YouTube広告の代理店に依頼すべき5つの理由と、代理店選びの10のチェックポイント

月間利用者数およそ6、500万人(2020年12月時点)の動画メディアYouTube。さらにコロナ禍による外出自粛の影響で動画サービスの利用時間が増えている今、YouTube広告を利用することで幅広い世代にリーチができると多くの企業が力を入れています。

このように動画広告の市場が伸びていく一方で、「自社にYouTube広告を運用できるノウハウがない」「依頼したいが代理店の選び方がわからない」とお悩みの企業も多いことでしょう。

この記事を読めばYouTube広告に代理店を利用するメリットや代理店を選ぶ上で重要なポイントがわかります。その結果、自社の課題に合った代理店が見つかりYouTube広告を始めることができます。

YouTube動画広告って実はもっとCVが獲れる(無料ダウンロード)


YouTube広告の運用を代理店に任せるべき5つの理由

YouTube広告の運用は、広告出稿をサポートしてくれる代理店に依頼をするのがおすすめです。

自社で運用するよりも広告運用のプロである代理店に依頼をした方がより効果的な運用が期待できます。

では実際に代理店を利用した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。さっそく確認していきましょう。

1.広告運用の成果を効率的に改善できる

効果測定や分析に強い代理店に依頼をすれば、効率的に広告運用の成果を改善できます。

動画広告はただ出稿して終わりではありません。広告出稿後は、広告の表示回数やクリック数、購入や問い合わせなどのユーザーの行動を分析し検証しながら改善を行う必要があります。

例えば広告の表示回数が少なかった場合、広告がユーザーに届いていない可能性があるため、ターゲティングのところから見直したり、コンテンツ自体を改善しなければなりません。

代理店に依頼をすればレポートをもとに分析や検証を行ってくれるため、目標達成に向けて効率よく改善ができます。

2.広告運用の負担が減り業務に集中できる

自社の広告運用の負担が減り本来の業務に集中できます。

自社で広告運用する場合、初期設定から運用、分析まですべての業務を行わなければなりません。そのため自社にノウハウがなければ広告運用に時間がかかり人手も必要です。

一方、広告代理店を利用すればそれらすべての業務を代理店に外注できます。それによって本来取り組むべき事業に集中し自社の生産性アップにつながります。

3.最短で最適な運用ができる

代理店を活用すれば最短で最適な広告運用ができます。

もしも自社の運用担当者に広告運用の経験がなければゼロから勉強しなければならず、1人で運用ができるようになるまでは最低1年以上かかります。つまり自社で広告運用を行おうとするとかなりの時間の投資が必要です。

代理店へ依頼をすれば、自社に広告運用の知識や経験がなくてもすぐにYouTube広告をスタートできます。

4.CVにつながるクオリティの高い動画広告の制作ができる

動画制作のノウハウを生かしCV獲得につながる動画広告が制作できます。プロに依頼すれば、同じ素材でも撮影技術や編集技術、演出力といった高い技術力によってクオリティが大きく変わるからです。

演出効果のコツを熟知しているプロだからこそ、知識を持たない人が撮影をするよりも訴求力の優れた動画広告の制作ができます。

5.最新情報を取り入れやすい

代理店を通して、最新情報が手に入りやすくなります。

特にGoogleやYahoo!などの広告媒体から実績を満たした代理店に贈られる賞や認定を与えられた代理店では、各広告媒体の最新情報が入りやすいため新しい機能を先行して取り入れることができます。

一方、自社で運用する場合は、運用担当者が最新情報を集めるためにセミナーに参加するなど自ら積極的にインプットをしなければならず、結果的に担当者の負担が大きくなります。

広告代理店に賞や認定があるかは、ホームページ上に認定バッジやロゴが掲載されているかどうかで確認をしましょう。


既存の代理店でYouTube広告の運用ができないかを確認するのが先決

すでに自社でリスティング広告や他のSNS広告を代理店に依頼している場合は、既存の代理店にYouTube広告の運用ができないかを確認しましょう。

既存の代理店を利用すればコミュニケーションがスムーズになり、予算広告を適切に活用してもらえます。また代理店に払う手数料を減らしたり、セットプランにより割引できる可能性もあります。代理店はなるべく1つに絞った方が便利です。

もちろん既存の代理店に不満があり、リプレイスを考えているという場合はその限りではありませんが、まずは今依頼している代理店でYouTube広告の運用ができないか確認することが先決です。


YouTube広告代理店を選ぶ上で重要な10のポイント

YouTube広告の運用が成功できるかどうかは、広告代理店の運用力やその体制によって大きく変わるため、必ずしも大手だからうまくいくとは限りません。さまざまな面からチェックをし、自社の課題を解決してくれる代理店を選びましょう。

ここでは代理店を選ぶ上で重要な「必ずチェックしておきたいポイント」をまとめています。ぜひ代理店選びの参考にしてください。

1.YouTube広告の運用実績があるか

YouTube広告の運用実績は必ず確認しましょう。インターネット広告にはさまざまな広告媒体があるため、代理店でYouTube広告を取り扱っているかは重要な判断材料です。

中にはYouTube広告の運用経験がない代理店もありますので、事前に確認をしましょう。

代理店に運用実績があるかどうかは、例えばホームページ上でYouTube広告の実績を載せているか、オープンな場で広告運用の情報発信をしているかなどで確認ができます。

なおYouTube広告はGoogle広告の一つであるため、Google広告の運用実績があるかどうかもチェックポイントです。

2.他のWeb広告の取り扱いはあるか

他のWeb広告の取り扱いはあるか確認をしましょう。YouTube広告だけでなく他の広告出稿と併用することで効果が上がることがあります。

そのような場合もふまえ、代理店選びにはリスティング広告やアドネットワーク広告などの取り扱いがあるかも確認をしましょう。YouTube広告以外の取り扱いのある代理店を選べば配信目的に合ったプランの提案にもつながります。

3.料金体系に問題はないか

代理店が提示する費用やサービス内容と、自社の予算が見合うかどうかをチェックしましょう。

YouTube広告の運用代行手数料の相場は「広告費の20%」です。そのため一般的な代理店への支払いは「初期費用+広告費+運用手数料」となります。

例えば広告費が100万円の場合、運用手数料は20万円となり、代理店に支払う合計は120万円になります。(別途、初期費用はかかります)

ただし代理店によっては最低手数料が決められていたり、手数料が固定されといたり、初期費用が無料であったりと異なるため、必ずトータルの予算と合わせて費用感に問題はないか確認しましょう。

4.動画制作の依頼はできるか

自社で動画制作ができない場合は、代理店で動画制作の依頼ができるか確認をしましょう。

代理店で動画制作ができない場合は、別の会社に動画制作を依頼しなければなりません。余計な手間が増えないよう動画制作の依頼が可能かどうかチェックしましょう。

5.アカウントの開示もしくは運用状況の共有をしてくれるか

アカウントの開示もしくは運用状況の共有を気持ちよく行ってくれる代理店を選びましょう。なかにはノウハウの流出を防ぐ目的でアカウントの開示を行っていない代理店があります。

しかし代理店の運用状況を把握するには情報の透明性が欠かせません。さらにノウハウを蓄積することで、将来的にYouTube広告運用を自社で行うことができます。

6.担当者に知識はあるか

担当者にYouTube広告の知識があるか確認しましょう。広告を運用するのは人です。たとえYuTube広告の運用に強い会社であっても担当者によってクオリティは左右されるため、担当者選びも重要です。確認するポイントは、これまでどのような媒体で広告運用をしてきたか、YouTube広告の専門知識があるかも必ずチェックするようにしましょう。

7.コミュニケーション力はあるか

担当者とのコミュニケーションに不安はないか、事前に確認ができれば安心です。代理店に広告運用を依頼するということは、単に代理店とお客様との関係ではありません。課題解決に向けて代理店と二人三脚で行うパートナーです。そのためしっかりとしたコミュニケーションを取ることが大切です。

担当者はその会社だけを専属で行うことはありません。1人で何十社もクライアントを抱えている場合は、時間が足りずに分析や運用がうまく回っていないというケースもあります。進捗状況を確認したり、迅速に運用改善を行ったりするためには担当者のコミュニケーション力は欠かせません。

8.幅広い年代をターゲットにできるか

幅広い年代をターゲットにできる代理店なのかを確認しましょう。YouTube広告ではユーザーの年齢層をふまえた動画広告の配信が重要です。そのためターゲットに見合った戦略を練ったり、訴求効果の高い広告を打ち出したりするには、ノウハウのあるプロの代理店に依頼するのがおすすめだからです。

一方、ターゲット層が限られている代理店では自社の希望に見合った結果を得ることは難しくなります。まずはその代理店の過去の実績を確認し、各年代や性別で戦略が立てられる代理店かどうかをチェックしましょう。

9.途中解約は可能か

契約期間だけでなく途中解約ができるかも確認しましょう。

一般的な代理店では最低契約期間は3~6ヶ月となっており、あまり短い期間だとデータが集まらず効果検証や改善を行うことができません。

多くの代理店では契約期間後、自動延長になりますが、契約期間内でも「成果が出ない」「期待していたパフォーマンスが得られない」などを理由に代理店を変更したい場合は、契約期間内でも解約できるかを確認しておきましょう。

なかには途中解約ができず違約金が発生するケースがあります。

10.相場より安い場合はその理由を考える

広告運用費が他社と比べて安い場合は、なぜ安いのかその理由を考えてみましょう。たとえば広告運用のスキルや実績がないため費用を安く設定している場合があります。安ければ良いとは限りません。費用だけで判断をしないようにしましょう。


まとめ

この記事ではYouTube広告を代理店に依頼をするメリットから、代理店を選ぶ上での重要なポイントを紹介しました。

広告のプロである代理店に依頼すれば自社の負担を減らし効率よく広告出稿、運用、分析まですべてサポートをしてくれます。

代理店選びではYouTube広告の実績やノウハウがあるかはとても大切ですが、実際に広告を運用をするのは人です。担当者が自社の課題を理解して熱心にサポートしてくれるかも非常に重要なポイントです。

その上でこの記事で紹介をした代理店を選ぶポイントに注意しながら最適な代理店を選びましょう。

YouTube動画広告って実はもっとCVが獲れる(無料ダウンロード)

コメント