ローカルリスティングとは?取り組むべき理由と、掲載するための方法

ローカルリスティングとは、ユーザーがGoogleで、場所に関する検索を行った際に表示される自然検索結果や検索広告以外に表示される情報の総称です。

Google検索やGoogleマップに表示される店舗の情報は店舗事業者にとって非常に重要です。

しかし、「ローカルリスティングを本当に重要な施策なのか判断できていない」「実際に始めたいけど、どうやって掲載すればいいのかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、ローカルリスティングについて、言葉の意味や重要性などについて説明したうえで、実際に情報を掲載するためにやるべきことなどをまとめています。

ローカルリスティングを多店舗で活用する方法


ローカルリスティングとは

ローカルリスティングは、ユーザーがGoogleで、場所に関する検索を行った際に表示される自然検索結果や検索広告以外に表示される情報の総称です。

リスティングと聞くと、広告掲載の印象がありますが、「広告以外」も含めた情報の総称がローカルリスティングであるという点をご理解頂ければと思います。

ローカルリスティングは、Google側で持つ情報ソースを元に生成されます。Googleの持つ情報ソースの中には、ウェブページなど、一般公開されている情報やユーザーや企業からの提供情報が存在します。

通常の自然検索結果のSEO対策と異なり、企業の意図とは関係なく、情報が掲載されていることもあるのが特徴です。

ローカルリスティングの掲載箇所

Google検索で、「地名×情報」を調べた際や、Google マップで検索を行った際に、「ナレッジパネル」や「ローカルパック」と呼ばれる箇所に表示されます。

検索やGoogleマップで「場所に関する検索」をした際に表示される検索結果▼

ローカルリスティングの費用

ローカルリスティングにかかる費用は自社で運用するか、代理店に任せるかで変わってきます。

ローカルリスティング自社で運用する場合代理店に依頼する場合
Googleマイビジネス無料1〜2万円前後
MEO対策無料1〜3万円/月
ローカル検索広告予算に応じて変動広告費の20%

自社で運用する場合は、ローカル検索広告の広告費用のみかかります。

代理店に依頼する場合はGoogleマイビジネスの初期設定費用、MEO対策の月額費用、ローカル検索広告の運用代行手数料がかかります。

参考:ローカル検索広告とMEOの使い分けとは?Googleマップ枠に自社情報を表示させて集客力アップ!
   MEO対策の費用相場や料金は?失敗しない業者や代理店の選び方や影響要素


企業がローカルリスティングに取り組むべき2つの理由

ローカルリスティングは自社の情報を優先的に検索結果に表示できるため、店舗集客施策として効果的です。

ここからは企業がローカルリスティングに取り組むべき3つの理由を解説します。

1.来店前のユーザーに情報提供し、来店を促せる

ローカルリスティングは店舗を探すユーザーにとっての来店前の情報収集源として利用されるため、店舗集客施策において重要なユーザーとのタッチポイントとなります。

どこの店舗に行くかを決めていないユーザーにとって、ローカルリスティングの情報は来店する店舗を決定するための重要な比較の情報源となります。そのため、ローカルリスティングに対しての対策を打つことは、店舗集客に対して大きな影響を与えます。

参考:【2020最新】Googleマップに広告?5分で分かる「ローカル検索広告」とは

2.ユーザーはローカルリスティングの情報を正しい情報と認識する

Google検索・Googleマップといった主要な検索ツールで、店舗情報を調べた際に、ローカルリスティングの情報が、自社サイトの店舗情報以上に見られる可能性があります。

ローカルリスティングの情報、店舗名や営業時間・場所などの情報が間違っていても、ユーザーは企業が運営しているものとみなして、企業側にクレームが発生することもあります。


