【2023年最新版】会員管理システムおすすめ33選を比較!選び方も紹介

会員管理システムは、顧客情報の保存、整理、分析を効率化するためのツールです。

このシステムを利用することで、顧客データの一元管理が可能になり、マーケティングやサービス改善に直結するような情報を得られます。

しかし、多くの会員管理システムが存在し、どのシステムを選択すれば良いか判断が難しいという悩みを抱えるユーザーも少なくありません。

本記事では、代表的な会員管理システムの特徴と選び方のポイントを紹介します。

この記事を読めば、自社に適した会員管理システムを見つけることができるでしょう。

おすすめサービスのピックアップ方法としては、既存のまとめサイト10個分の情報から、紹介されている会員管理システムをスコアリングしました。各サイトで紹介頻度の高いものを登場回数順にまとめなおしています。

※スコアリングや掲載している企業情報などは2023年11月時点のものです。


<比較表>会員管理システムおすすめ14社

会員管理システム 比較表比較表のサンプル

本記事で紹介している14社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しました。短時間でサービスの比較をしていただけます。


1.STORES 予約/STORES 株式会社

STORES 株式会社
STORES(ストアーズ)はあなたのお商売を応援します | まずはご相談ください | 無料ではじめられるネットショップなら、STORES ネットショップ

  • スマホアプリで簡単に操作ができ、予約も自動案内もスムーズに行える
  • 履歴管理から一斉配信や個別送信など機能の充実
  • 複数店舗もまとめて管理が可能
初期費用0円
料金プランフリー:0円
スモール:月額9,790円
チーム:月額19,690円
ビジネス:月額28,600円
エンタープライズ:月額66,000円
手数料4.9%+99円
導入企業株式会社ハイジ、SOZOW株式会社、株式会社ワコールなど
導入社数150,000社以上


2.SmartCore/株式会社イーストゲート

株式会社イーストゲート
会員管理システム・会員制サイト構築【スマートコア】クラウド・多機能

  • 30種類以上のオプション機能から自由に選択ができる
  • 使う分だけ設定ができるため低コストで運営が可能
  • 第三者認証を取得し万全のセキュリティ体制
初期費用スタンダード:0円
オリジナルドメイン:58,000円
料金プランスタンダード:月額14,000円〜
オリジナルドメイン:月額22,750円〜

以下オプション
掲示板:年額24,000円〜
フォーム生成:年額24,000円〜
ラベル生成機能:年額18,000円〜
サイト言語設定:年額36,000円
退会管理:年額24,000円
他Web参照

手数料要問い合わせ
導入企業工機ホールディングス株式会社、日本郵便株式会社、リコーリース株式会社など
導入社数250社以上

3.MiiT+/株式会社インターナショナルスポーツマーケティング

株式会社インターナショナルスポーツマーケティング
無料で使える会員管理クラウドサービス「MiiT+(ミータス)」

  • 生年月日や会員ランク、カスタム項目など豊富な検索項目から検索が可能
  • クレジットカードの他、自動消込や定期引き落としなど決済機能が充実
  • ファンクラブやサークルなど幅広い団体で利用が可能
初期費用0円
料金プラン0円
MiiT+を利用した決済がある場合のみ、1決済ごとにシステム利用料が発生
手数料8,000円以下:400円
8,001円以上:5%
導入企業日本スノーボード協会、宇都宮ブリッツェン、日本医療メディエーター協会など
導入社数要問い合わせ

4.hacomono/株式会社hacomono

株式会社hacomon
hacomono|ウェルネス領域の店舗を変える会員管理・予約・決済システム。

  • 業務の効率化や理想の顧客体験を提供するツール
  • 紙での作業は不要、来店予約から決済までスマホで完結
  • 会員管理を含め、契約管理やシフト管理などバックオフィス業務の管理もできる
初期費用150,000円
料金プラン1店舗あたり:月額35,000円
手数料Visa・Master:2.59%〜
Amex・JCB・Dinners:3.3%〜
導入企業コナミスポーツオンライン、ルネサンスオンライン、ホリデイスポーツクラブなど
導入社数要問い合わせ

5.シクミネット/しゅくみねっと株式会社

しゅくみねっと株式会社
クラウド型会員管理・入金管理システム|シクミネット –

  • 直感的な操作で簡単に利用ができる
  • 会員数に応じて変動する料金設定で無理なく利用ができる
  • 組織の運営に必要な機能を詰め込んだサービス
初期費用ベーシックプラン:180,000円
OB会・同窓会限定プラン:50,000円
料金プランベーシックプラン:月額30,000円〜
OB会・同窓会限定プラン:月額1,000円〜
手数料要問い合わせ
導入企業公益社団法人日本語教育学会、公益社団法人全日本アーチェリー連盟、早稲田大学応援部稲門会など
導入社数要問い合わせ

6.SPIRAL®/スパイラル株式会社

スパイラル株式会社
SPIRAL® サービスサイト

  • Webアプリ開発や顧客対応、人事など幅広く対応が可能
  • ローコード開発プラットフォームやマネージドサービスを提供する会社
  • 金融機関の実績が多数あり、万全のセキュリティ体制で安心ができる
初期費用100,000円
料金プラン月額50,000円〜
手数料要問い合わせ
導入企業株式会社武蔵野銀行、株式会社東急コミュニティー、サントリーシステムテクノロジー株式会社など
導入社数12,000社以上

7.MOSH/MOSH株式会社

MOSH株式会社
ネットでサービス売るならMOSH | 無料で使える予約サイトシステム

  • スマホ1つで予約機能付きホームページ作成ができる為、手軽に始められる
  • 業種やサービスを問わず簡単にサービス販売・運用ができる
  • ZoomやLINE連携ができオンラインレッスンに向いているツール
初期費用0円
料金プラン0円
手数料決済手数料:3.5%
サービス手数料:3.0% +99円
導入企業オカノヒロト(鍼灸師)、TAKAE(美腸スタイルトレーナー)、ZAZA(ダンサー)など
導入社数900,000社以上

8.WEBCAS CRM/株式会社WOW WORLD

株式会社WOW WORLD
コミュニケーションシステムWEBCAS

  • 顧客の情報と反応をもとに最適なコミュニケーションを「かんたん」に行うためのプラットフォーム
  • 氏名や電話番号など項目がテンプレートとして登録されているため、データベース構築作業が簡単
  • 顧客ごとに必要な分だけ、トランザクションデータを差し込んだメール配信が可能
初期費用100,000円
料金プラン月額25,000円〜
手数料要問い合わせ
導入企業三井物産株式会社、BARTenderly、全日空商事株式会社など
導入社数9,000社以上

9.Smart Hello/株式会社システムディ

株式会社システムディ
1100施設以上の稼働実績をもつ「Hello」シリーズのクラウド版

  • Web入会や電子サインなど必要なやり取りをペーパーレスで行える
  • 月払いや支払い遅れなど複雑な会費管理を手軽にできる
  • FQAページや問い合わせフォーム、電話サポートなど導入後も安心できるサポート体制
初期費用要問い合わせ
料金プランスモール:月額10,000円
ライト・フィットネス:月額25,000円
ライト・スクール:月額25,000円
スタンダード:月額40,000円
手数料VISA・Mastercard:3.0%
JCB・American Express・Diners Club:3.3%
導入企業株式会社グランツ、株式会社MTコーポレーション、山内土木株式会社など
導入社数1,400社以上

10.会費ペイ/株式会社メタップスペイメント

株式会社メタップスペイメント
会費ペイ|会員管理・決済システム

  • 入会申込から会員管理、毎月の集金まで一元管理
  • 未収金の催促連絡も自動化できる
  • シンプルな画面設計で初心者にも優しい
初期費用0円
料金プラン0円
手数料決済手数料:3.5%
成功決済:100円
導入企業ファミリークッキングスクール、DANCE STUDIO CREW、アトリエクラカタなど
導入社数6,000社以上

11.Prius Pro/コア・プロジェクト株式会社

コア・プロジェクト株式会社
簡単、多機能、安価な顧客管理システムPrius Pro(プリウスプロ)

  • 複数店舗でも顧客情報の共有や管理が可能
  • 業種や規模を問わず対応が可能
  • ステップメールや誕生日メール、QRコード作成など多くの機能がある
初期費用5,500円
料金プラン月額1,100円〜

以下オプション
メール配信サービス:月額1,100円
クーポンサービス:月額550円
アンケートサービス:月額1,100円
問い合わせ管理サービス:月額1,100円
Webフォームサービス:月額1,100円
他Web参照

手数料要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

12.MarkONE/株式会社ネットウエルシステム

株式会社ネットウエルシステム
統合型ネットマーケティングツールMarkONE

  • 要望に合わせ必要な機能を自由に選んで利用することが可能
  • 導入から運用まで徹底したサポート体制
  • 会員制サイトの構築や一括メール配信など、マーケティングに必要な機能が揃ったツール
初期費用要問い合わせ
料金プラン無料版:0円
スターター:月額24,000円〜
スタンダード:月額25,000円〜
プロフェッショナル:月額49,000円〜
プレミアム:要問い合わせ
手数料要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

13.HubSpot/HubSpot Japan株式会社

HubSpot Japan株式会社
HubSpot(ハブスポット)|貴社のビジネスに最適なCRMソフトウェア、ツール、リソースをご提供します

  • 簡単操作でビジネスの成長に合わせ拡張ができるプラットフォーム
  • 1,500種類以上のアプリとシームレスに連携ができる
  • 顧客に関わる全ての業務を無料版から利用できる
初期費用要問い合わせ
料金プランProfessional:月額96,000円
Enterprise:月額432,000円
手数料要問い合わせ
導入企業株式会社Kaizen Platform、株式会社ハーモ、株式会社NTTPCコミュニケーションズなど
導入社数194,000社以上

14.SELECTTYPE/株式会社セレクトタイプ

株式会社セレクトタイプ
予約システムSelectType (セレクトタイプ) | 無料ではじめる高機能予約システム

  • 予約受付や顧客管理など多機能なシステムを無料で利用できる
  • 170種類以上の豊富なテンプレートがあり、幅広いビジネスに対応が可能
  • 細かい権限調整ができ顧客情報へのアクセスを完全にコントロールができる
初期費用要問い合わせ
料金プランフリー:無料
ベーシック:月額1,500円
プロフェッショナル:月額3,000円
プレミアム:月額10,000円
手数料クレジット決済:2%〜
コンビニ決済:2%〜
銀行振込:1.5%〜
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

15.Nice!Members/ウェッジソフトウェア株式会社

ウェッジソフトウェア株式会社
ウェッジソフトウェア

  • 多くの法人の協力があり開発された会員管理業務を支援する一般公益法人向けのソフトウェア
  • セキュリティ対策を実施した上でWebインターフェースの構築が可能
  • ASPでは実現できない優れた操作性とレスポンスを提供
初期費用960,000円
料金プラン1〜5年目:月額40,000円
6年目以降:月額20,000円
手数料要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

その他おすすめの会員管理システム

Nice!Members
月額パンダ
Sales Cloud
SMOOSY
フリーウェイ顧客管理
F-revoCRM
COMSBI
Square 予約
会員管理システム MMB※2026年3月31日でサービス終了
参考:汎用版パッケージ会員管理システムMMB サービス終了予定のお知らせ | 株式会社プロアクティブ
Stock
ekaiin .com
サブスクペイ
Ambassador Relations Tool
WTE
i☆Member
UruPla-Reg
CLUBNET
レストラン★スター


会員管理システムの選び方のポイント3つ

効率よく自社に適した会員管理システムを選ぶためには、以下の3つのポイントを基準にして探しましょう。

  • 自社の目的に合った機能が搭載されているか
  • セキュリティ体制は万全か
  • マルチデバイス対応しているか

それぞれについて解説いたします。

自社の目的に合った機能が搭載されているか

自社が会員管理システムを導入する目的に合っている機能があるかどうか確かめましょう。

会員管理システムの導入目的を大まかに3つに分けたときに、それに適した機能は以下の通りです。

導入目的合った機能例
会員情報の一元化で、作業の効率化を行ないたいオンライン決済、決済管理、予約管理、予約受付など
会員に効果的なアプローチをしたい一括メール配信、LINE連携、トラフィック分析など
システムの運営に合わせてプラットフォームを構築したい会員制サイト構築、フォーム作成公開、独自デザイン設定など

会員管理システムの多くは幅広い機能性を持ち合わせていますが、強みや特徴はそれぞれ異なります。

そのため、まずは導入目的を明確にした上で、各会員管理システムの機能性を見ましょう。

セキュリティ体制は万全か

会員管理システムを選ぶ際、セキュリティ体制が整備されているかどうかも重要です。

会員システムは顧客の大事な情報が蓄積されているため、不正アクセスや内部からの情報漏洩などのリスクから守る必要があります。

たとえば、ISO/IEC 27001などの国際的なセキュリティ管理の認証を取得しているシステムは、データ保護の観点から信頼性が高いと言えます。

参考:概要 | ISO/IEC 27001(情報セキュリティ) | ISO認証 | 日本品質保証機構(JQA)

またシステムによっては、限られたユーザーだけ管理画面にアクセスできるように権限設定ができたり、情報の暗号化などで不正アクセスを回避したりなどのセキュリティ対策を取っている場合があります。

上記のような特徴を持つシステムであれば、安心して会員管理の運用がしやすくなるでしょう。

マルチデバイス対応しているか

どのような状況下でも管理画面の内容が確認できるよう、マルチデバイス対応しているシステムを選びましょう。

たとえば、営業担当者が外出先でスマートフォンを使用してリアルタイムで顧客情報を確認・更新できれば、迅速な対応が可能になります。

また、タブレットを使って会議中に会員データにアクセスし、重要な意思決定を行う場面でも、マルチデバイス対応は非常に重要です。

このように、PC、スマートフォン、タブレットなど、異なるデバイスから同じ情報にアクセスしやすいシステムを選択することで、意思決定や作業をスムーズに行なえるでしょう。


まとめ

本記事ではおすすめの会員管理システムと、選び方のポイントを紹介しました。

会員管理システムとは、顧客情報の保存、整理、分析などの一連の作業を効率化できる便利なシステムです。

導入をすれば、会員情報の確認やデータ入力、システム構築などの作業をスムーズに行なえたり、営業・マーケティング活動の成果を高めたりすることができます。

自社の条件に適しており、問題なく運用できるシステムを導入するためには、以下のポイントを基準にしてシステムを選定しましょう。

  • 自社の目的に合った機能が搭載されているか
  • セキュリティ体制は万全か
  • マルチデバイス対応しているか

本記事の内容をもとに、自社に合った会員管理システムを見つけて導入しましょう。