Webサービスを成功に導くグロースハック事例と2つの秘訣

photo by Financial Times photos

ここ最近のIT・Web業界において少しずつ浸透してきた「Growth Hack(グロースハック)」。
FacebookやTwitter、Dropboxなど驚異的な成長を遂げたサービスは、このグロースハックを取り入れたことが成功要因の一つだとも言われています。

しかしグロースハックと言われてもイメージが沸かない人がほとんどではないでしょうか?
そこで今回は、グロースハックとはそもそも何のために必要なのか? 具体的になにをすれば良いのかを、実際の成功事例と合わせて紹介したいと思います。

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

Growth Hack(グロースハック)とは何か?

グロースハックはまだ日本でも米国でも明確な定義がないようですが、簡単に言ってしまえば「効果改善を継続的に行い、サービスを成長させるための手法」です。

例えばTwitterでは5~10人フォローしたユーザーは定着率が高いということがデータから分かったので、初回登録時に5人フォローさせるような導線を置きました。その結果、MAU(ある月に1回以上活動のあった利用者の数)が4倍になったそうです。

このようにサービスを改善させるために様々な施策を試し、成果の出た施策を次々とサービスに取り入れて成長させることをグロースハックと呼びます。
20140707_01
参照:Growth Hacking Basics

そして実際にサービスを成長させるために様々な施策を取り入れ、サービス戦略の課題をクリエイティブに解決させる人々をGrowth Hacker(グロースハッカー)と呼びます。

米国ではこのグロースハッカーがスタートアップ企業だけでなく、数多くの企業から求められるような人材となっており、それだけ社会全体においてグロースハックへの需要が高まっていることが分かります。

なぜ今グロースハックが注目を浴びているのか?

注目される大きな要因としてIT・Web業界の特性が挙げられます。
Web サービスやスマートフォンアプリなどのように開発期間が短く参入障壁が低い市場は、競合も非常に多くいます。また、より良いものがあれば、すぐに別のものに乗り換えられてしまうようなライフサイクルの短い市場です。

そのような厳しい環境下では、リリースしたサービスのユーザー行動やデータを見て、コストをかけずに短い期間で仮設の構築と検証を行い、サービスを改善させていくことが非常に重要とされています。
だからこそ、今の時代においてグロースハックという手法が注目されているのです。

成功しているグロースハックの事例

では、具体的にどのようなグロースハックが実際に世の中で行われているのでしょうか?

ここでは、グロースハックの代表的な事例を簡単に紹介します。どのサービスにも共通して言えるのは、小手先の施策を打つのではなく、しっかりとサービスの課題を仮説立てて検証と改善を繰り返していることです。

Dropbox-ユーザ数を1.7億人まで押し上げた手法-

友人招待によるインセンティブ付与で登録率を60%押し上げ、他にもSNS連携やゲーミフィケーションなど独自の施策を打ちつつも、サービスの本質をしっかりと突き、ユーザーを爆発的に増やしてきたDropbox。
グロースハックの事例としては非常に参考になります。
J&B Labo

クックパッド-3年以内400万人を獲得するためのグロースハック-

クックパッドがこれまでに行ってきた様々なグロースハック施策を、スライドで分かりやすくまとめているので、どのような施策を打つべきものなのかが非常によく分かる事例となっています。
Dropboxの施策よりもグロースハックのイメージが掴みやすいかもしれません。
Kato Kyosuke presentations | SlideShare

pixiv-新規会員登録1日1万人を実現したグロースハック-

indexページやログインページの改修を始め、ページ内コンテンツ量の削減やSEO対策など多岐に渡るグロースハック施策によって実際にどの程度のユーザー数が増加したか分かるため、グロースハックによるインパクトを知ることができる良い事例です。
logmi
20140707_02

グロースハックをする上で大事なこと

ここまでグロースハックについての説明をしてきましたが、グロースハックをする上でおさえておくべきこともいくつか知っておきましょう。

(1)単純な「ツール」ではなく「考え方」が重要

グロースハックは確かにサービスをより成長させるためには必要不可欠な手法ではあります。参考にすべきフレームワークもいくつか紹介されていますが、「これをやれば改善する!」という答えは当然ありません。

サービスによって重視すべき点も様々だからこそ、グロースハックを単純なツールとして捉えるのではなく、サービスを改善させるための考え方と捉えておく必要があります。
他社の事例を同じように真似をするのではなく、仮説を持って改善施策を行えるようにしましょう。

(2)フレームワーク「AARRRモデル」

前項目でグロースハックを「考え方」と説明したばかりですが、実際にグロースハックをする上で参考になるフレームワークなので、ぜひこちらのフレームワークも共有しておきたいと思います。
これはユーザー行動の変化を大きく5つに分けた考え方になります。

実際にどのように活用することができるかは、下記スライドで分かりやすく紹介されているのでぜひ確認してみてください。
Plucky, Plucky | SlideShare

グロースハックを始めるには?

実際に自身のサイト・サービスで「グロースハックをするために、何から始めればいいの?」と迷っている方は、まずA/Bテストをすることをおすすめします。
A/Bテストはグロースハックを実践する上で非常に重要な手法です。

A/Bテストは、Webサイトページにおける各要素(トップイメージ、キャッチコピー、アクションボタン、レイアウト)に対して、より効果的なデザイン・文言に変更した複数パターンの比較検証を行う手法です。
小さな改善施策から検証を始めることができるので、グロースハックを始めるのには非常に取っ付き易い施策になっています。

数あるA/Bテストツールの中でも、OptimizelyVisual Web Opti-mizerなどが世界的に活用されています。
他にもplanBCDが新しいA/Bテストツールとして国内で知名度を上げつつあります。

筆者がおすすめしているOptimizelyは、登録後の使用方法までを記事にまとめているので興味のある方はそちらも確認してみてください。
【LISKUL】簡単にA/Bテストができるツール「Optimizely」完全マニュアル

まとめ

いかがでしたでしょうか? ここまで事例を交えつつ、グロースハックをする上で押さえておくべきポイントから導入方法までひと通り紹介してきました。

繰り返しにはなりますが、グロースハックは単純な「手法」でも「ツール」ではありません。グロースハックで成功してきたサービスも仮説を持って施策を行い、ひたすら改善施策を繰り返してきた結果、成功に繋がったのです。

ぜひ、ご自身のサイト・サービスに適した改善施策を考え、実行し改善させていくようなグロースハックを試してみてください。

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!