【2023年最新版】経費精算システムおすすめ43選を比較!選び方も紹介

経費精算システムとは、交通費や立替費用などの経費の精算を効率的に行うためのシステムです。

参考:経費精算とは?無料・有料での実践方法・システム比較まで解説!

経費精算は紙ベースや手作業で行われるのが主流でしたが、テレワークの普及によって、オンライン上で完結できる経費精算システムを導入する企業が増えています。

経理業務の月次・年次スケジュール【保存版】

しかし、経費精算システムによって入力機能やセキュリティ・サポート体制などが異なるため、自社にあった経費精算システムを探すのは大変です。

そこで、本記事では、経費精算システム43選と選び方のポイントを紹介しております。

この記事を読むことで、探す手間をかけずに、自社にぴったりの経費精算システムを効率的に比較することができます。

なお、本記事では重要度を客観化するために、「経費精算システム」で検索したときの検索上位10位までの記事を調査し、各経費精算システムを登場回数順にならべました。ぜひ参考にしてください.

10日かかった経費精算作業が1日で完了する「楽楽精算」【累計導入社数No.1※】

※デロイト トーマツ ミック経済研究所「クラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2023年9月号:https://mic-r.co.jp/micit/2023/)より

※スコアリングや掲載している企業情報などは2023年11月時点のものです。


経費精算システムのピックアップ【PR】

楽楽精算/株式会社ラクス

株式会社ラクス

  • 申請の項目やレイアウト、承認フローなど、いつでも自由にカスタマイズ可能。
  • クラウドだから低コスト。開発・保守費用も一切なし。
  • 導入初期は、専任のスタッフが電話やメールで丁寧にサポート。
初期費用100,000円
料金プラン月額30,000円~ ※従業員数により変動
導入企業株式会社毎日新聞社、帝人フロンティア株式会社、伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社、ファーストキッチン株式会社、WILLER株式会社 など
導入社数15,000社以上※2023年9月時点
こんな人におすすめ■手入力の工数やミスが多い
■ミスの指摘や差し戻し時のやりとりがストレス
■たまった紙書類の運用管理が煩雑

Sponsored by 株式会社ラクス

<比較表>経費精算システムおすすめ15社

経費精算システム
本記事で紹介している15社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しました。短時間でサービスの比較をしていただけます。

参考:【2023年最新版】経費精算システムおすすめ15社


1.マネーフォワード クラウド経費/株式会社マネーフォワード

株式会社マネーフォワード
マネーフォワード クラウド経費 – 無料で試せる経費精算システム

  • 会計・給与など同シリーズとの幅広い連携が強み
  • オペレーター代行入力可能
  • 申請内容の承認・差し戻し・ファイリング・保管など、アウトソースサービス等も豊富
初期費用要問い合わせ
料金プラン個人向け
個人事業主・副業
■年額プラン
800円/月〜
9,600円/年〜
■月額プラン
980円/月〜

小規模〜中小企業向け
目安:50名以下の方
■年額プラン
2,980円/月〜
35,760円/年〜
■月額プラン
3,980円/月〜

IPO準備
中堅〜上場企業向け
目安:51名以上の方
要問い合わせ

主な機能・明細データ&領収書画像の自動取得
・OCR入力・オペレーター入力
・いつでもどこでもスマホアプリで申請・承認
・証憑画像と明細データのスムーズな突合確認
・二重申請の重複アラート
導入企業METATEAM株式会社・キャロウェイゴルフ株式会社・株式会社TENTIAL など
導入社数要問い合わせ

2.楽楽精算/株式会社ラクス

株式会社ラクス
楽楽精算【公式】累計導入社数No.1の経費精算システム|経費精算の課題解決に

  • 国内累計導入社数No.1※を誇る経費管理システム
  • 豊富な入力支援機能・チェック機能・既存の申請書を再現できる申請画面等、会計ソフトに適したデータを作成できる
  • 導入時は専任担当者がサポートしてくれる
※デロイト トーマツ ミック経済研究所「クラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2023年9月号:https://mic-r.co.jp/micit/2023/)より

初期費用100,000円
料金プラン月額費用
30,000円~
主な機能・領収書読み取り機能
・請求書処理支援
・自動仕訳・会計ソフト連携
・振込データ作成
・電子帳簿保存法対応、インボイス制度対応
導入企業ファーストキッチン株式会社・伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社・陽日酸株式会社 など
導入社数15,000社以上(※2023年9月時点)


3.TOKIUM経費精算/株式会社TOKIUM

株式会社TOKIUM
経理満足度No.1の経費精算システム「TOKIUM経費精算」(旧 レシートポスト)

  • 領収書をスマホで撮ってポストで送付するだけで経費精算が可能
  • 完全ペーパーレスで処理でき、在宅勤務社員の多い企業に有効
  • ユーザー数無制限で追加費用がかからない
初期費用要問い合わせ
料金プランビジネスプラン10,000円〜
エンターライズプラン100,000
主な機能・スマホでどこでも経費精算
・交通費精算
・領収書画像の自動データ化
・仕訳データは会計ソフトと連携
・電子帳簿保存法対応
・API連携
導入企業株式会社アルペン・株式会社トリドールホールディングス・エクシオグループ株式会社など
導入社数要問い合わせ

4.Concur Expense/株式会社コンカー

株式会社コンカー
経費精算システム 経費業務の自動化をクラウドで – コンカー

  • 外部サービスとの連携性が高い。決済アプリのPayPayや交通ICカード、名刺情報管理サービスの「sansan」といったサービスと連携可能
  • 世界8,000万人以上が利用
  • 経費規定や承認条件などのワークフローを最適化できる
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
主な機能・経費精算のペーパーレス化で電子帳簿保存法にも対応
・デジタル上での経費規定・承認条件・申請・チェックが可能
・交通系ICカードや法人カードの利用明細自動取り込み
・社員からの問い合わせやシステム管理、レポート作成業務もBPOが対応
・インボイス制度対応
導入企業株式会社ADKホールディングス・東急株式会社・日本郵船株式会社など
導入社数世界8,000万人以上が利用

5.ジンジャー経費/jinjer株式会社

jinjer株式会社
ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

  • 人事データの管理に強いジンジャーが提供する経費精算システム。他のサービスと連携させることで人事全体業務の効率化が可能
  • 承認ルート・プロセスの構築可能
  • 自動仕訳、FBデータの作成・データ出力といった便利な機能多数
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額500円
主な機能・電子帳簿保存法に対応
・申請・承認をオンラインで完結
・自動仕訳、データ出力が可能
・経理処理
・領収書読み取り
・申請承認
導入企業株式会社アスカ・株式会社ヒューマンフォーラム・株式会社森のエネルギー研究所など
導入社数要問い合わせ

6.ジョブカン経費精算/株式会社DONUTS

株式会社DONUTS
経費精算にかかる工数やミスを約1/10に削減「ジョブカン経費精算」

  • 1ユーザー400円から利用できる
  • ジョブカンシリーズのサービスと連携可能
  • シンプルな操作性で会社に馴染みやすい
初期費用要問い合わせ
料金プラン1ユーザーあたり月額400円
主な機能・交通費明細・乗換案内連携
・ICカード読み取り
・仕訳データ・FBデータ作成
・申請の共有
・承認経路分岐・作成
・代理申請・承認
導入企業株式会社ネクストリンク・株式会社Wiz・ピクシブ株式会社など
導入社数20万社(シリーズ合計)

7.Spendia/TIS株式会社

TIS株式会社
TIS株式会社

  • スマホ完結で簡単に経費精算ができる
  • 大企業の要件にも対応できる柔軟性の高いシステム
  • 承認フローをドラッグ&ドロップで設計でき、管理も楽
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
主な機能・スマートフォン対応
・入力サポート
・グループ管理機能
・自動仕訳・システム連携
・汎用ワークフロー
・インボイス制度対応
導入企業大成建設・TOTO株式会社・ツネイシホールディングス・八千代工業 など
導入社数要問い合わせ

8.J’sNAVI/NEO株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ

NEO株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ
「J’sNAVI NEO」-クラウド型経費精算システム | JTBグループ

  • 経費・交通費・交際費などの一般経費精算業務に強みを持つ
  • 法人向けの出張・宿泊関連を一括で手配でき、一括請求払いに対応。
  • 経費削減だけでなく出張費用の削減にもつながる
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額30,000円~
主な機能・電子帳簿保存法対応
・新幹線、空港券等のチケット手配
・規定チェック
・勘定科目の自動仕訳
・振込データ作成
導入企業ニデックマシンツール株式会社、株式会社フォーバル、株式会社かんでんエンジニアリングなど
導入社数800社以上

9.HRMOS経費/イージーソフト株式会社

イージーソフト株式会社
【公式】経費精算システム「HRMOS(ハーモス)経費 by eKeihi」で経費精算をカンタンに

  • 60種以上の会計ソフトへの仕訳データ出力・連携できる
  • 申請・承認処理等の大幅な業務効率化が可能
  • 企業の成長や社会情勢の変化、法改正に合わせて、その都度設定を変更することが可能
初期費用0円
料金プラン月額29,000円
主な機能・交通費精算
・経費申請・経費精算
・出張申請・出張精算
・支払依頼(請求書処理)
・承認フロー
導入企業株式会社シーエックスカーゴ・富士フィルムなど
導入社数要問い合わせ

