文章校正など、ブログ記事作成に役立つ無料ツール9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
photo by liquene

photo by liquene

コンテンツマーケティングの取り組みなどで、ブログ記事を書いていると大変なのが文章の校正です。

タイプミスや誤字脱字は信頼を失い、記事の価値を下げてしまいます。

しかし、人の手でブログ記事の校正・チェックをするのは、なかなか大変な作業です。
実はWeb上には、かんたんに文章校正ができるサービスをはじめ、ブログ記事の執筆後のチェックに役立つツールが無料で提供されています。

そこで、本日は私自身も使っていて、便利だと実感している文章校正やブログ記事執筆に役立つツールの中から、Web上ですぐに使える無料のツールを厳選してご紹介します。

これらのツールを活用すれば、文章校正にかかる負荷を軽減し、時間を圧倒的に短縮することができます。

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

日本語のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック
「Enno」

20140515_01
Ennoサイト

「Enno」は、誤字脱字や変換ミスなどの「日本語のあからさまなエラー」を自動でチェックしてくれるツールです。

使い方はとても簡単で、チェックしたい文章を貼り付けてボタンを押すだけです。ユーザ登録も不要です。
ブログ記事アップロード前の表記ミスのチェックを圧倒的に効率化できます。

一度使うと、ブログ記事を書くのに欠かせないツールとなります。

文章の問題点をワンクリックで簡単チェック
「日本語文章校正ツール」

20140515_02
日本語文章校正ツールサイト

「日本語文章校正ツール」は、文章に言葉の間違いや不適切な表現が含まれていないか調べることができます。
このツールも登録不要で、文章を貼り付けてボタンを押すだけで簡単にチェックできます。

先ほどご紹介した「enno」は誤字脱字などの「あからさまなミス」のチェックですが、こちらはもう一歩踏み込んだ文章表現のチェックができます。
精度はまだまだですが、ケアレスミスはある程度防げます。

ブログ記事を書いたら、こちらのツールでチェックしておくことも必須と言えます。

文章の読みやすさ、難易度を測る
「帯2」

20140515_03
帯2サイト

「帯2」は、文章の難易度、読みやすさを推定するツールです。

小学1年から高校3年+大学レベルの13段階で、日本語のテキストの難易度(リーダビリティ)を推定します。文章の難易度は教科書からのサンプルを基準として算出しているようです。

ブログの記事は、「読みやすさ」も大事な要素です。
あまりに難しい文章であると判定された時は、表現や言い回しを易しくする調整をすることも重要です。

形態素解析で文体の特徴を分析
「小説形態素解析CGI(β)」

20140515_04
小説形態素解析CGI(β) サイト

「小説形態素解析CGI(β)」は、文体を分析して「かな:漢字の比率」や「ひとつの文章の長さ」などの傾向について評価してくれるツールです。

本来は小説の文章を解析するためのツールですが、文体についてのコメントはブログ記事の読みやすさ改善の大きなヒントになります。

自分の文章と好きなブログの文章を比較して見るなど、文章力の向上に活用しています。

コピーコンテンツをチェックできる
「影武者」

20140515_05
影武者サイト

「影武者」は、対象となる文章がWeb上に公開されている文章のコピペかどうか判断してくれるツールです。

コンテンツマーケティングを実施している企業では、外部のライターやクラウドソーシングで記事作成を依頼していることもあります。
その際、作成された記事がどこかのサイトのコピペだと、検索エンジンから評価されない上に、指摘を受ければ企業の信頼を失いかねない重大なリスクとなります。

「影武者」は登録が必要ですが、月に10回までは無料で使えます。

コピーコンテンツをチェックできる(2)
「コピーコンテンツチェックツール」

20140515_06
コピーコンテンツチェックツール サイト

「コピーコンテンツチェックツール」も、「影武者」同様にコピーコンテンツをチェックできるツールです。

調べたいURLの中から、最大3つまで文書を選択し、その文章をキーにコピーコンテンツの可能性のあるサイト情報を抽出する機能があります。

「コピーコンテンツチェックツール」も登録が必要ですが、1日に5回までは無料で使えます。

キーワードを抽出し、出現頻度を解析する
「EKWords」

20140515_07
EKWords サイト

「EKWords」は、文章からキーワードを抽出して、出現頻度を瞬時に集計してくれるツールです。

用語の統一のチェックやSEOを狙うキーワードの出現頻度の分析に役立ちます。
Web上ではなく、ダウンロードして使うソフトウェアですが、フリーソフトなので無料で登録なしで使えます。

SEOのキーワード分析に役立つ
「キーワード出現頻度解析ツール」

20140515_08
キーワード出現頻度解析ツール サイト

「キーワード出現頻度解析ツール」も、先ほどの「EKWords」と同様に文章中のキーワードの出現頻度を分析するツールです。解析したいURLを入力してボタンを押すだけで分析できます。もちろん無料です。

キーワードの出現頻度を見ることで、自分の記事が検索エンジンにどのようなテーマで認識されるのか、おおまかな傾向がつかめます。
意図しないキーワードの出現頻度が高い場合には文章を調整するなど、検索エンジンの上位表示を狙う際に参考になるツールです。

リンクチェックに役立つ
「発リンクチェックツール」

20140515_09
発リンクチェックツール サイト

「発リンクチェックツール」は、ページ内の「発リンク」、すなわち「外に向かって貼られているリンク」を抽出して一覧化してくれるツールです。
本来はSEO対策に使われるツールですが、記事アップ後のデッドリンクや誤リンクのチェックに活用できます。

記事中から、いちいちリンクを探し出して、一つひとつチェックするのは大変ですが、このツールを使えば、リンクとアンカーテキストが一覧化されるので、上からクリックしていけばデッドリンクや誤リンクを簡単に見つけることができます。

最後に

文章校正・ブログ記事作成を効率的に進めて「記事の質」を高めることに時間を投下することが重要

企業としてブログ記事を公開していく上で、誤字脱字や変換ミスによる信用の失墜は避けたいことです。
その結果、個人としてブログ記事をいつも書いている方でも、企業として書く際に手間や不自由さを感じている方も多くいらっしゃいます。
そんな中、文章校正や誤字脱字のチェックに多くの時間を取られてしまうと、必然的に記事の質そのものを磨き上げる時間が減っていってしまいます。

ここでご紹介した9つのツールは、文章校正や記事作成の効率化に役立つものばかりです。
ぜひ活用して、ブログ記事執筆に役立ててください。

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.

長谷川智史

LISKUL(http://liskul.com/ )責任者としてオウンドメディア運営に注力するCMO。 挑戦し成長を加速させたい中小・ベンチャー企業をWebマーケの力で支援する仕事をしています。セミナー講師・執筆・取材依頼など受け付けています。
pagetop