ローカルリスティングに対して企業が取り組むべきこと

ローカルリスティングに対して、企業側で取り組めることは以下の2点です。

  • Googleマイビジネスの運用
  • ローカル検索広告の利用

Googleマイビジネスの運用

企業は、Googleマイビジネスを使ってローカルリスティングの掲載情報を管理することが可能です。

Googleマイビジネスとは、無料で活用できる店舗事業者向けのサービスです。

店舗に関する情報や写真・営業時間などを企業側で優先的に掲載することが可能な仕組みとなります。

ローカルリスティングで掲載される情報はGoogleマイビジネスの内容になるため、正しい情報を登録しなければなりません。

Googleマイビジネスの詳細に関しては以下記事を参照ください。

参考:Googleマイビジネスとは?活用すべき理由から登録方法まで解説
参考:【多店鋪・チェーン店向け】Googleマイビジネス攻略ガイドブック

Googleマイビジネスの運用の際には、以下2点を意識しましょう。

正確な情報の掲載

ローカルリスティングの情報は、店舗サイト以上に見られる可能性があることを認識しましょう。

店舗名や、住所、電話番号などの情報が正確に掲載され続けるように運用を行いましょう。

Googleの評価を高め、検討の選択肢に入ること

ユーザーが、検索するワードにより、ローカルパックという掲載形式で店舗情報が表示されます。

ローカルパックに掲載されるためには、Googleからの評価を得て3位以内に掲載をされることが必要です。

Googleからの評価を高めるためには、ローカルリスティングの情報を充実させることが必要です。

参考:ローカルパックとは?種類や表示されるためのポイントを解説

ローカル検索広告の利用

ローカル検索広告とは、ユーザーが検索した際にローカルパック内に掲載される広告を指します。

ローカル検索広告を活用することで、ローカルリスティング結果の中での自社の占有率を高め、検索ユーザーに対して店舗の認知機会を増やすことが可能となります。

ローカル検索広告はGoogleマイビジネスの登録情報をもとに広告を表示するため、Googleマイビジネスとの連携が必要です。

ローカル検索広告の設定方法やGoogleマイビジネスとの連携方法は以下記事を参照ください。

参考:ローカル検索広告とは?3つのメリットと、実際に始めるための広告設定ステップ
参考:Google広告による店舗集客を最大化させるGoogleマイビジネスの活用法


ローカルリスティングで店舗を上位表示させる2つの鉄則

ローカルリスティングは広告を配信したからといって、優先的に表示されるわけではありません。

「関連性」「距離」「知名度」の3つの軸をもとに評価され、広告の表示順位が変わります。

例えば、「代官山 カフェ」で検索した時、上記3つの評価が最も高い店舗の広告が優先的に表示されます。

そのため、広告の配信設定を綿密に行っても、効果が出ない可能性があります。上位表示されるためには、「Googleマイビジネスの情報を充実させる」「高評価の口コミを集める」という2つの鉄則を意識しましょう。

参考:広告表示オプションについて
   MEOとは?対策方法と上位表示のポイントを解説 | WEB集客ラボ byGMO(GMO TECH)

Googleマイビジネスの情報を充実させる

ローカルリスティングで上位表示を狙うならGoogleマイビジネスを充実させるのが効果的です。

前述した通り、ローカルリスティングはユーザーが検索したキーワードに対して、「距離」「関連度」「認知度」の評価が高い店舗を表示します。

その中でもGoogleマイビジネスを充実させることは「距離」「関連度」の評価を高める効果があります。Googleはローカル検索結果にGoogleマイビジネスの所在地や店舗情報、メニューや画像を精査し、キーワードと関連性の高い店舗を表示します。

ここでGoogleマイビジネスに所在地の情報や店舗の雰囲気がわかる画像、詳細なメニューを記載しておけば、キーワードの「距離」や「関連度」が高いとみなされ、上位表示される可能性があるのです。

また、Googleマイビジネスが充実しているとユーザーの求めている情報(営業時間やメニューなど)を提供できるため、目に留まりやすくなります。

Googleマイビジネスを充実させることは、ローカルリスティングで上位表示できる可能性も高くなりますし、結果的に集客効果にも繋がるのです。

Googleマイビジネスは無料で設定できるので、営業時間やメニュー、店の雰囲気がわかる画像などを投稿し、充実度を高めておきましょう。

参考:Googleマイビジネスの効果的な投稿作成・運用方法とは?

高評価の口コミを集める

Googleマイビジネスに高評価の口コミを集めることで、上位表示に関わる「認知度」の評価を高めます。

ユーザーが口コミを参考にして来店するように、Googleも口コミを重要視しています。高評価の口コミが多ければ、認知度が高くなり、上位表示が期待できるのです。

また、口コミは新規顧客の来店を促す一手となります。そのため、長期的な視点で注力すべきです。

高評価の口コミを集める方法としては、接客やサービスの質を上げ、顧客満足度を高めて「また訪れたい」「友達に紹介したい」と思ってもらうことが大切です。

口コミが投稿されたら高評価、低評価に限らず返信するように心がけましょう。返信されたユーザーは、個々の口コミに反応してくれたことを喜び、愛着を持ってもらえる可能性があります。

参考:【無料E-Book】Googleマイビジネスの「クチコミ攻略法」


まとめ

ローカルリスティングとは、Googleのローカル検索結果の総称を示した言葉です。

来店前のユーザーに情報を提供できるので、来店促進につなげられるのがメリットです。

またユーザーはサイト情報よりもローカルリスティングの情報を正しいものだと認識する傾向にあるため、ローカルリスティングに掲載されている情報に間違いがあるとクレームにつながる可能性があります。

以上2点から、店舗運営者はローカルリスティングを強く意識することが大切です。

ローカルリスティングに対して企業側で取り組めることは「Googleマイビジネスの運用」と「ローカル検索広告の利用」です。

Googleマイビジネスで情報の更新をすることで、ローカルリスティングの掲載情報を変更・管理することができます。

ローカル検索広告を利用すれば、ローカルリスティング内の自社占有率を高めることができ、ユーザーの認知機会を増やすことができます。

ローカルリスティングで自社・店舗の情報を上位表示させるためには、Googleマイビジネスの情報更新をこまめに行い、情報を充実させましょう。また、Googleマイビジネスで高評価の口コミを集めることも大切です。

【多店舗向け】ローカルリスティングで重要なGoogleマイビジネス攻略ガイド

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください