【2022年版】問い合わせ管理システムのおすすめ38選を比較

問い合わせ管理システムとは、顧客からの問い合わせを一元管理するシステムです。電話やメール、SNSなどから寄せられる問い合わせを集約し、こまごまとした対応工数を削減します。

しかし、問い合わせ管理の導入を検討する場合、
・メールや電話、LINEなど自社で使っている連絡ツールを一元管理できるのか?
・楽天やYahooショッピングなどの通販に特化した問い合わせ管理がしたい
・出先でもスマホで問い合わせ対応できないか
など、比較するポイントがいくつかあり、自社にあった問い合わせ管理サービスを探すのは大変です。

そこで本記事では、代表的な問い合わせ管理サービス15個の料金や特徴を、わかりやすく整理してまとめました。

この記事を読むことで、探す手間をかけずに、自社にぴったりの良質な問い合わせ管理サービスを効率的に比較することができます。

なお、本記事では各問い合わせ管理サービスの注目度を客観的に判断するために、「問い合わせ管理 比較」で検索し、検索上位の紹介サイト10個を調査し、各サービスを登場回数順に並べました。ぜひ参考にしてください。

※この記事は問い合わせ管理システムを紹介します。あわせてメール配信システムについての情報を知りたいという場合は、下記ページをご覧ください。

メールの見落としや返信漏れをゼロに!売上シェアNo.1※のメールシステムの詳細を確認する

※出典:ITR「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2022」メール処理市場:ベンダー別売上金額推移およびシェア2009-2021年度(予測値)


メールディーラー/株式会社ラクス

  • 導入社数7,000社突破。
  • メール・電話制限なく、サポート永年無料。
  • ユーザー企業限定でメールの書き方などのセミナー開催。
初期費用50,000円〜
料金プラン月額35,000円~
導入企業弁護士ドットコム株式会社、株式会社アイスタイル、株式会社リンク、株式会社ブイキューブ、株式会社TCフォーラム など
導入社数7,000社以上
こんな人におすすめ■見落としや返信漏れ、誤送信などの人的ミスが起きている
■問い合わせ窓口が複数あり、管理が煩雑
■チーム内、別拠点や別部署との連携が手間


Freshdesk/Freshworks Inc.

  • 50,000社を超える導入実績。
  • 顧客に関する総合的な情報とガイド付きの解決策をエージェントに提供。
  • 会話ボット経由で、顧客にリアルタイムの最新情報を提供。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■ヘルプデスク
月額$15~/エージェント
■オムニチャネル
月額$29~/エージェント
※年額で払った場合の月額換算料金
※各プランの詳細はWEB参照
導入企業Bridgestone、Hamleys、Pearson PLC、Lesley University、Hired など
導入社数50,000社以上
こんな人におすすめ要問い合わせ

メールワイズ/サイボウズ株式会社

  • 1ユーザー月額500円で、2ユーザーから利用可能。
  • チームでの共有に必要な汎用的な機能を網羅。
  • 業界や業種問わず約12,000社以上の企業で導入。
初期費用■クラウド版:0円
■パッケージ版:要問い合わせ
料金プラン■クラウド版
・スタンダード:月額500円/1ユーザー(年額5,880円/1ユーザー)
・プレミアム:月額1,500円/1ユーザー(年額17,640円/1ユーザー)
※税抜価格、その他有料オプション有、パッケージ版は要問い合わせ
導入企業株式会社星野リゾート、ブックオフオンライン株式会社、株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル、株式会社翔泳社、一般財団法人 沖縄美ら島財団 など
導入社数12,000社以上
こんな人におすすめ■メールによる問い合わせ対応・管理のためにシステムを導入したい
■複数人でのメール対応で誤送信・二重送信を防止・対策したい
■社内やチームで情報共有し、顧客情報を有効活用したい

Re:lation/株式会社インゲージ

  • 4,000社を超える導入実績。
  • メールも電話もLINEも1画面で管理。
  • グッドデザイン賞受賞の使いやすい操作性。
初期費用15,000円〜
料金プラン月額12,800円~
導入企業株式会社マザーハウス、株式会社共栄物流サービス、チャットプラス株式会社、かどや製油株式会社、株式会社ストライプインターナショナル など
導入社数4,000社以上
こんな人におすすめ■問い合わせ窓口が増えて管理が大変
■対応漏れ、二重返信が起きる
■ツールを導入したが使いこなせなかった

Zendesk/株式会社Zendesk

  • 複数のチャネルをまたいで、シームレスかつ高度なサポートを提供。
  • Sunshineを使えば、Zendeskをカスタマイズし拡張できる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■Zendesk Support
月額$19~
■Zendesk Suite
月額$49~
※年額で払った場合の月額換算料金
※各プランの詳細はWEB参照
導入企業NTTデータ先端技術株式会社、SMC Corporation、b8ta Japan株式会社、株式会社I-ne、神戸市 など
導入社数10万社以上
こんな人におすすめ要問い合わせ

kintone/サイボウズ株式会社

  • 「アプリ」や「コミュニケーションスペース」を必要な数だけ用意して、自分だけのキントーンにできる。
  • 部署・立場・スキルに関わらずどんな人でも気軽に使いはじめられる。
  • 豊富なAPIや、プラグインなど100種類以上の連携サービスあり。
初期費用0円
料金プラン■ライトコース:月額780円/ユーザー
■スタンダードコース:月額1,500円/ユーザー
※5ユーザーから契約可能
導入企業パーソルキャリア株式会社、株式会社Fast Fitness Japan、株式会社京屋染物店、医療法人敬愛会中江病院、日清食品ホールディングス株式会社 など
導入社数20,000社以上
こんな人におすすめ■バラバラな情報を一つにまとめたい
■見える化でチームの意識を一つにしたい
■場所や時間を気にせず働ける環境を用意したい

Customa!/株式会社アイバス

  • アカウント数は無制限。従業員増加にとらわれない月額固定制。
  • 毎日バックアップをとり過去30日分を保持。更に他のバックアップサーバーへ二重のバックアップ。
  • セキュリティは金融機関のシステム統合を主管したSEが主管。
初期費用■ライトプラン:19,960円(税別)
■プレミアムプラン:35,600円(税別)
料金プラン■ライトプラン:9,980円(税別)
■プレミアムプラン:17,800円(税別)
※詳細はWEB参照
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■低価格でユーザー数無制限のシステムを導入したい
■パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからでも利用したい
■クラウド型のセキュリティの高いシステムを導入したい

desknet’s CAMS/株式会社ネオジャパン

  • シンプルで使いやすいインターフェース。
  • 電子メール・電話どちらの対応も一元管理し、重複対応や返信もれを防ぐ。
  • 蓄積したナレッジ情報の検索・集計が可能で、顧客との友好な関係性の維持に役立てられる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■5ユーザー: ¥ 150,000
■10ユーザー:¥ 200,000
■20ユーザー:¥ 300,000
※税抜価格、詳細はWEB参照
導入企業扶桑化学工業株式会社、福島信用金庫、株式会社ABC Cooking Studio など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■顧客管理の充実と効率化を実現したい
■電子メール、電話対応も一元管理し重複対応や返信もれを防ぎたい

WaWaD-Be/株式会社アイアットOEC

  • 顧客情報・商品情報・クレーム情報など、ニーズに合わせて自由にフォームを作成し共有できる。
  • 蓄えたデータはすべてcsv出力可能。
  • 1ID月300円の、始めやすい低価格。
初期費用0円
料金プラン300円/月(税別)+基本料金2500円
※1IDあたりの金額
※基本料金はID単位ではなく、1契約単位
導入企業リロ・ホールディング様プライムホスピタル玉島、株式会社デンショク など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ要問い合わせ

yaritori/Onebox株式会社

  • 誰でも迷わず使える画面デザイン。
  • メールごとに返信担当者の設定ができ、二重対応や対応漏れがなくなる。
  • チャットで情報共有や相談ができる。
初期費用0円
料金プラン■ライト:¥1,980(1ユーザー/月額)
■スタンダード:¥2,980(1ユーザー/月額)
■ビジネス:¥4,980(1ユーザー/月額)
※詳細はWEB参照
導入企業株式会社ツナググループHC、西川株式会社、株式会社ミナジン、大和建工材株式会社、アイランデクス株式会社 など
導入社数140社以上
こんな人におすすめ■二重対応や対応漏れを防ぎたい
■過去の対応履歴を把握したい
■メールアカウント管理の手間を省きたい

WEBCAS mailcenter/株式会社WOW WORLD

  • メール返信作業を行うと、自動的に他のユーザーが編集不可となるため、二重返信や二重対応を予防できる。
  • 履歴アイコンのワンクリックで、過去の問合せ内容やその問合せに対する返信履歴を一覧表示。
  • メール対応毎に、「日時」「担当者」「コメント」をタイムスタンプとして記録。
初期費用■ASP型:3万円~
■SaaS型:50万円~
料金プラン■ASP型:5,000円~
■SaaS型:10万円~
■パッケージ導入版:ライセンス費用350万円~
導入企業株式会社日産フィナンシャルサービス、株式会社絵本ナビ、株式会社MRTアド、株式会社アワーズ、パナソニック保険サービス株式会社、など
導入社数8,000社以上
こんな人におすすめ■会員を集めたい
■大量の顧客にメールを一斉配信したい
■メルマガ製作について相談したい

