おすすめ会計ソフト10選を比較!パッケージ型とクラウド型の特徴・料金・選び方などを解説

「会社の経理業務の手間をどうにか減らしたい」「社員に領収書のルールをいちいち伝えるのが面倒だ」「経費科目を自動で入力してくれれば楽なのに」そう思われる方も多いのではないでしょうか。会計ソフトを導入すれば、これらの悩みを解決でき、自社内の生産性アップにもつながります。

しかし、どんな会計ソフトを選べばいいかわからない人も少なくないはず。今回は代表的な会計ソフトについて、特徴や料金など、気になる項目を比較・紹介します。

参考:おすすめクラウド会計ソフト5選を比較!料金・特徴・個人事業主対応など

なお、重要度を客観化するために既存の会計ソフトを紹介したサイト10個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よく良質な会計ソフトを探すことができます。

※出現頻度が同数の場合は、アルファベット順に掲載しています。日本語名については、ローマ字表記で判断しています。


会計ソフトを検討するときの4つのポイント

ポイント1. 会計ソフトを利用する目的・業務内容を明確にする

一口に「会計ソフト」といっても、決算書の作成を行う「財務会計」を主な目的とするのか、請求書の管理も行いたいのかによって、選ぶソフトが変わってきます。

そのため、まずは「会計ソフトに求めるものは何か」を自社内で話し合った上で、ソフトの細かい選定に進みましょう。事前に目的を定めた上で、ポイント2の検討に移るのがおすすめです。

また、企業の規模によっても選べるソフトは変わります。法人の場合、導入後の運用がスムーズにいくように、自社の社員人数・事業体系に合ったものを選びましょう。個人事業主の場合は、確定申告が画面上で完結する「e-tax連携」の機能が有るかどうかを必ず確認するようにしましょう。

ポイント2. パッケージ型とクラウド型、どちらの会計ソフトにするのかを決定する

会計ソフトには、使用するパソコンへのインストールが必要なパッケージ型と、インストール不要なクラウド型の主に2種類あります。

パッケージ型の会計ソフトの場合、初期費用がかかるものの、月額費用を抑えることが可能になります。利用はインストールしたパソコンで、データはクラウドに保存可能なソフトも増えてきています。

一方、クラウド型会計ソフトの場合はインストールが不要なので、どこからでもアクセスができるという特徴があります。また、連携した銀行口座からの取引を自動登録や仕訳できるので、日々の仕訳にかかる作業時間を短縮したい方におすすめです。また、登録料・利用料無料で期間限定で体験版を利用することもできるので、まずは試しに使ってみるということも可能です。

参考:おすすめの会計ソフト17選|クラウドERP実践ポータル

そのほか、「ERP」という会計ソフトなどの経営に欠かせない業務ソフトを統合した製品もあります。自社の業務効率化を目指している方は、下記の記事を参考にしてみてください。

参考:情報管理に役立つERPとは?│おすすめシステム13選を徹底比較!

ポイント3. 自社に必要なレベルのセキュリティ・サポート体制が整っているかどうかを確認する

会計ソフトのセキュリティやサポートの体制も多様です。まず、「データのバックアップ」機能は必須と考えましょう。中には、ソフト提供会社がデータバンクを保有して、データを非常に安全に保管する体制が備わっているものもあります。

経理や経費の処理だけでなく、社員の給与明細なども管理するのであれば、個人情報を守るための強固なセキュリティを有しているかどうかも確認しましょう。社員だけでなく、顧客の個人情報を扱う場合も同様です。データの流出というリスクを想定しながら、ソフトを選定しましょう。

そのほか、昨今の書類のペーパーレス化にともない、「電子帳簿保存」機能をもつソフトも増えています。会計ソフトの導入を機に、文書保存などの作業を減らしたい企業の方にとっては必須の機能といえます。一部未対応のソフトもあるので、ご注意ください。

そしてサポート体制には、無料の電話・メールサポートのほか、有料での導入サポートや、継続的なオンラインチャットによるサポートもあります。チャットサポートがあれば、社員が直接ソフトのオペレーターに質問できるため、「自社の社員による質問に時間が取られ、本業務に集中できない」という経理担当者の悩み解決につながります。

ポイント4. 初期費用だけでなく、追加で発生する費用を洗い出し予算内のソフトで比較する

会計ソフトは、導入時の初期費用のほか、クラウド型の場合は月額費用が発生することがあります。またソフトによっては、利用するユーザー数に応じて料金が加算される「従量課金制」の料金プランになっている場合もあります。

さらに、パッケージ型・クラウド型のどちらの場合も、ポイント3で説明したセキュリティや保守サポート費などがオプションとして加算されることもあるので、トータルでかかる金額を必ず算出してください。

会計ソフトを一旦導入すると、変更するには労力だけでなく、更なる費用がかかることになります。自社で必要とする機能やサポートを有し、なおかつ予算に合う会計ソフトを慎重に選定することが大切です。


会計freee/freee株式会社

  • スマホアプリあり
  • 導入事業所数は100万事業所突破
  • Macをお使いの方におススメ
初期費用 無料
費用 ◼︎個人向け スターター:月額816円(税抜)、スタンダード:月額1,650円(税抜)、プレミアム:月額3,316円(税抜)
◼︎法人向け ミニマム:月額1,980円(税抜)、ベーシック:月額3,980円(税抜)、プロフェッショナル:月額39,800円(税抜)
BtoB/toC BtoB・toC両方
セキュリティ ■「TRUSTe」の認証取得(個人情報保護第三者認証プログラムのグローバルスタンダード)
■「JPCERT/CC」(情報セキュリティ情報を扱う国内の代表組織)から脆弱性に関する情報の取得と対策を常時行う
サポート期間
オンラインサポート(チャット・メール) チャットサポートあり
電話サポート 20名以下の法人向けに、無料での電話相談あり(〜30分)
PDF・CSV出力 24時間365日(翌営業日対応の場合あり)、約280席のサポートセンター体制あり、Zoomミーティング:導入のリモート指導(訪問指導も可能)
eTaxとのデータ連携 あり
電子帳簿保存 一部対応あり(証憑管理:電子帳簿保存対応)
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 30日間無料でお試し


弥生会計 20 スタンダード/弥生株式会社

  • AIで自動仕訳
  • クラウドに取引データを保存し、顧問の税理士・会計事務所と共有
  • 「あんしん保守サポート」が最大15ヶ月無償または特別価格
初期費用 「あんしん保守サポート」付き初年度優待価格
■セルフプラン付き:39,800円(税抜)
■ベーシックプラン付き:39,800円(税抜)
■トータルプラン付き:49,300円(税抜)
費用 あんしん保守サポート
■セルフプラン:初年度無償、次年度27,200円/年
■ベーシックプラン:初年度無償、次年度34,500円/年
■トータルプラン:初年度9,500円、次年度44,000円/年
BtoB/toC 小規模法人・個人事業主向け
セキュリティ
サポート期間 最大15か月
オンラインサポート(チャット・メール) ベーシックプラン・トータルプランのみメールサポートあり
電話サポート ベーシックプラン・トータルプランのみ電話サポートあり
PDF・CSV出力 PDF
eTaxとのデータ連携 確定申告e-Taxモジュール
電子帳簿保存 対応
オンラインインストール可否 可能
無料体験版の有無 30日間無料体験版あり


マネーフォワード クラウド会計/株式会社マネーフォワード

  • 小規模法人~上場企業やIPO検討中の企業まで対応
  • 税務や申告でお悩みの方にマネーフォワードに詳しい税理士をご紹介
  • 銀行口座、カード、POS等の連携サービスが豊富
初期費用 無料
費用 ■スモールビジネス 月額3,980円(年額の場合35,760円 1ヶ月あたり2,980円)
■ビジネス 月額5,980円(年額の場合59,760円 1ヶ月あたり4,980円)
■バックオフィスサービスとの連携オプション 法人:月額3,980円〜 個人事業主:月額1,280円〜
BtoB/toC 法人向け
セキュリティ 金融機関と同レベルのセキュリティ
サポート期間
オンラインサポート(チャット・メール) あり
電話サポート あり
PDF・CSV出力 PDF
eTaxとのデータ連携
電子帳簿保存 対応
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 1ヶ月間無料でビジネスプラン(月額5,980円)トライアルあり


MJS かんたん!会計/株式会社ミロク情報サービス

  • 科目を選んで金額を入力するだけのかんたん操作
  • 銀行口座やクレジットカードの入出金明細を自動で取り込み
  • パターン化された取引を摘要辞書や伝票辞書に登録できる
初期費用 27500円(税込)
費用 あんしん!サポート
1年間:14,500円(税別)、3年間:39,150円(税別)、5年間:50,750円(税別)
BtoB/toC 小規模法人・個人事業者
セキュリティ
サポート期間 無償サポートは製品登録完了後3ヶ月間
オンラインサポート(チャット・メール) メールサポートあり
電話サポート 無償サポート期間またはあんしん!サポートに加入で受付
PDF・CSV出力
eTaxとのデータ連携 対応
電子帳簿保存
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 30日間無料体験版あり


財務応援R4/セイコーエプソン株式会社

  • 担当者ごとにメニューのカスタマイズが可能
  • 他社製ソフトウェアともスマートに連携
  • 最新の税制改訂情報などをチェックできる「Eiボード」
初期費用 財務応援 R4
■標準価格(税別)Premium:300,000円、Lite+:150,000円
■追加1ユーザー(税別)Premium:150,000円、Lite+:100,000円
■年間保守料金(税別)Premium:38,000円、Lite+:30,000円
■追加1ユーザー(税別)Premium:10,000円、Lite+:10,000円
費用 ネットワーク基本ライセンス料(ネットワーク利用の場合必要)サーバー版100,000円、クライアントユーザー版15,000円
BtoB/toC BtoB(企業向け)
セキュリティ
サポート期間
オンラインサポート(チャット・メール) 遠隔サポート
電話サポート 原則なし
PDF・CSV出力 PDF
eTaxとのデータ連携
電子帳簿保存 対応
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 60日間無料体験あり


会計王/ソリマチ株式会社

  • 30日以内は返品OK
  • 専属スタッフによる15ヶ月の電話サポート
  • 訪問指導サービスや助成金補助金診断ナビなど関連サービス充実
初期費用 希望小売価格40,000円(税抜)
費用 バリューサポート30,000円/年(税抜)
BtoB/toC 個人/中小規模法人向け
セキュリティ ソリマチ安心データバンク
サポート期間 最大3ヶ月(フリーサポート)
オンラインサポート(チャット・メール) メールサポートあり
電話サポート あり
PDF・CSV出力 PDF
eTaxとのデータ連携 オプションであり
電子帳簿保存 対応
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 30日間無料版あり


ツカエル会計/ビズソフト株式会社

  • 導入顧客のリピート率85%
  • マイナンバー運営設定あり
  • 簿記の習熟度によって入力方法を選べる
初期費用 パッケージ版:28,000円(税抜)、ダウンロード版:15,000円(税抜)、乗換・優待版:18,000円(税抜)、+経理:34,000円(税抜)
※ダウンロード版はパッケージ版より安価で、全てのオプション(400円/月)が利用可能(12ヶ月分の利用料金)
※乗換版は、他社ソフトや旧製品をお持ちの方が対象
費用 基本使用サービス料が発生。
■パッケージ版:6ヶ月12,000円~、12ヶ月16,000円~
■ダウントード版:12ヶ月15,000円
ダウンロード版は基本使用サービス料を支払わないと利用不可。パッケージ版は基本使用サービス料を支払わなくても、製品の基本機能はご利用可能だが、オプション機能を使う場合、基本使用サービスとオプション機能の更新が必要。ダウンロード版は製品ご購入から12ヶ月間、パッケージ版では製品のインストール、またはユーザー登録日から6ヶ月間、基本使用サービスおよびオプション機能の無償期間となります。
BtoB/toC 法人・個人事業主
セキュリティ あんしんデータお預かりサービス(基本使用サービスを利用時)
サポート期間 「基本使用サービス(各種サポート」の無償期間は6ヶ月間
オンラインサポート(チャット・メール) 電話やWeb
電話サポート あり(基本使用サービスを契約の場合)
PDF・CSV出力 CSV
eTaxとのデータ連携
電子帳簿保存
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 無料(フリー版・体験版)で「ツカエルシリーズ」が使用可能


わくわく財務会計/株式会社コラボ

  • 財務の状態や損益の状況などをグラフで把握できる
  • 摘要集計表や摘要縦横集計で独自の集計表を作成
  • アップデートやメールサポート無料
初期費用 希望小売価格¥16,500(税込)、エコパッケージ(特別価格)¥13,200(税込)、ダウンロード販売(特別価格)¥12,100(税込) ※クレジット支払いの場合5%還元
費用 追加ライセンス ¥8,800(税込)(+8,800円で事務所と自宅や、事務所の別のパソコンなど購入ライセンス数だけインストール可) ※クレジット支払いの場合5%還元
BtoB/toC 法人・個人事業主
セキュリティ ユーザー管理(アクセス権限管理)、職責に応じた利用範囲設定
サポート期間 販売終了後6ヶ月間
オンラインサポート(チャット・メール) 問い合わせフォームから質問しメールで回答あり
電話サポート 原則なし
PDF・CSV出力 PDF
eTaxとのデータ連携
電子帳簿保存
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 30日間無料体験あり


会計らくだ20/ビーエスエル

  • 現場の税理士の声から生まれた記帳専門の会計ソフト
  • 決算処理は税理士に依頼している法人事業者に最適
  • クラウドストレージを利用した運用が可能
初期費用 標準価格:12,000円+税、ユーザー向け 優待販売あり:BSL製品を利用している方が対象。具体的な価格の記載はなし。
<年間保守サービス>
シングル保守:8,400円+税(7,000円+税)、ダブル保守:10,400円+税(9,000円+税)、トリプル保守:12,400円+税(11,000円+税)
費用 年間保守サービス
シングル保守:8,400円+税(7,000円+税)、ダブル保守:10,400円+税(9,000円+税)、トリプル保守:12,400円+税(11,000円+税)
BtoB/toC 法人(個人事業者には非対応)
セキュリティ
サポート期間 「無償保守サービス」 製品のユーザー登録を行い、登録内容を弊社で確認した日から開始となり、その1年後の月末に終了。
オンラインサポート(チャット・メール) 受付フォーム・Eメール・FAX
電話サポート あり
PDF・CSV出力 PDF
eTaxとのデータ連携
電子帳簿保存
オンラインインストール可否
無料体験版の有無


勘定奉行Jシリーズ 会計編/株式会社オービックビジネスコンサルタント

  • 60日間無料版あり
  • Microsoft Officeとシームレスに連携
  • バックアップしたデータを会計事務所に渡せる
初期費用 2つの購入方法あり
■購入型(パッケージ)製品価格¥80,000、サポートサービス(OMSS)を付ける場合OMSS価格¥40,000/1年
■利用型(年間利用ライセンス)初期登録費用¥20,000 /初年度のみ、年間利用料(OMSS含む)¥40,000/1年
費用 ■OMSS(サポートサービス)40,000円/1年 ※購入型の場合のオプション。利用型の場合はOMSS費用は利用料に含まれる。
■セキュリティBack Upオプション BACKUPオプション、プログラム本体 200,000円 ※ライセンス1年付
■BACKUPオプション ライセンス 50,000円/1年 ※1カテゴリ
■BACKUPオプション 複数ライセンス 100,000円/1年 ※カテゴリ数に制限なし
■OBCストレージ サービス 1GB 58,000円/1年、5GB 200,000円/1年、10GB 320,000円/1年、20GB 540,000円/1年、30GB 760,000円/1年
※利用型(年間利用ライセンス)の場合1年ごとに更新料40,000円必要
BtoB/toC BtoB(小規模法人向け)
セキュリティ 利用者別の権限設定、パスワード・履歴・ログ管理など
サポート期間
オンラインサポート(チャット・メール) Webサポート、リモートサポートあり(遠隔で同じ画面を操作しながら案内ができ、電話やWEBでは分かりづらい問題も早期解決可能)
電話サポート あり
PDF・CSV出力 PDF
eTaxとのデータ連携
電子帳簿保存
オンラインインストール可否
無料体験版の有無 60日間無料体験あり