【2021年最新版】アプリ制作会社比較おすすめ53選を徹底比較!費用・実績・サポート体制などの選び方も解説

アプリ制作会社にアプリの開発を依頼すれば、プログラミングの知識がなくても、自社サービスのアプリを制作できます。

新型コロナウイルスの影響もあり、自宅でアプリを通して商品やサービスを購入する顧客が増えてきました。

そのため、売上アップのためにアプリを利用したオムニチャネル対策や、リピーターを増やして売上やブランディングに貢献するモバイルマーケティングを実施する企業が増えています。それに伴い、自社サービスのアプリを始めるにあたって、「アプリ制作会社」の利用を検討されている方も多いでしょう。

しかし、アプリ制作会社に依頼する場合、

  • 制作費用とランニングコストはどれくらいかかるのか?
  • 機能を追加する場合も迅速に開発してくれる、腕のいい制作会社か?
  • 依頼予定のアプリと同系列のアプリを開発した実績があるのか?
  • アプリを作りっぱなしではなく、分析や集客もお願いできるか?

など、比較ポイントが多くあり、制作会社によって費用や得意分野は異なるため、自社に最適なアプリ制作会社を探すのは大変です。

そこで本記事では、おすすめのアプリ制作会社53社の費用や特徴などを徹底比較します。アプリ制作会社を選ぶ際のポイントもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

「アプリ制作会社 比較」で検索結果上位10位までのサイトの登場回数順にならべていますので、本記事を読めば、探す手間を省いて効率的に比較できます。

最短1ヶ月でリリース!すべての工程をフルサポートする「yappli」サービス資料>>


株式会社ヤプリ


  • ノーコードで幅広いデザインのiOSとAndroidのネイティブアプリをスピード開発。
  • 400以上の導入実績で培ったノウハウから、年間100回以上の機能改善や、効果につながる新機能を続々リリース。
  • GoogleアナリティクスやApps Flyerを用いた高度なデータ分析、DMPやDWHとのデータ統合が可能。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業ヤマハ株式会社、日本電気株式会社、富士通株式会社 など
導入社数400社以上


株式会社モンスター・ラボ

  • 企画設計から開発運用まで、プロジェクトにおける全工程に対応。
  • 顧客やプロジェクトの特性に合わせ、世界中のスペシャリストを組み合わせて最適な開発チームを構築。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社日立製作所、富士通株式会社、SHAKESHACK など
導入社数2200件以上

フェンリル株式会社

  • 400社600アプリの開発実績。
  • 顧客と共に“たったひとつのアプリ”を生み出す『共同開発』にこだわる。
  • アプリ公開後も、機能の追加開発・デザインの再検討・マーケティングなど、各分野のプロフェッショナルが多角的に分析。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業東海旅客鉄道株式会社、アコム株式会社、トヨタ自動車株式会社 など
導入社数400社以上

株式会社ジェナ

  • AIチャットボットサービス「hitTO」の継続利用率は98.6%。
  • hitTO AIは、自動学習機能により、利用すればするほど回答精度が向上。
  • 要望のヒアリング・社内プロモーションのサポート・他社様の成功ノウハウの共有など、顧客の成功に向けてあらゆる面で支援。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業三菱UFJリース株式会社、株式会社大京、三井不動産リアルティ株式会社
導入社数要問い合わせ

株式会社ガラパゴス

  • 開発だけでなく、仕様策定を含めた上流工程の設計を得意とする。
  • アプリに特化したデザイナーが、使いやすく美しいデザインを提案。
  • サービスが自発的に成長する仕組みを顧客と共に考え、改善を繰り返しながら、継続的な成長をサポート。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社ベイクルーズ、株式会社みんなのウェディング、株式会社イトーキ など
導入社数要問い合わせ

株式会社クロス・コミュニケーション

  • ストア審査時のリジェクト対策や、ネイティブアプリ固有のセキュリティ対策のノウハウを保持。
  • 株価等のリアルタイムなレートの情報取得やグラフチャート等、難易度が高いアプリ開発も対応可能。
  • 常に新しいOSアップデート情報や端末情報、最新の技術動向をキャッチアップ。動作検証、技術検証の上で提案。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社CONNECT、アイフル株式会社、株式会社エイチ・アイ・エス など
導入社数要問い合わせ

株式会社クリエイテラ

  • 2008年から400本以上のアプリ制作実績。
  • プランニング・デザイン・実制作・配信手続きまでの全行程を社内で対応可能。
  • 仕様検討・リジェクト対策等コンサルティングも可能。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社富士通マーケティング、ポラスグループ、ジェイアイ傷害火災保険株式会社 など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ作りたいイメージはあるが、何も資料化していない。
他はWEB参照

シーサー株式会社

  • 営業・ディレクター・デザイナー・エンジニアなど複数のメンバーで構成されたチームが、顧客のアプリ開発をサポート。
  • エンジニアはiPhone専任とAndroid専任がいるため、OS毎の特殊な仕様について相談可能。
  • 開発後の保守運用もサポート。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社ファンコミュニケーションズ、株式会社イープラス、湘南美容外科クリニック、株式会社ベーシック など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■機能追加で多様なニーズに応えたい
■ユーザーからの問い合わせが多い

株式会社ジークス

  • UX/CX視点でコンサルティングからデザイン・開発・サポートまで一貫して対応。
  • プロトタイピングによるスクラップ&ビルド方式で、スピーディーに顧客のイメージを形に。
  • アプリケーションの特性・ターゲットや、予算・要望を踏まえ、最適な開発手法を提案。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社山田電機、株式会社ワコール、株式会社スタジオアリス など
導入社数1000社以上(Webサイト制作も含む)

株式会社クレアンスメアード

  • 多彩なCRMツールと連携するオリジナルポイントカードアプリを低コストで実現。
  • 店舗向け会員証アプリPOKETは、店舗の会員サービスに必要とされる販促機能を、手間なく高い効果で導入できる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業カルビー株式会社、株式会社JR東日本リテールネット、カシオ計算機 など
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■会員証アプリで本格的なポイントプログラムや来店促進させたい
■顧客の声をレポート分析を自動化したい

株式会社ebookcloud

  • どんなアプリでも他社より格安での開発を目指す。月額9800円のアプリ開発サービス。
  • 2600の導入実績。
初期費用App1「アプリワン」:トライアルプラン:200,000円
詳細はWEB参照
料金プランクラウド型アプリ作成プラットフォームApp1「アプリワン」:月額9800円
導入企業株式会社ニッセン、株式会社ベルパーク、愛知工科大学 など
導入社数2600社以上

グリーンシステム

  • 30年に渡る豊富なシステム開発の経験により、顧客のシステム開発・構築を安心・丁寧に請け負う。
  • 500名の国内外のエンジニアが顧客の事業の推進を全力でサポート。
  • フィリピンにおいて100席クラスのオフショア開発拠点があり、オフショア開発によるコストダウンも可能。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ
こんな人におすすめ■検品作業支援システム開発例より
・紙運用のため、画一的な検品しかできない
・お客様からの問い合わせ時、検品内容が確認できない
■Eラーニングアプリ開発例より
・学習する場所、時間が限られる
・パソコンに不慣れなため、Eラーニングに消極的

テックファーム


テックファームからのおすすめポイント

テックファームは、独立系システムベンダーとして20年以上の開発実績を誇り、最新技術をいち早く取り入れたシステム開発を通じて、
多種多様な業界でお客さまが抱えている課題解決や効率化・合理化などのお手伝いをいたします。
お客さまのニーズやリクエストにそのまま応えるだけでなく、常にお客さまの事業やサービスの価値向上を考えた提案をおこなうことを重視しています。

初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業コニカミノルタ株式会社、株式会社NTTドコモ、カシオ計算機株式会社、日本自動車整備振興会連合会 など
導入社数年間200社以上

ロケーションバリュー

  • 企業や自治体を対象とした、国内最大級の公式アプリ開発サービスModuleAppsを提供。
  • アプリ導入後すぐに使える「管理画面マニュアル」を提供。
  • サポートチームによる運用代行あり。
初期費用80万円〜
料金プランなし
導入企業株式会社ドトールコーヒー、株式会社モスフードサービス、株式会社ケーズホールディングス、株式会社JALカード、株式会社ツルハなど
導入社数100社以上
こんな人におすすめ■アナリティクスを導入したけど分析方法がわからない
■サービスの分析から成功まで導くにはどうしたらいいのかわからない