UnitBase/株式会社ジャストシステム

  • 完全ノンプログラミングで、誰でも業務システムを開発できるWebデータベース。
  • 同時ログイン可能なライセンスにより、アカウント数無制限で利用可能。
  • 基幹システムなどの外部データベースと直接連携できる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業学校法人千葉学園 千葉商科大学、株式会社宮崎太陽銀行、ヤンマーパワーテクノロジー株式会社、JA島根電算センター、ナイカイ塩業株式会社、箕面市、など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ要問い合わせ

エムアイ・メール/未創システム株式会社

  • 電話やメールなど多媒体の対応も、顧客ごとに一元管理。
  • 操作履歴・対応のコメントログが残せるので、問題発生時に適切な対応が可能。
  • 事前に設定したフィルタリングでメールを担当者に振り分け。スムーズな対応を実現。
初期費用■スタンダードプラン:24,800円
■仮想サーバー(専用サーバー)プラン:50,000円
■パッケージプラン:要問い合わせ
料金プラン■スタンダードプラン:月額9,800円~
■仮想サーバー(専用サーバー)プラン:月額66,800円~
■パッケージプラン:要問い合わせ
導入企業株式会社カービュー、慶應義塾、株式会社ハルメク、さくらインターネット株式会社、ソフトバンクコマース&サービス株式会社、など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■簡単に操作したい
■ミスなく効率的に業務を行いたい
■直感的に操作したい

CScloud/スタークス株式会社

  • LINE対応に必要な機能が揃ったオールインワンツール。
  • チャットボットによる自動応答と有人対応を同時に利用可能。
  • 顧客管理システムやECのカートシステムの顧客情報との連携で、顧客や注文情報に応じたチャット対応を実現。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社オモヤ、ゴーフード株式会社、goodbody株式会社、株式会社ハーバルアイ、株式会社エイチームライフスタイル、など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■LINEの1to1トークの対応コストが大きい
■すぐ返信できずにお客様を逃している
■自動応答と有人対応を同時に使えない

レストランボード/株式会社リクルート

  • 空席情報をネット予約と自動連携。面倒な転記も不要。
  • ネット予約も電話予約も一元管理。
  • 来店履歴や予約情報できめ細やかな対応が可能。
初期費用無料
料金プラン0円
導入企業株式会社コロワイドMD、鳥放題 宇都宮宇大前店、産地直送北海道 札幌駅前店、Au Tokyoite、PRIVATEROOM GOSSIP、など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■無料で始めたい
■簡単に使いこなしたい
■POSレジアプリと連携したい

その他おすすめの問い合わせ管理

Tayori
CRMate
楽楽販売
Microsoft Dynamics 365
問いマネ
GENIEE CHAT
チャネルトーク
KARTE
NI Collabo 360
AppSuite
クラコールCINNOX
CX+
Live800Plus
クライゼル
FastChat
FastHelp5
Backlog
Service Cloud
Zoho Desk
SmartStageサービスデスク
Stock
formrun
楽テル


問い合わせ管理システムの選定ポイントつ

機能

問い合わせ管理システムを選定する際には自社が求める機能を備えているかをあらかじめ確認する必要があります。導入後に期待していた機能がないという事態が発生しないように、下記のような形で期待するポイントを一覧できるようにまとめるといいでしょう。

■(例)問い合わせ管理システムに期待する機能

  • 電話やメールだけでなく、FacebookやLINEなどのチャットの問い合わせも管理したい。
  • PCにくわえてスマホやタブレットでもシステムを使用したい。
  • 画面がシンプルで初心者でも使いやすいものがいい。
  • システム上からメールに返信できるものがいい。

API連携の有無

APIとは各種ソフトウェアやアプリケーションと連携する機能です。すでに導入している他のソフト・サービスと連携できれば、問い合わせ管理システムをより便利に活用できます。API連携については事前に細かく確認しておきたいものです。

価格

最後に価格です。導入にかかる費用と削減されるコスト・負担を比較し、妥当なシステムを選びましょう。システムで改善したい問題が限定的である場合は、無理に高額な問い合わせ管理システムを導入する必要はありません。自社にとって適切なものを見つけてください。


まとめ

今回の記事では、主要な問い合わせ管理システム15個を比較しました。

選ぶポイントは、自社の抱えている課題、必要な機能、コストとのバランスを考慮してシステムを導入しましょう。

自社に合った問い合わせ管理システムを導入し、業務が効率化されることを願っております。

参考:問い合わせフォーム営業の正しいやり方と反響を高めるコツを徹底解説