スマートニュース広告とは?掲載費用やターゲティングを徹底解説

eyecatch_211013

スマートニュース広告は、世界で2,000万以上のユーザーが利用しているスマートニュースに配信ができるデジタル広告媒体です。

この記事では、スマートニュース広告の概要や種類、掲載費用、ターゲティングなどから、実際の始め方まで網羅して解説します。

本記事のポイント3つ
  • スマートニュース広告の特徴、種類、ターゲティング、掲載費用がわかる
  • スマートニュース広告と相性が良いケースや運用のコツがわかる
  • スマートニュース広告を配信するまでのステップや入稿規定が確認できる

「スマートニュース広告をこれから扱いたい」
「スマートニュース広告で成功して売上を拡大した」
…という方におすすめの内容となっております。

この記事を最後までお読みいただくことで、「自社のサービスがスマートニュース広告と相性が良いのか、あるいはどうすれば上手くいくのか」や、「スマートニュース広告を効果的に配信・運用するまでの流れ」が理解できるでしょう。


スマートニュース(SmartNews)広告とは


引用:SmartNews: Local Breaking News

スマートニュース(SmartNews)広告とは、ニュースアプリ「スマートニュース(SmartNews)」に配信できる広告のことを指します。

スマートニュースは、ニュースアプリユーザー数No.1(2021年4月現在)のニュースアプリです。

ニュースのほかお得なクーポンなども配信しており、多くのユーザーが利用しています。

また特に朝の通勤時間帯の占有率が高く、前日にあったことをスマートニュースで情報収集する習慣がユーザーの間に根付いていることがうかがえます。

提携媒体数も3,000以上と多いため、情報の網羅性にも優れています。

特徴1:ニュース記事に並んで広告が表示される

出稿した広告がニュース記事に並んで表示されるという点が、最も大きな特徴として挙げられます。

スマートニュース広告は、基本的に記事一覧の中に混じって広告が表示される「インフィード型」の広告です。

インフィード型広告は、広告が記事のひとつのように自然な形で表示され、広告ということがユーザーに認識されづらいことが特徴です。

そのため、ユーザーに広告というマイナスイメージを抱かせるリスクを抑えつつ、広告を配信することが可能です。

特徴2:ユーザーのモチベーションが高い

スマートニュースはニュースメディアなので、情報収集のために「読む」ことを前提としています。

そのため、たとえ広告でもユーザーが求めている情報を提供できれば、ユーザーは積極的に閲覧してくれます。

Webサイトのなかに表示されるバナー広告だと、目的のものではないので無視されがちですし、目に入らない(認識されない)可能性もあります。
また動画再生前に流れるYoutube広告では、せっかくの動画視聴を邪魔されることで、宣伝どころか逆に嫌われてしまう可能性もあります。

このように、読むという前向きな姿勢で見てくれるのがスマートニュース広告の強みで、興味を持ってもらえるクリエイティブを用意出来れば、大きく成果を得られる可能性があります。

特徴3:月間2,000万人のアクティブユーザーにアプローチできる

月間2,000万以上のアクティブユーザーに広告を配信できるという点は、大きな特徴だと言えるでしょう。

スマートニュースは、月間2,000万人(2019年8月 日米合算)ものアクティブユーザーが閲覧しているニュースアプリです。1人あたり1日約15.7分利用しているというデータもあり、ユーザーはスマートニュースで情報収集することが習慣化していることがうかがえます。

また時間帯ごとの占有率の高さも大きな特徴です。

占有率

引用:SmartNews Ads Media Guide

2020年7月のニールセンの調査「Nielsen Mobile NetView Custom Data Feed(Android) 」によりますと、スマートニュースは朝の通勤時間帯を中心に高い占有率を誇っています。

特に同じニュースメディアであるYahoo!JAPANに対して優位性が見られます。

多くのユーザーにリーチできるということは、どんな商材でも利用しやすいメディアであると言えますので、今後さらにWeb広告におけるプレゼンスが高まっていくと考えられます。


