情報管理に役立つERPとは?│おすすめシステム13選を徹底比較!

企業活動のグローバル化が進み、部門間・企業間、両方での情報管理が重視されています。そんな中、「情報を一元管理するERPを導入したいが、どれを選べばよいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、企業経営の効率化に欠かせないERPパッケージを13個、機能・価格・特徴まで詳しく解説していきます。ERP導入のメリットや、選ぶポイントも解説しているので、ERPの導入を検討している方は、ぜひご一読ください。

なお、重要度を客観化するために既存のERPパッケージを紹介したサイト10個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よくERPパッケージを探せます。


ERPとは

ERPは企業内でばらばらになっている情報を1つのデータベース上に集めて管理するソフトウェア・パッケージです。集めた情報をもとに企業の状況を把握し、経営効率を上げられます。

例えば、企業内に点在している会計、人事、販売などの情報を統合し、一つのデータベース上で経営者が管理できるようになります。

また、今までは担当者が手動でデータを入力して情報を管理していたところを、ERPに任せることで何度もデータを入力する無駄が省け、経営効率化につながります。Enterprise Resource Planning の略で、「統合基幹業務システム」と呼ばれています。

ERPが提供している主な3機能について、以下に記載しました。

会計管理

経営のために必要な情報を集計する機能です。財務管理、一般会計・売掛金管理・買掛金管理などのデータを集計します。

販売管理

商品やサービスの販売計画・販売員管理・仕入れ・受注・在庫・出荷・納品、請求など販売活動について管理をする機能です。

生産管理

計画に基づいて製品がきちんと出荷できるよう管理する機能です。原価計算・発注・製造工程・原材料管理・製品の製造・出荷などを管理します。


ERPを導入するメリット・デメリット

ERPを導入するメリット

情報を一元管理できる会計管理

ERPは企業内でばらばらになっている会計や販売などの企業の基幹情報を、1つのデータベース上に集め、その情報をもとに企業の状況を把握し、経営戦略を立てます。

使用しているほかのシステムに再度データを入力する手間を省け、入力ミスなども減り、手動での業務を最低限に抑えられます。

経営状況をリアルタイムに可視化

ERPによりデータが一元化されるため、会計や人事などの情報がリアルタイムで更新されます。

1つのデータベースを見れば自社の最新情報に素早くアクセスできるため、収益状況を即時に把握できます。その結果、今解決すべき課題が可視化され、収益を上げるための方針や計画を素早く立てられます。

ERPを導入するデメリット

データの整理・入力作業のための時間がかかる

初めてERPパッケージを導入する場合、企業内の複数の部署で管理されているデータを整理し、ERPデータベースに入力する必要があります。

高コストがかかる

導入の初期費用・運営費用をあわせると、システムによっては1,000万円以上と高額なコストが必要となる場合もあります。


ERPを選ぶ際のポイント

おすすめのERPを紹介する前に、選ぶ際に注意したいポイントを3つ解説していきます。

ポイント1:オンプレミス型か?クラウド型か?

ERPには、大きく分けてオンプレミス型とクラウド型の二種類があります。

オンプレミス型

オンプレミス型のERPは、パッケージライセンスを購入して使います。パッケージを購入するための初期コストがかかり、バージョンアップの際にはその都度対応する必要があります。

またサービスの運用は完全に社内で対応するため、高度な知識を持った人材が必要ですが、その分システム設計や運用が自由にできます。

クラウド型

クラウド型ERPは、サーバーを購入し、ITサービスメンテナンス費を毎月払って使います。オンプレミス型に比べ初期コストは抑えられますが、月々の支払いが発生します。またインターネット環境があればすぐに実装でき、パソコンがあればどこからでもデータにアクセス可能です。

さらに、ERP提供元にバージョンアップなどすべてを任せられるため、社内でITリソースを管理する手間が省けます。

ポイント2:導入の目的は明確か

導入する前に、自社の現在の課題は何か、ERPを導入することでどんな問題を解決したいのかをはっきりさせておきましょう。

明確な目的がないまま導入すると、導入後にそのERPの機能が自社の業務と合ってないことが判明することがあります。事前にERP導入の目的をよく検討しておくことをおすすめします。

ポイント3:導入後のフォローはあるか?

導入後のフォローがあるかなど、サポート体制については確認した上で選びましょう。オンプレミス型のERPを導入するのであれば、緊急時に直接サポートを受けられるものをおすすめします。

クラウド型ERPを導入するのであれば、24時間体勢でサポートが受けられるサービスを探しましょう。


おすすめERPシステム13個を比較

システム名 特徴 価格 導入実績
GRANDIT ・グループ各社の基幹システムの統一とBI環境基盤を構築 非公開 旭化成カラーテック株式会社、株式会社ANAコミュニケーションズなど
NetSuite ・日本国内・国外を問わずリアルタイムでの情報管理・分析が可能
・多くの言語、通貨に対応していて海外展開が容易
非公開 海外企業を含め4万社以上
クラウドERP freee ・会計ソフトfreeeなどとの併用で、会計・人事労務業務を削減
・AI搭載でバックオフィス処理の効率化
非公開 SmartNews, GMOペパボ株式会社など、多数企業
Microsoft Dynamics 365 ・AIが業務に必要な情報をリアルタイムで提供
・自社のペースに合わせて徐々に機能を拡張できる
非公開
30日間無料トライアルあり
導入顧客数85,000社
OBIC7 ・会計などの基幹システムのほか、豊富なソリューションとの連携が可能
・クラウドでの導入もできる
非公開 株式会社JR東日本リテールネットを始めとした19,000社以上
Oracle ERP Cloud ・拠点ごとの情報を統合することで海外拠点の活動が把握可能
・導入期間が短くても可能
非公開 非公開
CAM MACS ・必要な機能を選んで利用できる
・システム間の情報連携が容易
・Liteは30日間無料お試しが可能
35,000円/月~
30日間無料トライアルあり
非公開
COMPANY ・カスタマイズの必要がなくあらゆる変更に無償で対応 非公開 高砂熱学工業株式会社など多数企業
GLOVIA ・文書のデジタル化に対応 非公開 フォスター電機株式会社、株式会社日伝など多数企業
iDempiere ・一連の業務機能が実装済み
・一企業、複数企業に導入が可能
・多言語、多通貨に対応
ライセンス費用無料 株式会社iソフト、京セラ丸善システムインテグレーション株式会社など多数企業
Microsoft Dynamics NAV ・中小企業向けのERPソリューション
・短期間の導入も可能
・クラウド型
非公開 株式会社日立国際電気グループ、株式会社南日本銀行など多数企業
ProActive E2 ・保守サポートの費用がかからない
・モバイルデバイスにも対応
・グループ導入が可能
非公開 株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング、リゾートトラスト株式会社など5,800社
SAP Business ByDesign ・クラウド型
・導入するまでの期間が短い
非公開 株式会社スノーピーク、ポーライト株式会社など多数企業

1.グループ各社の基幹システムの統一とBI環境基盤を構築「GRANDIT

グループ各社の基幹システムの統一とBI環境基盤を構築 GRANDIT
GRANDIT

概要

GRANDITは、企業活動に必要な販売管理や会計・人事給与系機能まで幅広く活用できる基幹システムです。

会計、販売、調達在庫、人事、給与などすべての機能を完全統合して設計しています。

タイプ

クラウド型

特徴

  • グループ導入・クラウド・システム統合など、様々なビジネス課題や目的に対応
  • 製造業、商社・卸売業や情報サービス業など、様々な業種業界に特化
  • GRANDITを共同で企画、開発したコンソーシアムのパートナー企業によるサポート
  • 日本語だけでなく、英語・中国語にも対応

価格

非公開

導入実績

旭化成カラーテック株式会社、株式会社ANAコミュニケーションズなど

こんな方におすすめ

グループ内の基幹システムの統一とグループ全体のBI環境基盤の構築を考えている企業の方

2.日本国内・国外を問わずリアルタイムでの情報管理・分析が可能「NetSuite

日本国内・国外を問わずリアルタイムでの情報管理・分析が可能 NetSuite
NetSuite

概要

営業、受注管理、財務、会計など、ビジネスに必要な機能すべてが一つのアプリケーションに搭載されていて、100以上の国で使用されているERPシステムです。日本国内・国外を問わずリアルタイムでの情報管理・分析が可能です。

タイプ

クラウド型

特徴

  • 営業や受注管理といったビジネスに必要な機能が一つのアプリケーションに統合
  • 19の言語、190以上の通貨に対応しているため、海外展開が容易
  • 各国の法規制や会計制度、50以上の税務報告書に対応

価格

非公開(14日間無料トライアルあり)

導入実績

国内外の企業4万社以上

こんな方におすすめ

国内・海外の両方で利用したい企業の方

3.会計ソフトfreeeなどとの併用で、会計・人事労務業務を削減できる「クラウドERP freee

会計ソフトfreeeなどとの併用で、会計・人事労務業務を削減できる クラウドERP freee
クラウドERP freee

概要

クラウドERP freeeはクラウド型のERPです。クラウド会計ソフトfreeeと人事労務freeeをあわせて使うことで会計・人事労務の情報を1つのデータベースのみで管理できます。

タイプ

クラウド型ERP

特徴

  • 商取引をAIが自動仕分けしてくれ、記帳などの単純作業を削減
  • クラウド型なので中小企業でも低コストで導入できる
  • リアルタイムで情報を分析し早期に経営戦略を立てられる
  • ペーパーレス業務が実現できる

価格

非公開

導入実績

SmartNews、GMOペパボ株式会社など多数

こんな方におすすめ

すでにfreeeを導入していて、新たにERPも併用したい企業の方

4.自社のペースに合わせて少しずつ機能拡張できる「Microsoft Dynamics 365

自社のペースに合わせて少しずつ機能拡張できる Microsoft Dynamics 365
Microsoft Dynamics 365

概要

MicrosoftのERPシステムであるため、その他のMicrosoft製品と連携することが可能です。

タイプ

クラウド型

特徴

  • AIが業務に必要な情報をリアルタイムで提供
  • 最初は会計管理だけ利用して、あとから在庫管理を追加するなど、自社のペースに合わせて機能を拡張できる
  • Microsoft製品と連携できる

価格

非公開(30日間無料のトライアルあり)

導入実績

導入顧客数85,000社

こんな方におすすめ

自社の成長に合わせて徐々に機能を拡張したい方

5.会計をはじめ給与情報や就業情報など多くのソリューションと連携可能「OBIC7

会計をはじめ給与情報や就業情報など多くのソリューションと連携可能 OBIC7
OBIC7

概要

OBIC7は、1997年にリリースして以来、最も多くの導入実績をもっている国産ERPシステムです。会計情報システムをはじめとして、人事情報・給与情報・就業情報・販売情報・生産情報など様々な業務に対応したソリューションを提供しています。

タイプ

オンプレミス型、パブリッククラウド型

特徴

  • 会計などの基幹システムのほか、BIソリューション・就業情報システムなど豊富なソリューションとの連携が可能
  • システム設計がシンプルで利用しやすい

価格

非公開

導入実績

株式会社JR東日本リテールネットを始めとした19,000社以上

こんな方におすすめ

豊富なソリューションと連携することで自社に最適な機能を導入したい方

6.拠点ごとの情報を統合することで海外拠点の活動が把握できる「Oracle ERP Cloud

拠点ごとの情報を統合することで海外拠点の活動が把握できる Oracle ERP Cloud
Oracle ERP Cloud

概要

海外拠点での情報を統合し、1つのシステムでデータを管理できます。また、モバイル対応しているため、場所に縛られずにデータを閲覧できます。

タイプ

クラウド型

特徴

  • 拠点ごとの情報を統合することで海外拠点や子会社の活動を把握できる
  • モバイル対応しているため場所・時間に関わらずデータの管理が可能
  • クラウドで運用するためサーバー設置コストが削減でき、短期で導入できる