6etアプリ株式会社

  • アプリ仕様策定から開発まで。
  • 受験対策アプリ・ゲームアプリ・健康セルフケアプリなどの実績あり。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

その他おすすめのアプリ制作会社

ブライテクノ株式会社
株式会社CyberCats
株式会社Funseek
株式会社クロスゲームズ
株式会社コアモバイル
株式会社シリアルゲームズ
株式会社シンプルメーカー
株式会社ブレイブソフト
株式会社マリエッタ
GMO TECH株式会社(一部の運営会社が株式会社ヤプリへ変更)
アシアル株式会社
株式会社インターアローズ
株式会社サイシード
チームラボ株式会社
株式会社ecbeing
株式会社アイスリーデザイン
株式会社アピリッツ
株式会社イーディーエー
株式会社グランドデザイン
GMOデジタルラボ株式会社
アイユー株式会社
オールインワンソリューション株式会社
ジョーカーピース株式会社
スターティアラボ株式会社
ドコドア
ドリームキューブ
株式会社AGクルー
株式会社Bonds
株式会社USEN
株式会社アイル
株式会社イーハイブ
株式会社インサイトコア
株式会社エクストリンク
株式会社オニオン新聞社
株式会社トランスメディアGP
株式会社ドリームネッツ
株式会社ビジコム
株式会社フォルクスウェア


アプリ制作会社を選ぶ際に着目すべき3つのポイント

アプリ制作会社を比較する前に、選ぶ際に着目すべき3つのポイントを解説します。

ポイント1.アプリ制作会社の得意分野を把握しておく

アプリには、ゲーム系・ツール系など幅広いジャンルがあり、アプリ制作会社によって得意分野は異なります。

企画段階でアプリを利用するターゲット層や利用目的・利用価値を明確にしておき、依頼する開発会社の得意分野や強みと合っているかしっかりと見極めることが大切です。また、どのようなアプリを開発したいのか明確ではない場合は企画・立案から対応してくれるアプリ開発会社を選ぶ必要があります。

多くのアプリ制作会社のサイトには、開発実績が記載されています。開発実績を確認し、依頼予定のアプリと同系列のアプリを開発した実績がある会社を選びましょう。

実績のある会社には、豊富な実績に基づいたアイデア力があります。依頼者側が気付かない部分についても指摘をしてくれるため、実績がある会社を選べば、より良いアプリを制作できるでしょう。

ポイント2.制作費用は「工数」によって決める制作会社が多いと理解しておく

制作料金はアプリのジャンルや、どのような機能を実装したいのかによって工数が変動します。さらにAIやVRなどの最新のIT技術を活用したい場合も制作費用に影響します。そのため、制作したいアプリについてのヒアリングを行った後に、見積を出してもらう必要があります。

また、バグの修正や、バージョンアップを行うなどといった際に追加料金が発生する企業もあるので、見積に含まれるサービス内容も確認しておきましょう。

依頼時に、「何に、どのくらい費用がかかるのか」を明確にしておくことが大切です。

比較的安価にアプリ開発したいなら、「クラウド型」開発がおすすめ!

アプリ開発には「スクラッチ型」と「クラウド型」の2つがありますが、「クラウド型」はクラウド開発プラットフォームにあらかじめ用意された機能の中から、組み合わせて制作するため、開発コストをかなり抑えられます。

他社と差別化したい、独自性の高いアプリを作りたいという場合以外は、比較的安価にプッシュ通知などの便利な機能もつけられる「クラウド型」開発をおすすめします。

参考:アプリ開発にかかる本当の費用

「クラウド型」開発を手掛けるアプリ制作会社yappliでは、比較的安価にアプリ開発が可能です。

最短1ヶ月でリリース!すべての工程をフルサポートする「yappli」サービス資料>>

ポイント3.バグ修正やバージョンアップのサポートはアプリ運営において必須

アプリは完成したらこれで安泰!というわけにはいきません。運用を続けるうちにバグの修正や、バージョンアップを行う必要があります。

アプリの最大の強みはリリース後も改善を続けていけることです。アプリ開発後のアフターフォローやサポート体制について、どのような契約になっているかを確認しましょう。


アプリ制作を依頼する際の6つの注意点

ここでは、アプリ制作を依頼する際の注意点を6つ紹介します。

1.アプリの種類を理解しておきましょう

アプリの種類は、利用者によって一般向けとビジネス向けの2つに分けることができます。一般向けには、オンラインゲームやエンタメ・音楽といった個人の楽しみのためのアプリがあります。

ビジネス向けのアプリには、タスク管理やドキュメント作成など、業務に直結するものが中心となります。

2.作りたいアプリイメージを明確にしておきましょう

自社が開発したい「アプリの種類」「プロジェクトの目的」「ゴール」などをしっかりとイメージしておきましょう。

アプリのイメージを具体化するためには、まずそれを使うユーザーを想定すると良いです。 利用するのが一般ユーザーなのか、ビジネスユーザーなのかによって大きく作り方が変わってきます。

例えば、販売用のアプリやキャンペーン用のアプリ開発は、コンテンツには独自性やデザイン性が求められます。

また、業務利用アプリの開発では、社内向けに開発されることが多く、移動先でもアプリが使えるようになっていると便利です。

3.依頼する会社は慎重に選びましょう

アプリを開発する際には、専門的な技術やアドバイスが必要となるため、いつでも気軽に相談できる制作会社を選択すると良いです。

検討中の制作会社が、開発したいアプリに近い実績を多く持っている会社なのか、過去に開発したアプリの使いやすさはどうなのか、などを調べておき判断材料にしましょう。

また、依頼先を選定する時には、複数社から見積もりを取るのはもちろんですが、実際に担当者と会って、自社の目的を達成してくれる会社かどうかを見極めることが大事です。

4.作りたいアプリのイメージを明確に伝えましょう

作りたいアプリのイメージを、アプリ制作会社の担当者へ明確に伝えることが重要です。依頼内容や条件は、きちんと書面で伝えましょう。

完成したアプリが、イメージと全然違っていて、トラブルに発展することがないように、必要な仕様やデザインのイメージなどを文書で作成し、契約書や覚書などと共に残しておくことも重要です。

5.必ず費用を事前に確認しましょう

費用についても、きちんと確認しておきましょう。制作後の手直しが発生した場合、追加料金が発生したり、トータルの費用が予算を大幅に超えてしまったりと、トラブルになる恐れもあります。

作業範囲の確認や、変更が起こった場合の追加料金の有無については、事前に必ず確認しましょう。

参考:アプリ導入にかかる本当の費用

6.無理のない納期を設定しましょう

アプリ制作は、ヒアリングからアプリの公開まで、平均して3ヶ月程度かかります。また、作成したいアプリの種類によってはそれ以上の制作期間がかかるものもあり、半年~12ヶ月ほど要することもあります。

特にSNS系のアプリやECコマース系は制作期間が長くなる傾向があります。また、開発途中にトラブルが発生することも考えられます。

納期は、アプリ制作会社と話し合いながら、無理のないスケジュールを設定しましょう。

参考:【2020年版】アプリ開発費用、依頼したらいくらかかる?|モバイルマーケティング研究所
アプリ開発期間ってどのくらい?【発注前に知るべきこと】|比較ビズまとめ


まとめ

本記事では、53のアプリ制作会社を紹介しました。

アプリ制作会社を選ぶ際には、得意分野、制作費用と工数、開発後のサポート体制を目安にすると良いでしょう。

まずは、作成したいアプリに合いそうな会社を2、3社選び、見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。本記事の情報を参考に、自社に最適な制作会社を見つけ、素敵なアプリを制作してください。

また、今回は特別に、アプリ制作会社である株式会社ヤプリが提供する、「自社アプリ」活用法を事例ベースで提供しています。無料でダウンロードできますので、この際にぜひお手元に置いてみてください。

最短1ヶ月でリリース!すべての工程をフルサポートする「yappli」サービス資料>>