ブランディングテクノロジーのWebマーケティングインハウス支援サービスとは?

ブランディングテクノロジー001_1200

コロナ禍など環境変化の激しい現代において、マーケティング業務をインハウス化(内製化)し、マーケティングのスピードアップを図る動きが加速しています。

そんな中、ブランディングテクノロジー株式会社が提供する「デジタルマーケティング インハウス支援サービス」が注目を集めています。

ブランディングテクノロジーのインハウス支援サービスでは、デジタルマーケティングにおいて多くの企業が抱える「リソース面」と「ノウハウ面」の両軸の課題に対し支援を行っています。

  • 作業者/運用者が足りない
  • 外注コストを抑制したい
  • 社内にノウハウがない、蓄積できない

こうしたお悩みを抱えている方に特にオススメしたいサービスです。

今回は、ブランディングテクノロジー株式会社に、サービスの内容や特徴、実際の支援の流れや事例について詳しくお話を伺いました。

「インハウス支援サービス」のサービス資料をダウンロードする>>

※本記事はブランディングテクノロジー株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。


ブランディングテクノロジーの「インハウス支援サービス」は、デジタルマーケティングのインハウス化をリソース面・ノウハウ面の両軸からサポート

ブランディングテクノロジー003

ブランディングテクノロジーが提供する「インハウス支援サービス」は、デジタルマーケティングのインハウス化においてよく課題として挙がる、「リソース面」と「ノウハウ面」の課題に対して支援を行います。

全て内製化するフルインハウスや、外部委託をメインで行うフルアウトソースまで、現在の体制や状況に合わせてフレキシブルなサポートを受けられるのが大きな特徴です。


ブランディングテクノロジーの会社概要

ブランディングテクノロジー002
ブランディングテクノロジー株式会社は、ブランド事業を主軸として中小・地方企業様のデジタルシフトを支援するデジタルマーケティングカンパニーです。

3,000社超の支援実績と業界別のノウハウを武器に、顧客の業界や事業フェーズに合わせた最適な支援を提供しています。

各種の「コンサルティング」、Webサイトや動画などの「クリエイティブ制作」、Web広告やSEO対策などの「プロモーション」と、デジタルマーケティングにおける様々な業務をサービスとして提供しています。

<主な提供サービス>

コンサルティング ブランドコンサルティング
Webサイトコンサルティング
広告運用コンサルティング
SNS運用コンサルティング
SEO・MEOコンサルティング
DXコンサルティング
クリエイティブ Webサイト制作
採用サイト制作
動画制作
記事コンテンツ制作
ロゴ・営業ツール制作
Webシステム構築
プロモーション リスティング広告
ディスプレイ・DSP広告・記事広告
SNS・動画広告
SEO対策・コンテンツSEO
メルマガ企画・制作
ポスティング・チラシ広告

ブランディングテクノロジーの「インハウス支援サービス」の6つの特徴

ブランディングテクノロジーの「インハウス支援サービス」には、以下の6つの特徴があります。

  • 特徴1.運用のみ/短期のみなど必要な分だけの契約が可能
  • 特徴2.ツールやノウハウを活用してインハウス運用の効率改善もサポート
  • 特徴3.ネット広告/SEO専門チームがサポート
  • 特徴4.勉強会・マニュアル提供などノウハウのサポートが充実
  • 特徴5.Google/Yahoo!認定代理店ならではの情報網
  • 特徴6.体制・状況に合わせた3つの支援方法

特徴1.運用のみ/短期のみなど必要な分だけの契約が可能

「インハウス支援サービス」では、自社の状況に合わせて、必要な分だけ委託することができます

例えば以下はマーケティングにおいてよくある悩み・課題です。

  • 手が回らないネット広告運用だけ外注したい
  • 限定商品のプロモーションを1カ月間だけ行いたい。でも社内に体制がない…。
  • 毎年繁忙期のシーズンだけ集客支援を委託したい

