インフルエンサーマーケティング会社10選!代理店選びの3つのポイントと特徴

SNS スマートフォン

SNSの普及により、インフルエンサーマーケティングを導入している企業も多くなりました。比較的新しいマーケティング手法ですので、企業に運用代行を依頼するのが現在の主流です。

インフルエンサーマーケティングを始める際は、依頼する会社の選定が重要です。この記事では、おすすめのインフルエンサーマーケティング会社を10社紹介します。

具体的な事例の解説もしていますので、ぜひインフルエンサーマーケティングを始めるときの参考にしてください。

29のインフルエンサーマーケティングサービスを完全網羅 | インフルエンサーマーケティングパーフェクトガイド(無料)


インフルエンサーマーケティング会社とは

インフルエンサーマーケティング会社は、すべてを委託できるディレクション型と、クライアント主導のプラットフォーム型に分けられます。

ディレクション型

インフルエンサーマーケティング業務を委託できる形態です。専門のコンサルタントが対応するので、初心者におすすめです。

プラットフォーム型

クライアントが自ら、プラットフォームに登録されているインフルエンサーを選ぶ形態です。人選からおこなうので、インフルエンサーマーケティングのノウハウが必要です。

自社の状況や経験に応じて最適なものを選んでください。ここでは、ディレクション型・プラットフォーム型の会社を、それぞれ5社ずつ紹介していきます。


インフルエンサーマーケティング会社の選び方

インフルエンサーマーケティング会社を選ぶ時は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。ここでは、注意するとよいポイントを3つ紹介します。

ポイント1.最適なインフルエンサーをキャスティングできるか

インフルエンサーマーケティングは、キャスティングによって、プロモーション効果が変わります。マーケティング効果を高めるために、条件フィルターなどを利用して、最適なインフルエンサーを選んでください。自社のサービスと関連したインフルエンサーを選ぶことが大切です。

自社のサービス属性に合っているかは、インフルエンサーの普段の投稿内容などをもとに、総合的に判断しましょう。

ポイント2.明確な効果測定基準を持っているか

インフルエンサーマーケティングは、中間指標であるKPIなどを利用して、目標値を達成したかを、客観的に分析することが大切です。優れたインフルエンサーマーケティング会社は、目標が達成できたかどうか確認するために、明確な効果測定基準を持っています。

参考:KPI・KGIとは?目標達成のために知っておきたい違いと設定方法

ポイント3.費用体系は明確か

インフルエンサーマーケティング会社の費用体系は、クライアントのマーケティング戦略に大きな影響を与えます。インフルエンサーマーケティングの費用は、インフルエンサーのフォロワー数や影響度によって変化しますが、効果分析にかかわってくる重要なファクターです。意識して選ぶようにしましょう。


ディレクション型のインフルエンサーマーケティング会社5選

ディレクション型のインフルエンサーマーケティング会社では、インフルエンサーの選定や運用まで、すべてを担当します。専門のコンサルタントからアドバイスを受けられるため、インフルエンサーについての情報や経験を持たない企業におすすめです。

会社名 サービス内容 価格
winsta(株式会社クロスリング) 美容やライフスタイルの分野に強いインフルエンサーをマッチング 要問い合わせ
FindModel(株式会社Find Model) インフルエンサーマーケティングのトータルサポート 要問い合わせ
3MINUTES(株式会社3ミニッツ) ミレニアルズ世代に訴求するインフルエンサーをマッチング 要問い合わせ
Adgenic(THE COO株式会社・株式会社クリエイターズマッチ) インフルエンサーのコンテンツをリマーケティング 要問い合わせ
UUUM (UUUM株式会社) 人気YouTuberをインフルエンサーとして提供する 要問い合わせ

インフルエンサーマーケティングサービス一覧ページへ

1.winsta(株式会社クロスリング)


winsta(株式会社クロスリング)

特徴

株式会社クロスリングのサービスの1つである「winsta」は、「SPRAY(スプレイ)」と呼ばれる人工知能ツールを利用したマッチングサービスをおこなっています。美容・ライフスタイルの分野で影響力のある女性インフルエンサーが参加しているのが特徴です。

総フォロワー数は2018年4月末で1.4億人を誇り、日本最大級の女性インフルエンサーネットワークを構築しています。

実績

日焼け止めサプリメントを広く認知してもらうため、東京ガールズコレクションでブースを運営した実績があります。インフルエンサーによる来場者へのサンプリングや、SNSへの投稿を実施し、リーチ数(広告への到達数)は87300人、「いいね」は2286獲得しています。

料金

詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

美容やライフスタイルの分野に強い、女性インフルエンサーを起用したい方。

2. Find Model (株式会社Find Model)


Find Model (株式会社Find Model)

特徴

株式会社Find Modelは、東証一部上場企業を中心に1,500件以上の提供実績を誇る、インフルエンサーマーケティング会社です。専門メディア「Insta Lab」のノウハウも提供しています。1,000人以上のインフルエンサーから、自社のサービスに合った人材を起用できます。

実績

adidas・HONDA・リクルートなど、有名企業との取引実績があります。インスタグラマーの画像を二次利用できるため、販促用ランディングページやSNS広告などが容易に作成可能です。

料金

詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

インフルエンサーマーケティングを導入して、投稿画像を二次利用したい方。

3. 3MINUTES (株式会社3ミニッツ)


3MINUTES (株式会社3ミニッツ)

特徴

「3MINUTES」は、約1万人のインフルエンサーネットワークを持ち、最適な人材を選定します。インフルエンサーとの関係構築を重視し、ひとりひとりの個性を尊重するマーケティングが特徴です。

実績

テレビ朝日・電通・花王など、350社以上との取引実績があります。「eimy istoire」 「ETRÉ TOKYO」など、自社のミレニアルズ世代向けインフルエンサー活用ブランドで得た最新ノウハウを提供しています。

料金

詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

ミレニアルズ世代、特に27~32歳の女性に訴求したい方。

4. Adgenic(THE COO株式会社・株式会社クリエイターズマッチ)


Adgenic(THE COO株式会社・株式会社クリエイターズマッチ)

特徴

「Adgenic」は、インフルエンサーの投稿コンテンツを、二次利用できるマーケティングサービスです。インフルエンサーマーケティングとクリエイティブ製作という両面から、実践的なマーケティングプランを提供しています。

実績

人気コンテンツを再利用することで、リマーケティング効果を実現させています。Twitter・YouTube・Instagramなどの主要なSNSに対応しており、特にInstagramに力を入れています。

料金

詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

フォロワー数10,000~100,000人規模の、女性タレントインフルエンサーを探している方。Instagramを利用したインフルエンサーマーケティングを考えている企業。

5. UUUM (UUUM株式会社)


UUUM (UUUM株式会社)

特徴

「UUUM」は、YouTuberに特化した、インフルエンサーマーケティングサービスです。圧倒的な集客力を持つYouTuberを中心とした、プラットフォームを提供しています。また、海外YouTuberを利用した、外国人観光客の集客プロモーションなど、YouTubeの特性を生かしたサービスを展開しています。

実績

男性用のボディシャンプーを紹介する動画を、人気YouTuber4人が制作しました。個性を活かしながら商品の特徴を紹介するこの動画は、再生数340万回以上、コメント数約3000件と素晴らしい効果を生んでいます。

料金

詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

商品のプロモーションに、人気YouTuberを使いたい方。


プラットフォーム型のインフルエンサーマーケティング会社5選

プラットフォーム型では、自社の裁量でインフルエンサーを選ぶことができます。選定のための知識は必要ですが、低コストなのが魅力です。

会社名 サービス内容 価格
SPIRIT(LIDDELL株式会社) 圧倒的低コストでインフルエンサーを活用 基本手数料20%、キャスト報酬
CLOUDCASTING(BIJIN&Co.株式会社) 地方在住のインフルエンサー活用 システム手数料(キャスト報酬10万円以下は1万円/人、それ以外は10%/人)、キャスト報酬
expaus(株式会社Lxgic) 条件に合ったインフルエンサーを継続的に提供 月額料金のみ。要問い合わせ。
dary(デザイングループ) 公募型で意欲あるインフルエンサーを起用できる 前払い:投稿費用
後払い:インフルエンサー報酬
Gantale(YSMEDIA AGENCY INC) 海外に特化したインフルエンサーを起用できる 要問い合わせ

インフルエンサーマーケティングサービス一覧ページへ

1.SPIRIT(LIDDELL株式会社)


SPIRIT(LIDDELL株式会社)

特徴

「SPIRIT」は、低コストでインフルエンサーを活用できるサービスです。公募形式で意欲の高いインフルエンサーを集められるのが特徴です。

実績

展示会のマスコミ記者発表と内覧会の誘致に、インフルエンサーを32人起用しました。公募形式で意欲の高い人材を効率的に集めたことにより、フォロワー単価が1.3円と、相場の三分の一程度におさえることに成功しています。

料金

20%のプラットフォーム利用手数料。詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

コストをかけずに、女性インフルエンサーを活用したい方。

2.CLOUD CASTING(BIJIN&Co.株式会社)


CLOUD CASTING(BIJIN&Co.株式会社)

特徴

「CLOUD CASTING」は、14,500人以上のインフルエンサーが登録しているマーケティングサービスです。関東だけではなく、地方在住のインフルエンサーが多く登録しています。

実績

業界最高水準のコストパフォーマンスを武器に、8,000以上のオファーを成立させています。

料金

システム利用料とキャスト報酬料。詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

地元在住のインフルエンサーを活用したい方。

3. expaus(株式会社Lxgic)


expaus(株式会社Lxgic)

