ビジネスに欠かせない機能や、あると便利な機能が搭載されているものがあります。あらかじめ自社に必要な機能を確認しておきましょう。

例えば、添付ファイル自動暗号化・メール誤送信対策・パスワード有効期限設定などは、ビジネスで重宝しそうな機能です。ビジネス上のメールには高レベルのセキュリティが必須となるので、ウイルス対策や迷惑メールフィルタ、暗号化などの有無を最初に見ておきましょう。

また、ビジネスにおいては、サーバーの安定性も見落とせないポイントです。サーバーの動作が不安定になったり停止してしまうと、メールの送受信ができなくなります。そこで必ず、年間を通してサーバーが正常に稼働している割合を意味する「稼働率」を確認しましょう。稼働率が高いほど、可用性・信頼性の高いサーバーであるといえます。

パソコンやモバイル端末との連携にも注目しましょう。さまざまなデバイスからメールや連絡先などにアクセスできると、仕事をスムーズに進められます。プランによっては、OS自体のメール機能やアドレス帳などと同期が可能で、各端末の機能をそのまま利用出来るものもあります。

加えて、「メーリングリスト機能」もメルマガの発行などに役立つので、ビジネス利用の際には確認したい項目です。使いたい機能をリストアップした上で、メールサーバーを選定してみてください。

参考:メール専用レンタルサーバーおすすめ比較(個人~法人向けまで)|ビズサバ
   【2020年最新】メール専用のレンタルサーバー7社徹底比較【ビジネス・個人】|メールサーバーNAVI

ポイント3. サポート体制を確認する

メールの送受信に不具合が起こるとビジネスが滞り大きな影響が出てしまうため、サポート体制が整った会社を選ぶことも大切です。トラブルにいつでも対応出来るよう、サポートは24時間365日体制の会社が望ましいでしょう。

電話やメールでの相談は便利ですが、いきなりサポートに問い合わせることは少ないはずです。まずは、ホームページのマニュアルヘルプやFAQ(よくある質問)を参照することが多いので、その見やすさや情報量などもチェックしておきましょう。メンテナンス情報や障害情報が掲載されている場合もありますので、確認してみてください。

また、会社によっては、ホームページ上で質問に答えることで、自らトラブル診断できるシステムが準備されていることもあります。こちらも、効率よく自力で問題を解決出来るので、あると便利です。

参考:おすすめクラウドサーバー厳選5つを比較!知っておきたい選ぶときのポイントも紹介
   本当に初心者に向いているレンタルサーバーの選び方とおすすめ3選|ビズサバ


まとめ

本記事では、法人向けメールサーバーのおすすめと選び方のポイントを紹介しました。

法人向けメールサーバーを自社に導入する場合、以下のポイントを基準に選びましょう。

  • ポイント1. 性能と価格を確認する
  • ポイント2. ビジネスに役立つ機能を確認する
  • ポイント3. サポート体制を確認する

本記事を参考に、自社の課題にあった法人向けメールサーバーを探してみてはいかがでしょうか。

【導入社数1,900以上】月額5,000円~利用できるメール配信システム『Cuenote FC』

参考にしたサイト

【2023年】メールサーバーおすすめ7選を徹底比較!個人・法人向けから選び方まで解説
おすすめの法人向けメールサーバー5選!料金・アカウント数、マルチドメイン数などを比較 | LISKUL
法人向けクラウドメールサービス比較13選。タイプ別の選び方|アスピック
【2023年】法人向けレンタルサーバーのおすすめ人気ランキング13選 | mybest
法人・個人向けメールサーバー9社を比較!おすすめメールサーバーも紹介 | サイト引越し屋さん
【2023年最新】メールサーバー8選徹底比較【法人・個人】 – メールサーバーNAVI
個人・法人におすすめメールサーバー比較!アカウント作成数などから考える専用プランの選び方 | 【2023年最新】100社レンタルサーバー比較
【2023年最新】メールサーバー8選徹底比較【法人・個人】 – メールサーバーNAVI
メール専用レンタルサーバーおすすめ比較(個人~法人向けまで) | ビズサーバー
【安定&定番】法人向けおすすめレンタルサーバーの紹介(2023年4月)