分析に役立つBIツール9個を徹底比較|メリットと選び方も紹介

BIツールを導入しようと思っているけれど、種類が多すぎてどれを導入したらいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな方のために、主要なBIツール9個について特徴・価格・導入実績など複数の視点から徹底比較します。

なお、重要度を客観化するためにBIツールを紹介している既存のサイト10個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よく良質なBIツールを見つけることができます。


そもそもBIツールとは?

BIツールとは、会計システムや販売管理システムなどによって蓄積される膨大なデータを分析し可視化してくれるツールです。「BI」とは、「Business Intelligence」の略語です。

BIツールの主な機能

  • 膨大なデータを抽出しレポーティング
  • データを多次元的に分析して現在発生している問題の要因を検証
  • 将来的な予測を見せてくれるシミュレーション

BIツールを導入すると、複数のシステムやツールに分散しているデータを統合でき、経営者は統合されたデータを見て、迅速な意思決定ができるようになります。

さらに、売り上げ予測シミュレーションや、的確なマーケティング・販売戦略を立てるのも可能で、ビジネス全体における意思決定に大きな影響を与えます。

一方で、多様な分析のための導入コスト・分析スキルが少なからず必要になるというデメリットもあります。

詳細は以下の記事をご覧ください。

参考:いまさら聞けないBIツールとは?導入前に知っておきたい2つのこと


BIツールを選ぶ際は、目的・利用者・データ連携に着目しよう

導入の目的を明確化し、必要な分析機能を見極める

まず、BIツールを導入する目的をしっかり明確化しましょう。どのような使い方をするかによって、自社に合うBIツールは変わってきます。

分析機能としては、主に以下のパターンがあります。

  • 社内に散らばっているデータを統合してダッシュボード化
  • 既存データを読み解き新たな知見を発見するデータマイニング
  • 既存データをもとに未来データをシミュレーション

社内の各部署のデータを一元的にダッシュボード化したいのであればダッシュボード機能に強みを持つツール、データを読み解いて新たな知見を得たいのであればデータマイニング機能に強みを持つツールを選びましょう。

実際に利用する人が扱えるUIか確認する

誰がBIツールを利用するのか明確化するのも重要です。利用する人のBIツールに対する知識を確認してください。

高度なBIツールを導入しても、利用する人にデータ加工等の知識がないと、他部署にデータ加工を依頼するなどの余計な手間が生じたり、そもそもBIツールが使われなくなったりすることになりかねません。

BIツールはライセンス方式を導入しているものが多く、多額の予算をかけて導入しても、使われないままでは宝の持ち腐れになってしまいます。そのため、BIツールは事前にきちんとリサーチし自社に合ったものを選んでいくのが重要です。

導入済のツールとの連携が可能か確認する

BIツールはデータ連携ができなければそもそも使えないので、導入前にどんなデータと連携したいのか、データ連携ができるかを確認しましょう。


おすすめのBIツール9選

ではここからは、おすすめのBIツールを紹介していきます。概要や特徴、価格や導入実績まで示しているので、それぞれ比較して自社に合ったBIツールを見つけてください。

サービス名特徴価格導入実績
Tableau・ドラッグアンドドロップのみで簡単に操作できる
・プログラミングスキル不要
・商談履歴・顧客管理データからWeb上での行動履歴まで、社内の各部署に散らばっている各種データを統合
51,000円/ユーザー/年~ヤフーなど、世界中の様々な企業で導入
QlikQ・自社の状況に応じて複数サービスをカスタマイズ可能
・ベーシック機能は無料で使える
・ベーシック機能は無料
・その他は製品ごとに課金(要問合せ)
非公開
MOTION BOARD・独自のインメモリ化技術でデータの高速処理が可能
・地図上にデータを表示する機能が搭載
要問い合わせ大和ハウスやデンソーなど多数
Oracle BI・SalesforceやGoogleアナリティクスなど、様々なデータソースとの連携が可能
・どのデバイスにも対応可能なデザイン
要問合せ幅広い業界で、1,000社以上(企業詳細は非公開)
Yellowfin・対話式のダッシュボードでデータを可視化
・ストーリーボード機能が充実しています。
要問い合わせドコモやホンダ、コカ・コーラなど、世界中で100万件以上の導入実績
Actionista!・個人の意思決定から組織の意思決定にまで使えるマルチユース
・一つのライセンスで全社利用でき、コストパフォーマンスが高い
要問い合わせコープやKDDIなど有名企業多数
DOMO・職種、業界別に細分化されたソリューションを提供
・Salesforce、Marketo、Excel、Facebookなど他サービスとの連携機能も充実
要問い合わせ要問い合わせ
Dr.Sum・独自の高速エンジンでスピーディーなデータ分析
・ユーザー数の追加に伴うコストが発生しない
問い合わせドール、日本医科大学など多数
MicroStrategy・スマートフォンから簡単に操作できる
・セルフサービスBIを無料で提供
要問い合わせ非公開

1.ドラッグ&ドロップで簡単に操作できる「Tableau

TableauTableau

概要

Tableauは、社内に保有されている各種データを分析できるツールです。プログラミングスキルがなくても、Excelを使いこなせる程度の分析スキルがあればダッシュボードを作成して分析できます。

商談履歴・顧客管理データからWeb上での行動履歴まで、社内の各部署に散らばっている各種データの統合が実現できます。

特徴

  • 基本的にはドラッグアンドドロップのみで簡単に操作できる
  • プログラミングスキル不要で、Excelを使いこなせる程度の分析スキルがあればダッシュボードを作成できる
  • 商談履歴・顧客管理データからWeb上での行動履歴まで、社内の各部署に散らばっている各種データを統合

価格

  • Personal 51,000円/ユーザー/年(ExcelやGoogle スプレッドシートなどのファイルに接続可能)
  • Professional 102,000円/ユーザー/年(ファイル、データベース、Web アプリケーションなどを含む、数百のデータソースに接続可能)

導入実績

ヤフーなど、世界中の様々な企業

こんな人にオススメ

できるだけ簡単な操作でダッシュボードを作成したい方

2.複数サービスを組み合わせて専門性の高い分析が可能「QlikQ

QlikQQlikQ

概要

QlikQは、複数のBIツールを提供するデータ分析プラットフォームです。一般的なBI機能を備えた「Qlik Sense」、分析機能に特化した「Qlik Analytics Platform」、システム部門・データサイエンティスト向けの高度な分析が可能な「QlikView」などがあります。

ダッシュボード化からデータマイニングまで多彩な分析ができます。自社の状況に応じて柔軟に組み合わせてカスタマイズできます。なお、ベーシック機能は無料で使えます。

特徴

  • 自社の状況に応じて複数サービスをカスタマイズ可能
  • ベーシック機能は無料で使える

価格

  • ベーシック機能は無料
  • その他は製品ごとに課金(要問合せ)

導入実績

非公開

こんな人にオススメ

データマイニングなど高度な分析を行いたい方

3.独自のインメモリ化技術でデータを高速処理「MOTION BOARD

MOTION BOARDMOTION BOARD

概要

MOTION BOARDは、表現力と分析力を兼ね備えた情報活用ダッシュボードです。独自のインメモリ化技術を使って高速にデータを処理できるので、大量のデータを分析する場合に便利です。

プログラミングいらずで使いやすいダッシュボードが魅力です。また、顧客管理システム等のデータを連携すると、現在地周辺の取引先や見込み顧客を地図上で確認できます。

特徴

  • 独自のインメモリ化技術でデータの高速処理が可能
  • 地図上にデータを表示する機能が搭載

価格

問い合わせ

導入実績

大和ハウスやデンソーなど多数

こんな人にオススメ

ダッシュボードを作成できるツールをお探しの方

4.SalesforceやGoogleアナリティクスと連携可能な「Oracle BI

Oracle BIOracle BI

概要

OracleBIは、日本オラクルの提供するBIツールです。コーディングの知識がなくても、SalesforceやGoogleAnalyticsなど各種データを連携してダッシュボード化できます。直感的な操作が可能で、どのデバイスからも簡単に操作できます。

Google Mapなどと連携し地図上にデータを表示できる機能もあります。

特徴

  • コーディング知識がなくても、SalesforceやGoogleAnalyticsなどの各種データを統合できる
  • デバイスを問わず統一されたデザイン
  • Google Mapなどと連携し地図上にデータを表示できる

価格

問い合わせ

導入実績

幅広い業界で、1,000社以上(企業詳細は非公開)

こんな人にオススメ

ダッシュボードを作成できるツールをお探しの方

5.AIによる未来予測機能が強みの「Yellowfin

YellowfinYellowfin

概要

Yellowfinは対話式のダッシュボードで簡単にデータを可視化し、分析できます。また、簡単にプレゼンテーションを作成できるストーリーボード機能も充実しています。AIを利用した未来予測機能も特徴的です。

特徴

  • 対話式のダッシュボードでデータを可視化
  • ストーリーボード機能が充実

価格

問い合わせ

導入実績

ドコモやホンダ、コカ・コーラなど、世界中で100万件以上の導入実績

こんな人にオススメ

シミュレーションできるツールをお探しの方

6.職種、業界別に細分化されたソリューションを提供「DOMO

DOMODOMO

概要

DOMOは、「ビジネスを加速」がコンセプトのBIツールです。CEOから財務・営業・マーケティングまで、あらゆる職種向けのソリューションを提供しています。

また、教育・金融・ヘルスケアなど業界別のソリューションも充実しています。

特徴

  • 職種、業界別に細分化されたソリューションを提供
  • Salesforce、Marketo、Facebookなど他サービスとの連携機能も充実

価格

要問い合わせ

導入実績

要問合せ

こんな人にオススメ

職種・業界ごとに細分化されたダッシュボードを作成できるツールお探しの方

7.一つのライセンスで全社利用可能。コストパフォーマンスが高い「Actionista!

Actionista!Actionista!

概要

Actionista!は、「マルチユースBI」をうたったBIツールです。ダッシュボード化により、個人の意思決定から組織全体ひいては企業全体の意思決定に至るまで、一つのBIツールできます。

一つのライセンスで全社で利用でき、各部署の連携不足を防げるのが特徴です。

特徴

  • 個人の意思決定から組織の意思決定にまで使えるマルチユース
  • 一つのライセンスで全社利用可能でコストパフォーマンスが高い

価格

要問い合わせ

導入実績

コープやKDDIなど有名企業多数

こんな人にオススメ

ダッシュボードを作成できるツールをお探しの方

8.ユーザーを随時追加していきたい方におすすめの「Dr.Sum

Dr.SumDr.Sum

概要

Dr.Sumは、データを「入れる」「取り出す」「集計する」のを、柔軟かつスピーディーに実行してくれるBIツールです。独自の高速エンジンでハイスピードなデータ分析が可能です。また、わかりやすいビュー設計で操作が容易です。

ユーザー数の追加に伴うコストが発生しないので、ユーザーを随時追加していきたい方におすすめです。

特徴

  • 独自の高速エンジンでスピーディーなデータ分析が可能
  • ユーザー数の追加に伴うコストが発生しない

価格

要問い合わせ

導入実績

ドール、日本医科大学など多数

こんな人にオススメ

ダッシュボードを作成できるツールをお探しの方

9.スマートフォンからの操作性に長けている「MicroStrategy

MicroStrategyMicroStrategy

概要

MicroStrategyは、ダッシュボード化からシミュレーションまで豊富な機能が網羅されたツールです。モバイル端末特有のインターフェースやネイティブアプリを提供しているため、スマートフォンからも簡単に操作や書き込みができます。

顧客データの準備作業、編集や加工から分析・情報共有・配布まで自分で行う「セルフサービスBI」であれば、無料で利用できます。

特徴

  • スマートフォンから簡単に操作できる
  • セルフサービスBIが無料で提供

価格

要問い合わせ

導入実績

非公開

こんな人にオススメ

シミュレーションできるツールをお探しの方


まとめ

以上、オススメのBIツールをご紹介してきました。
BIツールは、使用目的や使用する人のスキルをしっかり検討したうえで、選択していくのが重要になります。

  • ダッシュボードを作成できるツールをお探しの方は「Tableau」「MOTION BOARD」「Oracle BI」「DOMO」「Actionista!」「Dr.Sum」
  • データマイニングを行えるツールをお探しの方は「QlikQ」
  • シミュレーションを行えるツールをお探しの方は「Yellowfin」「MicroStrategy」

がオススメです。

自社に合うBIツールを見つけて、経営の意思決定を素早く的確に行っていきましょう。

おまけ:出現頻度が低かったサービス一覧

参考にしたサイト

【図解】BIツールとは | 比較おすすめ20選 | 機能・導入ポイント
【永久保存版】BIツール入門!6製品を徹底比較!導入に失敗しない3つのポイントとは?
【BIツール徹底比較!】これを読めば、機能の違いがわかる 主要国内BIツール5選 | b→dash
BIの製品一覧・比較 – IT、IT製品の情報なら【キーマンズネット】
【5月7日更新】BIツールを人気ランキングで比較|ITトレンド
使いやすいBIツール5選:ビッグデータの活用・分析を楽にする!
BIツール(ビジネスインテリジェンス)製品比較 | 大塚商会
業務現場で活用したい BIツール比較 – Data Knowledge 本当に使える国産BIツール
ビッグデータもすぐに扱えるBIツール「QlikView」と「Tableau」を比較! | Go-Nextブログ
BIツールを比較、無料で一括見積もり