スマートニュース広告の種類は【運用型】と【予約型】

スマートニュース広告には、以下の2種類が存在します。

  • 運用型:任意のユーザーや場所に配信が可能。運用という最適化作業が必須。
  • 予約型:起動画面などの特定の場所に独占的に配信が可能。非常に高額。

スマートニュース広告の種類の詳細は、こちらも参考にしてください。
参考:スマートニュース広告の種類を運用型・予約型別に詳細解説

運用型


引用:広告 | スマートニュース株式会社

運用型のスマートニュース広告は、前述したインフィード型広告として記事に紛れさせて配信したり、記事のなかに表示できる広告です。

特徴1:運用により成果を最大化できる

広告の運用をすることで、成果をどんどん改善していくことが可能です。

運用とは、クリエイティブを見直したり、入札価格を変更したり、配信するオーディエンスを変更するなど、総合的に配信内容を変更して最適化していくことをいいます。

またスマートニュース広告では、AIにより配信を行う中で学習が行われ、予算内でより多くのCV(コンバージョン)を獲得できるよう調整されます。

配信を続けていけばいくほど、効果の改善が見込めます。

特徴2:低単価で多くの閲覧数を獲得できる

すべてのスマートニュースユーザーが閲覧する記事一覧に配信できるため、多くの人に広告を見てもらうことが可能です。

また入札価格を自分で設定できるため、まずは少額から始めることが可能です。
成果を見ながら、徐々に配信量を増やしていくことができます。

特徴3:フィードに溶け込んで配信ができる

先述の通り、記事が並ぶフィードに溶け込む形で配信が可能です。

そのため、広告が与えるマイナスイメージを抑えながら配信が可能です。

特徴4:大きな枠を利用して配信が行える(動画)

動画広告はバナーと比較すると広告枠が大きいため、「より多くの人に広告を見てもらいやすい」という特徴があります。

いかに飛ばさずに見てもらえるか、動画の冒頭部分の内容が重要になってきます。

予約型

引用:広告 | スマートニュース株式会社

予約型のスマートニュース広告は、起動画面や各種チャンネルのトップという大きな枠に配信できる広告です。

こちらもビデオ(動画)またはバナー(静止画)のクリエイティブが使用できます。

種類は、1日だけ配信を行える「1Dayメニュー」と1週間配信を行える「Weeklyメニュー」の2種類があります。

特徴1:非常に多くのユーザーにリーチできる

起動画面や各種チャンネルのトップに独占的に配信ができるため、非常に多くのユーザーにリーチできます。

スマートニュースは、他メディアと比較して利用頻度も高い傾向にあり、スマートニュースユーザーの多くに少なくとも1回はリーチしやすいです。
そのため、新商品のプロモーションだったりブランディングなど、幅広い方にリーチする必要のある場合などに効果的です。

特徴2:運用型よりは高額

独占的に配信できる分、運用型よりも価格は高くなっています。

2021年10月現在、最も安いメニューでも200万円となっています。

一定のご予算が用意できる場合のみ利用可能なメニューです。

特徴3:特定の日に広告内容を強く印象づけられる(1Dayメニュー)

1Dayメニューでは、1日だけではありますがスマートニュースの利用者がかならず目にする画面に広告を配信できます。

そのため、特定の日に多くの人に広告を印象付けたい場合に有効です。
「新商品のリリース日に予約して配信を行う」といった利用方法がおすすめです。

特徴4:幅広い生活者に広告内容を強く印象づけられる(Weeklyメニュー)

Weeklyメニューは、トップチャンネル以外のチャンネルのファーストビューに、1週間広告を配信できます。

配信するチャンネルのジャンルは指定可能です。広告内容と共通する点があるジャンルのチャンネルに配信を行うことで、高い効果が見込めるでしょう。


スマートニュース広告が表示される箇所

スマートニュース広告では、以下の箇所に広告が表示されます。

ニュースフィード(運用型)

ニュースフィード

記事が一覧で表示される、ニュースフィード上に表示されます。

一見ニュース記事のような見た目で表示されるため、クリエイティブに興味を持ったユーザーがクリックしやすいのが特徴です。

ニュースフィードには、運用型で配信ができます。

記事内(運用型)

記事
記事内にも広告は表示されます。

文中に表示されるパターンと、記事の下に表示されるパターンがあります。

こちらも運用型で配信が可能です。

起動画面(予約型)


引用:MEDIA GUIDE | SmartNews

スマートニュースアプリの起動時に全画面表示されます。

全ユーザーが必ず目にするものなので、多くのユーザーに強く印象付けることができます。

こちらは予約型のメニューで、Cover Storyというメニュー名です。
バナーか動画が配信できます。

チャンネルトップ(予約型)

チャンネルトップ

引用:SmartNews Ads Media Guide

各チャンネルのトップ(ファーストビュー)に表示されます。

全ユーザーが必ず目にするトップチャンネルや、それぞれのチャンネルに絞って配信が可能です。

こちらも予約型のメニューで、1日限定のものと、1週間配信できるものがあります。
バナーか動画で配信ができます。


スマートニュース広告で選べる広告形式

スマートニュース広告では、以下の広告形式が用意されています。

  • バナー
  • カルーセル
  • 動画

その他にも、自動的にクリエイティブを組み合わせてくれるDCO (Dynamic Creative Optimization)や、フィードで広告内容を管理できるDynamic Adsもありますが、表示のされ方は同じなのでここでは割愛します。

バナー

バナー
ニュースフィードや記事内に表示されるバナー広告です。

テキストと組み合わせて記事のように表示されるパターンや、上図のように横長の画像形式で表示されるパターンがあります。

カルーセル

カルーセル
カルーセルは、複数の画像をスライド表示できます。

横にスライドしたくなる、ストーリー性を持たせた広告にすると効果的です。
例えばマンガは、広告上で試し読みしてもらうことができるので、カルーセルとの相性が良い商材です。

動画

動画
動画広告は、画像よりも情報量が多いので、より魅力を伝えることができます。

ユーザーがタップしない限りは無音での再生となるので、音がなくても伝わるクリエイティブにする必要があります。


スマートニュース広告のターゲティング

ここからは、スマートニュース広告のターゲティングについて解説します。

設定できるターゲティング

スマートニュース広告で設定できるターゲティングは以下の通りです。

ターゲティング運用型予約型
(1Day)
予約型
(Weekly)
OS
性別
年齢(5歳刻み)
※34歳以下/35歳以上のみ指定可

※34歳以下/35歳以上のみ指定可
時間帯(1時間単位)
キャリア×
※要問い合わせ
×
オーディエンス
(リマーケティングなど)
記事ジャンル×
興味関心
都道府県

参考:SmartNews Ads Media Guide

他媒体でも設定可能なデモグラなどのターゲティングだけでなく、記事ジャンルによりターゲティングできるのが、スマートニュース広告の予約型の特徴です。
より精度の高い純広告として活用ができます。

設定できるオーディエンス

上記のオーディエンスですが、スマートニュース広告では下記の項目から選択して、自分で定義することが可能です。

項目詳細
アプリ広告主が運営するアプリケーションをインストール・起動・課金・継続利用しているユーザーをリスト化する
モバイル広告IDリストSDKからアプリユーザーのIDを抽出してリスト作成する
ウェブサイト過去にウェブサイトに訪問したことがあるユーザー
広告実績広告を閲覧やクリックなどのアクションをしたユーザー
記事キーワード特定のキーワードを含む、スマートニュース内の記事の閲覧履歴があるユーザー
興味・関心ユーザーの行動傾向からユーザーの興味関心をカテゴライズし、リスト化
類似オーディエンス設定済みのオーディエンスに似た嗜好を持つユーザー
結合オーディエンスOR条件で複数の項目いずれかに該当するユーザー

最も特徴的なものは「記事キーワード」です。

自社サービスに関連するキーワードを指定しておけば、そのキーワードが含まれる記事=自社サービスに関連性の高い記事に配信が可能です。

配信面をターゲティングすることは他メディアでも可能なものはありますが、そのなかでも特に強力なターゲティングといえます。


スマートニュース広告の掲載費用

ここからは、スマートニュース広告の掲載費用について、運用型・予約型に分けてお伝えします。

運用型はCPC・CPMの変動費

運用型の課金タイプは、オークション形式のCPC(クリック課金)またはCPM(インプレッション課金)の2種類あります。

最低出稿金額はなく、1円からでも配信可能です。

課金方式詳細
CPC(クリック課金)広告がクリックされたときのみ料金が発生する課金方式。
例:CPC100円 × 5クリック = 広告費500円
CPM(インプレッション課金)広告が表示されるごとに料金が発生する課金方式。
1,000インプレッションごとの料金。
例:CPM1,000円 × 500Imp = 広告費500円

予約型は期間保証またはIMP保証の固定費

予約型は定額制で、配信(掲載)期間・インプレッション(表示回数)が保証されるタイプです。

いわゆる「純広告」と呼ばれるものです。

最低出稿金額は配信枠によって異なります。

広告の種類最低出稿金額1impあたり
の金額
配信期間
Cover Story Ads
(1Dayメニュー・起動画面・バナー)
500万円1.16円1日
(午前11時~翌日11時)
Cover Story Video Ads
(1Dayメニュー・起動画面・ビデオ)
1,000万円2.0円1日
(午前11時~翌日11時)
1Day Premium TOP Video Ads
(1Dayメニュー・トップチャンネルのファーストビュー・ビデオ)
500万円~
※枠数によって変動
2.4円~
※枠数によって変動
1日
(午前11時~翌日11時)
1Day Premium TOPフルブリード
(1Dayメニュー・トップチャンネルのファーストビュー・バナー)
500万円~
※枠数によって変動
1.3円~
※枠数によって変動
1日
(午前11時~翌日11時)
Premium Video Ads
(Weeklyメニュー・トップ以外のチャンネルのファーストビュー・ビデオ)
200万円1.3円1週間(目安)
Premium Display Ads
(Weeklyメニュー・トップ以外のチャンネルのファーストビュー・バナー)
200万円0.8円1週間(目安)

※すべて手数料等込

参考:SmartNews Ads Media Guide


スマートニュース広告の相性が良い3つのケース

ここからは、スマートニュース広告と相性が良い以下の3つのケースについて、詳しく紹介します。

  • CVが取れている記事型LPがある
  • ビジネスパーソン向けの商材
  • ターゲットユーザーが広い

CVが取れている記事型LPがある

すでにCVが取れている記事型LPがある場合は、スマートニュース広告でも高い効果を得られる可能性があります。

スマートニュースはニュースアプリなので、ユーザーは記事を読むモードになっています。

そのためリンク先が記事型のLPだと、そのモードのまま読み進めてくれて、離脱率が下がりコンバージョンに至る確率も上がります。

このように、記事型LP自体がスマートニュースと相性がいいと言えます。

加えて、すでにCVを取っている実績がある記事であれば、スマートニュースユーザーにも閲覧してもらえる可能性が高く、相性が良いと言えるでしょう。

ビジネスパーソン向けの商材

ビジネスパーソン向けの商材も、スマートニュースと相性が良いと言えます。

スマートニュースではさまざまなジャンルのニュースを配信しており、ビジネスジャンルのニュースも配信しています。
ビジネスジャンルには、以下のチャンネルがあります。

  • 国内
  • 政治
  • 経済
  • 国際
  • マネー
  • マーケット

参考:Premium Ads チャンネル・ジャンル対応表 – SmartNews Ads

また、スマートニュースユーザーは20~50代の働く世代が約6割を占めています。

ビジネスの現場で活躍するユーザーに広告を届けられる可能性が高く、この点からも相性が良いと言えるでしょう。

ターゲットユーザーが広い

コスメ・健康食品など、ターゲットユーザーが広い商材を取り扱っている場合もスマートニュースとの相性は良いでしょう。

スマートニュースの月間アクティブユーザーは2,000万以上で、ニュースアプリなのでさまざまな属性のユーザーが集まります。

それに応じて、スマートニュースではさまざまなジャンルのニュースを配信しています。
以下は、2021年10月現在の配信ジャンルです。

  • 芸能&エンタメ ジャンル
  • ビジネス ジャンル
  • IT&テクノロジー ジャンル
  • スポーツ&アクティブ ジャンル
  • グルメ&レシピ ジャンル
  • コラム&ライフスタイル ジャンル
  • 社会ジャンル

参考:Premium Ads チャンネル・ジャンル対応表 – SmartNews Ads

多様なニュースを求めて、多種多様なユーザーがスマートニュースを利用しています。

女性の多くが興味を持つ可能性の高いコスメや、生活者全般が求める健康食品といった、ターゲットユーザーが広い商材は、特に高い効果が期待できるでしょう。


スマートニュース広告の始め方を7ステップで解説

スマートニュース広告の概要や特徴を把握したところで、実際に入稿する際の手順を確認しましょう。

スマートニュース広告は、以下の7ステップを踏むことで開始できます。

  1. スマートニュース広告のアカウントを作成する
  2. 広告キャンペーンの目的を設定する
  3. ターゲティングを設定する
  4. 予算と入札方法を設定する
  5. クリエイティブの種類と配信面を設定する
  6. 広告に使用するクリエイティブを登録する
  7. 審査申請を行う

1. スマートニュース広告のアカウントを作成する

スマートニュース広告を出稿するためのアカウント開設をフォームで申請します。

申請時に必要な情報は、以下の通りです。

  • 広告主体様の情報(正式名称/会社情報WebページURL)
  • 訴求予定の商材情報(商材名/カテゴリ)
  • アプリインストールキャンペーン対象確認(Yesの場合はStoreのURL)
  • 訴求情報(想定遷移先URL/商材概要URL)
  • 管理画面ユーザーID
  • 紐付け希望のユーザーID(御社以外の企業様の場合は会社情報及び操作権限に関する同意)
  • 本申込に関する御社のご連絡先

商材ごとにアカウント申請が必要です。広告代理店であれば、広告主(商材)ごとにアカウントを申請することになります。

またアカウント申請時に企業・商材の可否審査が行われます。

審査が通れば、申し込みから3営業日以内にアカウントが発行されます。

2. 広告キャンペーンの目的を設定する

アカウントの発行が完了したら、まずはキャンペーン設定を行いましょう。

広告設定>キャンペーン設定と進み、新規キャンペーンボタンよりキャンペーンの目的を選びます。

キャンペーンの目的は、以下の3つから選択できます。

  • App Installations(アプリインストールの獲得)
  • App Engagement(アプリのエンゲージメント獲得)
  • Website Conversions(Webサイト経由のCV獲得)

3. ターゲティングを設定する

目的を設定したら、配信デバイスを選択し、続いてターゲティングを入力していきます。

ターゲティングについては、前述の「スマートニュース広告のターゲティング」を参考にしてください。

4. 予算と入札方法を設定する


ターゲティング設定後は、予算と入札方法を設定します。

以下の予算・入札方法が選択できます。

  • 予算

    ○通算
    ○日額

  • 入札方法

    ○自動入札
    ○手動入札

他にも掲載期間や、配信タイプなども選択していきます。

5. クリエイティブの種類と配信面を設定する


予算と入札方法を設定したら、クリエイティブの種類と配信面を設定します。

キャンペーンでクリエイティブの種類を設定するので、クリエイティブごとにキャンペーンを分けることになります。

6. 広告に使用するクリエイティブを登録する

実キャンペーンを作成したら、実際に使用するクリエイティブ(テキスト・画像・動画)を登録します。

広告設定>クリエイティブ作成より登録できます。

バナー広告の登録画面

入稿規定に沿って、各項目を入力してください。

入稿規定については、下記の「スマートニュース広告の入稿規定」を参考にしてください。

7. 審査申請を行う

クリエイティブ登録後は「審査申請」を行う必要があります。

バナーや動画、リンク先のLPも審査対象になります。

審査は通常3営業日ほどかかるため、余裕をもった入稿を心がけましょう。


スマートニュース広告の入稿規定

ここからは、スマートニュース広告(運用型)の入稿規定についてお伝えします。

テキスト

メニュー文字数
Standard Ads見出し 全角半角問わず 10文字以上35文字以内
説明 全角半角問わず 10文字以上90文字以内
広告主体者名 11文字以内 (全角半角問わず)
カルーセル広告 ロングテキスト 全角・半角問わず10〜35文字。クリエイティブ全体で1つ設定。
ショートテキスト 全角・半角問わず5〜25文字。各画像に1つずつ設定。
広告主体者名 11文字以内 (全角半角問わず)
DCO (Dynamic Creative Optimization) 見出し 全角半角問わず 10文字以上35文字以内
説明 全角半角問わず 10文字以上90文字以内
Standard Video Ads 見出し 全角半角問わず 10文字以上28文字以内
説明 全角半角問わず 10文字以上90文字以内
広告主体者名 11文字以内 (全角半角問わず)

参考:SmartNews Ads Media Guide

注意事項としては、以下の内容が挙げられています。

テキスト

  • 伏せ字等は使用できません。
  • 機種依存文字や多数連続する記号は使用できません。
  • 改行指定はできません。
  • 「見出し」全テキストを表示できない場合は、表示不可能領域以下を「…」として省略して広告が表示されることがあります。

広告主体者名

  • その他禁止表現はガイドラインを参照ください。

  • 【】等の過度に注意を引く囲みは使用できません。
  • 使用できる名称は広告主体者名または広告商品名に限ります。
  • 9文字以上の場合には極稀に省略されることがございます。
  • 機種依存文字は使用できません。
  • 引用:SmartNews Ads Media Guide

    画像

    メニューサイズ容量
    Standard Adsバナー
    (2サイズ)
    300 × 300 pixel
    1200 × 680 pixel
    500KB以内
    バナー
    (3サイズ)
    300 × 300 pixel
    600 × 500 pixel
    1200 × 680 pixel
    500KB以内
    カルーセル広告 バナー 300 × 300 pixel
    3〜10枚
    500KB以内
    アイコン 160 × 160 pixel 500KB以内
    DCO (Dynamic Creative Optimization) バナー 300×300、1200×628
    or
    300×300、600×500、1280×720
    の組み合わせどちらかが入稿されている状態で、すべてのサイズ合わせて最大15本
    500KB以内
    アイコン 160 × 160 pixel 500KB以内

    ※バナー(2サイズ)かバナー(3サイズ)を選択して入稿。gifアニメーション不可。

    注意事項としては、以下の内容が挙げられています。

    • アイコン

      ○トリミングされない

    • バナー

      ○テキスト量により配信できない可能性あり
      ○配信されるバナーの表示保証領域は中心から80%

    参考:SmartNews Ads Media Guide

    動画

    項目入稿規定
    動画の長さ1分以内
    サイズアスペクト比16:9
    ファイル形式MP4
    動画解像度360p
    推奨フレームレート30fps
    容量100MB以内
    推奨動画コーデックH.264
    推奨オーディオコーデックMP3/AAC
    止め画(アイキャッチ)サイズ:横1280pixel×縦720pixel
    容量:500KB以内
    形式:gif/png/jpg

    ※止め画の入稿は任意。gifアニメーション不可

    注意事項としては、以下の内容が挙げられています。

    • 媒体側で一度エンコードされる

    参考:SmartNews Ads Media Guide


    スマートニュース広告の運用のコツ

    ここからは、スマートニュース広告を運用する際のコツをお伝えします。

    誘導先はコンテンツ型のページを用意する

    ユーザーが広告をクリックして閲覧する誘導先は、コンテンツ型のページにすることがおすすめです。

    スマートニュース広告はニュース記事と並列して表示されるインフィード型広告のため、コンテンツ型でないページが表示された場合、ユーザーは違和感を抱く可能性があります。

    ユーザーの違和感は、離脱率を高めてしまう原因となるでしょう。

    スマートニュースとの親和性をより高め、ユーザーの抱く違和感を減らすため、誘導先はコンテンツ型のページにすることがおすすめです。

    ニュース記事になじむ見出し&画像にする

    リンク先と同じく、広告クリエイティブはニュース記事になじむものにすることが大切なコツです。

    上記同様、スマートニュース広告はニュース記事と並列して表示されるインフィード型広告なので、広告臭が強いクリエイティブではアクションにつながりにくくなります。

    一覧表示された際になじむ見出しと画像を使用しましょう。

    クリエイティブは定期的に変更する

    広告に使用するクリエイティブは、定期的に変更しましょう。

    スマートニュース広告に使用したクリエティブはスマートニュースアプリにしか表示されません。

    リーチが多い媒体とは言え、長期間同じクリエイティブを配信しているとユーザーに飽きられてしまいます。

    管理画面でフリークエンシーを確認できるため、フリークエンシーに応じて定期的な変更を行いましょう。

    アカウント構成はシンプルな構造を心がける

    リスティング広告などと同様に、スマートニュース広告でもシンプルなアカウント構成が推奨されています

    理由としては、機械学習の精度を最大化するためです。

    キャンペーンを細かく細分化することで、1キャンペーン・1広告あたりのインプレッションが減り、機械学習に必要なデータ量が集まらずに精度が下がります。

    不必要なキャンペーン分けはしないようにしましょう。

    キャンペーン分けが必要になるのは、以下の要素が挙げられます。

    • クリエイティブ(バナー・動画)
    • 配信デバイス(iOS・Android)
    • 年齢・性別などのターゲティング

    クリエイティブごとにキャンペーンは必ず分けることになります。

    他にもデバイスなどでキャンペーンを分けることも考えられますが、重要なのはクリエイティブやリンク先が同じであればキャンペーンをまとめるべきです

    例えばアプリの広告の場合は、iOSとAndroidでリンク先も違うのでキャンペーンを分けることになります。
    しかしWebサイトへ誘導する広告であれば、デバイスによってリンク先やプロモーション内容が同じなのであれば、キャンペーンを分ける必要はないでしょう。

