LINE広告は効果がでる?相性の良い業種や運用時のポイントを解説

「LINE広告の出稿を視野に入れている」
「LINE広告を利用していて、もっと効果を上げる方法を知りたい」

といった理由から、LINE広告の効果を具体的に知りたい方も多いはずです。

LINE広告は国内最大級のコミュニケーションアプリ「LINE」のトークの上部やタイムライン、LINEニュースなどに配信できます。

LINE広告を利用すれば、新規顧客獲得や売り上げの最大化といった効果を得られる可能性があります。

そこでこの記事では、LINE広告の効果や相性のいい業種、企業の成功事例をご紹介します。

LINE広告攻略テク7選(無料ダウンロード)

※本記事はソウルドアウト株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


LINE広告の効果が出やすい理由

LINEはユーザー数が他のSNSよりも圧倒的に多く、老若男女幅広いユーザーに配信できるため効果が出やすいです。

LINE広告が効果の出やすい理由を説明していきます。

今まで接触出来なかった新規ユーザーにリーチできる


引用:<LINE Business Guide 2021年1月-6月期>

LINE広告では、LINEアプリ独自のサービス内で広告を出稿することができるため、他の広告媒体では接触できなかったユーザーにもリーチできます。

例えばYoutubeやTwitter、Facebookは使用しないが、LINEだけは使用しているというユーザーが一定数おり、そのユーザー層へも出稿できるのです。

実際に他の広告ではリーチできないLINE広告ならではのユーザーに向けた広告を出稿し、成果を上げた企業もあります。

他の広告媒体では届けることのできない新規ユーザーにリーチできるのは、LINE広告ならではの効果になります。

月間アクティブユーザー(MAU)が多い


参考:2020年12月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

LINEは国内の主要SNSの中で群を抜いて月間アクティブユーザーが多いため、多くのユーザーにリーチすることができます。

他のSNSの2019年時点の月間アクティブユーザーはTwitterで4,500万人、InstagramやFacebookは3,000万人前後。これに対し、LINEは8,200万人以上のユーザーが利用しており、国内では圧倒的に利用者数が多いです。

利用ユーザーの母数が多いために、他の広告よりもたくさんのユーザーに広告を配信できます。

ターゲティングの精度が高い

LINE広告は前述した通り利用ユーザーが8,000万人以上と多いため効率よくデータを取得でき、精度の高いAIによって属性分けを行います。ユーザーの購入履歴を元に再度購入を促すような広告を配信したり、LINE独自のサービス内に対して自由に掲載面を選ぶことができます。

ターゲティングの使い方次第で国内をターゲットとした広告出稿で、新規顧客獲得や売り上げアップなど大きな成果を挙げられます。


LINE広告と特に相性が良い業種

LINE広告と特に相性がいい業種の特徴は、「検討期間が短い商品やサービス」を取り扱っている業種です。

検討期間が短く、ユーザーが何気なく広告を見た時に「これ欲しいな」と思うような商品やサービスであれば、LINE広告による効果は大きいでしょう。

以下では、LINE広告と特に相性の良い業種について具体的にご説明します。

健康食品、化粧品

健康食品や化粧品は特にLINE広告と相性がいいです。LINE広告では国内でも最大数のユーザーにリーチできる広告ですので、女性ユーザーに安価に大量にリーチしやすいです。

また、LINEニュース記事に記事LPで広告配信できるため、商品理解や訴求を高めることができます。

化粧品はイメージで衝動買しやすく、スキマ時間でLINEを見ているときにアプローチできるのは、ユーザーのタイミングとしても良いです。

ゲーム、エンタメ

若年層の比率が高いLINEの特徴を活かすことができます。

スマホゲームや映画、コミック配信サイトなど、若年層向けのコンテンツがそろっている企業広告はやはり若い世代への訴求効果が高く、CPCを効率よく上昇させることができます。

ゲームやコミックなども比較的短いサイクルで新しいものを試したくなるジャンルであり、スキマ時間のLINE閲覧時に広告配信できるため効果的です。ちょっとしたスキマ時間に面白いエンタメに出逢いたい、というユーザーのニーズと合致しています。

