Google広告の住所表示オプションとは?基本から使い方のコツまで徹底解説!

Google広告の広告表示オプションの一つである、住所表示オプションは利用していますか?住所表示オプションは、Google広告で自店舗の住所などが表示できる広告オプションです。特に店舗ビジネスをされている広告主にとっては、来店に直結する訴求ができるため、重要度の高い広告オプションといえます。

一方、住所表示オプションは、他の広告オプションのように広告管理画面で設定するだけで使えるものではないため、設定方法で困惑することもあります。

また、ただ設定すればよいわけではなく、効果を出すためのコツもあります。

本記事では、Google広告の住所表示オプションについて、どんなメリットがあるのかや、その設定方法、運用の際に効果を高めるためのポイントについて解説します。

本記事のポイント
  • Google広告の住所表示オプションの概要がわかる
  • Google広告の住所表示オプションの設定方法がわかる
  • Google広告の住所表示オプションを使いこなし成果を得るためのコツがわかる

住所表示オプションでGoogle広告による店舗集客を最大化させる方法


住所表示オプションとは

住所表示オプションとは、Google広告の広告表示オプションの1つです。Google広告が表示されたときに、広告文とともに住所などの店舗情報が表示されるものになります。

住所表示オプションの表示内容

広告表示オプションの表示内容は、以下となります。一部モバイル(スマホ)とパソコンの表示が違いますので注意しましょう。

・店舗までの距離とその市区町村(モバイル)



・店舗の住所(パソコン)



・クリック可能な [電話] ボタン(モバイル)



・店舗の営業時間や電話番号、写真、ルートなどの情報がまとめられた詳細ページへのリンク(モバイル)



引用:Google広告ヘルプ「住所表示オプションについて

例えば、スマホで表示されたリスティング広告の場合を考えてみましょう。

広告表示オプションが使われていると、広告文の下部に、住所と距離が表示されることがあります。

広告表示オプションをタップすると、店舗情報が表示され、店舗の営業時間やマップ上の位置を示してくれます。

複数店舗を持つチェーン型の店舗の場合、広告表示オプションが使われていると、検索ユーザーがいる位置から近い店舗をいくつか表示してくれる場合もあります。

広告表示オプションはユーザーの位置からの近い複数の自店舗を案内できるので、チェーン展開をしている店舗ビジネスを行っている広告主にとっては大変有効な機能です。

住所表示オプションはリスティング広告だけでなく、ディスプレイ広告(GDN)やYouTube動画広告(Trueview)でも表示がされます。

なお、他の広告表示オプション同様、設定すると必ず表示される、というものではありませんので注意が必要です。

住所表示オプションの特徴

もう少し詳しく住所表示オプションの特徴を見てみましょう。

Google広告のオプション機能のひとつ

住所表示オプションは、Google広告の広告表示オプションのひとつです。Google広告のクリエイティブ内で、会社や店舗の住所、地図、または距離を表示させることができます。住所表示オプションをはじめとした広告表示オプションは、的確に設定することで、広告効果の向上に繋がります。

たとえば、リスティング広告は、タイトルと広告文のみでは訴求する文章量にどうしても制限のあるので、伝えられる情報が限定されてしまいます。広告表示オプションを使うことで、タイトルと広告文に加えて、より多くの情報を加えて訴求することができます。

また、多くの情報を訴求できるということは、単純に広告の表示面積が大きくなるので、競合する他の広告よりも目に止まりやすくなります。ランディングページ以外の関連ページや、商品販売ページのリンクを設定したりすることも可能です。

なお、住所表示オプションについては、ランディングページではなく、Googleに登録された自店舗の情報に直接遷移させることができます。

さらに広告表示オプションは、広告の上位表示の判断材料となる広告ランクの決定要因にもなっています。設定できるものは、可能な限り設定しておくことが望ましいでしょう。

住所表示オプション以外の、その他の広告表示オプションについては、「10年運用実績のある専門家が教える!Google広告主要プロダクト16選」も参照ください。

店舗ビジネスにおいて大事な、「場所」をユーザーに訴求できる

特に実来店させることが重要な店舗ビジネスにおいて、住所表示オプションは非常に大きなメリットであるといえます。

実来店させるということは、見込み客に店舗の場所を知ってもらうことが、大きなポイントです。そのユーザーに店舗の場所を効果的に訴求できるのが、住所表示オプションです。自社の商品・サービスに興味があって検索しているユーザーに、Google検索結果上で自店舗の位置を示せるのは大きなアドバンテージといえます。

なぜなら、わざわざウェブサイトで店舗の詳細情報を見なくても、Googleの検索結果などを通じて店舗の場所を、スピーディーに伝えることができるからです。購入見込みのあるユーザーに「今いる場所や家から近いな」と感じていただければ、来店の後押しに繋がる可能性があります。

同様にGoogleディスプレイネットワーク(GDN)でも、店舗の近くにいる場合や関心を示している場合は、レスポンシブ広告の画像部分が地図となって表示されます。Youtube広告でも最寄り店舗の住所が表示されます。GDNやYoutube広告で表示される住所表示オプションも、ユーザーに自店舗の存在を気づかせるための有効な広告といえます。

「WEB広告はWEB上のコンバージョンは獲得しやすいが、来店誘致はハードルが高い」と感じているマーケターや運用担当者もいるかもしれません。しかし、住所表示オプションを使うことで、Google広告が来店誘致に大きな役割を果たすこともできるのです。


住所表示オプションを活用すべき企業

住所表示オプションを活用したほうがよい企業は「実店舗を保有しているビジネス」です。顧客に来店してもらいビジネスを行う店舗ビジネスでは、住所表示オプションは非常に強力な武器となります。

以下のような「立地を重要視する業種」は、必ず設定することをおすすめします。

【住所表示オプションを活用すべき業種 例】

  • 学習塾
  • 飲食店
  • 小売店
  • 駐車場
  • クリーニング店/ランドリービジネス
  • レンタカー

たとえば子どもが通う学習塾は、家からの通いやすさが優先されるでしょう。飲食店も、自分の今いる場所から近くで、できれば美味しいと評判のある店舗をユーザーは探します。

日常の買い物をする小売店や、外出先の近くで駐車しておきたい駐車場など、これらはすべて「顧客が行きやすい場所を選ぶ」傾向にあるビジネスです。このようなビジネスが、住所表示オプションを活用すべきといえます。

検索をかけたり興味をもっているときに、行きやすい場所にあると示すことができれば、来店の可能性が高まるからです。

参考:生徒に選ばれる学習塾になるためのGoogleマイビジネス活用方法
参考:飲食店における「Googleマイビジネス」活用法


住所表示オプションのメリット

住所表示オプションのメリットは、大きく4つが挙げられます。

【住所表示オプションの4つのメリット】

  • メリット1:訴求力が高まる
  • メリット2:広告枠の占有率が上がる
  • メリット3:ローカル検索結果への掲載が可能となり露出面が増える
  • メリット4:来店コンバージョンが計測できる

以下では各々のメリットについて説明します。

メリット1:訴求力が高まる

まずは、見込み客に対する広告の訴求力が向上するということです。ユーザーが広告表示オプションをクリックまたはタップすると、所在地の詳細情報など、関連するビジネス情報がまとめられた所在地ページが表示されます。具体的には、下記4つのいずれかの情報が表示されます。

  • 店舗までの距離とその市区町村(モバイル)
  • 店舗の住所(パソコン)
  • クリック可能な [電話] ボタン
  • 店舗の営業時間や電話番号、写真、ルートなどの情報がまとめられた詳細ページへのリンク

引用:Google広告ヘルプ「住所表示オプションについて

上記の情報を表示させ、見込み客の現在地に合わせて、来店確率の高い、すなわち現在地から近しい店舗の情報で、自店舗の訴求が行えるようになります。住所表示オプションで表示される情報は、検索するユーザー側にとっても、自分の欲しい商品・サービスがどこに行けば手に入るかが分かるものなので、大変メリットのある情報です。

住所表示オプションは来店ビジネスにとって大変効果的な訴求力の向上方法といえます。

メリット2:広告枠の占有率が上がる

こちらは、広告表示オプション全体のメリットでもあります、単純に広告に掲載される情報が増えるため、自社広告の画面の占有率が上がります。画面の占有率があがるということは、競合の広告に比べて目につきやすく、ユーザーが視認しやすくなるためクリック率の向上が見込めます。

広告のクリック率の向上は、広告ランクの向上につながり、結果CPCの抑制にもつながる可能性があります。

メリット3:ローカル検索結果への掲載が可能となり露出面が増える

住所表示オプションを設定すると、ローカル検索広告が掲載されます。

ローカル検索広告とは、Googleマップや、店舗情報を調べる際の検索した際に表示されるものです。

例えば、Googleマップで店舗検索をしたときに、「広告」や「Ad」と記載のある店舗情報が検索結果上位に掲載されていることがあります。Googleの通常の検索でも、店舗情報を検索すると、上位にマップとともに「広告」や「Ad」と記載のある店舗情報が表示されることもあります。

ローカル検索広告は、「検索キーワードとの関連性」「ユーザーがいる位置からの距離」「ビジネスの知名度」が検索順位を決める要素となりますので、実施すれば必ず上位表示されるものではありません。

しかし、Googleマップを使用してお店を検索するユーザーも多いことから、店舗ビジネスを行っている広告主にとっては、ぜひ利用しておきたい機能です。

メリット4:来店コンバージョンが計測できる

住所表示オプションを利用することで、Google広告において来店コンバージョンの計測が可能となります。来店コンバージョンとは、Google広告の接触者がどのくらい実来店したかがわかる機能です。

実来店のコンバージョン数がわかると、広告キャンペーンが来店にどれくらい寄与できているかを可視化することができるので、デバイスやキーワードで判断しながら適正な広告予算や配分を算出できるというメリットがあります。

ただし、注意が必要な点が2つあります。1つ目は、来店コンバージョンは実際に来店した数ではなく、匿名で集計された統計情報を使用した推定値であることです。そして2つ目は、推定値を算出するため、広告キャンペーンで十分なクリックやインプレッション、実店舗への来店数が十分にあることが、計測の条件になっているということです。

十分なクリックやインプレッション、実来店数がどのくらい必要なのかは、事前に開示されているものではありません。投下広告費が少ないキャンペーンでは、住所表示オプションを使っていたとしても来店コンバージョン数が算出されない可能性が高いです。しかし、店舗ビジネスにとっては、来店数が生命線なので、来店コンバージョンが計測できることは大きな意味があります。

また、一口にGoogle広告といっても、検索やディスプレイ、Youtubeの動画とあります。どのクリエイティブや訴求内容が来店に寄与したかを計測できると、他の広告メニューで実施している施策にも水平展開できる、というメリットもあります。

詳しくは「来店コンバージョンとは?計測の仕組みから設定方法までを徹底解説」を参照ください。


住所表示オプションの注意点

住所表示オプションの注意点は大きく4つが挙げられます。

【住所表示オプションの4つの注意点】

  • 注意点1:必ず住所が表示される訳ではない
  • 注意点2:表示される店舗情報は完全にはコントロールができない
  • 注意点3:二重クリックが発生してしまう可能性がある
  • 注意点4:住所をクリックしたユーザーはランディングページに誘導できない

以下、順番に見ていきましょう。

注意点1:必ず住所が表示される訳ではない

広告表示オプションの1つである住所表示オプションは、広告の掲載位置やユーザーの検索するワード・場所によって、掲載される場合とされない場合が存在します。なお、大前提として下記の場合は掲載されませんので、掲載されない場合は一度チェックしましょう。

【住所表示オプションの利用上の設定もれ 例】

  • Google広告とGoogleマイビジネスが紐づいていない
  • Google広告側で住所表示オプションの設定がされていない
  • 住所表示オプションが審査落ちしている

※住所表示オプションの審査落ち要因は、Googleによる確認が終わっていない電話番号や使われていない電話番号の情報登録によるものです。上記をクリアしている前提で、掲載される場合は、以下となります。

【住所表示オプションが表示される条件】

  • 広告表示オプション(または広告表示オプションの組み合わせ)を表示することで、掲載結果の向上が見込まれる場合
  • 広告の掲載位置と広告ランクが十分に上位である場合

