集客できるポスティングチラシとは?配布方法や費用、5つのコツを紹介

集客できるポスティングチラシとは?配布方法や費用、5つのコツを紹介

ポスティングチラシは、直接ターゲットの家のポストにチラシを直接投函することで、認知度向上や集客が期待できる販促手法のひとつです。

実施ハードルが低く、配布した当日に目に留めてもらえる場合が多いため反響が得やすいことがメリットです。

しかし、予算に応じた配布方法や告知内容をしっかり検討しないと、思うような効果が得られません。

そこで本記事では、ポスティングチラシの配布方法や費用、集客効果を高めるための5つのコツ、トラブルにならないために最低限押さえておくべき4つの注意点を解説します。

この記事を読めば、ポスティングチラシの具体的な配布方法がわかるだけでなく、集客効果を高めるコツを押さえて失敗しない施策を実施することができます。

※本記事はヤマトダイアログ&メディア株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


ポスティングチラシは自社でやるか、業者に任せるかの2択

ポスティングチラシで集客を始める方法は、大きく分けて自社でやるかポスティング業者に任せるかの2つです。

ポスティングチラシは、チラシの制作と配布の作業工程に分けられますが、これらを全て自前で行うのか、あるいは全て外部に委託するかは、メリットやデメリットを検討して決定します。

もちろん、チラシの制作までは自社で行い、配布作業のみポスティング業者に委託するといったことも可能です。

自社で全てやる場合は、配布するために必要な人件費は自社でまかなうと考えれば制作費以外に不要となりますので、コストを重視したい時に向いています。

チラシのデザインにこだわりがあって、チラシは自社で制作したいが、配布の労力はかけられないといった場合は、配布のみ専門業者に委託すると良いです。

本業以外に時間が取れなかったり、専門的なアドバイスが欲しいといった場合は専門業者に一括委託するのがベストです。

以下にメリット・デメリットも含めて一覧にまとめたので、どの方法がよいか、検討してみてください。

メリットデメリット向いている場合
自社で制作〜配布・配布コストが抑えられる
・手渡し配布ができる

・手間や時間がかかる
・配布枚数に限界がある

・1枚1枚直接丁寧に配布したい
・コストを抑えたい

配布のみ業者に委託

・配布コストが抑えられる・手間や時間がかかる

・チラシのデザインにこだわりがある

業者に全て委託

・広範囲に配布できる
・相談できる
・クレーム対応可
・コストがかかる
・適当に配布される可能性がある

・本業以外に時間が取れず短時間で配布したい
・専門的なアドバイスが欲しい


ポスティングチラシにかかる費用の相場

ポスティングチラシを実施するために、どれくらいの費用がかかるのか、相場を知りたい方も多いと思います。

ポスティングチラシにかかる費用は、チラシの「制作費」と配布に必要な「人件費」です。

自社で全てやる場合は、主にチラシの制作費ですが、業者に任せる場合は配布エリアや配布方法によって費用が変わってきます。

わかりやすくするために、A4サイズのチラシを配布する場合を基準にどれくらいの費用がかかるのか、以下の3パターンにわけ解説します。

  • 自社で制作〜配布する場合
  • 配布のみ業者に委託する場合
  • ポスティング業者に全て委託する場合

自社で制作〜配布の場合

A4サイズのチラシを1万枚を制作するとした場合の費用相場は、4〜8万円です。

  • 仕様:A4片面印刷
  • 部数:1万枚
  • 制作費:4〜8万円(デザイン費:2〜6万円、印刷費:2万円程度)

