【ジャンル・掲載場所別】雑誌広告の料金相場・料金を抑える方法

eyecatch_220412_1

「雑誌広告の料金相場を知りたい」
「雑誌広告は雑誌のジャンルごとにどのくらい広告料金が違うのか知りたい」
「雑誌広告のサイズ別など諸々の料金体系の相場が知りたい」

雑誌広告掲載料金について調べてみたけれど、それぞれの出版社や雑誌ごとに広告出稿費はさまざまで、どうやって選べばいいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、雑誌広告を出稿する際の各種料金相場、コストをうまく抑えるポイントなど、雑誌広告の活用未経験者に必須の知識を網羅的に解説しています。

本記事を読むことで、雑誌広告の料金相場が分かり、どうやって料金を抑えれば良いのかが分かります。

【e-book】雑誌広告の効果を最大化するWeb広告との併用メソッド


雑誌広告の料金相場

雑誌広告の料金相場について、「ジャンル別」と「掲載場所別」の料金相場を解説します。

ジャンル別の料金相場

以下はジャンル別の雑誌広告出稿における料金相場です。

*広告スペースはいずれも4c1p(4色カラー1ページ)

ジャンル(主要雑誌)1回掲載あたりの定価相場(税別)
男性総合誌約90万~200万円
男性ヤング誌約150万円
男性ヤングアダルト誌約150万円
男性ミドルエイジ誌約120万~180万円
男性シニア誌約140万円
総合/女性週刊誌 約170万円~240万円
女性ティーンズ誌 約120万~140万円
女性ヤング誌約150万~240万円
女性ヤングアダルト誌約140万~270万円
女性ミドルエイジ誌約140万~210万円
女性シニア誌約110万~115万円
ビジネス・マネー誌 約77万~252万円
生活実用情報誌 約170万~250万円
テレビ情報誌 約190万~200万円
モノ・トレンド情報誌 約130万~180万円
ナチュラルライフ誌 約170万円
ビューティ・コスメ誌 約150万円
パソコン・コンピュータ誌 約70万~146万円
他趣味・専門誌 約50万~130万円
健康誌 約125万円
業界・技術専門誌 約45万~124万円
エンタテインメント情報誌 約110万円
エリア情報誌 約50万~85万円
自動車・オートバイ誌 約70万円

参考:雑誌広告|広告ダイレクト

一般的に発行部数の多い雑誌ほど広告出稿料金が高くなる傾向があります。

逆に、ニッチな分野の雑誌ほど発行部数が少ない傾向があるため、比較的安く広告出稿できる可能性が高いです。

ニッチな分野ほどコアなファンが購読している可能性が高いため、雑誌と広告の相性次第では高い集客効果が見込めるでしょう。

掲載場所別の料金相場

以下の表は、印刷証明付き発行部数(集計期間2017/7-2017/9)上位5誌に広告出稿した際の料金目安になります。
掲載面の意味は次章で解説します。

雑誌名発行部数表四4C1P表三4C1P表ニ4C1P4C1P1C1P
週刊文春643,333 240万円 145万円195万円
(表ニ4C1P)
185万円 108万円
週刊現代 462,000 245万円 150万円 380万円 185万円 106万円
週刊新潮 434,241 220万円 140万円 350万円 170万円 100万円
週刊ポスト 367,818 260万円 165万円 430万円 200万円 120万円
週刊プレイボーイ 178,182 220万円 185万円 380万円 185万円 70万円

参考:週刊文春 広告料金など媒体概要|san-an
   週刊現代の媒体データ|san-an
   週刊新潮の媒体データ|san-an
   週刊ポストの媒体データ|san-an
   週刊プレイボーイの媒体データ|san-an
   印刷証明付部数|日本雑誌協会

実際に広告出稿する際は、契約条件等によって料金が割引される可能性もあるので、雑誌広告出稿媒体の選定の際は、直接各社に問い合わせしてみるといいでしょう。


雑誌広告の料金の変動要素

雑誌広告の出稿料金は主に以下の要素によって変動します。

  • 色数(モノクロ・カラー:4色・2色など):色数が増えるほど高額になる
  • 広告のサイズ:広告サイズが大きくなるほど高額になる
  • 掲載面:視認性が高く、人気の掲載面ほど高額になる

以下の表は雑誌広告の掲載面をまとめたものです。

名称掲載場所
表4(ひょうよん) 裏表紙のカラー1頁。
最も露出度が高い。
表2(ひょうに) 表紙裏のカラー1頁。
表4に次ぐ露出度。
表3(ひょうさん) 表4裏(裏表紙の裏)のカラー1頁。
表2に次ぐ露出度。
4C2P(カラー見開き) カラーの見開き(2ページ)
4C1P(カラー1頁) カラーの1ページ
1C1P(モノクロ1頁) モノクロの1ページ
1C1/2P(モノクロ1/2頁) モノクロの1/2ペース
1Cタテ1/3P(モノクロ・タテ1/3頁) モノクロのタテ1/3ページ

参考:広告スペースの種類|HRKS


雑誌広告の料金の内訳

雑誌広告を出稿する際に掛かる料金は、以下の2つの内訳で構成されます。

  • 媒体費(掲載費)
  • 原稿制作費

媒体費(掲載費)

媒体費(掲載費)は雑誌に広告を掲載するための費用です。

媒体費には基本的に広告制作料金は含まれていません。

前述の通り、発行部数が多い雑誌ほど掲載費が高額になる傾向があります。

また発行部数が同程度でも、それぞれの雑誌ごとに料金体系(配色・サイズ・掲載面ごとの料金)が異なる場合が多いため、実際の掲載費は直接媒体社に問い合わせるといいでしょう。

原稿制作費

原稿制作費は広告のデザインを作成するための費用です。

料金体系は各社でさまざまなケースが多々ありますが、基本的な目安として掲載料金の25〜40%の範囲が一般的です。

その他にも、一流のコピーライターに原稿制作を依頼するなどの場合は、より高額になるケースが考えられます。

昨今では原稿制作費を軽減するために、Adobe Photoshopなどのツールを使用してデザイン制作を内製化しているケースも多くなってきています。

素材からデザインの見本などを自社で用意できれば、制作会社の作業負担が減るため、その分制作費は安くなるでしょう。


雑誌広告の料金の調べ方

雑誌広告の掲載料金を調べる方法は主に以下があげられます。

  • 各出版社に直接問い合わせる
  • 広告代理店に問い合わせる
  • 各社の雑誌広告出稿料金を検索できるプラットフォームを利用する

各出版社に直接問い合わせる

各出版社のホームページに記載の電話番号やお問い合わせホーム、雑誌に記載の連絡先から直接連絡することができます。

広告枠の空き具合や広告出稿した際の割引目安など、直接問い合わせることでホームページには記載されてない貴重な情報を教えてもらえるかもしれません。

広告代理店に問い合わせる

雑誌広告をメインに取り扱っている広告代理店に資料請求などを依頼する方法もあります。

「雑誌広告 広告代理店」などのキーワードで検索すれば、雑誌広告をメインに取り扱っている広告代理店が検索結果にヒットしますので、自社に最適な広告代理店を探してみるといいでしょう。

各社の雑誌広告出稿料金を検索できるプラットフォームを利用する

各雑誌それぞれに広告出稿をした際の、大まかな料金目安を調べることができる総合プラットフォームがあります。

「雑誌広告料金比較 検索サイト」などのキーワードで検索すると、広告出稿したい雑誌の広告掲載費を簡単に調べることができるサイトが複数ヒットします。

例えば以下のサイトなどがありますので目的に応じて使ってみるといいでしょう。

参考:雑誌広告ドットコム
   BIZPA  


雑誌広告の料金の抑え方

雑誌広告の掲載費を抑える方法は主に以下があげられます。

  • 出稿回数を増やす
  • 出版社・広告代理店と交渉する

出稿回数を増やす

他のマス広告媒体にも言えることですが、広告出稿回数が多くなればなるほど一回当たりの広告出稿費の割引率は高くなる傾向があります。

事前に広告出稿回数がある程度決まっている場合は、初回契約時におおよその広告出稿回数を伝えて広告出稿料金が安くならないか交渉してみるといいでしょう。

出版社・広告代理店と交渉する

出版社や広告代理店と交渉することで、料金を抑えられる可能性があります。

出版社のホームページや資料に記載されている広告出稿費はあくまで表示価格です。

そのため、時期やタイミング、契約条件によって実際の広告出稿費は表示価格から10〜50%程度割引してもらえるケースがあります。

雑誌広告の出稿を検討しているのであれば、出版社や広告代理店に広告出稿費について交渉してみると柔軟に対応してもらえるかもしれません。


雑誌広告の出稿方法

雑誌広告の出稿方法は主に以下があげられます。

  • 出版社に直接問い合わせる
  • 広告代理店に依頼する

出版社に直接問い合わせる

雑誌広告料金の調べ方と同様に、出版社のホームページなどから直接問い合わせるといった方法があります。

広告代理店を仲介させないため、仲介手数料的な側面の料金が抑えられる可能性があります。

自社に雑誌広告の知見があるようなら積極的に直接出版社とやり取りするといいでしょう。

広告代理店に依頼する

雑誌広告の知見が豊富な広告代理店に相談して、雑誌の媒体選定から広告デザイン作成、広告出稿までの一連作業を代行してもらう方法もあります。

雑誌広告をはじめて行う場合など、自社内に知見がないようであれば、直接出版社とやり取りする難易度は高くなります。

広告出稿をスムーズに行うためにも、最初のうちは知見豊富な広告代理店に相談しながら進め、諸々の知識を吸収しながら進めてみるといいでしょう。


まとめ

雑誌広告の料金相場は、大まかには30万円~400万円程度となります。

料金は雑誌ごとにさまざまで、ジャンルや発行部数、掲載条件によっても大きく変動します。

また、雑誌広告を出稿するには以下の料金がかかります。

  • 媒体費(掲載費)
  • 原稿制作費

雑誌広告の料金は以下の方法で調べることができます。

  • 各出版社に直接問い合わせる
  • 広告代理店に問い合わせる

各社の雑誌広告出稿料金を検索できるプラットフォームを利用する

雑誌広告の料金を抑える方法には以下があります。

  • 出稿回数を増やす
  • 出版社・広告代理店と交渉する

雑誌に広告を掲載する方法は以下のとおりです。

  • 出版社に直接問い合わせる
  • 広告代理店に依頼する

雑誌広告の料金は上記であげた要素が複雑に絡み合って大きく変動する傾向が強いので、本記事で解説した基本事項をしっかり理解した上で、出版社や広告代理店と打ち合わせするようにするといいでしょう。

本記事を参考に、自社の状況にあわせた最適な方法を検討してみてください。

【e-book】雑誌広告の効果を最大化するWeb広告との併用メソッド

コメント