特に短期間のスポットの運用は、収益性の観点からお断りしている支援会社・広告会社は少なくありません。

しかしブランディングテクノロジーの「インハウス支援サービス」では、マーケティング業務の一部分や、短期間だけ委託したいという要望にも柔軟に対応が可能です。

特徴2.ツールやノウハウを活用してインハウス運用の効率改善もサポート

リソースの提供だけでなく、ツールやノウハウを活用してインハウス運用の効率改善までサポートしてしています

たとえばツールを活用して、計測やレポーティングの仕組みを見直します。

対応ツール

特徴3.ネット広告/SEO専門チームがサポート

ネット広告やSEOの専門チームがサポートするので、自社にノウハウが足りない場合でも安心です。

Google広告認定資格取得率が91%、Googleアナリティクス個人資格取得率が86%と、それぞれのエキスパートが業務をサポートしてくれます。

また電話やメールだけでなく、チャットツールや会議ツールでの連絡も可能なので、状況に合わせたコミュニケーションが可能です。

対応方法

特徴4.勉強会・マニュアル提供などノウハウのサポートが充実

勉強会の実施やマニュアルの提供など、ノウハウのサポート方法が充実しています

マーケティング業務をインハウス化(内製化)するにあたって、「社内にノウハウがない」「最新の情報・ノウハウを取得する手段がない」というのは非常によくある課題です。

そうした悩みに対し、勉強会やマニュアルといった有形資産を提供しているので、自社の資産として蓄積していくことができます。

特徴5.Google/Yahoo!認定代理店ならではの情報網

マーケティングにおいて最新の情報やノウハウを得やすいのは、様々なクライアントや媒体社と取引をしている広告代理店です。

なかでもブランディングテクノロジー社はGoogle/Yahoo!の認定代理店なので、公式の情報をいち早く取得することができます。

そのため先述の「最新の情報・ノウハウを取得する手段がない」という課題を解消することができます。

特徴6.体制・状況に合わせた3つの支援方法

自社の体制・状況に合わせて3つの支援方法を柔軟に提供しています

マーケティング業務をインハウス化する場合、必ずしもすべての業務をインハウス化しなければならないわけではありません。

マーケティング業務の運営方法は大きく3つのパターンに分けることができます。

3つの支援方法
外部委託をメインにする「フルアウトソース」。
内製をメインに、外部にはより専門性の高い支援をしてもらう「フルインハウス」。
両者の良いとこどりをした「ハイブリッド」。

自社の状況に合わせた最適な支援を選択することが可能です。


ブランディングテクノロジーの「インハウス支援サービス」が解決できる課題

「インハウス支援サービス」のサービス内容・特徴についてお伝えしてきましたが、それらが解決できるデジタルマーケティングのインハウス化の課題を改めて整理しましょう。

これらを課題として感じているのであれば、相談を検討してみるべきです。

リソース面

デジタルマーケティングのインハウス運用において、リソース面で以下の課題を感じている場合には、本サービスが有効です。

  • 作業者/運用者が足りない
  • 中身や効果の見えない代理店手数料を抑えたい
  • 運用の仕組みづくりに時間が掛かっている

作業者/運用者が足りない

社内に作業者や運用者が足りないというのは、インハウス運用において非常によくある課題です。

そもそもWebマーケティング人材は不足がちな傾向にあり、それを解消するためにアウトソーシングを活用するケースが多いでしょう。

しかしコスト抑制などを目的に無理にインハウス化を進めると、社内の作業者/運用者の負荷が非常に大きくなり、結果として担当者が疲弊して退職などにより体制が維持できなくなります。