チラシの制作から配布までを自社で全てやる場合、制作費が必要となります。

自社のスタッフで手分けすれば人件費は削減できるとしても、チラシを制作するための費用は削減不可避です。

なお、制作費の内訳として、デザイン費用の相場感はA4サイズで2万円から6万円といったところです。

また、サイズやカラー、デザイン会社のレベルによっても価格は変動します。

チラシのサイズがA4ではなくA3に大きくなればそれだけ価格は上がりますし、モノクロよりもカラーの方が高くなります。

依頼する制作会社のクオリティやスピードによっても幅があるので、自社の目的に応じた依頼先を検討するようにしてください。

印刷費については、A4サイズの片面印刷を1万枚印刷する場合2万円程度となりますが、こちらも諸条件により価格は変動します。

印刷費もデザイン費用と同様に、紙のサイズが大きいほど価格はあがりますし、モノクロよりカラーの方が価格が高いです。

なお、コート紙(光沢あり)かマット紙(光沢なし)といった紙質や厚さ、印刷枚数によっても変動します。

配布のみ業者に委託する場合

配布のみ業者に委託する場合、費用の内訳としては、主にスタッフの人件費ということになりますが、エリア別や配布方法別で費用の相場が大きく異なります。

以下よりA4サイズ1枚あたりでの費用の相場について、解説します。

エリア別

A4サイズのチラシの場合の費用の相場は、都内なら1枚2円〜7円、それ以外のエリアは1枚3円〜8円です。

1万枚配るとすれば、ざっくりと考えて都内では4万円、それ以外では6万円といったところでしょう。

エリアによって費用に開きがある理由は、家と家が離れている地方や山間部と、住宅が密集しているような都内とでは、一定数を配布するのにかかる時間と手間が違うためです。

A4チラシ1枚あたり例:A4チラシ1万枚配布
都内2〜7円2〜7万円
それ以外3〜8円3〜8万円

配布方法別

A4サイズのチラシの場合の費用の相場は、ローラー配布なら1枚3円〜4円、セグメント配布なら5円〜10円です。

1万枚配るとすれば、相場としてはローラー配布で3万円〜4万円、セグメント配布であれば5万円〜10万円です。

依頼主が指定したエリアにある住宅のポストにくまなく配布する「ローラー配布」よりも、戸建かマンションなど対象を絞って配布する「セグメント配布」の方が、時間と手間がかかる分、割高になります。

それぞれ向き不向きがあるので、以下の表で確認してみてください。

A4チラシ1枚あたり概要向いている場合例:A4チラシ1万枚配布
ローラー配布3〜4円依頼主が指定したエリアの全ての住宅にチラシを配布する方法低予算で大量に早くチラシを配布したいという場合3〜4万円
セグメント配布

5〜10円

戸建て住宅やマンションなどに対象を絞って配布する方法

チラシを無駄なく効率的に配布したい場合

5〜10万円

これらのほか、◯◯市▼▼町の半径1km以内などと配布エリアを細かく指定した場合や、配布期間を指定するなどの場合、1日にポスティングできる数には限界があるので会社によっては追加費用が必要になることもあります。

ちなみに、ポスティング業者の多くは、5000枚から、1万枚からといった最低ロットを設けているのでそれより少ない枚数は受け付けてくれません。

自社で対応するか、ある程度の枚数を配布することを想定して予算を立てるようにしてください。

参考:ポスティングの平均費用と料金相場【2022年完全版】|アイミツ
   【2022年版】ポスティングの費用相場とは?依頼したいポスティング業者も紹介

ポスティング業者に全て委託する場合

チラシの制作から配布までを全て業者に委託する場合は、配布費用と制作費用がかかることになります。

A4サイズのチラシの場合、デザイン費は2万円〜6万円前後、印刷費は1枚あたり2円〜3円前後です。

ただし、「エリアマーケティングに強い」「効果測定や分析をしてくれる」など、業者によって特徴や強みが異なるため、費用には幅があります。

いくつかの会社に見積もりを取って確認してみることをおすすめします。

例えばヤマトダイアログ&メディア株式会社は、「ニーズに応じた配達仕様のカスタマイズ」「効果検証やデザイン制作などの付加価値」「クロネコヤマト品質の管理体制」などの特徴があります。

まずはこちらの資料をご覧ください。無料でダウンロード可能です。

資料:ヤマトグループのポスティングサービス

参考:ポスティングの成否は業者選びで決まる!今すぐ最適の業者を選ぶ方法 | LISKUL


ポスティングチラシで集客効果を高める5つのコツ

ポスティングチラシを作ったはいいものの、最終的に集客ができなければ意味がありません。

ここからは、ポスティングチラシを使って集客効果を高めるための5つのコツを紹介します。

  1. ターゲットを集客目的を明確にする
  2. 競合店がどのような販促を行っているかリサーチする
  3. 業種別に効果の高い曜日に配る
  4. 午前から13時前に配る
  5. 視覚的にメリハリのあるレイアウトにする