価格

非公開

導入実績

非公開

こんな方におすすめ

拠点ごとの情報を統合することで海外拠点の活動を把握したい方

7.自社のフェーズに応じて必要な機能が選べる「CAM MACS

自社のフェーズに応じて必要な機能が選べる CAM MACS
CAM MACS

概要

自社のフェーズに合わせて徐々に必要な機能を選択し、拡張できるクラウド型ERPです。

例えば、導入当初は「販売・債権管理」「物流・在庫管理」の2つの機能を選び、海外拠点の活動を把握する必要が生じた際に「多通貨・多言語」機能を追加する、というように自由にカスタマイズできます。

スモールビジネス用の「CAM MACS Lite」、中小企業向けの「CAM MACS Middle」、中堅・大企業向けの「CAM MACS Premium」の三種類があります。「CAM MACS Lite」は無料で30日間お試しできます。

タイプ

クラウド型

特徴

  • 販売・債権管理、購買・債務管理、物流・在庫管理などの機能から必要なものを選んで利用可能
  • 低コストで導入でき、バージョンアップ費用・保守費用は無料
  • 1つの機能から利用可能
  • 標準的な機能を搭載したシンプルパッケージを利用すればカスタマイズせずに即時導入可能

価格

  • Liteプラン(EC):35,000円/月~
  • Liteプラン(EC+店舗):40,000円/月
  • Liteプラン(卸プラン):35,000円/月
  • ※諸費用あり、30日間無料トライアルあり

導入実績

非公開

こんな方におすすめ

機能を拡張させ、自由にカスタマイズして利用したい方

8.業務の変更時などには無償で対応してくれる「COMPANY

グループ各社の基幹システムの統一とBI環境基盤を構築 COMPANY
COMPANY

概要

「COMPANY」は、「ノーカスタマイズ」をコンセプトとしているクラウド型ERPです。大手企業で必要だと想定される機能が標準機能として組み込まれています。人事・財務・販売管理などの業務工数を削減できます。

タイプ

オンプレミス型

特徴

  • 会計、販売、在庫などのあらゆる機能がありカスタマイズ不要
  • 法律や社内制度の改正、業務の変更時には無償で対応

価格

非公開

導入実績

高砂熱学工業株式会社など多数企業

こんな方におすすめ

業務の変更時などには無償で対応してくれるカスタマイズ不要のシステムを探している方

9.経営状況を可視化し素早い経営判断を下せる「GLOVIA

グループ各社の基幹システムの統一とBI環境基盤を構築 GLOVIA
GLOVIA

概要

GLOVIAは富士通が提供するERPシステムです。集めた経営情報を、図や表を用いて可視化することで現状を把握し、素早い経営判断を下すことができます。

タイプ

オンプレミス型、クラウド型、パブリッククラウド型

特徴

  • 文書のデジタル化に対応しているため手作業の経理業務を削減できる
  • 図や表を用いて情報を可視化することで現状を把握できる
  • 4種類の製品から自社にあった製品を選択できる

価格

非公開

導入実績

フォスター電機株式会社、株式会社日伝など多数企業

こんな方におすすめ

会計や経理などの経営情報を可視化して素早く経営判断を下したい方

10.ビジネスに必要な一連の業務機能が実装されているオープンソースシステム「iDempiere

ビジネスに必要な一連の業務機能が実装されているオープンソースシステム iDempiere
iDempiere

概要

購買管理や在庫管理など、ビジネスに必要な機能が一通り実装済みのERPシステムです。多数の言語、通貨に対応しています。

タイプ

クラウド型

特徴

  • 購買管理や在庫管理などビジネスに必要な機能が一通り実装済み
  • 多くの言語、通貨に対応
  • 無料で利用できる

価格

オープンソースのためライセンスは無料
利用料金は非公開

導入実績

株式会社iソフト、京セラ丸善システムインテグレーション株式会社など多数企業

こんな方におすすめ

導入コストを削減したい方

11.短期間だけの導入も可能「Microsoft Dynamics NAV

短期間だけの導入も可能 Microsoft Dynamics NAV
Microsoft Dynamics NAV

概要

Microsoft Dynamics NAVは、MicrosoftのERPシステムで、他のMicrosoft製品と連携できます。プロジェクトが成功するまでの短期の導入も可能です。

タイプ

クラウド型、オンプレミス型

特徴

  • 短期間のみの導入が可能
  • Microsoft製品との連携が可能
  • 一つのデバイスで複数の会社の情報を管理できる

価格

非公開

導入実績

株式会社日立国際電気グループ、株式会社南日本銀行など多数企業

こんな方におすすめ

短期間だけ導入したい企業の方

12.単体の機能のみ利用できる「ProActive E2

単体の機能のみ利用できる ProActive E2
ProActive E2

概要

会計管理だけ、在庫管理だけ、のように機能単体での利用が可能なERPシステムです。また、保守サポート費用がかからないので、運用コストを抑えられます。

タイプ

オンプレミス型、クラウド型、パブリッククラウド型

特徴

  • 会計管理だけ、在庫管理だけ、のように単体での利用が可能
  • 保守サポート費用を削減できる
  • PCだけでなくモバイルデバイスにも対応
  • 一企業だけでなくグループでの導入もできる

価格

非公開

導入実績

株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング、リゾートトラスト株式会社など5800社

こんな方におすすめ

会計管理・在庫管理など必要な機能のみを単体で使いたい企業の方

13.海外拠点に最適なERPシステム「SAP Business ByDesign

海外拠点に最適なERPシステム SAP Business ByDesign
SAP Business ByDesign

概要

海外拠点に適したERPシステムです。複数の国にまたがる拠点をすべて一つのシステムで管理できます。

タイプ

クラウド型

特徴

  • 複数の国にまたがる拠点をすべて一つのシステムで管理できる
  • クラウドで運用できるのでサーバー設置コストを抑えられる
  • 導入するまでの期間を最小限に抑えられ、早期に運用が可能

価格

非公開

導入実績

株式会社スノーピーク、ポーライト株式会社など多数企業

こんな方におすすめ

海外拠点が複数の国にまたがる方


まとめ

以上、おすすめのERPを13個ご紹介しました。

  • グループ内での利用を考えている企業の方には「GRANDIT」
  • 国内・海外の両方で利用したい企業の方には「NetSuite」「racle ERP Cloud」「SAP Business ByDesign」
  • すでにfreeeを導入している企業の方には「クラウドERP freee」
  • 豊富なソリューションと連携を考えている企業の方には「OBIC7」
  • カスタマイズの手間を省きたい企業は「COMPANY」「GLOVIA」
  • コストを抑えたい企業の方には「iDempiere」
  • 徐々に機能を追加していきたい企業は「Microsoft Dynamics 365」「CAM MACS」
  • 短期間だけ導入したい企業の方には「Microsoft Dynamics NAV」
  • 必要な機能のみを単体で使いたい企業の方には「ProActive E2」

をおすすめします。

ERPシステムは、導入の目的が明確であればとても便利なツールです。しかし、導入には高いコストが必要となります。自社に必要な機能が何かをよく検討し選んでください。

おまけ:出現頻度が低かったツール一覧

参考にしたサイト(一部)

ERPとは|導入のメリット・デメリット|おすすめ製品一覧&システムを徹底比較!- ERP(基幹システム)|ボクシルマガジン
ERPは国産の時代!主要ERP製品比較
ERPの製品一覧・比較-IT、IT製品の情報なら【キーマンズネット】
ERPベンダーをガートナーが比較、SAP・オラクル・富士通の戦略から何がわかるのか|ビジネス+IT
【5月21日更新】ERPパッケージを人気ランキングで比較|ITトレンド
SaaS型ERPを導入するか、しないか オンプレミス比較では分からないビジネス創出
SAP、Oracle以外にもまだまだあるERP 8製品を比較(2/2)-TechTargetジャパン ERP
業務を一元管理できるERPとは?種類や特徴、またクラウドとオンプレミスの違いとは?
【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較|aippearNET[アイピアネット]