そうなった場合、あるいはそうならないためにも、インハウス化を進める際には適切に外部リソースを活用し、無理ない運用体制を構築する必要があります。

中身や効果の見えない代理店手数料を抑えたい

運用の中身や効果が不透明な代理店への委託手数料を抑えたいというのも、インハウス化を進める大きな理由の一つです。

例えばWeb広告の場合、アカウントが代理店管轄で、運用内容を開示せず数値の報告だけするケースは少なくありません。

その場合、本当にこの手数料を払うだけの価値があるのだろうか?という疑問が浮かび、インハウス化を検討することになります。

ブランディングテクノロジーの場合、アカウントの管理方法を代理店管理と自社管理のどちらからも選ぶことができ、代理店管理の場合もアカウントの閲覧権限を付与します。

そのため運用の透明性を確保して、適切な手数料にすることができます。

運用の仕組みづくりに時間が掛かっている

運用を内製化する場合、社内の人材育成や体制構築に時間が掛かります。またWebマーケティング人材の採用は非常に難しく、やはりこちらも時間が掛かります。

こうした課題に対し、先述のリソース提供やノウハウサポートを受けることで、運用の仕組みづくりを加速させることができます。

特にフルアウトソースからフルインハウスに社内だけで一気に切り替えるというのは現実的には非常に難しいので、外部の力を借りることが求められます。

ノウハウ面

デジタルマーケティングのインハウス運用において、ノウハウ面で以下の課題を感じている場合には、ブランディングテクノロジーの本サービスを検討すべきだと言えます。

  • 知見が少なく運用が手探りになっている
  • ノウハウ蓄積が担当者に依存してしまう
  • 市場/競合動向などの情報源が限られる

知見が少なく運用が手探りになっている

運用の知見を取得するスキームを社内に構築できていないと、知見に乏しく運用が手探りになってしまいがちです。

インハウス運用者は運用の知見を得る方法が少なく、どうしても自社の運用から学ばざるを得ない状況にあります。

こうした状況を解決するためには、やはり外部の知見を借りることが必要です。

以下の3つの資料では、代理店の運用ノウハウが無料で公開されています。すぐに実践できる施策もありますのでぜひ参考にしてみてください。

参考:【無料e-Book】ウェブサイトの集客力を強化する『SEO基礎対策集』
参考:コンバージョン率向上のためのウェブサイト改善施策集【 23の施策リスト付き】
参考:リスティング広告コンバージョン成果改善マニュアル【運用初級者向け】

ノウハウ蓄積が担当者に依存してしまう

社内にノウハウを蓄積できることがインハウス運用のメリットですが、そのノウハウ蓄積が担当者に依存してしまうという問題があります。

  • ノウハウの蓄積が属人的になり、離退職でノウハウが失われてしまう
  • ノウハウの蓄積が担当者の情報収集の頻度・方法に依存してしまう
  • 担当者の偏った目線でのノウハウになりやすい

こうしたことは、インハウス運用の世界ではよくあることです。

やはり外部の運用会社を通じて、他の業界のノウハウや自社と違う運用方法を得ることは必要になるでしょう。

市場/競合動向などの情報源が限られる

インハウス運用の場合、市場や競合動向などの情報源が限られるという問題もあります。

代理店を通じて同業界の運用ノウハウなどを得られることは、外部の広告代理店や運用会社と取引をする大きなメリットになります。

繰り返しになりますが、インハウス化するにしても一部業務を外注し、情報源を確保することがおすすめです。


ブランディングテクノロジーの「インハウス支援サービス」の対応可能な業務

「インハウス支援サービス」で対応可能な業務は以下の通りです。検討時の参考にしてください。

種類具体内容
ネット広告 リスティング広告(検索連動型広告)
ディスプレイ広告
リマーケティング/リターゲティング広告
YouTube/動画広告
SNS広告
DSP広告
アクセス分析 Googleアナリティクス設定/分析代行
Googleサーチコンソール設定/分析代行
ヒートマップ分析
Googleタグマネージャ設定代行
SNSアカウント運用 LINE
Twitter
Instagram
facebook
SEO対策 内部施策
外部施策
MEO対策
SEO対策・コンテンツSEO
制作 広告バナー制作
動画制作
LP制作/WEBサイト制作
記事/コンテンツ制作
組織支援 評価制度設計
人材育成
勉強会/学習コンテンツ

まずは資料ダウンロード

ブランディングテクノロジーの「インハウス支援サービス」では、デジタルマーケティングのインハウス化において非常に多い、以下の課題を解決することができます。

<リソース面>

  • 作業者/運用者が足りない
  • 中身や効果の見えない代理店手数料を抑えたい
  • 運用の仕組みづくりに時間が掛かっている


<ノウハウ面>

  • 知見が少なく運用が手探りになっている
  • ノウハウ蓄積が担当者に依存してしまう
  • 市場/競合動向などの情報源が限られる

運用業務だけお願いしたり、短期間だけお願いしたい場合など、困ったときにフレキシブルに対応いただけるサービスになっています。

また自社の状況に合わせて柔軟なプランニングが可能なので、上記の課題を抱えているのであれば、まずは一度ご相談してみてください。

より詳しくサービスの詳細を知りたい方や、導入をご検討される方は以下の資料をご覧ください。

「インハウス支援サービス」のサービス資料をダウンロードする>>

※本記事はブランディングテクノロジー株式会社提供によるスポンサード・コンテンツです。

コメント