1.ターゲットと集客目的を明確にする

まず1つ目のコツは、ポスティングチラシを使って、誰に向けてどのような行動をとってもらいたいのかというふうに、ターゲットと集客する目的を明確にすることです。

主婦なのかシニアなのか、男性か女性かなどの具体的な属性や、新規なのかリピートなのかなど顧客との関係性をはっきりと設定することで、訴求するべき内容も固まります。

参考:ポスティングの反響絶大!地域集客効果を高める7つのポイント|イイチラシ.biz
   ポスティングの反応率(反響率)はどのくらい?反応率を高めるポイントとは? | ラクスルマガジン

具体的には、以下の3つのステップを踏めばOKです。

  1. ターゲットを明確にする
  2. い何を伝えたいかを明確にする
  3. う内容に付加価値をつける

1.ターゲットを明確にする

ポスティングするチラシを「誰に」読んでもらいたいかを具体的にイメージします。

それによって、チラシを制作する際に使うフォントやカラーといったデザインの雰囲気や内容が固まっていきます。

例えば、新規開店する整骨院であっても以下のようにターゲットが変わると打ち出す内容も変わってきます。

A.郊外の住宅地に住む50代の主婦
B.駅に近い都市のマンション一人暮らししている40代男性ビジネスマン

Aの人をターゲットにすれば、家事や家族のケアで苦労する日常がイメージでき、そこに役立つサービスや情報で魅力を感じてもらうことができるでしょう。

Bであれば、働きざかりで時間がない中、いち早く効果が実感できる体験を求めているかもしれません。

このように、まず自社のサービスをどのターゲットに向けて打ち出すのか決定することが第一歩です。

2.何を伝えたいかを明確にする

ターゲットが決まったらその次は、何を伝えたいかを明確に決めます。

伝えたいことが決まれば、チラシで最も目立たせるべき内容が決まります。

例えば先ほどの事例、Aの50代主婦であれば「通いやすく親しみやすい」ことをメインに打ち出すとか、Bのビジネスマンであれば「仕事帰りに15分で実感」といったふうに、何を軸足にするかがポイントです。

3.内容に付加価値をつける

伝えたい内容が決まったら、最後は内容に付加価値をつけます。

このチラシは捨てるともったいない、自分にとって価値があるものだと思ってもらうようにすることで、相手に自社をより強く印象付けることができます。

例えば、オフクーポンやドリンク1杯無料などです。

先ほどの例だと、1回体験無料とか、来店者に特典などつけてもよいでしょう。

2.競合店がどのような販促を行っているかリサーチする

集客できるポイントの2つ目は、顧客や競合店をあらかじめ調べ、どのような販促を行っているのかリサーチすることです。

ポスティングチラシを配布しようとしているエリアにどんな競合他社があり、同じようなチラシを配布したりしていないかどうかなどを調べます。

もし同様の販促を行っているような場合は、配布方法やチラシの内容、自社のサービス内容などの差別化を図る必要があります。

せっかくのチラシが無駄になってしまうことがないように、事前のリサーチを行ってください。

3.業種別に効果の高い曜日に配る

集客効果を高める3つ目のコツは、業種別に効果の高い曜日に配ることです。

流通、サービス、教育など業種別に効果的な曜日が違いますので、ご自分の事業を確認してみてください。

流通業金曜、土曜が中心。平日は火曜と水曜
サービス業金曜、土曜を中心に平日も可
教育・教養月曜、火曜、水曜
金融・保険火曜〜木曜
不動産土曜
メーカー月曜〜木曜
その他日曜

流通業

スーパーなどの小売業、通信販売などの小売専門店といった流通業の配布曜日の狙い目は、消費者が休みに入る直前の金曜日と土曜日です。

業界全体では、平日の配布は火曜日と水曜日を選ぶ傾向があります。

サービス業

外食産業や宅配業などのサービス業は、流通業と同様、金曜日と土曜日の配布が向いています。

平日の場合でもまんべんなく配布して問題ありませんが、流通業のチラシ配布が多くなる火曜日と水曜日は、他のチラシにまぎれやすくなるため避けたほうが無難です。

教育・教養

学習塾や自動車学校などの教育関係の場合、週の初めに配布するのが良いです。

レジャー気分が盛り上がる土曜日と日曜日には配布を避けます。

金融・保険

教育関係と同様に、土曜日や日曜日の配布は避け、堅実的な意識が高まると言われる火曜日から木曜日の配布が効果的です。

ただし週末に開催するイベント告知などの場合は、土曜日に配布する方がベターです。

不動産

住宅やマンションといった不動産のおすすめ曜日は、土曜日・金曜日です。

物件の内覧会は基本的に土曜日と日曜日に行われることが多いため、その直前に配布するのが良いです。

メーカー

食品や化粧品などのメーカー業界は、月曜日から木曜日が効果的です。

土曜日と日曜日は休日の企業が多いため、問い合わせなどにすぐ対応できないからです。

平日にまんべんなく配布し、週末にかかる金曜日はチラシ配布を控えたほうが良いです。

その他

官公庁やインターネットプロバイダなどの業界は、日曜日が良いです。

日曜日であれば、情報量の多い内容をじっくりと読んで検討してもらいやすくなります。

参考:ポスティングに効果的な曜日!データを元に業種別の最適な曜日を解説|株式会社DEAL

4.午前から13時前に配る

コツの4つ目は、午前から13時前に配ることです。

新聞購読していない世帯も帰宅時にポストを確認するため自然と目に留まりやすくなります。

一方、新聞の朝刊や夕刊の配布時間帯は、新聞に埋没してしまう可能性があるため避けるのが無難です。

この時間帯以外であれば、ターゲットが自宅へ戻り、ポストの中身をチェックするタイミングに合わせられればベターです。

参考:ポスティングに最適な時間帯と避けるべき時間帯をデータを基に解説|株式会社DEAL

5.視覚的にメリハリのあるレイアウトにする

5つ目のコツは、ポスティングチラシを視覚的にメリハリのあるレイアウトにすることです。

具体的には以下の5点を抑えることが必要です。

  1. コピーは紙面の3分の1以上の大きさ
  2. 読み手の視線の動きを意識する
  3. 文字フォントの利用は3種類まで
  4. チラシのメインカラーは3色に抑える
  5. 魅力的な写真やイラストで興味喚起する

視覚的にメリハリのあるポスティングチラシレイアウト

以下の記事では、効果を高めるレイアウトやデザインについてさらに詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

参考:チラシで効果は挙げられる!効果的な集客方法・事例・作成のポイント | LISKUL
   ダイレクトメール(DM)のデザイン例と作成する際のコツ、テンプレートを紹介 | LISKUL


ポスティングチラシでトラブルにならないための最低限の注意4つ

成功するためのコツを紹介してきましたが、最後にポスティングチラシでトラブルに繋がってしまうことのないように、最低限押さえておくべき注意点を4つ解説します。

  • 配布禁止の住居を避ける
  • 20時から深夜には配布しない
  • チラシを濡らさない
  • 信頼できる業者を選ぶ

配布禁止の住居を避ける

ポスティングの際には、「配布禁止」の住居への投函は避けます。

ポスティングの失敗事例で多いのが、配布禁止の住居への投函でトラブルになることです。

特に、戸建住宅では住宅の敷地内にポストがある際に、住居侵入罪に該当する可能性があるため、そういった条件の場合は投函を避けるなど、対応を決めておくようにすると良いです。

20時から深夜には配布しない

20時から深夜の時間帯には、絶対にポスティングしないでください。

この時間帯にポスティングをしていると、不審者と思われてクレームに繋がるリスクがあります。

また周囲が暗い場合に「配布禁止」の表示を見落としてしまう可能性もあります。

ポスティングの時間帯に関する法律はないものの、付随する行動で違法・クレームに繋がる可能性がありますので十分に配慮するようにしてください。

チラシを濡らさない

当然のことながら、ポスティングチラシを濡らさないようにしてください。

チラシが濡れてしまっているとポストの中の他の投函物も濡らしてしまう可能性があります。

配布するのに適した時間や曜日も重要ですが、できる限り、雨の日は配らないようにするのがおすすめです。

信頼できる業者を選ぶ

ポスティングチラシで失敗しないためには、料金の安さだけで選んだりせず、信頼できる業者を選ぶことが重要なポイントです。

業者選びで失敗しないための判断ポイントは、以下の3点です。

  • 地域住居データに詳しいかどうか
  • スタッフの管理体制がしっかりしているかどうか
  • 報告体制が整っているかどうか

地域住居データに詳しいかどうか

ポスティング業者が、該当地域の住居データに詳しいかどうかを確認してください。

どこに配布するのが効果的か、以前に配布した実績や反響の有無を把握していれば、費用対効果が高まります。

経験値だけでなく、住民のライフスタイルや年収などの商圏データをもとに的確な提案が期待できるかも確認すれば、なお良いです。

スタッフの管理体制がしっかりしているかどうか

ポスティング業者のスタッフの教育や管理がどのように行われているか、確認することも必要です。

スタッフによって、配布の状況が違ってしまうとクレームに繋がるリスクがありますので、配布のマニュアルや注意事項が周知・徹底されていると安心です。

また、アルバイト中心なのか、自社スタッフなのかといったスタッフ構成もチェックすると良いです。

教育の行き届いた自社スタッフが対応してくれるなら、効果も期待できます。

報告体制が整っているか

ポスティングチラシを投函した後に、どのような反響があったのかといった報告体制が整っているかも確認してください。

ポスティングを作業として終わらせてしまうのではなく、結果を把握すれば配布方法や配布エリアの選定などの改善や効果検証がしやすくなるためです。

反響率を上げる意識が高い、ポスティング業者を選ぶことが重要です。

以下の記事に、失敗しない業者選びについて詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

参考:ポスティングの成否は業者選びで決まる!今すぐ最適の業者を選ぶ方法 | LISKUL


まとめ

ポスティングチラシで集客を始めるには、「自社でやる」か「ポスティング業者に依頼する」かの2つの方法があります。

チラシ制作から配布まで全て自社で行うのか、一部を業者に委託するかはメリットデメリットを検討して、決定してください。

ポスティングチラシにかかる費用の考え方は、チラシの「制作費」と配布に必要な「人件費」となります。

自社で全てやる場合は、チラシの制作費がかかりますが、業者に任せる場合は配布エリアや配布方法によっても費用が変動します。

ポスティングチラシで効果を高める5つのコツは以下の通りです。

  1. ターゲットを集客目的を明確にする
  2. 競合店がどのような販促を行っているかリサーチする
  3. 業種別に効果の高い曜日に配る
  4. 午前から13時前に配る
  5. 視覚的にメリハリのあるレイアウトにする

また、トラブルを避けるために押さえておきたい最低限のポイントは以下の4つです。

  • 配布禁止の住居を避ける
  • 20時から深夜には配布しない
  • チラシを濡らさない
  • 信頼できる業者を選ぶ

以上を押さえれば、集客効果を高めるポスティング施策を実施することができます。

クロネコヤマト品質のポスティングチラシ「クロネコエリア便」【PR】

本記事ではポスティングチラシでの集客のコツを解説しました。本記事で紹介した通り、ポスティングを業者に依頼するときのポイントは、信頼できる業者を選ぶことです。

ヤマトダイアログ&メディア株式会社が提供する「クロネコエリア便」はヤマトグループの長年の品質管理における知見を基にしたマニュアルや、GPS管理システムによってヒューマンエラーの防止に対策を行っています。

また、クロネコヤマト独自の物流データ(購買志向データ)などを組み込んだ最先端のオリジナルデータベースを活用した、効果的なメディアとコミュニケーションプランの戦略を提案してくれます。

詳しくはサービス資料をご覧ください。

※本記事はヤマトダイアログ&メディア株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。