    本当にキャンペーンを分ける必要があるのか、不必要であればキャンペーンをできるだけまとめることを意識しましょう。


    スマートニュース広告の配信の注意点

    ここからは、スマートニュース広告を配信する際の注意点をお伝えします。

    商材ごとにアカウント発行が必要

    スマートニュース広告は、商材ごとにアカウント発行が必要です。

    たとえば、「化粧水」の広告と「アイシャドウ」の広告を配信したい場合、2つのアカウントを発行する必要があります。

    アカウント発行は最長3日かかるため、余裕を持って準備を行いましょう。

    審査に時間がかかる・落ちる場合がある

    スマートニュース広告は、配信前に審査が行われるという点にも注意しておきましょう。

    こちらもアカウント発行同様、最長3日程度かかる可能性があります。

    審査に時間がかかるため、入稿規定と広告掲載基準を参考に、審査落ちが発生しないよう心がけましょう。

    スマートニュース広告の広告掲載順は、以下を参照してください。
    参考:【2021年最新】スマートニュース広告の入稿規定を種類別に解説


    スマートニュース広告の運用を広告代理店に発注するメリット・デメリット

    スマートニュース広告は個人でも出稿できますが、広告代理店に出稿・運用を発注することもできます。

    ここからは、スマートニュース広告の出稿・運用を広告代理店に発注するメリット・デメリットをお伝えします。

    メリット

    スマートニュース広告の出稿・運用を広告代理店に発注するメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

    • 経験やノウハウにもとづいた配信が行える
    • 効果が出やすい
    • クリエイティブ作成も行ってくれる場合が多い
    • 手間がかからない

    広告代理店はすでに複数回スマートニュース広告の配信を行っている可能性が高いため、過去の経験やノウハウにもとづいた、効率的かつ効果的な配信を行えます。
    それにともない、広告の効果も出やすくなるでしょう。

    また、クリエイティブの作成も行ってくれる場合が多いため、こちらも高い効果に貢献すると考えられます。

    このほか、社内のリソースを割くことなく広告を配信・運用できるため、スタッフが現在対応している業務に支障出ることもありません。

    デメリット

    デメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

    • 手数料がかかる
    • 知見が自社に貯まらない
    • 期待するスピード感がでない場合もある

    広告代理店に委託する場合、広告費以外にも手数料がかかってしまいます。委託手数料は、広告費の20~30%が一般的です。

    また、広告代理店に依頼することで、スマートニュース広告に関する知見が社内に溜まりにくいという点もデメリットでしょう。

    さらに、「クリエイティブを変更したい」「配信金額を抑えたい」という場合は広告代理店に連絡して変更を行ってもらわなければならず、スピード感が出ない場合もあります。

    この点については、契約時に「変更・修正対応はどの程度の日数で対応してくれますか?」など、広告代理店に確認しておくとよいでしょう。


    スマートニュース広告の運用時に参考にすべきリンクまとめ

    最後に、スマートニュース広告に関してLISKULで解説しているページのリンク先をまとめて紹介します。スマートニュース広告を運用する際にぜひご活用ください。


    まとめ

    この記事では、以下の内容をお伝えしました。

    • スマートニュース広告とは、月間2,000万人のアクティブユーザーを持つニュースアプリ「スマートニュース」に配信できるインフィード広告のこと
    • 低CPC/CPMで多くのユーザーにリーチできる点が魅力
    • 記事型LPやビジネスパーソン向け商材、ターゲットユーザーが広い商材などと相性が良い
    • クリエイティブや遷移先コンテンツをスマートニュースになじませることがコツ
    • スマートニュース広告は広告代理店に出稿・運用を発注することもできる

    スマートニュース広告は、利用者数の多さと利用者層の厚さが魅力です。

    幅広いユーザーに低CPCで広告を配信できるため、認知拡大~コンバージョン最大化まで幅広い用途に向いている媒体だと言えるでしょう。

    この記事を参考にして、ぜひスマートニュース広告を活用してください。