すぐに実践可能!広告効果を大幅に改善するGoogleカスタマーマッチの具体的な活用方法

Googleの「カスタマーマッチ広告」について名前は聞いたことがあるが、具体的な活用方法がわからない、という方は多いのではないでしょうか?

カスタマーマッチ広告では、自社の顧客データを使った検索広告の改善や、顧客に類似したユーザーにGmailやYoutubeでのアプローチが可能です。カスタマーマッチを有効活用することで、Google広告での効果改善が図れます。

本記事では、カスタマーマッチ広告の具体的な活用方法について解説します。はじめての方でも「カスタマーマッチ」を理解してすぐに実施できます。

競合他社にはない自社の顧客データを有効活用することは差別化要素を作る上で非常に重要です。顧客データとWeb広告を組み合わせ、本記事で活用していきましょう。

顧客データを活用した広告配信ツール「AD2」|資料を無料ダウンロード

※本記事はシナジーマーケティング株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


広告の効果を向上させるGoogleカスタマーマッチとは?

Googleカスタマーマッチとは自社の顧客データ(メールアドレス・電話番号)を活用して、既存顧客や自社の顧客の類似ユーザーに対してアプローチを行うことでGoogle広告の効果を向上させることが可能なメニューです。

自社保有のメールアドレス・電話番号を広告管理画面からアップすることで、誰でも簡単に自社顧客データを活用したセグメントを作成できます。Googleのさまざまな配信面で活用すれば広告の費用対効果が高まります。

マッチングの仕組み

Googleの保有するメールアドレス・電話番号と企業の持つ情報を照合してマッチしたリストを配信対象にすることが可能です。
カスタマーマッチ画像1

複数社で実施した弊社の実績では、マッチ率の平均は20%程度~30%となっています。マッチングには最低1,000件以上のデータが必要なので注意が必要です。

Googleカスタマーマッチでアプローチできる効果的な配信面は?

カスタマーマッチでは以下の配信面での掲載が可能です。

Google検索広告・Googleショッピング広告

カスタマーマッチで連携したリストのユーザーが特定の検索行動をとった際に、キーワードの入札や入札単価の調整を行えます。

RLSA(Remarketing Lists for Search Ads )の、サイト訪問者ではなく、顧客データを活用したユーザーリスト版というイメージです。

Gmail広告

連携したリストのユーザーの、Gmail受信トレイに対して広告を配信できます。また、自社顧客の類似ユーザーにも同面で広告配信を行えます。

Youtube広告

連携したリストのユーザーが、Youtube閲覧時にTrueview広告を配信できます。また、自社顧客の類似ユーザーに対しても動画広告を配信が可能です。

※注意:カスタマーマッチはGoogleネットワーク内の広告配信となるため、外部ネットワークであるGDNは対象外となっています。

簡単に始められる?Googleカスタマーマッチの費用とは?

カスタマーマッチはGoogle広告の機能の1つであり、通常のGoogle広告に対し追加で費用が発生するものではありません。Google広告はオークション型課金であるため、広告主任意の出稿料金からトライアルが可能です。

費用感の目安としては、データ件数10,000件に対して5万~10万程度の費用で設定をすることが一般的です。


Googleカスタマーマッチの効果的な活用方法は?

Google検索広告の改善に使える3つの手法!

自社顧客の検索行動に基づいて広告文の出し分けや入札の調整を行うことで、既存顧客へのメッセージを最適化し、反応率を高めます。以下に活用例を記載します。

活用方法1.化粧品メーカー通販での事例

指名検索の広告文の出し分けを行うことで、アップセルやクロスセルを検索広告で実施できます。

既存顧客がブランド名で検索した際に、再購入を促す広告を設定します。
カスタマーマッチ画像2

活用方法2.ギフト通販での事例

既存顧客向けのビックワードの買い付けを行い、繁忙期のリピート促進に活用できます。

「母の日」「お歳暮」などのビックワードを、既存顧客の検索時には高額な入札を設定します。
カスタマーマッチ画像カスタマーマッチ画像3

活用方法3.通信回線のサービス提供会社での事例

既存顧客のライフステージの変化に合わせて広告を配信できます。

「引っ越し」「結婚」などのステージの変化に合わせて、離反を防止する広告を配信します。
カスタマーマッチ画像4

Googleショッピング広告のターゲティングを精緻化し効果を向上!

自社の顧客の検索に基づき、ショッピング広告の強化入札を行うことで、アップセル・クロスセルを狙うことが可能です。
カスタマーマッチ画像5

Gmail広告の精度を高める!

自社顧客・類似ユーザーへのGmail広告の配信が可能です。Gmail広告は受信トレイに表示されるため、保険・銀行などの金融系、不動産といった入力項目の多いフォームのある業種とは相性が良いです。

活用方法:優良顧客の拡張(不動産・金融機関での事例)

来場や成約している優良顧客の類似ユーザーに対して、Gmail広告を配信。より質の高い顧客の獲得を行えます。
カスタマーマッチ画像6

Youtube広告で自社顧客・類似顧客に効果的なアプローチ!

自社顧客・類似ユーザーに対して動画広告の配信が可能です。

活用方法:動画CRM施策としての活用(アパレルブランドでの事例)

自社商品の購入者に対して、Youtubeの動画広告で「自社のこだわり」や「ブランドの歴史」「CM」を広告で閲覧してもらうことでブランドのロイヤリティを向上させます。
カスタマーマッチ画像7


すぐに実践可能!データ活用の手順

1.顧客セグメント案の設計

広告主が持つ顧客データにどのような種類が存在し、どれくらいのボリュームがあるかを把握します。その上で活用用途を明確にして配信プランと合わせて設計します。

顧客セグメント案の設計例

カスタマーマッチ画像8

2.顧客リストの用意

セグメント案の設計に基づき、メールアドレスのCSVファイルを用意します。ファイルはGoogleの提供しているテンプレートを参考にしてください。

Googleの提供しているテンプレート

カスタマーマッチ画像9

3.リストアップロード

管理画面よりリストをアップロードをします。

オーディエンスリストより顧客リストを選択

カスタマーマッチ画像10

上記プロセスを経て、リストを広告配信に活用できるようになります。配信設定自体は従来の広告の作成と手順は変わりません。


Googleカスタマーマッチのネックは個人情報の取扱

非常に効果が高く、差別化要素として活用しやすいカスタマーマッチですが、

  • 広告代理店側に顧客データの取り扱いを委託できないため、運用が困難。
  • 顧客データの抽出作成に、大きな工数がかかる。

といった課題から、導入に踏み切れない企業が多い状況があります。

この課題を解決するためには、広告代理店側で顧客データの取扱いをしない運用をする必要があります。

AD2(アドツー)について

個人情報の課題解消のためのツールが、AD2(アドツー)というサービスです。AD2の管理画面は広告主と広告代理店で分かれており、広告代理店側は個人情報に触れずに、リストを生成運用できるようになります。

費用

AD2は月額3万~でご提供しており、広告リストを作成した当月のみが課金対象となりますので、広告配信に合わせた費用捻出が可能です。

効果

AD2を活用した広告配信施策と通常施策では、6倍以上の費用対効果の差がついている事例があります。顧客データを活用した広告配信を、柔軟に運用できるインパクトは非常に大きいです。

また、個人情報取扱いに関するやり取り(都度の契約やデータの作成)を改善することで、コスト改善につながった事例も存在します。

AD2お問い合わせはこちら

AD2(アドツー)の資料は以下よりダウンロードすることが可能です。競合との差別化にぜひ自社顧客データの有効活用をご検討ください。

AD2の機能紹介資料を無料ダウンロード!|LISKUL資料ダウンロードサイトへ

※本記事はシナジーマーケティング株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。