ローカルパックとは?種類や表示されるためのポイントを解説

eyecatch

ローカルパックとは、Googleでローカル検索(”渋谷”などの地域性を持ったキーワードで検索すること)した際に最上位に表示されるGoogleマイビジネスのリストのことを言います。

ローカルパックに表示されることで、ユーザーの認知向上や集客率の向上が望めます。

日本国内の検索エンジンシェアはGoogleがトップとなっており、店舗集客をする際に、Googleマイビジネスの活用は欠かせない集客方法と言えるでしょう。

そのため、ローカルSEOを行い、検索結果上位(ローカルパック)に表示させることが重要となってきます。

  • ローカルパックの種類は?
  • ローカルパックに表示されるためには何が重要なのか?
  • ローカルパックに表示されるメリットは何なのか?

本記事では、ローカルパックに関する上記の疑問を解消し、ローカルパックに表示されるために何をすべきかについて解説します。

ローカルパック攻略のカギ「Googleマイビジネス」運用のコツ


ローカルパックとは

ローカルパックとは、Googleの検索結果画面で上位に表示されるGoogleマイビジネスのリストのことを言います。

ローカルSEOを行い、検索結果の上位(ローカルパック)に表示されることが、Googleマイビジネスを活用した集客で重要となります。


ローカルパックのメリット

ローカルパックに取り組むメリットは、以下が挙げられます。

  • 多くの店舗集客が見込める
  • 無料で掲載可能
  • 取り組みが簡単

多くの店舗集客が見込める

ローカルパックに表示される最大のメリットは、多くの店舗集客が見込めることにあります。

ユーザーの目に留まりやすい位置にGoogleマイビジネスの情報が表示されるため、表示されないときと比べて格段にクリック率が向上し、結果として店舗への来客が増加します。

ローカルパックの情報には、店舗名や営業時間、店舗の場所、電話番号などの詳細情報が載っているため、ユーザーに興味を与えることができ、ウェブサイトの閲覧や実際に来店するきっかけ作りとなります。

また検索ユーザーは、検索結果をすべて確認し検討したうえで来店の意思決定をするとは限りません。一つの店舗を確認し、興味が湧いたらそのまま来店するということも多々あります。

ローカルパックも通常の検索と同様に、上位にいくほどクリック率が高くなる傾向にあるため、ローカルパックの上位に表示されることで競合よりも多くのユーザーを誘導することができます。

逆に言えば、ローカルパックの下位に表示されている場合や表示すらされない場合は、検索経由ではほとんど集客が見込みないことになります。より多くのユーザーを店舗に集客したいなら、必須で取り組むべき施策と言えるでしょう。

無料で掲載可能

ローカルパックへの掲載は無料で可能です。通常のSEOと同様に、上位表示されるために施策に取り組む必要はありますが、そのいずれも無料でできます。

ただしその割にまだまだきちんと取り組めていない事業者も多いので、先んじて取り組むことで先行者優位を得ることができます。

また、ローカル検索広告と呼ばれる広告を出稿することで上位表示させることも可能です。

参考:ローカル検索広告とは?3つのメリットと、実際に始めるための広告設定ステップ

取り組みが簡単

ローカルパックは、取り組むのが容易なことも大きなメリットです。

ローカルパックは、Googleマイビジネスの情報を充実させるだけで充分効果を得ることができます。

取り組むべき内容については、後ほど詳細を解説します。


ローカルパックの種類

ローカルパックには、下記の3種類があります。

種類特徴
通常のローカルパック主要のローカルパック。表示内容が一番多い。
ローカルスナックパック飲食やサービス、娯楽などのカテゴリの検索で表示。
ローカルABCパックブランド名やジャンル名。口コミや評価数が表示されない。

また、ローカルパックの下記に表示されている「さらに表示」を選択することで、それ以降のリスト(ローカルファインダー)が表示されます。

通常のローカルパック

003

ローカルパックとして表示されるものの大半は、この通常のローカルパックです。

「地名+キーワード」などのローカルワードでGoogle検索すると、マップとともに画面の最上部に表示されます。

<表示される項目>

  • ビジネス名
  • 住所
  • 業種
  • 口コミの数・評価
  • 電話番号
  • 営業時間
  • オンライン予約
  • ホームページへのリンク など

ローカルスナックパック

004

ローカルスナックパックは、飲食やサービス、娯楽などのカテゴリの検索で表示されます。通常のローカルパックとは違い、写真が表示されるため店舗のイメージが伝わりやすいのが特徴です。

電話番号、ウェブサイトへのリンクなどは表示されません(店舗をクリックすればGoogleマイビジネスに登録された電話番号などが表示されます)