10.freee経費精算/freee株式会社

freee株式会社
クラウド会計ソフト freee会計 – 無料で試せる法人会計

  • freee会計との連携に強みを持つ
  • 独自の機能である「タグ機能」で部門別のコストをみえる化できる
  • スマホで写真を撮るだけで簡単に経費申請・承認が可能
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
主な機能・スマホで簡単申請
・見積書/請求書/納品書の発行
・入金確認や消込、帳簿への反映
・支払管理や振込ファイルの自動作成
・証憑管理(電子帳簿保存対応)
導入企業要問い合わせ
導入社数有料課金ユーザー30万人

11.rakumoケイヒ/rakumo 株式会社

rakumo 株式会社
スケジューラーと連携する経費精算システム「rakumo ケイヒ 」

  • ユーザー管理・認証・セキュリティ機能も備わった交通費・経費精算ツール
  • 申請書を自動作成できるから、経費申請が楽
  • 経費精算の他に、勤怠管理や稟議、連絡先管理等も利用できる
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額300円〜
主な機能・電子帳簿保存法&インボイス制度対応の交通費/経費精算システム
・経費精算書の提出、印刷機能
・交通費の自動計算
・経費精算書の作成支援機能
・受取方法や費用負担部門の変更
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

12.SmartGo Staple/エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
ドコモビジネス|NTTコミュニケーションズ オフィシャルサイト

  • モバイルSuicaと連携でき、電車に乗る時は専用カードを利用するだけで経費計上可能
  • 経費専用のクレジットカード機能もあり、Stapleカードで支払い、アプリから入力するだけで申請できる
  • 「グッドデザイン賞」を受賞するほどUI・UXが洗練されており、使いやすさが魅力
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額600〜1,000円
主な機能・電子帳簿保存法対応
・プリペイドカード、モバイルSuicaで立替
・スマホで経費申請可能
・通勤費、交通費自動判別
(詳細な機能については資料ダウンロードが必要)
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

13.MAJOR FLOW Z KEIHI/パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
ワークフローなら MAJOR FLOW Z

  • 記入内容を判別して承認者を自動で割り当てるワークフローシステムが魅力
  • 承認者が不在時の代理申請や代理承認、根回しや催促等も可能。
  • 最大5言語まで対応しており、海外出張の多い企業におすすめ
初期費用50,000円
料金プラン50USER:30,000円
主な機能・交際費精算
・海外出張精算
・支払依頼
・各種帳票(支払一覧)
・事前申請 / 精算、承認状況の確認
導入企業カルビー株式会社、学校法人桃山学院、株式会社阪急交通社など
導入社数要問い合わせ

14.WAVE225旅費・経費精算/稟議/株式会社NTTデータウェーブ

株式会社NTTデータウェーブ
WAVE225 旅費・経費精算/稟議 | ペーパーレス&脱ハンコによるテレワーク推進 業務ルールや社内規定に合わせカスタマイズが可能

  • 柔軟なカスタマイズ性が魅力
  • 豊富な連携機能やモバイル対応など経費精算のしやすい機能が豊富
  • 経費精算だけでなくワークフローシステムにも強みがある
初期費用ライセンス50~180万円
料金プラン年間保守10〜36万円
月額料金20〜59万円
※月額料金はユーザー数によって変動
主な機能・旅費・経費精算機能
・経理業務支援機能
・ノンプログラミングで稟議画面の作成が可能
・承認ルールに柔軟に対応するワークフロー機能
・スマートフォン対応
・電子帳簿保存法対応
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

15.Ci*X Expense/株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス
Ci*X サイクロスシリーズ

  • 使いやすさを重視したUI/UXにより、社内ツールとして浸透しやすい
  • グループでの利用を前提とした機能が豊富
  • 1000名以上在籍する企業向きの経費精算システム
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
主な機能・入力内容の自動サジェスト
・証憑画像と入力フォームの並列表示
・請求業務の電子化、自動化
・タイムスタンプ付与、一括検証
・他の基幹業務システムとのスムーズな連携
導入企業株式会社ライフコーポレーション、キッコーマン株式会社、イーグル工業株式会社など
導入社数要問い合わせ

その他おすすめの経費精算システム28選

MAJOR FLOW Z KEIHI
WAVE225旅費・経費精算/稟議
Ci*X Expense
経費BANK
eKeihi
バクラク経費精算
freee会計
MOT経費精算
Staple
BIZUTTO経費
TeamSpirit経費精算
ネクストICカード
経費の獅子
SmartFlow経費精算
皆伝!ワークフロー
Shachihata Cloud
kincone
らくらく旅費精算
STREAMED
Travel Manager
接待ステーション
ビズトラ(株式会社AIトラベル)
ExchangeUSE
BTOL
クラウド会計 freee エンタープライズプラン
SATSAVE
TravelersWAN
Coupa


