Twitter広告を活用した既存顧客へのアプローチ!テイラードオーディエンスの仕組み

Twitter広告、思うような成果が上がっていない案件はありませんか?

そんなときに試してみたいのが「テイラードオーディエンス」です。名前は聞いたことがあるが何のことだかよくわからない人もいるでしょう。

本記事では、効果や費用、やり方・ネックな部分まで解説し、実際にテイラードオーディエンスに取り組んだ成功事例をあわせてご紹介します。

本記事を読めば、はじめての方でも「テイラードオーディエンス」を理解してすぐに実施することが可能です。

顧客データを活用したTwitterテイラードオーディエンス施策|資料をダウンロード(無料)

※本記事はシナジーマーケティング株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


Twitterテイラードオーディエンスとは?

Twitter広告の「テイラードオーディエンス」とは、広告主の保有するデータを活用した広告配信です。サイト来訪者データや顧客データを活用することで、既に自社に関心を持っているユーザーにセグメントをかけて広告配信ができる点が特徴です。

Twitterテイラードオーディエンスのメリット・デメリット

ユーザーをセグメントすることで費用対効果をよりコントロールしやすいメリットがあります。反対に、ユーザーを絞り込むためリーチが小さくなってしまいますが、類似ユーザーへの配信などを実施すると、リーチを補完できます。

費用対効果を向上させたいダイレクトレスポンスを目的とした広告出稿をする広告主や、口コミ投稿キャンペーンを拡散させたい広告主には特に向いています。

「Twitter広告のデフォルトのセグメントでは費用対効果が合わない」といったケースに実施すると効果的です。

類似の広告手法として、FacebookのカスタムオーディエンスやGoogleのカスタマーマッチが挙げられます。

テイラードオーディエンスで活用できるデータ

テイラードオーディエンスでは以下のデータを活用した広告配信が可能となります。

  • サイト訪問履歴:Cookieを元に自社サイトへの訪問履歴を元にした広告配信が可能。
  • アプリデータ:自社保有アプリでのインストールや登録など、特定のアクションをしたデータを活用してターゲティングの配信が可能。
  • 自社保有の顧客データ:企業が保有するメールアドレス等のリストを元に広告配信が可能。

上記のデータを活用し、既に自社商品サービスに関心を持つユーザーや、繋がりのあるユーザーに広告を配信するので、高い効果が期待できます。


Twitterテイラードオーディエンスの効果

テイラードオーディエンスは費用対効果がとても高い広告です。

なぜなら、自社のサイト訪問データや、顧客データ・アプリデータを活用することで、より見込み度が高い、既に接点があるターゲットにアプローチが可能だからです。また、同種のメニューであるFacebookカスタムオーディエンスやGoogleカスタマーマッチにおいても成果が高いです。

効果的に実施をするコツは、通常の興味関心でのターゲティングと併用することです。

Twitter広告での流入・獲得ユーザーのデータを、テイラードオーディエンスで追客することで、通常の興味関心での広告と相乗効果をもたらします。


Twitterテイラードオーディエンスの費用

テイラードオーディエンスは通常のTwitter広告に対し、追加で費用が発生するものではありません。

Twitter広告はオークション型課金となるため、広告主様任意の出稿料金からトライアルが可能です。Twitter広告をこれから開始する場合であれば、テイラードオーディエンスを予算の50%程度に設定します。

リターゲティング広告や顧客データを活用した広告配信など、ターゲットを絞り込んだ配信を併用すれば、Twitter広告全体の費用対効果をコントロールしながら運用できます。


顧客データを活用したテイラードオーディエンスの必要性

顧客データを活用したTwitterテイラードオーディエンスについて

Twitterでリターゲティング広告を利用する際に使うことの多いテイラードオーディエンスですが、顧客データを活用することで、Twitter広告の特性を活かして効果的に運用できます。

Twitterテイラードオーディエンスは、主にメーカーなどのキャンペーンなどで活用され、高い効果を上げています。

Facebookのカスタムオーディエンスでも同様の顧客データを活用した広告配信が可能ですが、Twitterの「強い拡散力」という特性を活かしたキャンペーンなどで、口コミ拡散を狙えるのが特徴です。

Twitter広告を運用されている方はぜひご活用ください。

効果的なTwitterキャンペーンに向けた活用

Twitter広告の主な活用用途に、プロモツイートなどを活用した投稿キャンペーンが存在します。広告でターゲティングした方にキャンペーン参加(ツイート)を促し、拡散させていくというTwitterの拡散性を活かした手法です。

最近はカンバセーショナルカード形式の広告もよく見かけるようになりました。カンバセーショナルカード形式とは、ユーザーの注目を集める画像や動画に、独自のハッシュタグ入りアクション誘導ボタンを付けたプロモツイートを指します。

参考:カンバセーショナル広告形式 – Twitter for Business)

しかし、Twitterを活用したキャンペーン拡散の課題として、誰が効果的な拡散をしてくれるターゲットかわからないという課題があります。その結果、思うようにリーチや拡散が伸びないケースも多くありました。

具体期的には以下の課題があります。

  • Twitter広告では誰が効果的な拡散をしてくれるターゲットがわからない。
  • 効果的な拡散をしてくれる自社顧客への接点はメルマガ・WEBサイトなどしかなく接点が多く存在しない。

顧客データを活用したテイラードオーディエンスを活用することで、自社の顧客に対してTwitter広告でのアプローチできます。

例えば、

  • 自社の優良顧客へのTwitterキャンペーンの告知。
  • プロモーション対象商品と親和性の高い自社会員に絞ってTwitterキャンペーンの告知。
  • 自社優良顧客と類似のユーザーに対してTwitter広告でアプローチ

といったことが可能となります。

Twitterフォロワーの効率的な獲得

また、Twitterフォローが獲得できていないメルマガ会員に対して、Twitterでエンゲージメントを獲得する施策としても活用ができます。

顧客データを活用することで、既存のTwitter広告セグメントだけではアプローチできない新規ユーザーへのアプローチが可能になるのです。

Twitter広告を活用したアドレサブル広告の資料をダウンロードする


顧客データを活用したテイラードオーディエンスの事例

広告主:アパレルメーカー様

課題

Twitterキャンペーンを定常的に実施して、フォロワーを獲得しているが、フォロー率が低く、広告の費用対効果を高めたい。

施策

顧客データのうちメルマガ会員を優良顧客データとして定義し、会員と類似した行動特徴を持つTwitterユーザーに対する拡張配信をおこなった。

結果

通常Twitterのキャンペーンでのフォロー率は0.14%程度だったものが、メルマガ会員のデータを活用したキャンペーンは、2.66%のフォロー率となり、本キャンペーンの拡散を通じて商材の認知拡大が実現。

テイラードオーディエンスが向く業種

<他にもこんな業種におすすめ>
● 映画館/映画配給会社
映画を見たユーザーに対して、Twitterで感想をつぶやいてもらうキャンペーンを展開。

● メーカー
自社商品利用者と類似ユーザーに対しての広告配信。

● EC/小売
自社メルマガ会員のTwitterフォローの獲得。


Twitterテイラードオーディエンスで顧客データを活用した広告配信をする方法とは?

顧客データ活用の仕組み

顧客データを活用した広告配信の仕組みは、企業が保有している自社顧客のメールアドレスとTwitterが持つメールアドレスをマッチングさせ、テイラードオーディエンスのリストを作成し広告の配信ができます。

上記の通り、Twitterが持つ保有メールアドレスとマッチしたユーザーが配信対象となります。

データ活用の手順

①顧客セグメント案の設計
広告主が持つ顧客データにどのような種類が存在し、どれくらいのボリュームがあるかを把握します。その上で活用用途を明確にして配信プランと合わせて設計します。

②顧客リストの用意
セグメント案件の設計に基づき、メールアドレスのファイルを用意します。
(対応ファイル形式:txtもしくはcsv・ファイルサイズは最大5GB)

③リストアップロード
Twitterの広告マネージャーのオーディエンスマネージャーよりリストアップロードをします。


顧客データを活用したテイラードオーディエンスのネックは個人情報の取扱い

非常に効果が高く、差別化要素として活用しやすいテイラードオーディエンスですが、

  • 広告代理店側に顧客データの取り扱いを委託できないため、運用が困難。
  • 顧客データの抽出作成に、大きな工数がかかる。

といった課題から、導入に踏み切れない企業が多い状況があります。

この課題を解決するためには、広告代理店側で顧客データの取扱いをしない運用をする必要があります。


AD2(アドツー)について(PR)

個人情報の課題解消のためのツールが、AD2(アドツー)というサービスです。AD2の管理画面は広告主と広告代理店で分かれており、広告代理店側は個人情報に触れずに、リストを生成運用できるようになります。

生成したリストをFacebookやTwitter、あるいはGoogleといった広告媒体に連携させることで、代理店側で自由にリストを生成し効果的なアドレサブル広告の運用ができます。

AD2の費用

AD2は月額3万~でご提供しており、広告リストを作成した当月のみが課金対象となりますので、広告配信に合わせた費用捻出が可能です。

AD2導入後の効果

AD2を活用した広告配信施策と通常施策で6倍以上の費用対効果の差がついた事例があります。顧客データを活用した広告配信をフレキシブルに運用できるインパクトは非常に大きいです。

また、個人情報取扱いに関するやり取り(都度の契約やデータの作成)を改善することで、コスト改善につながった事例も存在します。

AD2の資料は以下よりダウンロードしていただくことが可能です。競合との差別化にぜひ自社顧客データの有効活用をご検討ください。

顧客データを活用して広告効果を高めるAD2|資料をダウンロード(無料)


※本記事はシナジーマーケティング株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。