アパレルブランドのECサイト

ECサイトを展開するアパレルブランドも、LINE広告と相性の良い業種のひとつです。

特に若者向けのアパレルブランドは相性がよく、新規・リピーターの獲得につなげることができます。


LINE広告の導入で高い効果を実現した企業の成功事例3選

運用の方法次第で、LINE広告の効果を何倍にも高めることができます。実際にLINE広告を導入し、運用方法を工夫して高い効果をあげている企業の成功事例をみてきましょう。

LINE広告の利用で新規獲得率を530%アップさせることに成功したストレッチ専門店の事例


引用:新規獲得数を530%アップさせたDr.stretchのLINE広告活用とは|LINE for Business

ストレッチ専門店である「Dr.stretch(ドクターストレッチ)」を運営する株式会社フュービックでは、LINE広告を利用し、新規顧客率を大幅に改善しました。

元々、新規顧客を獲得する手段はビラ配りやポスティングなどのオフライン施策をメインに行っており、急速に事業進める中でスピード感のある集客に切り替えなければいけない、という課題がありました。

そこで、月間利用者8,000万人を超えるLINE広告を導入。LINE広告で配信した広告から自社LP2つなげ、ユーザーごとに近隣にある店舗へ誘導するよう設計しました。

その結果、新規顧客の獲得率はオフラインで集客を行っていた時に比べ、530%アップという驚異的な数字の改善効果が見られました。

参考:新規獲得数を530%アップさせたDr.stretchのLINE広告活用とは|LINE for Business

LINE広告の活用でCPAを257%改善した男性化粧品会社の事例


引用:CPAが257%改善!LINE広告とチャットボット活用によるナーチャリング施策|LINE for Business

男性向けの化粧水などを取り扱っている株式会社バルクオムでは、LINE広告を活用することでCPAを大幅に改善する効果が見られました。

男性向け化粧品を販売していくために、より幅広いユーザーへの訴求や顧客とのコミュニケーションが課題にありました。

そこで株式会社バルクオムでは、利用ユーザー多いLINE広告を利用。LINE公式アカウントの友だちを獲得するための「CPF」を活用し、友達を獲得しながら、チャットbotを活用する会話広告「fanp」を組み合わせるなーチャリング施策を実施しました。

その結果、CPF経由での定期購入のCPAが過去の広告配信時に比べて257%も改善することに成功しました。LINE公式アカウントの友達も獲得できたので、長期的なエンゲージメント施策も実施可能になり、LINE広告の効果による改善が大きく見られたのです。

参考:CPAが257%改善!LINE広告とチャットボット活用によるナーチャリング施策|LINE for Business

LINE広告の活用でCTR200%以上伸ばしたインタネットサービス会社の事例


引用:DeNAが実践!成果を出し続けるLINE広告運用のコツ|LINE for Business

若者向けのスマホゲームアプリの分野で知名度の高い株式会社DeNAは、LINE広告を利用することで他の広告媒体以上の成果を上げ、大幅なCTRの改善に成功しました。

株式会社DeNAでは、スマホゲームの新規顧客の獲得と休眠顧客の復帰という2つの課題を持っていました。他の広告を利用していたものの、LINE広告がリリースされたことを機に広告運用を開始。

その結果、他媒体での広告以上の効果を出し、LINE広告が占めるシェアは株式会社DeNAノ運用広告全体でシェア率がトップになるほどでした。

さらに、LINE広告のクリエイティブを調整することで、従来のCTRと比べて200%以上アップし、さらにはCVRお110%上昇という脅威の伸び率を達成しました。

参考:DeNAが実践!成果を出し続けるLINE広告運用のコツ|LINE for Business


LINE広告の費用対効果を高めるための運用方法

同じLINE広告でも、運用方法によって費用対効果がまったく異なります。LINE広告の費用対効果をより高めるための運用方法についてチェックしておきましょう。

自動入札を活用する

自動入札を活用することはLINE広告の効果を最大限受けるために必要です。というのも、自動入札を導入すると、LINE広告のAIにより、CV数に応じて適切な額で広告配信をおこないます。

その結果、CPAが改善され、低予算で最大限の成果を上げることが可能になります。

本来、LINE広告の運用にあたっては、予算の設定、最低入札価格、イベントの回数など、決めなければならないことがいくつもあります。

それらのプロセスをひとりで進めていたのでは作業が膨大になり、負担がかなり大きいです。しかし、自動入札を利用すればCPAだけでなく、コスト改善にもつながるため、積極的に自動入札を利用しましょう。

自動入札には、「バランス型」、「効率重視型」、「予算消化重視型」の3つの方式がありますので、目指す状態に合った方式を選びましょう。

クリエイティブを2週間~1ヶ月単位で追加する

LINE広告で何よりも重要なのはクリエイティブです。一定の効果があるからといって、長い期間同じクリエイティブばかり配信していると、ユーザーにも飽きられてしまいます。

一度のクリエイティブ作成で終わるのではなく、ユーザーニーズを調査しながらクリエイティブの追加を行いましょう。

リマーケティングを活用する

リマーケティング広告とは、「過去に一度、自社サイトを訪問したことがあるユーザーにむけて配信する広告」のことです。訪問履歴のあるユーザーはそうではないユーザーに比べて購買意欲が高いと考えられるため、リマーケティング広告を適切に運用することでコンバージョン率をより高めることができます。

類似オーディエンスを活用する


引用:類似オーディエンス|LINE for Business

新規ユーザーの獲得に効果が期待できるのが、類似オーディエンスです。

例えば、既に自社商品を購入したことがある人に、類似したユーザーへ配信することができます。

まったく未開拓のユーザーにむけてアプローチするよりも、購買行動が似ているターゲットにむけてアプローチしたほうが広告効果が得やすいです。

LINE広告なら、類似オーディエンスの作成もいくつかのステップで行えますので、実施しやすいです。

動画広告を活用する

静止画広告よりも動画広告のほうが目に止まりやすい傾向があります。特に、エンタメ系の商品やサービスの場合、動画広告によって大々的に訴求することで新規ユーザーの獲得につながることがあります。

動画広告は多くの情報を盛り込めるので、積極的に利用しましょう。


まとめ

LINE広告はユーザーリーチ数が国内随一で、使いこなせば大きな効果が見込めます。
ですが、得られる効果は業種や運用方法によって大きく変わることに注意しましょう。

LINE広告を効率的に運用することで、新規ユーザーの獲得やリピーターの囲い込みにつなげることができ、ビジネスを成長させることができます。

効果が出るように自動入札やクリエイティブの追加、動画広告、類似オーディエンスなどを組み合わせ運用方法を工夫しながら、LINE広告を配信してみてはいかがでしょうか。

LINE広告攻略テク7選(無料ダウンロード)

【連載】LINE広告攻略法 (インタビュー記事

当サイトLISKULでは「LINE広告」の最新攻略法を複数の記事で説明しています。


  1. 【2020年最新】LINE広告(旧:LINE Ads Platform)スタートガイド!費用や効果、CPA相場や設定方法と詳細資料
  2. 最低30万の予算は確保すべき!LINE広告の費用とコスパの良い運用のポイント
  3. LINE広告の代理店選びで絶対に失敗しない7つの必勝ポイントとおすすめ代理店5選
  4. LINE広告で獲得数を2.5倍にした運用者に現場の最新状況を聞いてきた(2020年10月版)
  5. LINEニュース(LINE NEWS)に誰でも広告が出せる!特徴や出稿方法、成功事例を丁寧に解説
  6. Web担当者必見!LINEの媒体資料を広告プロダクト別に厳選まとめ
  7. LINE広告(旧:LINE Ads Platform(LAP))で設定できる全ターゲティングを徹底網羅!オススメや事例も解説
  8. LINEダイナミック広告(LINE Dynamic Ads)とは?特徴や事例・出稿方法を解説
  9. LINE広告の運用で絶対見直したい5つの設定!成果に繋がる改善方法を解説
  10. LINE動画広告の特徴や向いている企業・成功のポイントを徹底解説
  11. LINE広告は効果がでる?相性の良い業種や運用時のポイントを解説
  12. 【初心者向け】LINE広告の出稿方法を丁寧に画像つきで説明
(あわせて読みたい資料)
  1. 成功&失敗事例から紐解く【LINE広告】攻略法
  2. LINE公式アカウントでリピーターを増やす運用支援サービス【ライクルL】
  3. 非対面型オンライン接客時代のLINE公式アカウント活用術

※本記事はソウルドアウト株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。