Webマーケティングの基礎知識|絶対知っておきたいポイントを5分で解説

あなたは、「Webマーケティングって何?」と聞かれて、しっかりと答えられる自信がありますか?インターネットに関することだとはわかるけど、具体的に説明するのは難しいですよね。

本記事では、eラーニングサービス『ジッセン! オンライン』にて公開されている「Webマーケティング基礎講座」から、Webマーケティングの全体像や、学んでいく上で役立つ考え方、そして周囲に差をつける成果向上の方程式を紹介していきます。講師は、業界で10年以上経験を持ち、年間100本以上のセミナーをこなす、株式会社ラグランジュポイント代表取締役の高田晃氏です。

今後専門的な知識を身に着けるためにも、まずは基本のキを身に付けていきましょう。

Webマーケティングを体系的に学べるeラーニングサービス(登録無料)

※本記事は株式会社サーチライフ提供によるスポンサード・コンテンツです。

Webマーケティングとは:インターネットを利用した目的達成のためのプロモーション活動

人によって定義が微妙に異なりますが、おおまかに言いますと、WebマーケティングはWebサイトを中心に行うプロモーション活動です。

「インターネットを利用し、いかに顧客を獲得し、売り上げを伸ばすのか」という課題を解決するために生まれました。

Webマーケティングの例

– インターネット広告を活用した自社の商品や宣伝告知
– Webサイト上での商品販売
– Webサイトを起点とした顧客との持続的なコミュニケーション

Webマーケティングの勉強に役立つ、前提となる知識:ユーザーの行動特性とメリット、5つの目的

インターネットユーザーの行動特性

Webマーケティング基礎1Webマーケティング基礎|ジッセン! オンライン

Webマーケティングを理解していく上で、まずはインターネットユーザーならではの行動特性を理解しましょう。

1、自分なりの目的をもって閲覧

ユーザーは自分で検索ワードを入力後、クリックしてページ間を移動する必要があるため、目的意識をもって行動している人が多いです。

2、最新情報の掲載が当たり前

ユーザーはオンライン上には最新情報が載っているものとして閲覧しています。例えば、テレビCMや電車の中吊り広告で見た情報は当然、Webサイト上にアップされていると考えているでしょう。

3、斜め読みが基本

PCやスマートフォンのモニターを通じて見なければならないため、紙の媒体と比べて読み手への負担が大きいです。そのため、ユーザーは斜め読みをするだけで、しっかり読んでくれることはあまりないでしょう。

読み込まなければ理解できない情報や、欲しい情報がどこにあるのかすぐに分からないと、ユーザーは興味を失ってページから離脱してしまう恐れがあります。

4、他のサイトとの比較は忘れない

インターネット上では情報収集が手軽なため、類似商品や類似他社と比較して、相対的に判断している人が多いです。例えば、海外旅行をする際に飛行機の値段を比べない人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

こういったインターネットユーザーならではの行動特性を理解しておくことで、Webマーケティングで行われる施策の意図がつかみやすくなります。

Webマーケティングの利点

Webマーケティング基礎2 Webマーケティング基礎|ジッセン! オンライン

続いては、一般的なマーケティングと比較した、Webマーケティングの利点を見ていきましょう。

1、地域の制約がない

インターネット上ではユーザーがどこからアクセスしていようと関係がないため、地方にある商店でも、日本全国のユーザーが顧客となります。

2、低コストで実施できる

無料でWebサイトを作成することも可能なため、努力次第では、金銭的コスト無しで顧客の取り込みも可能。

3、効果を測定しやすい

テレビCMや看板広告などは、実際の効果を測定しにくいですが、Webマーケティングの施策はデータとして効果が可視化されるので、対策や今後の計画が立てやすいです。

Webマーケティング5つの目的

Webマーケティング基礎3Webマーケティング基礎|ジッセン! オンライン

1、会員獲得
2、物販
3、販売促進
4、来店誘導
5、ブランディング

Webマーケティングの目標は以上のように5つの目的があるのですが、実務的には会員獲得か物販、販売促進に当てはまることが大半で、中小企業は特にその傾向があります。 来店誘導とブランディングは効果の測定が難しいため、広告費に余裕のある大企業向けでしょう。

周りと差をつける成功方程式:成果の向上=集客×接客×再来訪

Webマーケティング基礎4Webマーケティング基礎|ジッセン! オンライン

Webマーケティングのおおまかな流れ

Webマーケティングは以下のような流れで、目指すゴールへと顧客を誘導します。
顧客を集客 → Webサイト上にて接客 → ゴールに導く

Webサイトに訪問したすべての顧客がゴールへと到達するわけではないので、途中で離脱した顧客をいかに再来訪させるのかも、Webマーケティングをやっていく上で重要となってくるでしょう。

そのため、Webマーケティング全体の成果を向上させる成功方程式として次のようなものがあります。

[成果の向上=集客×接客×再来訪]

1、集客

Webマーケティング基礎5 Webマーケティング基礎|ジッセン! オンライン

Webマーケティングにおいて、顧客を集めてくる手法はおおまかにインターネット広告を使用する場合としない場合の二つに分かれます。

→インターネット広告
・検索結果の上部に表示される検索連動型広告
・画面上に突如現れるポップアップ広告
・自然と記事などのコンテンツの一部分化しているネイティブ広告

→インターネット広告以外の集客方法
・Yahoo!JAPAN、Googleなどの検索エンジンで上位に表示させるSEO対策
・メルマガ配信
・SNSなどのソーシャルメディア

参考:検索連動型広告とは:リスティングとの違いと低リスクの始め方
   検索エンジン最適化(SEO)の仕組みと押さえておきたい3つの対策
   ネイティブアドの基本と、押さえておくべき3つの注意点まとめ

2、接客

Webマーケティング基礎6 Webマーケティング基礎|ジッセン! オンライン

接客とは、Webサイト上に集めてきた顧客を、取りこぼすことなく目的とするゴールへと導くための施策で、簡単にいうとWebサイトをユーザーフレンドリーな環境に整えます。

→接客の施策
・専用のランディングページの作成
・エントリーフォームなどの最適化
・PCやスマホなど媒体に合わせたサイト作り

参考:【完全保存版】必見!成果を上げるランディングページの作り方
   入力フォーム改善でCV率1.6倍!成果を上げる18のテクニック
   スマホ対応まだしてないの?初心者でも分かる対策方法4選

3、再来訪

Webマーケティング基礎7 Webマーケティング基礎|ジッセン! オンライン

Webサイトに一度でも訪問したことのある顧客に対して、メールや広告などで情報を再度届けると、新規の顧客よりもゴールに導ける可能性が高いです。

→再来訪の施策
・メルマガ配信
・リターゲティング広告

参考:リターゲティング広告で絶対抑えなければならない4つのポイント

集客と接客、そして再来訪の三つの施策をそれぞれ活用すると、相乗効果的に全体の成果が向上するのです。

まとめ

少々長くなってしまいましたが、こういった全体像をしっかりと捉えておくのは、Webマーケティングをより深く学び、活用していく上で、必ず役に立ちます。 ぜひ基本となる考え方を身に着けて、Webマーケティングで多くの成果を上げていきましょう。

動画でWebマーケティングを学ぶ(広告)

今回の記事は、株式会社サーチライフが提供しているeラーニングサービス『ジッセン! オンライン』の「Webマーケティング基礎講座」を基としました。

『ジッセン! オンライン』は、体系的に学習することが難しいと言われるWebマーケティングの分野に特化したeラーニングサービスとなっており、時間と場所を選ばずに、一流のマーケターの講座を動画で学習できます。

サービスの立ち上げから3年が経ち、2017年11月末時点で7,500人以上のユーザーが登録しており、講座数180以上・1,000を超える動画コンテンツが公開中です。

主な講座カテゴリ

・Webマーケティング ・リスティング広告 ・ディスプレイ広告 ・SNS、ソーシャルアド、アクセス解析 ・Webデザイン(Illustrator・Photoshopなど) 下記のURLよりオンライン上で登録可能です。

『ジッセン! オンライン』の無料会員登録はこちら

・無料会員は無料動画120本と有料動画の一部分を3本まで視聴可能 ・有料会員は月額4,900円(税別)/年額49,000円(税別)ですべての動画を見放題

※本記事は株式会社サーチライフ提供によるスポンサード・コンテンツです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
田村聡

田村聡

Webマーケティングを積極的に展開している、中小企業ベンチャーの方々の力添えになれる記事を書きます。