ローカル検索広告とは?3つのメリットと、実際に始めるための広告設定ステップ

「ローカル検索広告」という手法について名前は知っていても、具体的な仕組みや実施メリットなどがわからず、まだ取り組めていないという方も多いのではないでしょうか。

ローカル検索広告は、店舗の近隣にいるユーザーに対して店舗情報を配信する広告手法です。

スマートフォンを利用すれば簡単に店舗の情報を検索できる昨今、来店前の情報収集をしている検索ユーザーにアプローチができる手法が注目されています。

本記事では、ローカル検索広告についての基本的な仕組みと、実施するメリット、設定方法、効果を高める運用の考え方を解説します。

この記事を読むことでローカル検索広告とはどういう目的で利用される広告手法なのかを理解でき、さらに実際にご自身の手で始められるようになります。

ローカル検索広告の効果を最大化するGoogleマイビジネスの活用方法


ローカル検索広告とは?

ローカル検索広告はGoogleが提供しているビジネス向けサービスの1つです。

店舗運営者がローカル検索広告を出すと、店舗の近くにいるユーザーが特定のキーワードで検索をしたときに、店舗情報を表示できます。

ローカル検索広告の仕組み

001_2

Google検索またはGoogleマップで、ユーザーがローカル(場所)ワードを検索したときに広告を掲載できるのが、ローカル検索広告です。

ユーザーがスマホをはじめとしたモバイルデバイスで検索した場合は、GPSで取得した現在地をもとに、近隣の店舗の情報を掲載します。たとえば、新宿駅にいる人が「喫茶店」で検索したとすると、新宿駅周辺にある喫茶店の一覧が表示される部分の最上部に、ローカル検索広告が表示されます。

ユーザーがパソコンで検索した場合には、位置情報が取得できない場合もありますが、検索ワードとしてユーザーが「新宿 喫茶店」などと入れていれば、モバイルデバイスで検索したときと同様にローカル検索広告が表示されます。

自然検索の上位と区別するために、ローカル検索広告には「広告」または「Ad」と表記されます。

なお、広告は登録している「ビジネス情報ページ」にリンクされます。掲載できる情報は次の通りです。

  • 店舗名(ビジネス拠点名)
  • 営業時間
  • 住所
  • 顧客レビュー(一覧で見えるのは星の数まで)
  • 問い合わせ電話番号にダイレクトでつながるボタン(オプション)

店舗の近隣にいるユーザーのなかで、より来店の可能性が高い人にアプローチするために有用な手段といえます。

参考:Googleマップで集客効果!ローカル検索広告の仕組みや設定方法|デジ研
   【2020最新】Googleマップに広告?5分で分かる「ローカル検索広告」とは|VALUE CREATION
   Google広告による店舗集客を最大化させるGoogleマイビジネスの活用法

Google検索結果における掲載面


引用:ローカル検索広告について

上の画像はGoogle検索画面で家電量販店を検索した場合の掲載面を示しています。GPSで取得した位置情報をもとに抽出された近隣の店舗一覧が表示されており、最上部にローカル検索広告が表示されています。

このように、ユーザーがGoogle検索でローカル検索を行った際には、Googleに掲載されている店舗情報がローカル検索結果として表示されます。なお、タップするだけで電話できるボタンはオプションです。

参考:ローカル検索広告について|Google 広告 ヘルプ

マップ検索結果における掲載面


引用:ローカル検索広告について

上の画像はユーザーがGoogleマップ内でローカル検索をしたときのものです。Google検索のときと同様に、ローカル検索広告が優先的に掲載されます。

ランディング先はビジネス情報

広告はGoogle検索・マップに表示されるビジネス情報という形で掲載されます。

ビジネス情報は後述する「Googleマイビジネス」を利用して掲載内容を管理することが可能です。

通常の広告と違い、Webサイトへランディングすることができませんので注意が必要です。


ローカル検索広告のメリット

ローカル検索広告には以下のようなメリットがあります。

  • 店舗を検索しているユーザーにアプローチができる
  • 競合店舗よりも上位表示されやすい
  • クリック課金のため、費用対効果を高めやすい

ローカル検索広告によって、店舗に関心があるユーザーの来店を促進することができます。また、検索結果上で上位表示されるので、どこに来店するか決めかねているユーザーに対して、競合よりも優先的にアプローチ可能です。

また、クリック課金のため予算調整がしやすいのもメリットといえます。

店舗を調べている能動的なユーザーにアプローチが可能

ローカル検索広告では店舗情報を収集している店舗近隣のユーザーに広告を配信することが可能です。 すでに店舗の情報を収集している、検討段階のユーザーのため、来店につながる可能性が高いことがメリットです。

経路を表示できるため、ユーザーをスムーズに店舗まで誘導できるというメリットもあります。また、広告内に直接電話できるボタンを設置すれば、予約やテイクアウトの注文をするユーザーの増加につながります。

とくに、マップ内で検索されることの多い飲食店や宿泊施設では、メリットが大きい手段といえるでしょう。

参考:Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~|PR TIMES
   Googleマップで集客効果!ローカル検索広告の仕組みや設定方法|デジ研

競合店舗よりも上位のポジションでアプローチできる

ローカル検索広告なら、優先的に競合より上部に掲載されるためユーザーの目に留まりやすいというメリットがあります。

一方、通常のローカル検索結果のビジネス情報は、掲載情報の充実度や知名度で順位が決定するため、上位に掲載されるまではさまざまな施策を講じる必要があり、時間もかかります。

期間限定オープンの店舗やシーズン時など、通常の検索結果で上位になるまで待てない場合は、とくに有効です。また、来店につながりやすいキーワードで絶対にユーザーの目に触れたいときに広告を活用することも有効です。

クリック課金のため、ターゲットに露出して費用が発生する

ローカル検索広告は、クリック課金型の広告となり、ユーザーが反応したときだけ費用が発生します。 表示するだけでは課金が発生しないため、費用対効果の高い広告施策です。

なお、一口に「クリック課金」といっても、課金が発生するタイミングはユーザーのアクションに応じて4種類から選べます。4種類の詳細は後述しますが、この設定によってさらに費用対効果を高めることが可能です。

参考:ローカルビジネスには欠かせない、Googleマップに表示できる「ローカル検索広告」とは?|ANAGRAMS


ローカル検索広告の設定手順

ではここで、ローカル検索広告を掲載するための設定方法と手順を解説します。基本さえ押さえておけば難しいものではありません。実践に向けて把握しておきましょう。

ローカル検索広告の設定方法

ローカル検索広告はGoogle広告のオプション機能である「住所表示オプション」を設定することで掲載が可能です。 具体的には、Google広告とGoogle掲載の店舗情報を管理するためのGoogleマイビジネスを連携し、住所表示オプションを指定することを指します。

ここで気を付けなければならないのが、「住所表示オプション」が通常のリスティング広告で設定するものであるという点です。つまり、通常のリスティング広告をおこなわずにローカル検索広告だけを掲載することはできません。

参考:ローカル検索とは?定義とローカル検索広告の設定方法も解説【基本編】|ローカルミエルカ

Google広告で検索キャンペーンを作成する

ローカル検索広告の設定においては通常の広告と違い、ビジネス情報にリンクするため画像や文章、ランディングページの登録が必要ありません。検索キーワードのみを設定します。たとえば、先述のような「新宿 喫茶店」や「東京駅 ホテル」などです。

参考:【2020最新】Googleマップに広告?5分で分かる「ローカル検索広告」とは|VALUE CREATION

Googleマイビジネスと連携する

Googleマイビジネスを開き、ビジネスプロフィールを編集します。画面の左上にある「情報」をクリックすれば編集画面が表示されるので、次の情報を充実させましょう。

  • ビジネス名(店舗名)
  • 住所
  • 営業時間
  • 連絡先情報(電話番号、Webサイト、メールアドレス等)
  • 写真

これらの情報を入力して「適用」をクリックすれば手順自体は完了です。ステータスが「審査中」になるので、審査が終わった後に反映されます。

参考:Google でビジネス プロフィールを編集する|Google マイビジネス ヘルプ

GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携する

続いて、GoogleマイビジネスとGoogle広告を、次の手順で連携します。

  1. Google広告の管理画面で「広告表示オプション」を選択
  2. 「住所表示オプションの作成」を選択
  3. 「知っているアカウントに必要な情報をリンクする」を選択
  4. Googleマイビジネスアカウントを選択
  5. 「続行」をクリックして完了

これでGoogleマイビジネスとGoogle広告のアカウントが連携されました。

なお、GoogleマイビジネスとGoogle広告のアカウントが異なる場合には、手順4でアクセス権のリクエストを選択し、異なるアカウントのメールアドレスを入力しましょう。リクエストが承認されれば完了です。

参考:ローカル検索とは?定義とローカル検索広告の設定方法も解説【基本編】|ローカルミエルカ
   【2020最新】Googleマップに広告?5分で分かる「ローカル検索広告」とは|VALUE CREATION
   Googleマップにおけるリスティング広告!ローカル広告とは?|MEOクラウド

住所表示オプションを設定する

GoogleマイビジネスとGoogle広告の連携が完了したら、Google広告で「住所表示オプション」を追加、設定します。

  1. Google広告を開き「広告表示オプション」を選択
  2. 「住所表示オプション」を選択
  3. 「住所表示オプションの作成」というポップアップが出る
  4. ポップアップ内でGoogleマイビジネス情報を設定

検索キーワードと住所表示オプションの設定が完了した段階で、ローカル検索広告と通常のリスティング広告を同時に掲載できるようになります。

注意点:ローカル検索広告単体では配信ができない

前述の通り、ローカル検索広告はGoogle広告の住所表示オプションの一つの機能となり、ローカル検索広告単体では配信はできませんので注意が必要です。

リスティング広告の準備がまだできていない場合は、ローカル検索広告の準備の前に、Google広告ページで準備を進めましょう。

参考:Google広告による店舗集客を最大化させるGoogleマイビジネスの活用法


ローカル検索広告の費用

ローカル検索広告はクリック課金式であると説明しましたが、費用はクリック課金のタイミングと設定したキーワードによって大きく異なります。より費用対効果の高い方法を把握し、予算を決めるために詳しく見ていきましょう。

課金方式はクリック課金のため運用が可能

ローカル検索広告は、クリック課金型の広告となるため、予算については運用が可能です。店舗集客における目標来店単価や店舗数に応じて設定しましょう。キーワードごとの平均クリック単価は、Google広告のアカウントで使用できるキーワードプランナーで調べられます。

ただし、前述のとおり、Google検索広告の実施が必須となるため、ローカル検索広告単体での予算設定はできないので、検索広告と併用して予算を立案することが必要です。

クリック課金のクリックポイントは以下が対象となります。

  • 「場所の詳細を取得」のクリック
  • 「ルート検索」のクリック
  • 「モバイルのclick-to-call」のクリック
  • 「ウェブサイト」のクリック

それぞれについて、次の項目から解説します。

参考:ローカル検索広告について|Google 広告 ヘルプ
   リスティング広告のクリック単価の相場や調べ方、下げる方法とは?|株式会社ローカルフォリオ
Googleマップの広告・ローカル検索広告で競合に勝つ3つのポイント|株式会社ローカルフォリオ

「場所の詳細を取得」のクリック

「場所の詳細を取得」のクリックは、検索結果のリストから広告をクリックして展開した場合に課金される方式です。具体的には、広告掲載部分からビジネス名(店舗名)がクリックされたときを指します。

クリックすると、ユーザーの画面にはナレッジパネルといって、電話番号や写真、ユーザー評価といった店舗の詳細が表示されます。キーワードで検索したユーザーがどれだけ反応したかを知りたいときに有効です。

ただし、ユーザーが店舗の詳細を知るという意味では次のアクションにつなげられたとも言えますが、来店や購買につながっているとは限りません。ユーザーのより具体的な行動が知りたいときは、別の種類を選びましょう。

「ルート検索」のクリック

店舗へのルート示すボタンを、ユーザーがクリックしたときだけ課金される方式です。店舗までのルートを表示したユーザーは来店確率が高いため、実際に来店した人数と比較して広告の効果を測りたいときに有効です。

実際の来店人数が下回る場合には、ユーザーが移動しやすい距離よりも広告を表示するエリアが広い可能性があります。

「モバイルのclick-to-call」のクリック

広告にオプションで掲載する電話のボタンを、ユーザーがクリックしたときに課金する方式です。問い合わせや予約、注文を電話で受け付けている場合に有効です。

なお、電話番号はGoogleマイビジネスで設定しているものであるため、代表番号と受付番号が異なる場合には、設定を変更しておきましょう。

Googleマップ画面で表示される、登録したウェブサイトへのボタンをユーザーがクリックしたときに課金される方式です。実店舗がなくエリア周辺でビジネスをしているケースや、来客や商品購入よりもウェブサイトの閲覧者数を増やしたいときに有効です。

なお、ウェブサイトはGoogle広告のリスティング広告で設定しているリンク先です。設定していないキャンペーンページにアクセスしてほしいときは、URLを変更しましょう。


ローカル検索広告の効果を高める運用の考え方

最後に、ローカル検索広告の費用対効果を高めるために、的確な運用の方法と考え方を解説します。3つのポイントに分けて解説しますが、いずれにも共通しているのは、継続的な分析と更新です。

ローカル検索広告の指標を追いかける

ローカル検索広告の成果(コンバージョン)は、Google広告の管理画面で確認できます。手順は次の通りです。

  1. Google広告で、該当のキャンペーンや広告グループを選択
  2. クリックタイプを選択

コンバージョンは次のように分類されて計上されます。

  • ビジネス名のテキスト部分をクリックしたとき「詳しい場所を確認」に計上される
  • ルート検索をクリックしたとき「ルート案内」に計上される
  • 通話をクリックしたとき「モバイル Click-to-Call」に計上される
  • ウェブサイトをクリックしたとき「広告見出し」に計上される

コストと期待した効果のバランスがとれているかを分析し、次の広告施策に役立てましょう。

参考:店舗ビジネス必見!ローカル検索広告とは~Googleマップから実店舗へ集客する方法|Grab

Googleマイビジネスの情報を充実させる

Googleマイビジネスの情報を、いかに充実させるかがローカル検索広告の成功にとって重要です。充実した情報があれば、広告を出さなくても上位になる可能性があります。

前述のとおり、ローカル検索広告はGoogle検索・マップに表示される「ビジネス情報」という形で掲載されます。 通常の広告と異なり、広告からダイレクトにWebサイトへの誘導を行うことができません。

そのため、ビジネス情報だけでもユーザーの来店に関する不安を払拭し、来店誘導につながるようGoogleマイビジネスの運用を徹底することが大切です。

基本的に、未入力の欄が無いように注意します。その上で、店舗や会社の内容とカテゴリ、住所、営業時間、電話番号は常に最新のものへ更新するよう心がけましょう。

参考:Googleマイビジネスの検索順位を改善するには?|Googleマイビジネス MEO対策サポート
   Googleマイビジネス攻略ガイドブック【多店鋪・チェーン店向け】

来店コンバージョンを計測する

Googleマイビジネスとアドワーズの連携を行うことで、一定の条件を満たせば来店コンバージョンの計測が可能です。 来店コンバージョンは、広告に接触をしたユーザーがどれだけ来店につながたったかを計測するための仕組みを指します。

広告を見たユーザーが実店舗へ来店すると、匿名の集計データから統計情報が分析され、ユーザーの来店人数が算出されます。Googleによってアンケートモニターが行われることもあり、機械学習によって精度を向上させる仕組みが運用されています。

来店集客を目的としたローカル検索広告と相性が良い施策のため、合わせて検討するのがおすすめです。

来店コンバージョンについては、以下記事で詳しくまとめています。

参考:来店コンバージョンとは?計測の仕組みから設定方法までを徹底解説


まとめ

Google検索、Googleマップ検索で掲載できるローカル検索広告は、店舗の近隣にいるユーザーへアプローチするには効果的な手段です。検索結果一覧の最上部に掲載できるため、期間限定の出店やシーズンフェアなど、ユーザーに急ぎでアピールしたいときにも有効です。

また、ビジネス情報という限られた情報だけで、ユーザーの好意的な反応を得られるよう、Googleマイビジネスの情報を充実させることも大切です。

その上で、広告を掲載するだけに留まらず、継続的な分析と更新を行うことをおすすめします。課金方式を適切に選択し、その費用対効果を分析して今後の広告施策に役立てましょう。

Googleマイビジネスの登録から運用まで一挙におまかせ!多店舗経営と相性の良い『ライクルGMB』

個人情報の取り扱いについては、利用規約同意事項
プライバシーポリシーをご覧ください