引用:Google広告ヘルプ「広告表示オプションの表示可能性を高める

つまり、広告の掲載順位が上位でなければ掲載されませんし、広告ランクが低い関連性の低いキーワードや店舗の場所のよっては、住所表示オプションは表示されません。掲載されていない場合は、エラーではなく、上記の要件に当てはまっていないということが考えられます。

注意点2:表示される店舗情報は完全にはコントロールができない

住所表示オプションによってユーザーに表示される店舗情報は、Googleが判断して掲載されます。Googleはユーザーの距離や検索キーワードを元に判断しており掲載ロジックに高い精度を持っていますが、企業側で完全にコントロールができません。

例えば、パソコンで住所表示オプションが表示された場合、店舗までの距離は出ません。ただし、優先して表示させたいターゲットの設定は行うことが可能です。

広告管理画面上の住所表示オプションを使いたい広告キャンペーンの設定で、表示させたいターゲットの設定を以下3つより選ぶことができます。

  • ターゲット地域にいるユーザー
  • ターゲット地域を検索しているユーザー
  • ターゲット地域にいるユーザー、ターゲット地域を検索しているユーザーまたはターゲット地域に関心を示しているユーザー

注意点3:二重クリックが発生してしまう可能性がある

広告のクリックは、広告文や説明文をクリックしたものがカウントされますが、広告表示オプションもクリックカウントの対象です。すなわち、二重でクリックが発生する可能性があります。

たとえば広告表示後に、1回目は住所表示オプションをタップしGoogleマップを立ち上げます。マップを閉じた後ブラウザでもう一度タイトルをクリックすると、1回のインプレッションで2重のクリック課金が発生することになります。

一見エラーのような事象ですが、検索ユーザーに対し適切に位置を伝え、その後サイト誘導を行ったということから、実は広告としての役割はきちんと果たしているといえます。

注意点ではあるものの、必ずしもデメリットではありません。

注意点4:住所をクリックしたユーザーはランディングページに誘導できない

Google広告で住所表示オプションをクリックしたユーザーは、広告に設定されたランディングページではなく、Google上の店舗情報(ローカル検索結果)に誘導されます。

この店舗情報からWebサイトに遷移する場合もありますが、その他にも地図を表示させたり、店舗に電話をかけたりと、ユーザーはさまざまなアプローチで店舗にアクセスできるようになります。

一方でそれは、ランディングページに誘導でない、ということになります。

Web上でコンバージョンを集めたい場合やキャンペーンの応募上の注意を必ず読んでもらいたいなどといった、ランディングページに必ず誘導したい施策の場合は、住所表示オプションをあえて使わない、ということも考えられます。


住所表示オプションの設定方法

住所表示オプションの設定方法は、まずGoogle広告管理画面ではなく、GoogleマイビジネスというGoogleのサービスに店舗情報を登録が必要です。

Googleマイビジネスに登録する


引用:Googleマイビジネス – Googleで顧客エンゲージメントを促進

Googleマイビジネスとは、Googleに店舗情報を登録することができるサービスです。こちらから登録できます。Googleマイビジネスを利用することで、Googleマップ上やGoogle検索結果上に出てくる店舗情報をコントロールすることができます。

そして、GoogleマイビジネスのアカウントとGoogle広告アカウントを紐づけることで、住所表示オプションの利用が可能となります。住所表示オプションの利用が仮になかったとしても、店舗ビジネスにとってGoogleマイビジネスは必須のサービスです。

なぜなら、Googleで検索した場合、正しい店舗情報が表示されなければ、見込み客が離れてしまう可能性があるからです。GoogleやGoogleマップで自店舗を検索したとき、Googleマイビジネスを登録していなくても自店舗の情報が出てくることがあります。

これはGoogleにより情報登録されたものであり、正確でない場合もあります。悪質な場合、故意に誤った店舗情報をGoogle側に登録する、ということも想定されます。

Googleマイビジネスの情報は、必ず広告主側で管理されるべきものです。

Googleマイビジネスの登録については、「Googleマップに登録して売上アップ!店舗を登録するメリットと登録までの流れ」を参照ください。

Google広告管理画面から、マイビジネスとの連携を行う

Googleマイビジネスの登録が完了したら、Google広告アカウントとGoogleマイビジネスの連携を行います。連携は、Google広告の管理画面から行うことができます。

【Google広告アカウントとGoogleマイビジネスの連携方法】

  1. 広告管理画面左カラムの「広告と広告表示オプション」をクリックし、その後「広告表示オプション」をクリック。
  2. 「+」をクリックすると、住所表示オプションの作成画面が出てきます。
  3. ここで「Googleマイビジネスアカウントを選択してください」を選択すると、広告アカウントと同じGoogleアカウントで登録されたGoogleマイビジネスのアカウントが表示されます。
  4. Googleマイビジネスのアカウントを選択すると紐づけが完了します。

なお、広告アカウントと別のGoogleアカウントでGoogleマイビジネスを登録している場合は、アクセス権をリクエストし承認されると紐づけが完了します。住所表示オプションは、通常の広告表示オプション同様に、「アカウント」、「キャンペーン」、「グループ」の各単位で設定が可能です。

どの広告にも載せたい場合は「アカウント」で設定し、特定の地域だけで表示させる場合は「キャンペーン」、ターゲティング毎に表示設定を変える場合は「グループ」といった使い分けもできます。


効果的な運用のポイント

最後に住所表示オプションについて、効果的に運用するポイントを2つお伝えします。ぜひ参考にしてください。

ポイント1. フィルタリングを活用する

住所表示オプションの出し分けを行いたい場合、フィルタリングを活用すると非常に効率的に出し分けができます。

例えば、居酒屋チェーンで、飲み放題キャンペーンの実施店舗と実施していない店舗があるとすると、キャンペーン訴求の広告を出す場合、キャンペーン実施店舗の店舗情報を掲載する必要があります。この場合、住所表示オプションの出し分けを行うと効果的です。

その出し分けのために、Googleマイビジネスに登録する「ビジネス名」や「ラベル」を条件としフィルタリングを行うと、非常に使い勝手が良いでしょう。

ラベルに業態や、エリア名をつけておいて、設定を変えることで広告を出し分けられます。例えば状況に応じて変動していく来店数などの情報を入れておくと、混雑の少ない店舗を優先的に表示させたり、といった使い方もできます。より柔軟にフィルタリングして店舗をグループ分けする場合には、ビジネスの名前よりも自由度の高い「ラベル」を利用することがおすすめです。

ポイント2. Googleマイビジネスの情報整備を並行して進める

住所表示オプションをタップ(クリック)したユーザーが見る情報は、Googleマイビジネスの情報です。

Googleマイビジネスの情報更新は常に行っておく必要があります。

定休日や営業時間など、時期によって変化する基本的な情報は、変わるたびに変更しなければ、アクセスしたユーザーに間違った情報を与えてしまい、結果ビジネスの機会損失につながるからです。一方、Googleマイビジネスを運用し、情報を常にアップデートしていくことで、効率的に見込み客を店舗へ誘導することが可能です。

これはビジネスにとって、来店や売上の機会創出に大きく貢献するものです。Googleマイビジネスの継続的な運用は手間でもあります。そんな広告主には、Googleマイビジネスの保守を代行するサービスを利用する、という手段もあります。

詳しくは「【管理・運用店舗25,000超】 Googleマイビジネス支援代行サービス「ライクルGMB」が支持される理由」をご参考ください。


まとめ

今回は、Google広告の住所表示オプションについて、どのような利用価値があってどんな業種に適しているかをお伝えしてきました。

また利用にあたっては、Googleマイビジネスとの連携が必要といった注意点や、ラベリングといった運用のコツがある、というポイントについても言及しました。

Googleの住所表示オプションは、実店舗を調べているユーザーにとって利便性が高い機能です。自店舗を探すユーザーは、売上に直結する大事な見込み客といえます。

そのユーザーの広告体験を高め、実店舗への誘導を行えるよう、住所表示オプションをぜひ活用してきましょう。

この記事のまとめが欲しい方はコチラ。

住所表示オプションでGoogle広告による店舗集客を最大化させる方法

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください