【2021年最新版】LMS(学習管理システム)おすすめ66選。料金体系・機能・使用感などを厳選比較

LMSは社内研修やeラーニングの進捗状況を集約し、管理できるツールです。近年、社員教育にWebやクラウドによるeラーニングサービスとともに、活用する企業が増えています。

社内研修や社員教育においては、学習の進み具合は従業員ごとに進捗に差が生まれてしまうものです。企業の担当者が各従業員の状況を確認し、フォローするのは簡単なことではありません。LMSを活用することで企業は従業員の学習状況を管理しやすくなります。

LMSは従業員の学習状況を管理する企業の担当者にとって、とても頼もしい存在です。LMSを導入することで、学習の管理にかかる手間や時間を大幅に軽減できます。

一方で、LMSを新たに導入するためには、多くのサービスを見比べ、情報を比較する必要があります。中には次のような疑問を抱いている企業も多いはずです。

  • 導入と運用にはどのくらいのコストがかかるのか
  • PCだけでなく貸与しているスマホやタブレットでも見れるか
  • 出欠や進捗も管理確認ができるか

今回は上記のような思いを抱いている方向けに、LMSの比較ポイントとおすすめサービス66種を紹介します。

おすすめサービスのピックアップ方法としては、検索上位10位までの紹介サイト6個を調査し、紹介されているLMSをスコアリングしました。各サイトで紹介頻度の高いものを登場回数順にまとめなおしているので、この記事を読めば効率良くLMSについての情報を入手できるはずです。


AirCourse/KIYOラーニング株式会社

  • 動画研修コースが受け放題。
  • 自社の研修動画も簡単に配信できる。
  • 初期費用0円で低コスト。
初期費用0円
料金■フリー:0円
■ベーシック:月額360円/ユーザ
■コンテンツプラス:月額600円/ユーザ
階層別研修要問い合わせ
管理機能管理レポート機能、研修管理機能(出欠管理、受講履歴、実施履歴)
動画機能あり
教材作成機能要問い合わせ
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業株式会社 MS-Japan、株式会社 エムエム総研、株式会社SHIFT、第一勧業信用組合、株式会社ネオキャリア など
導入実績要問い合わせ

KnowledgeDeliver/株式会社デジタル・ナレッジ

  • 2,000以上の導入実績。企業・官公庁・医療機関など実績多数。
  • PCはもちろん、スマートフォン・タブレットでも学べるマルチデバイス対応。
  • 年4回のバージョンアップで、ニーズやトレンドに合わせた新機能を追加し、最新クライアント環境にも対応。
初期費用要問い合わせ
料金■KnowledgeDeliver
・100ユーザライセンス:500,000円/100ユーザ
・1,000ユーザライセンス:1,000,000円/1,000ユーザ
・サーバライセンス(ユーザ無制限):3,000,000円/サーバ
■KnowledgeDeliver AMSオプション
・100ユーザライセンス:250,000円/100ユーザ・1,000ユーザライセンス:500,000円/1,000ユーザ
・サーバライセンス(ユーザ無制限):1,500,000円/サーバ
※その他、年間保守費用や操作研修費用についてはHP参照
階層別研修要問い合わせ
管理機能■受講者・教材管理
■受講履歴、受講者別・教科別での学習進捗といった学習状況管理
■大学・専門学校での成績・出席管理や企業内研修でのスキル・資格管理など、利用シーンに応じたシステムのカスタマイズ可能
■集合研修、読書などすべての学習履歴を統合管理できるプラットフォーム「KnowledgeRecorder」との接続(※オプション)
動画機能動画教材の作成・配信機能あり
教材作成機能■PowerPoint、PDFから作成が可能
■音声・映像・テロップ・アニメーションを使用したスライド教材も作成可能
■フォルダアップロード、Webページ参照にも対応
■様々な形式のテスト作成可能
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業沢井製薬株式会社、経済産業省中小企業庁、慶應義塾大学、大阪府済生会吹田病院 など
導入実績2,000以上

playse. eラーニング/株式会社manebi

  • 3,000のレッスンが追加料金なしで見放題。
  • 「誰が」「どんな教材を」「どこまで」「何時間受講したか」「テストが何点だったか」などをレポートで把握できる。
  • 様々な条件で受講者にメールを配信可能。
初期費用100,000円
料金■月間利用者30人まで:15,000円/月
■月間利用者31~500人:500円/月/人
■月間利用者501~1,000人:400円/月/人
■月間利用者1,001人以上:300円/月/人
階層別研修要問い合わせ
管理機能■誰が、どんな教材を、どこまで受講したかなどをレポートで把握
■支店・チームごとの管理が可能
動画機能■様々なジャンルの教材3,000レッスン動画を配信
■撮った動画を自社教材として使用可能
教材作成機能動画・スライド・PDFなどで自社教材の作成が可能
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業要問い合わせ
導入実績1,000社

CAREERSHIP/株式会社ライトワークス

  • 上場企業売上TOP100社の47%が導入した統合型システム。
  • 日・英・中(簡・繁)の四言語に対応。
  • 大手金融機関がクラウドで利用する高度なセキュリティ対応。
初期費用要問い合わせ
料金ユーザーID数、契約期間、利用する機能数(オプションの有無)で変動するため要見積り
階層別研修要問い合わせ
管理機能■受講者ごと、教材ごとの受講状況管理
■配信や進捗の管理を、部署・プロジェクト・グループ単位で行える
■研修、スキル管理
■アンケート/レポート配信
■コース/コレクション管理
動画機能■eラーニングの動画ストリーミング配信機能
■動画を使用した教材作成のほか、録画したものを動画配信することも可能
■外部のWEB会議システムや動画配信システムとの連携
教材作成機能■PowerPoint、Excel、HTML、PDFを活用した教材作成可能
■教材作成ツールを用いて、社内資料をもとに短時間でオリジナル教材を作ることも可能
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業大日本製薬株式会社、アサヒビール株式会社、TDK株式会社 など
導入実績要問い合わせ

LearnO/Mogic株式会社

  • 法人700社、35万人以上が利用。
  • 月額4,900円の業界最安値帯料金から提供。
  • 最短1ヶ月から利用できる。
初期費用なし
料金■4900円プラン:4,900円/月(ユーザー数50人まで)
■eラーニング標準プラン:14,900円/月(ユーザー数100人まで)
■eラーニング教育設計プラン:要見積り
※税別価格
※4900円プラン・eラーニング標準プランに関して、ユーザー数に応じた料金の詳細はHP参照
階層別研修要問い合わせ
管理機能■受講履歴、成績管理
■受講者のグループ管理
■学習者へのメール配信
■CSVデータでの一括管理
■アンケート集計
動画機能■動画での受講
■ライブ動画配信サービス
教材作成機能■PDFをスライド教材としてアップロード可能
■Word・PowerPointの社内教材をもとに、eラーニング教材の制作を受付(制作会社の紹介)
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業株式会社セブン銀行、オルビス株式会社、アウディジャパン販売株式会社 など
導入実績700社以上

Smart Boarding/株式会社FCEトレーニング・カンパニー

  • リアル研修を極めた研修会社がつくるオンライントレーニング。
  • インプットだけではなく、4つの手法のオンライントレーニングでアウトプットを繰り返す。
  • 学習進捗の確認状況やテストやレポートにより、学習の理解度を⼀括で確認可能。
初期費用要問い合わせ
料金基本料金1IDあたり980円/月
※契約は30ID以上より。
※契約ID数によりボリュームディスカウントが可能。
階層別研修■新入社員コース
■若⼿中堅コース
■マネージャーコース
管理機能要問い合わせ
動画機能動画教材を内包。⾃社で保有している動画とSmartBoardingに内包されている動画をミックスさせたハイブリッドな研修コースの構築も可能。
教材作成機能直感的に必要動画をドラッグアンドドロップしていけば数分で研修プログラムが作成可能。
対応デバイス要問い合わせ
導入企業株式会社アートネイチャー、株式会社ぐるなび、株式会社みずほ総合研究所 など
導入実績要問い合わせ

SAKU-SAKU Testing/株式会社イー・コミュニケーションズ

  • 豊富な導入実績で、システムだけでなく、サービス開発・コンテンツ開発も支援。
  • 低コストで小さくスタートが可能。
  • 事務局運営代行など、事務処理もサポート。
初期費用要問い合わせ
料金■サクテスライト30(利用者人数30人~/提供ID数30~):1ID月額 680円~
■サクテススタンダード300(利用者人数300人~/提供ID数300~):1ID月額 390円~
階層別研修要問い合わせ
管理機能■問題・受講者一括登録機能
■集計機能
■進捗管理機能
■リマインドメール・メルマガ送信機能
動画機能■撮影スタジオ手配からビデオ教材制作まで動画教材制作をトータルサポート。
■ネットワークスピードやPC、スマートフォンなどに最適な画質提供が可能。
■CDNネットワーク対応。
教材作成機能パワーポイント、動画、HTMLスライド、音声、テキストなど多様な学習コンテンツの配信が可能。中でもドリル教材は、エクセルで簡単に作成可能。
対応デバイスPC、ガラケー、スマホ、タブレット
導入企業KLab株式会社、株式会社トリドールホールディングス、一般社団法人 日本人材派遣協会 など
導入実績累計導入社数1300社

ek-Bridge/パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

  • シンプルでわかりやすい操作性とフレキシブルな管理機能。
  • 教育用途だけでなく、PowerPoint等の各種資料を登録でき情報共有にも使える。
  • 日・英・中の3ヵ国語で表示言語を切り替え可能。テスト、アンケートもそれぞれの言語で登録できる。
初期費用10万円
料金■モデルケース
登録ID数:500
同時ログイン数:10
想定年間費用48万円(税抜)
階層別研修要問い合わせ
管理機能■8種類のカリキュラム(eラーニング、テスト、アンケート、資料ダウンロード、動画、修了証、研修、レポート)を登録可能。
■カリキュラムの組み合わせと受講制御機能で、コースを自由に設定。
■受講者の進捗管理をサポート。
動画機能■動画配信機能(オプション)
教材作成機能■SCORM1.2規格のほか、HTMLコンテンツの掲載が可能。
■PDF、Word、Excel、Powerpointなど、ファイルタイプを問わずアップロードして共有が可能。
■PowerPointやテキストファイルをWebコンテンツに変換することができるコンテンツ作成ソフトの提供(オプション)
対応デバイスPC(Windows・Mac)、スマートフォン(受講者のみ)、タブレット(受講者のみ)
導入企業株式会社沖縄銀行、株式会社ワコールホールディングス、名古屋鉄道株式会社 など
導入実績要問い合わせ

eラーニングマネージャーZ/株式会社ジンジャーアップ

  • 一目で自分の進捗状況がわかり、次に何をしなければならないかが一目瞭然。
  • ミルビー・vimeo・ YouTubeのストリーミング形式動画配信システムと連動。
  • 各提供形態ごとに明確な料金がメニュー化され、見えないランニングコストが発生しない。
初期費用■専用クラウド版
ライセンス(初回のみ):1,000,000円~
設置設定費:200,000円(~10,000名の場合はなし)
■オンプレミス版
無制限ライセンス料:6,000,000円
設置・設定費(交通費別途):200,000円
■ASP版
要問い合わせ
料金■専用クラウド版
年間サポートパック(5年間継続):200,000円~
年間利用料:960,000円~
■オンプレミス版
年間サポートパック(ソフトウェア):1,200,000円/年
■ASP版
基本月額使用料(ディスク使用量2GBまで):0円
保守料:10,000円/月
SMTP(メール)サーバー利用料:1名あたり100円/月
階層別研修要問い合わせ
管理機能■組織構成に合わせたグループ管理。
■様々な情報の CSV 一括登録/一括削除。
■詳細な履歴管理。
■多彩な自動メール送信機能。
■アンケート結果の集計グラフの自動生成。
■集合研修管理。
動画機能■複数の動画配信サービス(ミルビー, vimeo, YouTube)と連動。
■動画コンテンツを学習教材として配信。
■ライブ配信に対応することも可能
教材作成機能要問い合わせ
対応デバイスPC(Windows・Mac)、スマートフォン・タブレット(Android・iPhone・iPad)
導入企業日本通信紙株式会社、ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
導入実績要問い合わせ

BISCUE LS/株式会社シュビキ

  • ビジネス教育用の2,000コースを幅広く用意。
  • 11言語対応で、世界中9,000を超える企業での利用実績。
  • 全てのコースが、スマホ・タブレット対応。
初期費用要問い合わせ
料金■1年間定額制・海外同一料金
■100コース・100アカウント:420,000円(税別)~
※コース数・アカウント数に応じた各料金はHP参照
※無料・有料オプション各種あり。詳細要問い合わせ
階層別研修■内定者・在宅新人研修
■若手社員・中堅社員研修
■新任管理職・リーダー研修
■社会人基礎力研修
管理機能■学習履歴・受講管理
■組織ごとのコンピテンシー管理
※一部オプション機能
動画機能要問い合わせ
教材作成機能「BISCUE CMS(コース作成管理システム)」を使用したオリジナルコースの作成可能
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業要問い合わせ
導入実績9,000社

iStudy LMS/株式会社クシム

  • プログラミングやマルチメディアの専門的な知識がなくても、手軽にコンテンツ作成が可能。
  • 作成したコンテンツを、iPhone・iPad・Androidなどで学習できる。
  • コンテンツ再生速度を「1倍速」「1.5倍速」「2倍速」から選べる。
初期費用要問い合わせ
料金要問い合わせ
階層別研修要問い合わせ
管理機能■学習進捗・テスト履歴・学習結果管理
■集合研修管理
■経験・スキル管理
動画機能ビデオファイルを使用したコンテンツの作成が可能
教材作成機能■PowerPointのスライドをeラーニングに変換可能
■画像ファイル、フラッシュアニメーションなど既存のマルチメディアと連携したリッチコンテンツの作成
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業ウエルシア薬局株式会社 など
導入実績要問い合わせ

光Webスクール/エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社

  • 学習に最適な映像制作を編集のプロフェショナルがお手伝い。
  • 受講者の視聴状況や理解度を把握して確実にフォローアップ。
  • パソコン・タブレット・テレビなどさまざまな端末での学習に対応。
初期費用■光Webスクール基本料:470,000円(税抜)
■映像コンテンツ設計:240,000円(税抜)
※映像編集制作(スポット料金)や依頼内容により変動。詳細は要見積り
料金■光Webスクール基本利用料:110,000円(税抜)■LMS利用数:270円(税抜)/ID
※基本利用料にディスク容量100GB含む。100GBを超える場合は1,000円/GBの従量料金が発生
※依頼内容によって変動。詳細は要見積り
階層別研修要問い合わせ
管理機能■研修受講履歴、成績管理
■進捗管理支援
■アンケート管理
■教材登録
動画機能■動画配信機能(ストリーミングサービスを併用すればライブ配信も可能)
■映像の編集制作請負
教材作成機能■動画編集のプロによる研修動画作成
■PPT資料(スライド)と研修動画を合わせた編集が可能
対応デバイスPC(Windows®、MacOS)、スマートフォン(Android、iPhone)、タブレット(Windows®、Android、iPad)
導入企業立命館大学エクステンションセンター、株式会社成基、株式会社浜学園 など
導入実績要問い合わせ

サイバックスUniv./リスクモンスター株式会社

  • 職種別・業種別に、550以上のコースを用意。
  • 定額制と従量制の選べる料金体制。
  • 管理担当者はもちろん、受講者からの問い合わせもカスタマーセンターにて対応。
初期費用■会費制サービス(レギュラーパック)
・入会金:50,000円(税抜)/会員ID
料金■会費制サービス(レギュラーパック)
・月額料金:60,000円(税抜)/1~100名
・会費内サービス:eラーニング、公開研修、与信管理セミナー、社員研修ポータル、オリジナルeラーニング島再機能、自社ロゴ設定サービス
※人数に応じた月額料金の詳細、有料オプションはHP参照
■従量制サービス
・年会費:12,000円(税抜)/会員ID
・対象コースや研修方法により月額料金変動。詳細HP参照
■研修講師派遣サービス/オリジナルeラーニング作成サービス/運用代行サービス
・詳細要問い合わせ
階層別研修■新入社員/内定者研修
■若手社員研修
■中堅社員研修
■新任管理職研修
■管理職研修
管理機能ASP型受講管理システム「社員研修ポータル」の提供
■管理者機能
・ユーザー管理
・受講設定、管理
・講座設定
・メール配信 など
■利用者機能
・受講申込
・レポート提出 など
動画機能■動画から教材(eラーニング)を作成し配信可能
■動画の企画構成、撮影~編集などの依頼も可能
教材作成機能PowerPointから教材(eラーニング)を作成し配信が可能
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業ニューコン株式会社 など
導入実績2,200社以上

etudes/アルー株式会社

  • マニュアルなしで直観的に使える、優れたUI/UX。
  • 数人〜数十万人規模で運用できる、緻密な管理機能。
  • クラウド型のため、セキュリティと利便性を両立。
初期費用なし
料金要問い合わせ
階層別研修■新入社員/内定者向けeラーニング
■新任管理職向けeラーニング
■管理職向け
■現場リーダー向け など、レンタル研修教材を豊富に提供
管理機能■受講状況・履歴管理
■集合研修の申込・出欠管理
■組織情報・社員情報管理
■テスト・アンケート配信
動画機能■動画教材のストリーミング配信
■Zoom、Teams、Webexなどのリンク設置によるオンラインライブ研修
■撮影した動画によるオリジナル教材の作成
教材作成機能■PowerPoint、Word、Excel、PDFを研修教材として使用可能
■SCORM2.1規格に対応。あらゆるデータのeラーニングコンテンツ化が可能
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業住友ゴム工業株式会社、株式会社日経BP、株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ、株式会社ボンズコミュニケーション など
導入実績要問い合わせ

Schoo(スクー)法人向けサービス/株式会社Schoo(スクー)

  • 1,600社以上の導入実績。
  • 70種類以上の研修パッケージで自社にぴったりの研修を設計。
  • 365日更新される授業で視野が広がる。
初期費用要問い合わせ
料金月額1,500円(税込)/ID
※契約は20ID以上より
※ボリュームディスカウントあり。詳細は要問い合わせ
階層別研修■全職種向け
■新入社員・内定者向け
■若手社員向け
■中堅社員向け
■管理職・リーダー向け
■派遣社員向け
管理機能■受講状況・学習時間などの受講管理
■オリジナル研修の作成・管理
■レポート提出機能
動画機能■動画によるオリジナル学習コンテンツを企画から制作までサポート
■受講生参加型の生配信も可能
教材作成機能■オリジナル研修の作成
■学習動画の作成依頼可能
対応デバイスPC、スマートフォン、タブレット
導入企業株式会社博報堂アイ・スタジオ、株式会社小学館集英社プロダクション、神戸情報大学院大学 など
導入実績1,600社以上

その他おすすめのLMS

iTutor
eden LMS
LearningWare
TANREN ナレッジシェアアプリ
資格スクエアクラウド
KnowledgeC@fe
Platon
ひかりクラウド スマートスタディ
NetLearning
Generalist/LW
E-learningASP
Generalist/LM
Teachme Biz
Learning Tracker
Coursebase
shouin
Cloud Campus
Winning Together
viaPlatz(ビアプラッツ)
SmartBrain
学び~と
Livemo
オフィスク
TOP ESLオンライン英会話
ClipLine
brandacademy
High Output Manager
研修素材.com
Multiverse
WARK
コーナーストーン ラーニング
アルフラーニング
学びばこ
EGG
エレファンキューブ:オリジナルeラーニングコンテンツ制作
クラストリーム
かんたんeラーニング
LearningWare
MENTER
識学
派遣のミカタ
business pocket
Seculio
eラーニングライブラリ
Moodleサービス
LStep
ITBee
StudySmile
Canvas LMS
ブランドアカデミー
SmartSkill Campus


LMSの比較ポイント

まず、LMSを選ぶ際に比較するポイントを紹介します。多くのLMSをすべての面で比較するのは困難です。自社に合うサービスを効率良く選ぶために、次の3つのポイントに着目して比較してください。

1. 料金体系

LMSの利用料金は大きく2つの形で発生します。1つはアカウント数ごとに費用が発生する従量課金制です。もう1つは50名~100名、300名~400名といった人数枠に対して料金が決まる定額制です。

少数メンバーの組織には従量課金制が、従業員数の多い企業には定額制の料金プランが適しています。LMSの料金体系を確認する際には想定される利用人数・必要なアカウント数を把握したうえで、検討する必要があります。

また、従業員数が多い企業の場合は、最初は部門を限定して利用を開始する方法も有効です。大きな組織になればなるほど、LMSを利用するためのコストは高額になります。無料トライアルやアカウント数を制限し、導入を試みる方法も検討してみてください。

LMSの料金は月額費用を指す場合が一般的ですが、中には初期費用がかかるシステムもあります。コスト面を確認する際には月々の料金に加えて、初期費用の有無についても確認が必要です。

LMSは導入後、長期的に活用していくことになるサービスです。導入に向けて比較する際には、長く使い続けるために納得できる料金体系になっているかどうかを検討してください。

2. 機能

LMSが果たす役割は学習状況の集約と管理ですが、システムが持つ機能はサービスによってさまざまです。例えば、LMSが持つ機能には下記のようなものがあります。

<LMSの代表的な機能>

  • 学習状況の集約と管理
  • 受講履歴の確認
  • タブレットやスマホでの表示最適化
  • 従業員ごとの進捗可視化
  • 学習段階のステップ登録
  • アラート機能
  • コミュニケーション機能(チャットや掲示板)など

サービスごとに差はあるものの、LMSは一般的に上記のような機能を搭載しています。導入時には、自社で利用するイメージを明確にし、使いたい機能があるかどうかを確認してください。

導入後に「こんな機能があったら良いのに」という思いを抱くことがないように、あらかじめ確認する必要があります。また、LMSによっては自社に最適な形にカスタマイズできるものもあります。

既製品よりもコストや手間がかかりますが、自社の既存ツールに機能を近づけたいという場合は、「カスタマイズできるかどうか」という観点で検討するのも1つの方法です。長期的に使用するツールなので、自社が持つニーズを網羅するシステムを慎重に選んでください。

3. 使用感

最期の比較ポイントは使用感です。LMSは日常的に使用することになるシステムですので、使用者となる従業員から「使いにくい」、「わかりにくい」といった印象を持たれることは回避しなくてはなりません。

導入前には画面のスクリーンショットや解説動画、説明資料にしっかりと目を通し、ツールの使用感について確認する必要があります。中にはデモ動画や無料トライアルを用意しているサービスもありますので、実際に使用している様子をチェックすることが大切です。

LMSは一度導入すると簡単には入れ替えがしにくいツールですので、できる限り導入前に使用感を確かめてください。デモやトライアルでの確認が難しい場合は、クチコミやレビューを参考にするのも1つの方法です。

実際に使用してみないとわかりにくいものですが、使用者の声からも使いやすさをイメージできるはずです。導入後の使いにくさのために、使用頻度・更新頻度が低下するという事態をまねかないように、いろいろな情報を参考にして使用感を確認してください。

以上の3点がLMSの比較ポイントです。LMSは長期的に活用することになるツールです。LMSを比較する際には、「導入してみてからわかった」と思うことがないように、事前にしっかりシミュレーションし、検討しましょう。


まとめ

この記事では66種類のLMSを紹介しました。導入を検討する際には、料金体系・機能・使用感について比較することをおすすめします。本記事の情報を参考に、自社にフィットするLMSを見つけてください。