広告担当者に必須の広告運用ツールとは?機能や選び方を徹底解説

eyecatch_210930_9

「広告運用を効率化できるツールが知りたい」
「残業を減らしてもっと楽に大きな成果を出したい」
「いろいろツールがあってどれを選べばいいか分からない」

上記のようなお悩みをお持ちの、広告運用者の方も多いのではないでしょうか。

広告運用ツールを選ぶ際には、ツールごとの特徴を知り、どういった目的にマッチしているかをまず把握することが重要です。
広告運用ツールを活用すれば、入札や予算配分、レポーティングを自動化して、より作業効率を高めることができます。

本記事のポイント3つ
  • 広告運用ツールの機能について理解できる
  • 広告運用ツールの選び方について理解できる
  • 広告運用ツールを導入する際の注意点が理解できる

本記事では、そうした広告運用ツールの選び方や注意点、おすすめツールを解説します。

読み終えた後には、広告担当者が自身の業務を棚卸しするツールを検討しやすくなっているはずです。

広告ダッシュボード・レポート作成自動化ツール『ATOM』


広告運用ツールの機能

広告運用ツールとは、Google広告などの様々な媒体のWeb広告を、一元管理することのできるツールを指します。

分析に活用できるデータ収集や入札等も自動で行えたりするため、手作業に比べると格段に効率的な運用が可能となります。

そこで、広告運用ツールに搭載されている機能をより詳しく見ていきましょう。

データ統合

データ統合機能とは、Web広告に関するデータを一元管理する機能を指します。

広告の効果を高めるためには、ただ配信するだけでなく、クリック数やインプレッション数、そしてコンバージョンに至った割合等の推移を分析して、よりユーザーに訴求できるクリエイティブを模索する必要があります。

一元管理機能を活用することで、担当者1人でも膨大な広告効果データを収集、分析できるため、運用効率を高めることが可能です。

レポーティング

広告運用ツールには、収集データをレポーティングする機能も備わっており、手間のかかる入力作業や緻密な計算を行う必要もなく、ワンタッチでの自動作成が可能です。

また、表面上の数値だけでなく、そこから導きだされる効果、あるいは成果に関しても正確に資料として出力できることから、社内ミーティングやプレゼンにおいても有用性の高い機能といえるでしょう。

広告レポートツールについてはこちらでも解説しています。
参考:広告レポートの効率化ツール8選!選び方と注意点もご紹介

進捗管理

予算利用の進捗状況を管理する機能もあります。

広告配信は様々な媒体に出稿するケースが多く、個々の掲載内容や配信のタイミング等を綿密に管理する必要がありますが、担当者1人だけで行うのは負担の大きい作業です。1人ですべてを管理しようとすると、関係各位への現状報告が漏れたり正確性を欠いてしまうでしょう。

一方、広告運用ツールには配信や媒体数、予算消化の進捗管理機能も搭載されているため、どれだけ手掛ける広告が増えたとしても、簡単に全体を把握することが可能です。

入札

管理画面やエディタ上で行う入札を、広告運用ツール経由で行うこともできます。

指定した入札価格に変更したり、ツール独自のアルゴリズムで自動入札してくれるツールもあります。

また、ツールによってはキャンペーンごとの予算配分ができたり、媒体をまたいだ統合的な予算管理ができるツールも存在します。

自動入札については、こちらをご覧ください。
参考:​​Web広告の自動入札とは?設定方法から活用のコツまで徹底解説

入稿

入稿作業を完璧に代替してくれるツールはまだ存在していません。

現在の広告運用ツールは入稿作業に関しても少しずつ自動化が進んでいる一方、基本的にキーワードや広告文の登録に関しては人の手で行わなければならないことが多く、ツールで実施できるのはグルーピングや広告媒体にマッチする規格への加工までというものが多いです。

とはいえ、入稿作業の一部分を代替することができるのは、広告運用者にとっては嬉しい機能です。


広告運用ツール7選

ここからは、広告運用を行う上で活用できるツールを解説します(五十音順)。

料金や特徴が自社の運営にマッチしているかを確認していきましょう。

ATOM(アトム)

atom

ATOMは、各種データをExcel形式で出力できる機能を搭載しており、代理店を利用している場合は手数料等も考慮した利用金額、そして予想数値指標も算出可能です。

そして、キャンペーンごよの数値管理機能も備えている上に、100種類以上のレポートテンプレ―トを活用すれば、より幅広い多角的なデータ分析が行えます。

またExcelレポートだけでなく、Web上で作成・加工・出力できる機能も開発されています。

料金:月額55,000円~

連携可能媒体:Google広告、Yahoo!広告、LINE広告、Facebook広告、Twitter広告、Criteo、Logicad、MicroAd BLADE、ScaleOut DSP、FreakOut、Indeed、amazon広告(2021年9月時点)

ATOMについてはこちらでも詳しく解説しています。
参考:リスティング広告の業務効率化!作業時間を8割削減した「ATOM」とは!?

またATOMのレポートテンプレートを使った、広告レポート作成の方法についてはこちらで解説しています(レポートテンプレートが無料でダウンロードいただけます
参考:【無料テンプレート配布】広告レポートの作成方法&効率化ガイド

アドレポ

adrepo
アドレポは、20種類の連携先におけるレポートを日、週、月に分けて自動作成できる広告運用ツールであり、スプレッドシートやBiq Queryといった豊富な出力方法に対応しているポイントも魅力の1つです。

料金:月額5,500円
連携可能媒体:GoogleAds、Yahoo!広告、Facebook広告 他12社

Web Antenna(ウェブアンテナ)

ウェブアンテナ
Web Antennaは、広告効果の測定にマッチしたツールであり、ユーザーの流入経路やコンバージョン数といった分析に不可欠なデータが手早く収集できるでしょう。

ちなみにWeb Antennaではカスタマージャーニーや動画、スマートフォンにおける効果分析にも対応しています。

料金:月額20,000円~
連携可能媒体:該当なし

glu(グルー)

glu

gluは、基本的なレポーティング機能はもちろん、多次元データベースのデータが参照できるダイス機能や導入前のヒアリング、そして広告運用のノウハウ等も提供してもらえるサポート体制も魅力といえるでしょう。

また、連携可能媒体が多いことも特徴の1つであり、多彩な外部ツールのデータを加工できる有用性も備えています。

料金:要相談(取り込むアカウント数やオプションによって変動する)
連携可能媒体:Google Ads、Instagram広告、Yahoo!広告 他

Shirofune(シロフネ)

shirofune

Shirofuneは、利用実績が7,000件を超える、レポーティングや分析、広告効果や予算の確認をワンストップで行える広告運用ツールです。

また、既にいずれかの媒体で配信をしていれば、登録から運用にかかる所要時間はわずか3分程度というポイントも大きなメリットといえるでしょう。

料金:【セルフプラン】月額広告費×5%、【サポートプラン】月額広告費×5%+サポート料(月額10万円)

連携可能媒体:GoogleAds、Yahoo!広告、Facebook広告、Instagram広告 他

Databeat(データビート)

databeat
Databeatの特徴は、様々な広告媒体における指標を一本化できる機能であり、自動更新された最新データをスプレッドシード等に出力することもできます。

また、アクセス解析に特化したGoogleアナリティクスとの連携にも対応していることから、広告だけでなくLP分析も同時に行えるでしょう。

料金:【広告費課金プラン】広告費×0.3%【アカウント数課金プラン】広告アカウント数×330円
連携可能媒体:GoogleAds、Yahoo!広告、Facebook広告 他多数

Lisket(リスケット)

lisket
Lisketの特徴は初心者でも簡単にレポーティングや予算の管理が行えるポイントであり、広告アカウントも手早く登録することができます。

また、利用料金も月額11,000円~と安価な設定となっているため、運用を始めたばかりでコストを抑えながら試していきたい企業には特におすすめといえるでしょう。

料金:月額11,000円~(1アカウントにつき500円加算)

連携可能媒体:GoogleAds、Yahoo!広告、Facebook広告 他


広告運用ツールのメリット・デメリット

ここからは、広告運用ツールのメリット・デメリットを見ていきましょう。いずれも押さえておくことで、効率的な運用が可能となるため、是非参考にして下さい。

メリット

広告運用ツールにおける最大のメリットは、データの一元管理や入札、入稿の一部自動化によって工数が大幅に削減できるポイントであり、リソースも少なく済むため人件費も抑えられるでしょう。

そして、分析作業のサポート機能を活用すれば、より効果的な戦略構築にも役立つことから、より多くの収益が得られる期待も持てます。

デメリット

広告運用ツールは多彩な機能を搭載していることから、精密な計算や分析を人の手で行う必要がない反面、実践的な運用ノウハウが蓄積しづらいデメリットも考慮しなくてはなりません。

また、ツールによっては継続的にまとまった費用が発生するケースもあるため、予算とのバランスを考慮しつつ、事前に料金形態を確認しておきましょう。


広告運用ツールの選び方

広告運用ツールは自社の方針やニーズにマッチしたものを採用することで、より効果的な運用に繋がるため、次に解説する選び方をしっかり押さえておきましょう。

自社の広告業務を整理する

広告運用ツールを選ぶ際は、まず自社の広告業務を整理して、どの工程の負荷を軽減したいか、というポイントを明確にしましょう。

具体的には、入稿、入札、レポーティング、施策立案、あるいはクリエイティブ作成といったセクションに分類して、各工数と導入の難易度を考慮しながら検討して下さい。

補強したい広告業務に強いツールを選ぶ

広告業務において補強したい工程が明確になった場合は、その作業に特化した広告運用ツールを探していきましょう。

効果測定やレポーティングに強いツールもあれば、AIを導入した自動入稿等も行えるケースもあるため、先ほど解説したおすすめツールも参考にしつつ、適切なものを選んでみて下さい。

費用に対して成果が返ってくるか試算する

広告運用ツールの候補がいくつかピックアップできたら、導入コストや月額費用等を確認し、上昇する見込みのコンバージョン数(収益)、削減できる工数(人件費)と比較して試算しましょう。

そして、この段階で投資資金が回収できない結果となっては、ツールを利用する意味がありませんので、最大限に費用対効果が高いものを探して下さい。


広告運用ツールを導入する際の注意点

ここからは、広告運用ツールを導入する際の注意点について解説していきます。効率を向上させつつ最大限に効果を高めるために参考にして下さい。

導入初期の移行期間は時間や費用が発生する場合がある

広告運用ツールの導入初期には、時間・費用が発生しやすくなります。

運用ツール自体は多彩な機能を搭載している一方、導入当初は利用する担当者が使い方に慣れていないケースが多く、本稼働するまでには相応の時間が必要となるケースもあります。

また、初期設定や自社端末のセットアップといった工程もスムーズに進まない可能性もありますが、その間も当然月額料金は発生することから、導入段階である程度のロスを織り込んでおいた方が良いでしょう。

配信金額が大きくないと成果が得づらい

広告の配信金額大きくない場合には、想定通りの成果を得にくい点に注意が必要です。

広告配信にかける金額が少額の場合は、ツールの料金に対して得られるベネフィットも小さいため、費用対効果も低下してしまうポイントには注意が必要です。

また、配信金額が大きくなければ、そもそも手間のかかる工程自体も少ないケースがあることから、そのまま人の手で運用した方がコストが削減できる可能性もあるでしょう。

定期的に状況把握しメンテナンスを行う必要がある

広告運用ツールは、出稿設定をする全広告の現状把握のために、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

広告運用ツールは様々な作業が自動化できる機能を搭載していますが、刻一刻と変動する市場において、完全に放置してしまうと本来見込める効果が得られなくなる可能性もあります。

また、機能の多いツールとなるため、自信のない初心者より、広告運用ノウハウを持った方のサポートツールという認識を持った方が良いでしょう。


まとめ

広告業務は入稿、入札、分析といった作業が必要となり、担当者にとっては大きな負担に繋がるケースもありますが、ツールを導入すればそれらの工程を自動化できるようになります。

そのため、現在広告運用ツールの導入を検討している場合は、本記事の内容を参考に選定することで、効率的な運用だけでなく、より大きな成果が得られるでしょう。

広告ダッシュボード・レポート作成自動化ツール『ATOM』

コメント