【2021年最新】決済代行サービスのおすすめ会社20選を徹底比較!選び方のポイントも解説

決済代行サービスとは、企業がクレジットカードなどの様々な決済システムを導入する際に、各決済機関の間に立ち、審査や手続き・売上金の管理を代行してくれるサービスのことです。 決済代行サービスを利用すれば、1つの契約で短期間かつ簡単に、クレジットカード決済や電子マネー決済・QR決済などの幅広い決算手段に対応することができます。キャッシュレス化がぐんと進むうえ、売上金の一元管理が可能になるので、業務負担や人的コストを減らせます。 決済代行サービスを検討する場合、

  • カード決済だけでなく、電子マネーやQR決済も導入したい
  • 実店舗とオンライン店舗両方で使いたい
  • 海外への販売やインバウンドにも対応したい

など、要望もさまざまで自社にあった決済代行サービスを探すのは大変です。 そこだ今回は、決済代行サービスを選定する際にチェックすべきポイントのほか、おすすめの会社21選の料金や特徴を整理してまとめました。 なお、本記事では注目度を客観的に判断するために、「決済代行サービス 比較」で検索し、検索上位サイト7個を調査し、各決済代行サービスを登場回数順に並べました。ぜひ参考にしてください。
多様な決済手段を一括導入!決済代行サービス「VeriTrans4G」


クレジットカード決済、口座振替が一括導入!実績多数のオンライン決済代行サービス/株式会社ROBOT PAYMENT


  • 12,000社以上の決済サービス導入実績
  • 自動化にこだわった継続課金/課金プランも自由にカスタマイズ
  • クレジットカード決済、口座振替などがセットでお得
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業毎日新聞社、株式会社 KADOKAWA、国立大学法人 大阪大学、ランサーズ株式会社、株式会社 学研プラス、株式会社プレジデント社、茨城県つくば市役所など
こんな人におすすめ・初めての決済代行サービスなのでしっかり説明して欲しい。
・できるだけ決済に関する作業を少なくしたい。
・急いでいるので、素早く決済サービスを導入でき
・できるだけお得な決済手段を一括で導入したい。

Sponsored by ROBOT PAYMENT

Paygent/株式会社ペイジェント

  • 豊富な決済手段
  • 導入しやすいシステムと多様な利用方法
  • 締日から最短で5営業日で入金
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社中日新聞社、株式会社ディノス・セシール、株式会社あきんどスシロー、一般社団法人日本自動車連盟、松竹株式会社 など

SBペーメントサービス/SBペーメントサービス株式会社

  • 幅広い事業領域における総合提案
  • 豊富な決済サービス
  • 決済とニュースリリース配信・SNSマーケティングサービスのセット提供
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業伊藤忠エネクス株式会社、株式会社日比谷花壇、ブックオフコーポレーション株式会社、ヤフー株式会社 (Yahoo!ショッピング) など141,212店舗(2020年度 6月実績)

Square/Square株式会社

 

  • 1つのアカウントで決済、業務管理、オンライン販売のすべてが揃う
  • 実店舗での販売からオンライン販売まで一括管理が可能
初期費用なし
料金プラン

店頭レジでの決済
■POSレジソフトウェア:Square POSレジ 0円、POSレジ周辺機器:Square Terminal 46,980円、決済手数料:3.25%(Visa、Mastercard、American Express、 Discover、Diners Club International、および交通系電子マネー(PiTaPaを除く)での決済の場合)/3.75%(QUICPay、iDでの決済、手入力決済、ブラウザ決済(Visa、Mastercard、American Expressのみ)の場合)/3.95%(JCBでの決済の場合)
■POSレジソフトウェア:Square POSレジ 0円、POSレジ周辺機器:Square Stand 32,980円、決済手数料:同上
■POSレジソフトウェア:Square POSレジ 0円、POSレジ周辺機器:Square Reader 7,980円、決済手数料:同上

オンラインで決済(決済手数料のみ必要)
■Square オンラインビジネス:3.6% (プレミアムプランの場合、3.3%。ただしJCBの場合、プランに関わらず3.95%)
■Square オンラインチェックアウト:3.6%(JCBのみ3.95%)
■Square ブラウザ決済:3.75%(JCBのみ3.95%)
■保存済みカード情報による決済:3.75%(JCBのみ3.95%)
■Square 請求書:3.25% (JCBのみ3.95%)

カスタムソリューション(決済手数料のみ必要)
■Eコマースでのお取引:3.6%

導入企業藤井製帽、CAMOS TOKYO、NEWPORT、Light(パーソナルトレーニングジム)、ひろこデンタルクリニック など


STORESターミナル(旧:Coiney)/コイニー株式会社

  • 手元に必要なのはスマホだけ
  • 最短3営業日ではじめることが可能
初期費用初期費用なし 端末代:キャンペーン実施中で実質0円(通常販売価格 19,800円(税込))
料金プラン固定費なし クレジットカード:3.24%、3.74%(カード会社により異なる) 電子マネー:3.24% QR:3.24%
導入企業GRILL BURGER CLUB SASA、高尾ビールタップルーム、酒高蔵、UCHU wagashi、和気文具 など

PayPal/PayPal Pte. Ltd.

  • クレジットカード決済に加え銀行決済の受付が可能
  • ペイパルが買い手と売り手を仲介する為、売り手には支払い情報を伝えずに安全に支払いが可能
  • 海外販売やインバウンドにも即対応
初期費用0円
料金プラン0円 他 別途手数料 詳細はHP参照
導入企業会社Linc’well、ピクシブ株式会社、株式会社ヤマダ電機、株式会社ブックウォーカー、Orinoco Peatix株式会社 など

GMOペイメントゲートウェイ/GMOペイメントゲートウェイ株式会社

  • 非対面販売(通販、ECなど)における決済サービス
  • 決済前から決済時・決済後まで、安心・安全な決済環境を構築
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業CCCフロンティア株式会社、株式会社スペイシー、株式会社アデランス、株式会社サダ・マーチャンダイジングリプリゼンタティブ、株式会社メガネスーパー など

  • 与信管理から代金回収まで、掛売りで発生するすべての請求業務を代行
  • 取引先への限度額は最大1,000万円まで設定可能
  • 与信審査は初回のみ
初期費用なし
料金プラン■月額費用:なし ■事務手数料:請求書1件につき100円 ■保証料率:取引金額の~2.9% ※保証料率は取引金額等をもとに決定
導入企業Terra Drone株式会社、株式会社コタム、ワンストーン株式会社、株式会社キャンドゥ、株式会社クオリティー など3500社以上
こんな人におすすめ■請求業務に時間が取られ営業に手が回らない。 ■未回収リスクが不安で新規開拓が消極的になる。 ■掛売り(後払い)希望の取引先を取りこぼしている。 ■新サービス立上げにあたり請求業務に人手を割けない。

VeriTrans4G/株式会社DGフィナンシャルテクノロジー(旧:ベリトランス株式会社)

  • 多様な決済方法に対応
  • 多機能・高セキュアな決済代行サービス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業日本トイザらス株式会社、株式会社アワーズ、株式会社東急ハンズ、株式会社テレビショッピング研究所 など


NP掛け払い/株式会社ネットプロテクションズホールディングス

  • 与信審査から入金管理まで一連の請求業務をすべて代行し、遅延・未払い・貸倒の債権を保証
  • 「銀行振込」「口座振替」「コンビニ払い」の3つの支払い方法に対応
  • あらゆるケースで、代金の100%の支払いを保証
初期費用なし
料金プラン■手数料:取引金額の1.2%〜3.6% ■月額固定費:12,000円~ ■請求書発行・郵便料金:1通あたり190円(税抜)
導入企業株式会社TOOLBOX、株式会社オープンロジ、株式会社ダンボールワン、カクテルメイク株式会社、株式会社タイミー など 導入企業数:2,300社超、累計利用社数:780万社超

zeus(ゼウス)/株式会社ゼウス

  • 豊富な決済サービスで、最適な提案が可能
  • 審査は即日、最短3営業日で決済代行サービスをスピード導入
  • 高機能な売上管理画面で、複数の決済サービスを一元管理
初期費用無料
料金プラン3,000円(個別見積もり可)
導入企業SBIインシュアランスグループ、株式会社ヘルツ、エフイートレード株式会社、株式会社D4エンタープライズ、ホテル日航関西空港 など 導入14,000サイト、提携パートナー400社以上

Airペイ/株式会社リクルートライフスタイル

  • さまざまな決済をiPadまたはiPhoneとカードリーダー1台で対応可能
  • お店の規模や業種を問わず、業界最安水準で利用可能
初期費用カードリーダー代金 18,334円(税別)
料金プラン0円 他 別途手数料 詳細はHP参照
導入企業BOOK LAB TOKYO、株式会社グリーンインテリア、サトウサンプル、吉井医院 など

PAY.JP/PAY株式会社

  • ビジネスをする上で必要な機能を1つのアカウントですべて利用可能
  • 業種や規模に合わせた柔軟な料金体系
  • 国際基準に準拠したセキュリティでクレジットカードを安全に守る仕組みを実現
初期費用要問い合わせ
料金プラン■ベーシックプラン 初期費用・月額費用一切なし クレジットカード決済額が月額250万円以下 ■プロプラン 月額費用1万円。入金サイクルが早くなるプラン クレジットカード決済額が月額250万円超え ※手数料、入金サイクル(締日、支払い日)、提携プランはURL参照
導入企業b-monster 株式会社、合同会社 esa / esa LLC、ROLLCAKE 株式会社、株式会社 フラミンゴ、株式会社 まちいろなど

Stripe/Stripe(ストライプ)

  • 毎月新しい機能が追加される、進化し続けるツールチェーン
  • 十分なテストに基づく信頼性
  • オンライン支払いと対面支払いのどちらにも対応
初期費用要問い合わせ
料金プラン決済成立ごと:3.6%
導入企業数百万社以上

クロネコ掛け払い/ヤマトクレジットファイナンス株式会社

  • 企業間における請求業務をすべて代行
  • 最短5分で与信結果を連絡
  • 面倒な請求業務や入金確認はすべておまかせ
初期費用0円
料金プラン0~10,000円 他 別途手数料 詳細はHP参照
導入企業株式会社歯愛メディカル、キリンホールディングス株式会社、国分首都圏株式会社、株式会社ナニワ商会、株式会社EMC など1200社以上

楽天Pay/楽天ペイメント株式会社

  • 楽天ならではの強力な集客力
  • 導入は無料、最短翌日入金
初期費用導入費用無料 加盟店登録は無料 初期費用はカードリーダーの購入代金 ※キャッシュレス導入キャンペーン 2021年4月30日まで 初期導入費用0円で、クレジットカード、電子マネー決済・アプリ決済を導入可能。 クレジットカード・電子マネー対応カードリーダー 本体価格19,800円(税込価格)
料金プラン【実店舗向けサービス】 決済手数料:3.24%~ 詳細はHP参照 【オンライン決済】 ■データ処理手数料 ■サービス利用手数料 詳細はHP参照 ※決済手数料にはクレジットカード手数料が含まれる ※すべて税抜価格 ※各金額は、2015年6月1日以降の新規申し込みより適用。 ※ショッピングカート、または決済代行サービスを利用の場合、上記料金形態と異なる場合あり。各提携パートナーにて詳細確認要。
導入企業オンライン決済は5,000サイト以上

その他おすすめの決済代行サービス

テレコムクレジット
ペイオニア
マルチペイメントサービス
メタップスペイメント(旧:SPIKE)
三菱UFJニコスEC決済ソリューション


決済代行サービスを検討するときに確認すべき3つのポイント

決済代行サービスの数は多く、どこへ依頼すればよいか迷われる方も多いのではないでしょうか。選定する際に確認すべきポイントを3つおさえておきましょう。

ポイント1. 自社に必要な決算手段を確認する

まずは、自社が対応すべき決算手段を洗い出しましょう。決済の利用シーンが、企業間取引なのか、一般消費者向けなのか、または店舗・ECサイト向けなのかで選択すべき決済手段が異なるはずです。 例えば、ECサイトを運営しているなら、一般的なクレジットカード決済以外に、コンビニ決済や後払い決済に対応できれば、新たな顧客を開拓できるチャンスになり得ます。また、中国をはじめとした外国人観光客を取り込みたいなら、海外決済に対応しているか、決済ページを多言語に設定可能かの確認が必須です。 他にも、不動産会社向け・葬祭事業者向けなど、特定の業界に特化した決済方法を提供している決済代行会社もあります。自社の顧客層に合う決済サービスを確実に取り入れることが、売上につながる可能性もあるので、慎重に検討しましょう。(参考:決済を効率化する請求代行・決済代行の基本とサービス6選) なお、複数のサービスで迷った場合は、対応している決済方法・決済会社の数が多さで判断することがおすすめです。 参考:おすすめオンライン決済代行サービス比較!導入費・手数料・選び方など解説    【最新比較】おすすめの決済代行サービス15選 | 選び方・デメリットは?|起業LOG

ポイント2. 支払手数料や導入時の初期費用は、見積もりを依頼して情報を収集する

初期費用や月額費用についての詳細はホームページに掲載されておらず、都度問合せが必要な決済代行会社が多いのが実情です。システム利用料や売上処理料などの費用が発生する場合もあるので、必ず見積りを依頼してください。適正価格かどうかを判断するために、数社の見積りを比較するのも良いでしょう。 導入費用を安く済ませられても、決済手数料や入金手数料などの確認を怠ると、月々のランニングコストが負担になるので注意が必要です。 また、入金サイクルも必ず確認しましょう。月1・2回の入金サイクルのほか、オプションで入金サイクルを短縮できるサービスを提供している決済代行会社もあります。長期的に利用する場合、資金繰りにも大きく影響しますので、自社に合ったサービスを提供する会社を探しましょう。 参考:決済代行会社の全てを詳しく調査!| 決済代行とは?わかりやすい決済代行会社の徹底比較サイト

ポイント3. 安心して利用できるか、導入実績やセキュリティ・サポート体制から判断する

決済代行会社には、自社の売上金などの情報を渡すことになるので、セキュリティに関する対策が万全かの確認は必須です。その際、各社のホームページで公開されている導入実績社数が、信頼して任せられる会社かどうかを見極めるための指針となります。気になっている会社に、十分な導入実績があるかどうかを確認しましょう。 また、多くの会社がメールや電話によるサポートを行っています。なかには、専門のサポートスタッフが24時間電話で対応するなど、手厚いサポートを提供している会社も存在します。導入時のお困りごとはもちろん、トラブルなどの際にどのようなサポートを受けられるのかも事前に確認してください。 参考:決済代行会社&サービス比較24選|おすすめ業者一覧とシェア・手数料・仕組みと選び方・メリット|OREND


まとめ

本記事では、決算代行サービスを20個紹介しました。

選ぶポイントは、決算手段・導入費用と手数料・セキュリティやサポート体制を目安にすると良いでしょう。

本記事の情報を参考に、ぜひ自社にフィットする決済代行サービスを見つけてください。

多様な決済手段を一括導入!決済代行サービス「VeriTrans4G」