<表示される項目>

  • ビジネス名
  • 住所
  • ジャンル
  • 営業時間
  • 口コミの数・評価 など

ローカルABCパック

005

ローカルABCパックは、、ブランド名やジャンル名などの、評価に左右されにくいビジネスを検索したときに表示されます。

例えばコンビ二、銀行、消防署などが該当します。

ローカルABCパックは、検索結果にA.B.Cの表示がされ、口コミや評価数が表示されないことが特徴です。

<表示される項目>

  • ビジネス名
  • 住所
  • ジャンル
  • 電話番号
  • 営業時間
  • ホームページのリンク など

ローカルファインダー

ローカルパックの下部にある「すべて表示」をクリックした際、一覧で店舗が表示されるリストのことを、ローカルファインダーと言います。

ローカルファインダーは、上位3店舗以外の検索結果を閲覧することができます。

ローカルパックに表示される情報よりも、ユーザーの目に留まる確率は低くなるため、集客効果を高めるにはローカルパックへ表示されることが重要となってきます。


ローカルパックの掲載順位の仕組み

ここからはローカルパックに表示されるために何をすれば良いかについて解説していきますが、その前にどのような仕組みで掲載順位が決まっているのかを理解しましょう。

ローカルパックに表示されるためには、Googleマイビジネスの情報を充実させることが重要です。

ローカルパックに表示されるビジネス情報は、Googleのアルゴリズムによって選定されているため詳細な仕組みは不明ですが、Googleは表示されるための重要なポイントとして、以下の3つを挙げています。

  • 関連度
  • 知名度
  • 距離

参考:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する|Googleマイビジネス ヘルプ

関連度

関連度とは、検索キーワードとGoogleマイビジネスの情報がどれだけ一致しているかを指します。

ビジネス情報を充実させることで、検索語句との関連性が高まり順位向上も期待できます。

ユーザーが検索しそうなキーワードを想定し、マイビジネスの情報に盛り込んでいきましょう。ビジネス情報は適当に記載せず、正しく充実させることが大切です。

例:美容院の場合はカテゴリ「美容院」を選択する

知名度

知名度は、Webだけでなくオフラインでの知名度も含めた総合的なものです。Web上の情報(記事・サイトの充実度やクチコミなど)も影響します。

また、ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、サイトを運営しているならSEOに取り組むことも重要です。

距離

距離は、検索語句で指定された場所から、検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。

キーワードに地域名が含まれていない場合(”ラーメン”単体など)は、ユーザーの現在地から近いものが上位表示されやすくなります。

正しい住所を載せることで、検索結果に上位表示されやすくなります。近い距離にいるユーザーへアピールするため、誤字脱字や表記ゆれがないよう、正しい住所を載せましょう。


ローカルパックに表示されるためにすべきこと

前章の内容をふまえて、ローカルパックに表示されるために何をすべきか解説します。

必ず実施すべき施策は下記の4つです。

  • 写真の登録
  • 正確なビジネス情報の設定
  • 正確な営業時間の設定
  • クチコミへの返信

写真の登録

店舗やサービスの情報や魅力を伝えるために、写真の登録は必ず行いましょう。

商品画像はもちろん、店舗の内観など様々な画像を揃えて、ユーザーに自社サービスをアピールしましょう。

002
美容院の例。カットイメージが重要。


写真があるのとないのとでは、クリック率にも大きく差が出ます。

例えばラーメン店の場合、魅力的なラーメンの画像があれば思わずクリックしてしまうというのは、皆さんも想像ができるのではないでしょうか。特にスマートフォンでは、画像が画面に占める割合が大きいので重要になります。

スマートフォンでの検索結果。ラーメン画像の有無と質がクリック率を左右する。


正確なビジネス情報の設定

正確なビジネス情報を設定し、ユーザーに意思決定のために必要な情報を提供しましょう。基本的な情報も意外と見られているものなので、なるべく空白部分がないように設定しておく必要があります。

設定する主な情報は、住所・電話番号・イベント情報・カテゴリ・商品・サービス・属性・webサイトなどです。

業種によっては空白を埋められない場合もあると思いますが、ビジネス名・住所・電話番号は必ず記載するようにしましょう。この3つの情報はGoogleがその店舗を判断するときに役立つ情報です。

Googleマイビジネスの登録の方法は、下記で詳しく解説しています。

参考:Googleマイビジネスとは?活用すべき理由から登録方法まで解説

自社サイトや、ポータルサイト(グルメなどの専門サイト)の情報とも揃えるようにしましょう。また、古い情報をそのまま放置することはないようにしましょう。

正確な営業時間の設定

正確な営業時間の設定も重要です。開店や閉店時間、祝祭日、イベントに合わせたイレギュラーな営業時間などを定期的に更新しておくことで、ユーザーは安心して店舗に訪れることができます。

特に、コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されている2021年現在、平常時とは異なる営業時間で営業している店舗も多いでしょう。その場合は必ずGoogleマイビジネスに設定して営業時間も更新するようにしましょう。

営業していると思って来店したら休業していたということがあれば、ユーザーは落胆しまた来店してくれる可能性は低くなってしまうでしょう。

クチコミへの返信

ユーザーからのクチコミに返信することは、Googleマイビジネスの運営の観点からも重要です。クチコミに返信することで、顧客の意見を尊重していることを、他のユーザーにも伝えることができます。

ポジティブなクチコミが多くあれば、ユーザーによい印象を持ってもらえるため、店舗へ出向く確率も高くなるでしょう。

ただし、ポジティブなコメントばかりではなく、ネガティブなコメントをいただくこともあるでしょう。そういったネガティブなクチコミにも真摯に向き合って、返信しましょう。

ポジティブなクチコミにだけ返信し、ネガティブなクチコミを無視するというのは厳禁です。どちらもお店やサービスに対する有益なフィードバックであることを認識し、誠実に対応しましょう。

参考:【無料E-Book】Googleマイビジネスの「クチコミ攻略法」
参考:クチコミを読み、返信する|Googleマイビジネスヘルプ


ローカルパックに表示されるためのポイント

前章で、ローカルパックに表示されるためにすべきことを解説しましたが、その際に注意すべきことを最後にご紹介します。

「NAP」表記を統一する

ビジネス情報を登録する際に、NAP表記を統一するようにしましょう。NAPとはName(名前)・Address(住所)・Phone(電話番号)の頭文字を取った用語です。

NAP表記にゆれがあると、Googleの検索エンジンが同じ店舗・サービスであるか判断がつきにくくなります。また、検索したユーザーも同様に迷ってしまいます。

例えば、店舗名はアルファベットなのかカタカナなのか、株式会社を(株)と略すか否か、住所や電話番号には「-」を使用するのかなど、表記が統一できているかチェックする必要があります。

情報が正確であると判断されると上位表示の期待ができるので、NAP表記は必ず統一させましょう。

NAP表記が統一されていない例

掲載先Name(名前)Address(住所)Phone(電話番号)
公式サイトSO Technologies株式会社東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19F012-3456-5432
GoogleマイビジネスSO Technologies(株)東京都文京区後楽1丁目4番地14 後楽森ビル19F01234565432
採用サイトエスオーテクノロジーズ株式会社東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19階012-3456-5432

名前に自社の店舗情報以外のワードを入れない

Googleマイビジネスの名前に店舗情報以外のワードは、絶対に入れてはいけません。
検索でヒットさせるために、ビジネス名に自社の店舗情報以外の情報を記載している店舗がありますが、それはGoogleポリシーに違反します。

例えば「地域で一番安い・おしゃれ・〇〇駅から徒歩〇分」などの表記はNGです。

本件に限らず、ポリシー違反をするとアカウント停止や検索結果から表示されなくなる可能性もあります。事前にポリシーを確認した上で、必ずポリシーを遵守するようにしましょう。

参考:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン|Googleマイビジネスヘルプ

虚偽のクチコミやインセンティブは付与しない

Googleはすべての利用者にとって有益な情報を掲載することを目指しているため、虚偽のクチコミを載せることははっきり禁止しています。

投稿内容は、実際の体験や情報に基づくものでなければなりません。意図的な虚偽情報の投稿、写真のコピーや盗用、話題に無関係なクチコミ、中傷的な表現の使用、個人攻撃、不必要または不正確なコンテンツなどは、すべてポリシー違反に該当します。

引用:マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー|Googleヘルプ

また評価を上げるために、クチコミに割引などのインセンティブをつけてはいけません。

違反すればアカウントの停止や、最悪削除される可能性もあるので違反しないように注意しましょう。

参考:禁止および制限されているコンテンツ – マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー|Google ヘルプ


まとめ

ローカルパックとは、Googleの検索結果画面で上位に表示されるGoogleマイビジネスのリストのことを指します。

ローカルパックは無料かつお手軽に店舗への集客につなげることができるので、店舗運営を営む人は必ず取り組むべきものです。

検索するサービスや業種によって、ローカルパックの表示は3種類に分かれます。

ローカルパックに表示されれば、ユーザーの目に留まる機会も増え、高い集客効果が期待できます。

正確なビジネス情報をGoogleマイビジネスに設定し、ローカルパックへの掲載を目指しましょう。

多店舗事業に特化したGoogleマイビジネス運用なら「ライクルGMB」(PR)

「ライクルGMB」は30,000軒を超える店舗の支援実績を有する、多店舗特化のGoogleマイビジネス運用支援サービスです。

Googleのパートナー認定を受けており、オーナー未認証の場合は即座にオーナー登録が可能なので、スムーズにGoogleマイビジネスの運用をスタートできます。

ぜひ「ライクルGMB」のサービス資料をダウンロードして詳細を確認してみてください。

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください