【2022年版】請求管理システム比較41選と選び方の3つのポイント

請求管理システムとは、請求書や見積書の作成・送付など経理業務を効率化するためのシステムです。

請求書の作成・印刷・封入・送付を手作業で行うのは大変な手間がかかり、ミスも発生しがちです。
しかし、請求管理システムを利用すれば、データを取り込むだけで電子請求書が完成し、これをメール送信することが可能となり、業務効率化やミスの削減につながります。

新型コロナウイルスの影響でテレワークが拡大していますが、請求書業務はアナログな方法から脱却できない企業が多く、社員が請求書業務のためだけに出社しているケースも少なくありません。クラウド型の請求管理システムを導入すれば、このような問題も解決できます。

請求管理システムの導入を検討する場合、

  • どの社員でも簡単に操作できるか
  • 自社の経理システムとデータ連携ができるか
  • どうしても郵送が必要な場合は、代行対応してくれるか

など、サービスによっても違いがあり、自社にあった請求管理システムを探すのは大変です。

そこで記事では、主要な請求管理システム41個について、特徴・価格・導入実績などをまとめました。

なお、重要度を客観化するために既存の請求管理システムを紹介したサイト15個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。出現頻度の高い順に掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

【2022年2月最新版】インボイス制度による請求書業務の変更点


請求管理システムのピックアップ

Bill One/Sansan株式会社

  • 「請求書の受け取りのオンライン化」に特化したクラウド請求書受領サービス。
  • 請求書のデータ化精度99.9%
  • 貴社専任のコンサルタントが体制構築をサポート
初期費用要問合せ
料金プラン■月額費用10万円~

受領する請求書の枚数に応じて、お客様ごとに最適な月額利用料を設定します。
ユーザー数や請求書の保存枚数、利用できる機能などに制限はありません。

導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■紙の請求書もPDFの請求書もデータ化し一元管理したい方
■請求書に関する業務を効率化したい方

Sponsored by Sansan株式会社

請求管理ロボ/株式会社ROBOT PAYMENT

  • 取引先と請求内容の登録を行うだけで、あとは自動で請求書を毎月発行・送付。
  • 代金回収手段の提供や入金消込の自動化により、未収対策にも貢献。
  • 与信審査から回収まで、請求業務をまるなげできる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■電子化プラン:10,000円/月+請求件数 10,000円~/月
■請求管理プラン:30,000/月+請求件数 10,000円~/月
※件数により料金が異なる。詳細は要問い合わせ
導入企業KDDI株式会社、 損害保険ジャパン株式会社、GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社、株式会社CHINTAI、 スマートニュース株式会社 など500社以上
こんな人におすすめ■取引先ごとの周期に合わせて継続的な請求書発行/送付業務を自動化したい
■複数の決済手段をクラウド上で管理できる決済連携をしたい
■売掛・債権管理をスムーズにする入金消込を自動化したい

MakeLeaps/メイクリープス株式会社

  • 見積書から請求書までクラウド上で作成&共有。
  • 作成した書類は、ワンクリックで印刷・封入・投函まで完了。
  • 上長は時間や場所を問わずウェブ上で承認、書類確認もグッと時短。
初期費用0円
料金プラン■無料プラン:0円
■個人プラン:500円/ユーザー/月(税抜)
■法人プラン:800円/ユーザー/月(税抜)
■エンタープライズプラン:25,000円/社(税抜)
※有料オプション有。詳細はWEB参照
導入企業株式会社ピアラ、株式会社リンプレス、株式会社ヒューマンセントリックス、アユダンテ株式会社、ジェエイエムエス・ユナイテッド株式会社 など
こんな人におすすめ■請求業務に時間をかけたくない
■請求や売り上げの集計を部署間で共有したい
■リモートで承認まで完結したい

board/ヴェルク株式会社

  • 有料継続率99%超。
  • 洗練された美しい書類デザイン。
  • 2段階認証を設定可能。
初期費用0円
料金プラン■Personal:980円(税抜)/ 月
■Basic:1,980円(税抜) / 月
■Standard:3,980円(税抜) / 月
■Premium:5,980円(税抜) / 月
※全プランにて30日間の無料お試しあり
※Personalプランは法人不可
導入企業株式会社リベロ・コンサルティグ、株式会社ビープラウド、株式会社オルトプラス、株式会社アクティア、株式会社ナラティブベース など4,000社以上
こんな人におすすめ■エクセルでの書類作成、管理が限界
■社内の情報共有が課題
■月末月初の請求業務が肥大化