特徴

「expaus」は、マッチングツールを用いることで、意欲の高いインフルエンサーを集められるサービスです。起用条件を自由に決められるため、状況に応じたインフルエンサーマーケティングが可能です。

実績

某コスメ企業は、Instagramで総フォロワー数20万人となる10人のインフルエンサーに投稿を依頼し、約3ヶ月実施しました。その結果、売上が30パーセントアップの効果を得られました。

料金

月額利用料金のみ。詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

継続的にインフルエンサーマーケティングに取り組みたい方。

4. dary(デザイングループ)


dary(デザイングループ)

特徴

「dary」は、インフルエンサーによるニッチ層へのマーケティングを実施しています。一般消費者に対するインフルエンサーの影響力を利用して、顧客層へ細分化されたアプローチを可能にします。

実績

女性向けファッション雑貨通販サイトにて、53名のインフルエンサーを起用。ユーザーが好きなコーディネートに投票するコンテストを実施し、月間新規ユーザーが15パーセントアップしました。

料金

投稿費用とインフルエンサーへの報酬費用。詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

意欲の高いインフルエンサーを選びたい方。

5.Gantale(YS MEDIA AGENCY INC)


Gantale(YS MEDIA AGENCY INC)

特徴

Gantaleは、海外インフルエンサーに特化した、マーケティングサービスです。海外プロモーションの活性化に積極的で、インフルエンサーとのタイアップ動画の作成も担当しています。

実績

某観光地は、日本を旅するのが初めてという「カップル旅インフルエンサー」を起用しました。二人が旅する軌跡を公式HPで公開し、旅行プランの提案をしたほか、それぞれのブログで詳細な紹介をしてもらい、海外での認知度アップに成功しました。

料金

詳細はお問い合わせください。

こんな人におすすめ

自社の商品やサービスを海外展開したいが、言語の壁を感じている方。海外インフルエンサーとのタイアップ動画を作成してほしい方。


インフルエンサーマーケティングの導入事例

ここでは、インフルエンサーマーケティングの導入事例を、2つ紹介します。

導入事例1.メルカリの場合

背景

メルカリは、テレビCMによって知名度を大きく伸ばしましたが、サービス内容を知らない消費者に向けたマーケティングを模索していました。

導入の流れ

ユーザーを増やすためのプロモーションとして、10名以上のYouTuberを起用したインフルエンサーマーケティングをおこないました。インフルエンサーは、ユーザーにサービスの魅力を伝えるために、実際に利用している動画を投稿しました。

成果

投稿動画は、100万弱の再生回数を記録し、通常より30%~40%高い広告効果がみられました。YouTuberの私物をメルカリで取引することで、フリマアプリとしての価値を広めることに成功しています。

参考:メルカリが仕掛ける、インフルエンサーマーケティングとは。-メルカリ 鋤柄直哉氏|RIPPLY

導入事例2.森永製菓の場合

背景

テレビをあまりみない世代の10代女子中高生に向けて、バレンタイン企画の「友チョコ」の販売を促進させたいと考えていました。

導入の流れ

友チョコの販売促進のために「りかりこ」という10代の人気双子モデルダンスユニットを起用しました。りかりこは、「友チョコ方程式ダンス」というオリジナルのダンスをYouTubeに投稿しました。

成果

インフルエンサーの投稿動画は、若年層にうけて、10万回以上の再生回数を記録しました。さらに「友チョコ方程式」というキーワードも話題となり、Twitterで約4300ツイート、約530万インプレッションを達成しました。

参考:2018年も注目!期待集まるインフルエンサーマーケティングの最新事例|innova


まとめ

インフルエンサーマーケティングは、多数のフォロワーを持つインフルエンサーを利用するマーケティング手法です。コミュニティ内で影響力のある人間を起用して、消費者により近い位置から商品のプロモーションができます。

成果を得るためには、自社サービスや商品とマッチするインフルエンサーに依頼し、効果的な投稿や企画が必要です。まずは、成功の鍵となる「どのインフルエンサーマーケティング会社に依頼するか」の選定に、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

29のインフルエンサーマーケティングサービスを完全網羅 | インフルエンサーマーケティングパーフェクトガイド(無料)

参考にしたサイト

『インフルエンサーマーケティング』とは?自社サービスでも有効?|エムタメ!
【SNS別】インフルエンサーマーケティングの基本情報とケース・スタディ3選|innova
2018年も注目!期待集まるインフルエンサーマーケティングの最新事例|innova
基礎から応用まで5分で理解するインフルエンサーマーケティング|Insta Lab
2019年も注目のインフルエンサーマーケティング会社21選|Insta Lab
インフルエンサーマーケティングとは?|klear
メルカリが仕掛ける、インフルエンサーマーケティングとは。-メルカリ 鋤柄直哉氏|RIPPLY