【2023年最新版】動画編集代行サービスおすすめ15選を比較!選び方も紹介

プロに任せてハイクオリティな動画を作りたいと考え、動画編集代行サービスを探している方も多いのではないでしょうか。

しかし、動画編集の代行サービスは非常に数多くあり、どれを選べばいいかわかりにくいです。クオリティが高い動画制作を依頼するのであれば、代行先は慎重に選びたいものです。

本記事ではおすすめの動画編集代行サービス15選と、失敗しない選び方のポイントについて紹介します。

なお、本記事では重要度を客観化するために、「動画 編集 代行 比較」で検索したとき上位10位までの8個のサイトを調査し、動画編集代行サービスを登場回数順に並べました。ぜひ参考にしてください。

目次


<比較表>動画編集代行おすすめ15社

動画 編集 代行
本記事で紹介している15社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しました。短時間でサービスの比較をしていただけます。

参考:【2023年最新版】動画編集代行おすすめ15社


株式会社フロンティアチャンネル

  • 企画から撮影、運営まで完結できる
  • 補助金・助成金を活用した動画の制作も可能
  • ナレーションの収録、俳優・モデルの手配など、豊富なサービスがある
料金編集:35,000円〜
運営:30,000円〜
企画、撮影:40,000円〜
制作ジャンル・Youtube動画
・サービス紹介動画
・プロモーション映像
・講座トレーニング動画
・ライブ配信
・イベント動画
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・アカウント管理
・コンサルティング
など
納期目安2週間〜
実績数300社以上

モバーシャル株式会社

モバーシャル株式会社

  • 独自の制作フローと動画のパッケージ化により、低価格で制作が可能
  • 設計から運用まで手厚いフルサポート
  • 著作権権利や配信期間管理など、権利トラブルにも強い
料金要問い合わせ
制作ジャンル・動画制作
・動画広告
・YouTube運用
・パーソナライズビデオ
・ライブ配信
・ドローン
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・広告
・マーケティング
など
納期目安要問い合わせ
実績数18,000本以上

Crevo株式会社

  • 多言語対応で、海外向け動画の作成が可能
  • キャスティングや、スタジオの手配が可能
  • 制作進行を独自システムで管理するため、制作工数を大幅に削減
料金シンプル:〜490,000円
ストーリー性をもたせる:500,000円〜
表現性をつける:1,000,000円〜
とことんこだわる:3,000,000円〜

4プランあり。
プラン名はなし。

制作ジャンル・YouTube広告
・デジタルサイネージ
・マニュアル、HowTo
・サービス紹介
・テレビCM
・採用、リクルート
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・広告
・ドローン撮影
など
納期目安1ヶ月〜2ヶ月
実績数7,000本以上

株式会社フラッグシップオーケストラ

株式会社フラッグシップオーケストラ_

  • 独自の効果測定により、費用対効果が高い
  • 目的に合わせたオーダー型サービスの為、イメージ通りの制作が可能
  • 大量生産・短期の納品が可能
料金20,000円〜
制作ジャンル・コンテンツ企画
・動画マーケティング
・動画広告分析
・視聴データ
・クローズド配信
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・マーケティング
・アニメーション
など
納期目安要問い合わせ
実績数要問い合わせ

株式会社LOCUS

株式会社LOCUS

  • 信頼と実績があり、リピート率は70%以上
  • 厳選したクリエイターにより、表現力の幅が広い
  • 固定費を大幅削減し、制作費用のコストダウンを実現
料金要問い合わせ
制作ジャンル・商品、サービス紹介
・ブランディング
・プロモーション
・Web動画広告
・採用、教育動画
・HowTo、マニュアル
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・ナレーション
・DVD制作
など
納期目安要問い合わせ
実績数15,000本以上

株式会社メディアエクシード

株式会社メディアエクシード

  • 自社メディアや自社プロダクトを研究し、常に新しい戦略を分析している
  • 市場調査を徹底し、目的に応じた方向性や企画を的確にサポート
  • メディアやSNSの活用など、豊富にサービスがある
料金・YouTubeサポートパック
初期費用:165,000円
撮影:66,000円
編集:44,000円

・オプション
サムネイル:16,500円〜
オープニング動画:11,000円〜
エンディング動画:22,000円〜
その他Web参照

制作ジャンル・サジェスト対策
・SEO対策
・SEM対策
・ホームページ制作
・動画制作
・コンサルティング
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・YouTubeチャンネル設定
・トレンド調査
など
納期目安要問い合わせ
実績数要問い合わせ

株式会社VIDWeb

株式会社VIDWEB

  • 世界中から選定された1,500名以上の映像クリエイターが在籍
  • 業界最高水準の品質と、コストパフォーマンスに優れたサービス
  • アニメーション、3DCG、VRなど多様な表現法を活用できる
料金広告動画:500,000円〜
商品、サービス紹介:300,000円〜
展示会向け動画:400,000円〜
新卒、中途採用:500,000円〜
その他Web参照
制作ジャンル・商品、サービス紹介
・会社、企業紹介
・新卒、中卒採用
・研修、教育
・マニュアル、HowTo
・イベント、展示会
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・海内撮影、ロケ
・マーケティング
など
納期目安1ヶ月〜2ヶ月
実績数4,000本以上

株式会社NOKID

株式会社NOKID

  • アニメーションやマンガを利用した動画の制作ノウハウが豊富
  • 原作調達、シナリオ化、ネームなど制作に必要な工程をワンストップで対応
  • 実力の保証されたクリエイターにより、品質だけでなくスピーディーさも確約
料金要問い合わせ
制作ジャンル・アニメーション動画
・ウェブトゥーン企画、制作
・SNS構築、運用
・PR、集客広告
・クリエイターコラボ
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・ウェブトゥーン制作
・モーショングラフィック
など
納期目安1ヶ月〜
実績数要問い合わせ

株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブ

  • Google Premier Partner Awardsにて、5期連続ファイナリストに選出した実力
  • 潜在層、準顕在層にもアプローチし、より成果が向上する
  • 成果をいつでも確認できるレポートを常に共有している為、運用状況を可視化できる
料金ライト:150,000円〜
スタンダード:400,000円〜
プレミアム:要問い合わせ
制作ジャンル・リスティング広告
・SNS(YouTube、Facebook、Instagramなど)広告、運用
・アプリ広告、運用
・動画制作、運用
・Amazon広告、運用
・ウェブサイト制作
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・プロモーション戦略
・アクセス解析
など
納期目安1ヶ月〜2ヶ月
実績数要問い合わせ

株式会社アップセット

株式会社アップセット

  • 人件費を可能な限り抑えている為、低価格で動画の制作ができる
  • 制作に関わる全ての工程を明確にし、最短で2日納期が可能
  • 制作した映像の活用法までサポート
料金スピード:27,500円〜
スタンダード:88,000円〜
ハイクオリティ:165,000円〜
ブライダル:22,000円〜
制作ジャンル・販促映像、商品PR用映像
・会社案内・企業紹介映像
・商品解説用映像
・Webサイト用CM動画
・式典、セミナー、講演、各種イベント記録動画
・製造工程紹介映像
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・CG、アニメーション
・ナレーション
など
納期目安最短2日〜
実績数要問い合わせ

株式会社サムシングファン

株式会社サムシングファン

  • 18年の活動実績に基づいた制作サービス
  • 動画活用を最大化する戦略をサポート
  • 独自ツールを使い蓄積したデータから、最適なサービスを提案
料金・〜500,000円
・500,000円〜
・1,000,000円〜
・3,000,000円〜
上記4つの料金プラン
企画内容や使用する機材や人材等によって、料金は異なるため要問い合わせ
制作ジャンル・動画制作
・LIVE配信
・マーケティング分析
・リクルート
・SNS広告
・CM、広告
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・ドローン撮影
・スタジオ撮影
など
納期目安要問い合わせ
実績数1,300本以上

株式会社動画制作所

株式会社動画制作所

  • 難しい専門用語は使わず分かりやすいため、初心者でも安心できる
  • SNS動画の他に、ミュージックビデオ・ホストクラブ撮影など多様なジャンルに対応
  • 映像はDVD、Blu-ray制作が可能で、オリジナルパッケージも制作
料金・低予算ビジネスビデオ:100,000円〜
・結婚式、披露宴:78,000円〜
・幼稚園、保育園:2,000円〜
・講演会、セミナー:50,000円〜
・動画編集:5,000円〜
その他Web参照
制作ジャンル・ライブ配信代行
・ZOOMウェビナー配信
・ビジネス動画
・幼稚園、保育園向け、DVD撮影
・舞台、ダンス発表会、DVD撮影
・結婚式、披露宴動画撮影
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・空撮用GPS付マルチコプター
・ナレーション
など
納期目安要問い合わせ
実績数要問い合わせ

株式会社ロックハーツ

株式会社ロックハーツ

  • 企業の目的に応じて、幅広いジャンルに対応
  • 制作費200,000円〜低価格な料金体制
  • 独自の制作フローを確立することで、スピード納品が可能
料金要問い合わせ
制作ジャンル・映像制作
・会社案内
・プロモーション動画
・営業ツール
・求人、リクルート
・商品販促動画
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・検索エンジン活用
・マーケティング
など
納期目安1ヶ月〜
実績数1,000件以上

ムビック

ムビック

  • 企画から納品までトータルサポートする為、目的通りに制作できる
  • ナレーションに関わる台本や適切な配役など、キャスティングが可能
  • 多言語対応が可能
料金映像制作:50,000円〜

・オプション
ナレーション収録:25,000円〜
台本作成:10,000円〜
DVD作成:8,500円
その他Web参照

制作ジャンル・会社、企業紹介
・セミナー、教材
・リクルート
・販促用映像
・展示会
・イベント記録
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・ナレーション
・FLASH制作
など
納期目安要問い合わせ
実績数要問い合わせ

合同会社SENTIC

合同会社SENTIC

  • シネマカメラを用いたハイクオリティな映像
  • DVD・Blu-rayのパッケージ制作・印刷も可能
  • 動画を用いたビジネスソリューションを提案
料金要問い合わせ
制作ジャンル・会社紹介、案内
・商品、サービス紹介
・採用、リクルート
・デジタルサイネージ
・SNS、Web広告
・教育研修、コンテンツ
など
対応範囲・企画
・撮影
・編集
・イラスト制作
・アニメーション
など
納期目安1日〜
実績数要問い合わせ

代行サービスを選ぶ際にまず確認すべき4つのポイント

動画編集を依頼する前に、必ず確認してほしいのが「実績」「得意分野」「見積もりや進捗報告」「アフターフォローの充実」の4つのポイントです。

実績数や取引先の事例などで信頼度を図る

制作実績はクオリティの参考になりますし、実績が多いほど社会的な信頼度が高いです。

代行会社のホームページで、制作した動画を公開しているケースが多いので気になる代行会社のホームページを確認するとよいでしょう。

実際の制作実績を見て依頼を検討するので、もし、掲載していなければ送ってもらうのもひとつの方法です。

代行サービスの得意分野は何か見極める

代行サービスの会社によって得意分野があります。

たとえば「企業PRが得意である」「実写が得意である」「アニメーションやCGが得意である」「海外動画や特殊な動画が得意である」など、動画制作会社によって得意分野があります。

目的に合った求めている技術がある代行サービス会社であるかは、制作の事例などを確認して、得意なジャンルを見極めることが重要です。

事前の見積もりやスケジュールが適切・明確なのか確認する

仕事を依頼する場合は予算があるので、当たり前のことですが、事前に費用と制作内容を提示してもらい、必ず見積もりを書面でもらいましょう。また、見積りの中に何が含まれていて、含まれていないものはあるのか細かく確認しましょう。

あくまでも見積りなので、当初の概算より費用が追加され、予算をオーバーしてしまうこともあります。可能であれば、複数社に見積もりを依頼して比較して決めることをおすすめします。

また、スケジュール管理や進捗報告をもらわないと制作過程でトラブルになる場合もあります。想定されることは、次のようなことです。

  • 動画の種類によって利用機材が増える
  • 作業工数が増えて新たに費用が発生する
  • 予算のオーバー
  • 納期期日が間に合わない

事前に綿密に打ち合わせをして、どのような内容の作業があるのか、情報を必ずもらうようにしましょう。

アフターフォロー・サポートが充実しているか

動画編集後のアフターフォロー・サポートの充実は、制作会社選びの大切なポイントになります。

具体的に「迅速な修正対応」「撮影素材の保守管理」などの記述がある企業は信頼度が高いです。

例えば映像内の年度の更新作業やテロップの差し替えなどを一定期間内で無料あるいは格安で対応してくれる代行先はおさえておきましょう。

また、撮影データ・素材などの紛失時にも早急に対応してもらえるよう、一定期間撮影素材を保守してくれるサービスを選ぶと安心です。


安定したクオリティなら企業に、価格を抑えたい人は個人に編集代行を依頼するのが一般的

動画編集は、代行会社だけではなく、個人で編集代行業をおこなっているフリーランスに依頼するという選択肢もあります。

企業に依頼する場合は、クオリティの安定した動画を依頼でき、規模の大きい物も依頼しやすいです。ただし、費用は個人に比べ高くなります。

一方個人に依頼すると手頃な価格で請け負ってもらえます。しかし、クオリティや制作納期などは属人的で、その人の技術や仕事への向き合い方に依存します。そのため、規模の大きな動画編集を依頼するのは避けるのが無難です。


動画の種類・用途別におさえておきたい代行先選びのポイント

作りたい動画の種類によって、依頼する代行会社はかわってきます。得意分野を見極めて依頼しましょう。動画の種類別の特徴を解説します。

企業のPR・動画広告なら実績の豊富さがとにかく重要

自社のPRや広告目的の動画の場合、クオリティや納期が安定しない個人に任せるよりも制作会社に依頼するのが無難です。特に自社の担当者が動画編集の知見がない場合は個人に依頼するのは避け、制作会社を選択しましょう。

制作会社を選ぶ際には、とにかく実績が豊富かどうかをチェックします。クオリティ面でどの程度折り合いがつけられるのかは目視で確認するのが確実です。

参考:【2022年版】おすすめの動画・映像制作会社38社と選び方を解説

企業のPR・動画広告にかかる相場費用は5万円から100万円

どんな動画を撮影するかによって費用が違ってくるので、費用相場を知るためにも、どんな動画を作りたいか明確にしておきましょう。

動画の費用が分かれているのは、それぞれ撮影する動画によって、だいたいの撮影時間や機材が決まっているからです。

会社紹介の動画であれば、撮影は会社で行い、役者やモデルの起用はしない場合の費用、テレビCMの場合はタレントや役者の起用、撮影場所や衣装、メイクなどの費用が発生するので、動画によって費用は変動します。

動画の目的相場費用
インタビュー5万円
セミナー・イベント撮影20万円
Web用動画撮影30万円
会社紹介・PR動画撮影50万円
テレビCM100万円

「ウェディングムービー」はオリジナル編集をしてくれるサービスを選ぶ

代行サービスは大きく、要望に合わせてオーダーメイドで編集してくれる「オリジナル型」と決まった型に沿って行う「テンプレ型」の2種類があります。

一生の思い出を残すならオリジナル編集で、自分たちの希望も通る編集代行サービス会社を選んだほうがよいでしょう。

結婚式場でムービー制作を依頼できますが、式場提携の業者なので、対応やクオリティでは安心できますが、その分費用が高くなるので、結婚式場以外での代行サービスに依頼をしたほうが経費は抑えられます。

ウェディングムービーにかかる相場費用は2万円から20万円

ウェディングムービーの相場は2~20万のレンジがあります。

動画編集の依頼先相場費用
結婚式場の代行サービスに依頼
・当日撮影
・演出用ムービー
20万円前後
5~8万円
外部の代行サービスに依頼
・当日撮影
・演出用ムービー
10万円前後
2~4万円前後

ムービー制作を外部に依頼するときに注意したいのは、当日撮影する場合、式場への持ち込み料金が発生する可能性があるということです。

式場によっては外部業者の撮影の持ち込み禁止、撮影がNGの場所もあるので、事前に確認する必要があります。

YouTube用の動画は専門の代行サービスを選ぶ

最近では「YouTube用の動画に特化した代行サービス」が増えてきています。YouTube専門の動画代行サービスは、動画の制作だけではなく広告を運用したり、総合的にYouTubeを運用してくれます。

動画作成、編集、広告PR以外に、登録者数の増やし方や「いいね」を増やす方法などYouTube特有のサポートも期待できます。

YouTube動画にかかる相場費用は5万円から100万円

YouTube動画はセットの道具や、編集の工数などによって費用が変動します。

動画の内容相場費用
一般的な動画5万円~15万円
大作・クオリティが高い動画20万円~100万円

とにかく費用をおさえたいならクラウドソーシングを活用

動画編集にかかる費用を抑えたいのであれば、クラウドソーシングの利用がおすすめです。費用を抑えることができれば、並行してほかの施策にも投資ができます。

また、登録者の中にはスキルの高いクリエイターがいることもあります。自身で探していく手間がかかりますが、有能な人材に継続して発注できるようになる可能性があります。

ただし、クラウドソーシングは「どんな動画をつくるか」「どんな方法で制作するか」など、が決まっている場合に利用するのが良いでしょう。そのために必要なリソースが明確になり、不足分を補う形で利用していきます。

クラウドソーシングを利用するなら1本3000円~

クラウドソーシングは制作会社に依頼する場合と比べると、相場が非常に安く、軽微な動画編集であれば1本3,000円程度から依頼できます。

もちろん技術がある方に対してピンポイントで依頼を出す場合はその分費用も上がりますが、制作会社に依頼する場合と比較すると格安と言えます。

ただし、撮影~編集まで対応してくれる方はあまり多くいません。編素材は自社で準備したり、別でフリーランスの方をアサインしたりする必要があります。


まとめ

本記事ではおすすめの動画編集代行サービスと選び方のポイントについて紹介しました。

動画編集の代行サービス会社を選ぶ際は、まず実績がどの程度あるのかを確認することが大切です。実績の多さは信頼度につながります。

そのうえで、スケジュールや費用の見積もりを書面で提示してくれて、進捗の報告を細かく行ってくれるかを確認します。

動画編集代行サービスは種類が多くありますが、得意ジャンル・不得意ジャンルを確認し、自社の目的とする動画が作れるかもチェックしてください。

アフターフォローやサポートが充実していれば、将来的な不安も減らすことができます。

自社のPR動画であれば、制作実績が豊富な企業を中心に選びましょう。ウェディングムービーで品質にこだわるなら、テンプレではなく、オーダーメイドで作ってくれる制作会社がおすすめです。

クラウドソーシングに依頼する場合、進捗管理・ライターとのコミュニケーションなどを自社で行う必要がありますが、費用を抑えつつ、レベルの高いクリエイターとマッチングできる可能性があります。

コメント