BtoBプラットフォーム 請求書/株式会社インフォマート

  • 請求書の受取も発行も「デジタルデータ型」。
  • 電子帳簿保存法・2023年10月のインボイス制度に対応。
  • 会計システムや販売管理システムと連携し、請求データを取り込み一括処理できる。
初期費用100,000円~
料金プラン月額利用料:20,000円(税抜)~
※保守・サポート費含む
※契約プラン・通数に応じて追加料金が発生
導入企業コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、野村證券株式会社、カシオ計算機株式会社、日野自動車株式会社、株式会社ヤマダ電機 など721,526社(※2021年BtoBプラットフォーム全体実績)
こんな人におすすめ■請求書発行時の印刷~封入~発送の手間や残業対応にお悩みの方
■請求書到着の遅れや社内承認の遅さ、月次決算が締まらないことにお悩みの方
■請求書保管にかかる手間やコスト、経費にお悩みの方

freee会計/freee株式会社

  • わかりやすいガイドが表示され、ミスなく正確に経理業務を行える。
  • 決算書もボタン1つであっという間に作成。
  • チャットや電話相談など、サポート体制が充実。
初期費用0円
料金プラン■ミニマム:1,980円~/月(年払い)
・月払いの場合2,380円/月
■ベーシック:3,980~円/月(年払い)
・月払いの場合4,780円/月
■おまかせパック:29,800 円/月(年払い)
・月払いの場合も同額
※税抜
※20名を超える法人向けプランについては要問い合わせ
導入企業KDDI株式会社、株式会社Gunocy、パーソルイノベーション株式会社、株式会社中国銀行、株式会社プリマベーラ など33万以上(※2021年12月末時点個人事業主を含む有料課金ユーザー企業数)
こんな人におすすめ■転記作業、仕分けの自動化により作業効率化を図りたい
■経営状況を見える化したい
■いつでもどこでも経理作業をしたい


Misoca/弥生株式会社

  • 見積書・納品書・請求書を1分で作成。
  • 作成した請求書は、ワンクリックで取引先へメール送信可能。
  • 請求状況や入金状況のステータスを一覧画面で管理できる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■無料プラン:0円
■プラン15:8,000円/年(800円/月)
■プラン100:30,000円/年(3,000円/月)
■プラン1000:100,000円/年(10,000円/月)
※税抜
※初年度無料キャンペーン実施中。詳細はWEB参照
導入企業株式会社アイズ、Increments株式会社、株式会社ユーフォリア、株式会社アイザワデザイン事務所、株式会社クリエイターズネクスト など
こんな人におすすめ■売上レポートで直感的に経営状況を把握したい
■一目で請求・入金のステータスを確認したい
■複数の納品書をまとめて請求書を簡単に作成したい
■請求書をペーパーレス化したい
■自動作成予約で請求漏れを防止したい


INVOY/FINUX株式会社

  • 契約している法人口座とオンラインで連携し、INVOY上で口座を一括管理できる。
  • 請求書の作成は、必要な項目を上から順番に入力するだけで簡単に完成。
  • 複数人で利用できる、メンバー招待と権限管理。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■Free:0円
■Standard
・月払い:980円(税込)/月
・年払い:9,800円(税込)/年
※無料トライアルあり
導入企業株式会社クロスプレイス、合同会社ZIG-ZAG、株式会社ANDART、株式会社ポートイット など80,000ユーザー以上
こんな人におすすめ■無料で請求書を発行したい
■口座を一括管理したい
■業務を効率化したい

楽楽明細/株式会社ラクス

  • 請求書や支払明細など、あらゆる帳票発行を自動化。
  • 2022年1月改正予定の電子帳簿保存法が定める電子取引の要件に対応可能。
  • CSV/PDFでカンタン連携。販売管理システムにも対応。
初期費用100,000円(税抜)~
※帳票デザインのカスタマイズが必要な場合は別途費用発生
料金プラン25,000円(税抜)~/月
導入企業株式会社テレビ朝日、株式会社パソナテック、東映株式会社、東急リバブルスタッフ株式会社、山一化学工業株式会社 など4,000社以上
こんな人におすすめ■請求書の印刷・封入作業が面倒くさい
■郵便局へ行ったり、メールで送付するのが大変
■再発行など、取引先からの問合せ対応が大変


マネーフォワード クラウド/株式会社マネーフォワード

  • 作成した請求書の情報は「マネーフォワードクラウド会計」に自動で反映。
  • PDFダウンロードや印刷も可能。データや紙での保管が必要な顧客も安心。
  • 電子帳簿保存法・2023年10月から開始するインボイス制度に対応。
初期費用0円
料金プラン■スモールビジネス 
・年額プラン:2,980円/月(年額35,760円)
・月額プラン:3,980円/月
■ビジネス 
・年額プラン:4,980円/月(年額59,760円)
・月額プラン:5,980円/月
■IPO準備・中堅〜大企業向け:要問い合わせ
※税抜
※各プランの基本料金+各サービスの従量課金分+各種オプション料金の合算
※ビジネスプランは1ヶ月間無料で利用可能
導入企業株式会社リフル、株式会社コルク、行政書士法人GOAL、株式会社スクー、Japan Digital Design 株式会社 など
こんな人におすすめ■システム間でのデータ連携ができず、顧客の入金情報がわからない
■消込業務に時間がかかる
■売掛金の管理が煩雑


請求QUICK/SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

  • 請求書の作成・発行から入金・仕訳までの経理業務を効率化する機能が揃う。
  • 基本料金0円+従量制。初期費用がかからない。
  • たいへんな入金消込業務がワンクリックで完了。
初期費用0円
料金プラン■0円:ユーザー5人、請求書月50枚、インターネットバンキング明細30回まで
+1ユーザごとに月額500円
+1枚ごとに30円
+30回ごとに300円
導入企業要問い合わせ
こんな人におすすめ■担当者依存でミス防止したい方
■回収サポートで、未回収や資金繰りの不安を解消したい方
■入金消込の手間を削減したい方


SVF Cloud/ウイングアーク1st株式会社

  • 帳票の新規作成も既存帳票レイアウトの移行も、ノンプログラミングで簡単に設計が可能。
  • 電子保管・FAX・メール・クライアント印刷制御など、帳票出力を最適化するための出力形態が選択可能。
  • 利用状況やプリンター稼働状況をログとして保管しているため、証跡管理を行える。
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額30,000円から
※詳細はWEB参照
導入企業AGC株式会社、伊藤忠商事株式会社、ソニー銀行株式会社、ライオン株式会社など約28,000社以上
こんな人におすすめ■帳票はシステムごと、拠点ごとに仕組みが独自化し、調達・運用コストが高くなる傾向にあります。SVFは企業の中で個別に管理されている帳票システムを拡張しながら共通化したい方。
■帳票基盤化し、システムを一元化することで、ビジネスの変化への迅速な対応とコスト削減の両立したい方
■証跡管理等の情報も一元管理できるため、内部統制に活用したい方

イーメイサイプロ/株式会社シスプロ

  • クラウド上で、請求書の発行・受取りが可能。
  • 作成した請求書は、PDFでダウンロードできる。
  • 常時SSL対応・24時間監視など、安心のセキュリティ。
初期費用■受け取りタイプ
・専用フォーマットをご利用の場合:150,000円
・お客様専用のフォーマットを作成する場合:300,000円~
■発行タイプ
・150,000円
料金プラン■受け取りタイプ
・Aプラン:10,000円/通・月
・Bプラン:50,000円/通・月
■発行タイプ
・Cプラン:5,000円/通・月
・Dプラン:22,500円/通・月
※詳細はWEB参照
導入企業要問い合わせ
こんな人におすすめ■複数の請求書の一括管理したい
■請求書の遅延に悩まされる
■請求書の紛失を防⽌したい
■⽉次決算の迅速化したい
■過去の請求書の履歴をいつでも確認できるようにしたい など
※詳細はWEB参照

pasture/エン・ジャパン株式会社

  • 機能の40%を要望から改善。1週間に2回の機能アップデートを行う。
  • 増税や2023年のインボイス制、電子帳簿保存法等に対応。
  • SlackやChatworkなどのメッセンジャーツール、会計ソフトやCRMとも連携。
初期費用要問い合わせ
料金プラン25,300円〜(税込)/月
契約のパートナー人数で料金が変動する為、詳細は要問い合わせ
導入企業株式会社スペースキー、ブリッジコンサルティンググループ株式会社、株式会社ユーキャン、株式会社LIG、CINRA, Inc. など
こんな人におすすめ要問い合わせ

ナビエクスプレス/NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

  • 現在使用している請求書・領収書・給与明細を、デザインを変えることなく配信可能。
  • データはすべて人手を介さず自動的に配信。
  • 各種セキュリティ機能でデータを安全に保護。
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額費用(税別表記)
■メール:(利用料金)45,000円~(従量料金)5円~
■FAX:(利用料金)20,000円(従量料金)25円
導入企業株式会社東和、株式会社クラウン・パッケージ、ニューベイシブジャパン株式会社、リタール株式会社、コニックス株式会社 など数万社
こんな人におすすめ■発送コストを削減したい
■毎月の請求書・領収書の作成、印刷、発送の稼働を軽減したい
■送付先が多いので手間を減らしたい
■作成から配送までの期間を短くしたい
■他サービスを利用しているが費用が高い など
※詳細はWEB参照

KIMERA/TOWN株式会社

初期費用要問い合わせ
料金プラン■無料プラン:0円
※請求管理機能のみ
■スタンダードプラン
※月額プラン
※価格・詳細は要問い合わせ
導入企業株式会社セキュア、株式会社Bloom Act
こんな人におすすめ■請求書のメールを手で作成している
■請求漏れや請求ミスを防ぎたい
■分割月数の間違いや、計上月のズレが心配
■手作業による按分計算や、毎月の前受金の取り崩し作業が面倒


その他おすすめの請求管理システム

Square 請求書
Zoho Invoice
Tradeshift
BConnectionデジタルトレード
弥生シリーズ
SAP Concur
uconnect
eSeikyu
kintone
NP後払いair
invox
@Tovas
請求上手
RaQool
スプレッドオフィス
nakao-san
プリントクリエイター
サブスクペイ
STORES 請求書決済
かんたん請求書作成ツール
GMO掛け払い
請求まるなげロボ
マネーフォワード ケッサイ
掛払い.com
NP掛け払い
Paid
クロネコ掛け払い
V-ONEクラウド
Progress Corticon
債権奉行クラウド
PayMa
Ally
Lansmart
TOKIUMインボイス
Bill One
法人“ビリングONE”
EdiGate for INVOICE
ソアスク
invoiceAgent TransPrint
スマイルワークス
アラジンオフィス
DeskAssist


請求管理システムを比較するときの3つのポイント

おすすめサービスを紹介する前に、請求管理システムを選ぶ際に比較すべきポイントを説明します。自社に合うシステムを選ぶために、以下の3つのポイントに注目して比較してください。

ポイント1:システムを利用して行いたい業務範囲

一般的に、請求管理システムに搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • 請求書発行
  • 納品書発行
  • 支払明細発行
  • 請求書発送
  • 売上レポート
  • 入金管理
  • 支払督促
  • 入金消込
  • 決算書作成

請求書作成から発送までの手間を減らしたい、という場合は、当該機能が充実したシステムを選べば良いでしょう。しかし、入金管理や支払督促なども課題に入っているのであれば、そこまでカバーできるシステムを選ぶべきです。

また、一部のクラウドサービスでは有料オプションで、発行した請求書を郵送代行してもらえる場合もあります。どこまでのサービスを望むかによって、選ぶべきシステムは異なります。

まずは、自社に必要な機能を洗い出しましょう。そして、操作のしやすさや料金体系が自社に合っているかなども考慮しながら、自社に必要な機能が搭載されているシステムを選択してください。

参考:請求管理システムを現役エンジニアが解説|比較biz
   クラウド請求書発行システム比較9選。メリットや選び方|アスピック

ポイント2:自社で利用している他のシステムとの連携

自社の既存システムと連携できるか、また、どのような方法で連携するかは、請求管理システムを選ぶときの重要なポイントです。

請求データをシステムに取り込むには、以下の2つの方法があります。

  1. 別のシステムのデータを一旦CSVファイルで抽出し、それを請求書システムにインポートする。
  2. 他のシステムとAPIで直接連携する。

請求書を発行する頻度が高い場合、CSVファイルを経由する1の方法では手間となるため、2の方法を選ぶのが良いでしょう。発行の頻度が月数回程度ならば、2の方法でも問題ありません。

また、システムの中には、請求書発行機能以外にも、入金の消込作業・請求漏れの確認・取引先への督促など多彩な管理機能を搭載しているものがあります。これらが既存の販売管理システムやCRMシステムと連携できるかも重視すべきポイントです。

参考:【完全比較】おすすめクラウド請求書発行ソフト10選!【2020最新】|PROCURE
   【2020年版】おすすめの請求書発行システム15選を徹底比較!|起業LOG

ポイント3:法律や税制の変更に対応しているか

2022年1月に改正された電子帳簿保存法や、2022年1月改正予定のインボイス制度(適格請求書等保存方式)など、最近は経理部門の業務に関わる法整備や改正が行われています。

請求書発行システムは、一旦導入すると、その後入れ替えせずに長く使っていくシステムです。そのため、導入を検討する際には、最新の法律と照らし合わせて比較することが大事です。最新の法律や税制に対応していない場合や、ホームページに記載がないところもあるので、細かな確認が必要です。

インボイス制度について知りたい方に向けて、資料ダウンロードサイト「LISKUL ダウンロード」では、インボイス制度の解説資料が無料でダウンロード可能です。本資料ではインボイス制度で生じる変更のポイント、事業や取引、経理業務への影響を解説します。ご興味のある方は下のリンクからダウンロードしてみてください。

【2022年2月最新版】インボイス制度による請求書業務の変更点

参考:【完全比較】おすすめクラウド請求書発行ソフト10選!【2020最新】|PROCURE
   【2020年版】おすすめの請求書発行システム15選を徹底比較!|起業LOG


まとめ

本記事では、41種類の請求管理システムを紹介しました。システムを選定する際には、上記ポイントの業務範囲、取引先へのサポートを目安にすると良いでしょう。

請求書管理システムは、一旦導入すると、その後頻繁に入れ替えをするシステムではありません。そのため、システム導入で失敗しないためには、機能や特徴、料金をよく比較することが大切です。

ぜひ本記事の情報を参考に、自社に合う請求管理システムを見つけてください。

【2022年2月最新版】インボイス制度による請求書業務の変更点

特に請求書の「受領」業務にお悩みの方へ!経理業務をオンラインで効率化『Bill One』

『Bill One』はSansan株式会社が提供する「請求書の受け取りのオンライン化」に特化したクラウド請求書受領サービスです。
紙の請求書は『Bill One』が代理で受け取り、スキャンしてデータ化。PDFの請求書はアップロードするだけでデータベースに登録されます。

『Bill One』を導入すれば請求書の「受領」と「管理」に関する作業を効率化し、テレワークのボトルネックである紙ありきの業務フローを解消することができます。

今回は『Bill One』のサービス概要資料を特別にご用意したので、ぜひダウンロードしてみてください。