経費精算システムを選ぶ際の5つのポイント

ここでは、経費精算システムを選ぶ際のポイントについて紹介します。

  • 電子帳簿保存法などの法令に沿った運用ができるか
  • 自社の体制に合った設定ができるワークフロー機能があるか
  • 基本料金に含まれているサービスと初期費用やオプションにかかる料金はどのぐらいか
  • 海外出張でも処理が可能か

ポイント1.電子帳簿保存法に沿った運用ができるか

法的要件を満たした運用をするためには、電子帳簿保存法にも対応できる経費精算システムかどうか確認をしましょう。

電子帳簿保存法とは、国税関係の帳簿書類に関する保存や管理方法について定めた法律です。

参考:電子帳簿保存法をわかりやすく解説!活用メリットと申請の流れ

電子帳簿保存法に対応している経費精算システムの特徴は、「検索機能で可視性が確保されている」「法的要件を満たしたスキャナ保存ができる」などが挙げられます。

電子帳簿保存法に対応している経費精算システムを選ぶことで、法令に基づいた運用ができるだけではなく、ペーパーレス化の実現も可能となります。

参考:事例に学ぶ「ペーパーレス化」働き方改革を失敗しないための方法、ツールとは

ポイント2.自社の体制に合った設定ができるワークフロー機能があるか

社内体制に合った設定ができるワークフロー機能が搭載されているかどうか確かめましょう。

経費精算システムでは、承認者の階層や条件分岐などを設定することができます。

しかし、どれぐらい細かく設定できるかはシステムによって異なります。

とくに組織の規模が大きい場合は、承認者の人数も多くなったり、金額などによる分岐が細かくなったりし、設定が大変になりがちです。

そのような場合でも問題なく対応できるワークフロー機能があれば、柔軟に設定でき、安心して運用できるでしょう。

そのため、経費精算システムを導入する前に、どのような承認ルート・条件分岐を求めるかシミュレーションをしてみて、それに対応しているワークフロー機能があるシステムかどうか確かめましょう。

ポイント3.セキュリティ体制が整備されているか

その経費精算システムにセキュリティ体制が整っているか確認をしましょう。

システムで管理する書類データは、企業の機密情報が含まれている場合があります。そのため、情報の漏洩や不正利用をされてしまえば、企業にとって大きな損失となるでしょう。

安心して管理・運用していくためには、セキュリティ体制が整備されているシステムを選ぶようにしましょう。

セキュリティ体制が整備されているシステムは、以下のような特徴があります。

  • 「ISO27001」の認証がある
  • SSL暗号化通信に対応している
  • 不具合があった際にすぐに通知が来る

参考:不正アクセスの対策方法とは?主な手口と防止策について解説

ポイント4.海外出張でも処理が可能か

海外への出張が多い企業であれば、海外出張にも対応している経費精算システムかどうか確かめましょう。

国内出張にしか対応していないシステムだと、領収書などの処理ができなくなってしまいます。

もし海外出張に対応しているシステムであれば、外貨の入力・計算や英語表記の領収書の読み取りができます。

海外出張がある、もしくは今後海外出張をする可能性がある企業は、このような特徴を持つシステムを選定すればスムーズに処理ができるようになります。


まとめ

本記事では43社の経費精算システムを紹介しました。

経費精算システムとは、交通費や立替費用などの経費の精算を効率的に行うためのシステムのことを指します。

紙での管理に手間がかかっていたのが、経費精算システムによって管理・処理が楽になります。

経費精算システムを選ぶ際は、以下の4つのポイントを基準にすると効率よくサービスを選定できるでしょう。

  • 電子帳簿保存法などの法令に沿った運用ができるか
  • 自社の体制に合った設定ができるワークフロー機能があるか
  • セキュリティ体制が整備されているか
  • 海外出張でも処理が可能か

本記事の情報を参考に、自社にフィットする経費精算システムを見つけてください。

参考にしたサイト

経費精算システム比較15選!機能・特徴を一覧表でわかりやすく|アスピック
おすすめの経費精算システム22選を比較表で紹介!機能や導入効果も解説|ITトレンド
【2023年】経費精算システムのおすすめ10製品(全37製品)を徹底比較!満足度や機能での絞り込みも
【比較表あり】 経費精算システムおすすめ比較!価格・機能・クラウド対応一覧 | BOXIL Magazine
経費精算システム比較10選!5つの比較ポイントと機能を解説 | TOKIUM(トキウム) | 経費精算・請求書受領クラウド
経費精算システム比較16選【機能比較表】導入メリットや価格、工数削減できる商品を紹介 – ビジトラmedia
経費精算システム比較4選-経費精算
経費精算システムおすすめ10選を比較!選び方も解説|PRONIアイミツ SaaS
【2023年版】経費精算システムのおすすめ33選を比較!機能・料金・口コミを解説 – SaaS LOG
【2023年8月最新】経費精算(交通費精算)ツール比較22選。 | SFA JOURNAL