ローカルSEOとは?MEOと違う?対策方法や効果、ポイントまで徹底解説

ローカルSEOは、自社のビジネス情報をユーザーに知ってもらう機会が増えるため、特に店舗事業を営んでいる方にとってはマーケティング手法の中でもより重要となる施策です。

コロナ禍において、来店前に店舗情報を収集するユーザーが増えている観点でも、ローカルSEOは必要と言えるでしょう。

こういった状況にあって、自社情報をGoogle検索などで掲載順位を向上させたいと思われている事業者様も多いのではないでしょうか。

一方で、ローカルSEO・MEO対策など様々な店舗集客の手法の情報が発信されるが、自社にとって取り入れるべき施策かわからない、という声もよくお聞きします。

本記事では、主に以下のことについて解説していきます。

  • ローカルSEOの仕組みやMEO対策との違い
  • 実施することで得られる効果・必要な手順
  • Googleからペナルティを受けない適切な施策
  • 効果を出すためのポイント

表示順位を下げたり、検索結果に掲載されないという事態を起こさないためにも、適切な手順で実施する必要があります。正しい知識と効果のある方法で取り組み、自社の情報をより多くの方に知ってもらいましょう。

Googleマイビジネス運用におけるポイントと事例紹介


ローカルSEOとは

検索窓に地域名ジャンル(例えば「ラーメン」)のキーワードを入れ検索した際に、自社の情報を上位に表示させる施策をいいます。

「近くの整骨院」など、周辺店舗をスマートフォンで検索するユーザーが多くなっていることはご存じでしょうか。それだけローカルSEOの必要性が高まっているということです。

例えば、「六本木 カフェ」と検索すると六本木のカフェ情報が表示され、ユーザーは「こんなところに、こんなお店があるんだ」と情報をいち早く得ることができます。

また、「カフェ」と単体で検索しても、必ず店舗に行く必要のある検索ワードの場合には、同様に検索者の周辺情報が表示されます。

画像:「六本木 カフェ」で検索すると六本木のカフェ情報がマップ付きで表示される

ローカルSEOの対策を行い自社の情報を上位表示させることで、効果的な集客導入を行うことが可能です。

またGoogleでは地域に焦点を当てた検索結果として、Googleマイビジネスに登録された情報が表示されます。ローカルパック・ナレッジパネルといったメニューが代表的です。

このGoogleマイビジネスの情報を充実させることが、ローカルSEOの肝になります。ユーザーが求めている情報を、正しく、スピーディーに(最新)提供するようにしましょう。

MEOとの違い

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略語で、Googleマップ検索に特化した最適化のことです。店舗情報をGoogleのアルゴリズムに沿って最適化することにより上位表示が狙えます。

注意すべきは、MEOという用語は日本でしか使われておらず、Google公式でも用いられていません。「ローカルSEO」が「MEO」を包括する概念になっているのですが、時としてローカルSEOとMEOを同じ意味合いで使われることもあり、その定義は曖昧です。

本記事では、ローカルSEO=地域に関連したキーワードに対するSEOと定義し、ローカルSEOに表現を統一して解説します。

取り組むべき企業

ローカルSEOは、店舗事業を営んでいる方すべてが取り組むべき施策です。

コロナの影響でユーザーの検索機会が増加しており、休業や営業時間などの情報を正しく載せていないと、ユーザーの来店機会を損失してしまいます。

またGoogleが提唱しているWebマーケティング理論にZMOT(Zero Moment of Truth)というものがあります。これは、ユーザーは来店前に購入を決めており、来店前の情報収集ユーザーへのアプローチが必要、という内容です。コロナ禍で気軽に外出できなくなっていることも、これに拍車をかけていると考えられます。

更に、Googleの自然検索結果よりもGoogleマップやGoogleマイビジネスの情報が上位に表示される傾向が強まっています。これもコロナによるユーザーの行動変化が影響していると考えれます。

これらの理由から、ローカルSEOは店舗集客をするために必ず取り組む必要のある施策になってきているのです。

実際の表示のされ方

ここからは、ローカルSEOを取り組んだときに、実際にどのような表示のされ方をするのかについて解説します。

代表的なものはローカルパックナレッジパネルです。まずは狙ったキーワードでローカルパック・ナレッジパネルにきちんと表示された状態を目指しましょう。

ローカルパック

画像:ローカルパック

図の赤枠の部分がローカルパックです。ユーザーがキーワードを検索した際に、地図と店舗情報が画面上部に表示されます。地域情報をまとめて表示しているため、通常の検索結果よりもクリック数を増やす効果が期待できます。

先述の「関連性・距離・知名度」を満たした上位3つのビジネス情報がローカルパックに表示されます。この上位3つに入らなければクリック数はそれほど期待できません。上位3つに入るために、関連性・距離・知名度を意識しましょう。

特に近年では、ローカルパックが上位表示されることが多くなりました。大手ポータルサイトなどよりも上位に表示されるため、ローカルSEOの重要性がより増していると言えます。

ナレッジパネル

画像:ナレッジパネル

ナレッジパネルは、会社名や人物名などのキーワードで検索した際に、上部右側に表示される情報ボックスのことです。

ユーザーにとって、店舗のサイトを経由して情報を得なくても、ナレッジパネルで大まかな情報を得られるメリットがあります。

ナレッジパネルで表示される情報は、企業名・リンク・所在地・営業時間・口コミなどです。上位に表示させるには、これらの情報を充実させておく必要があります。

また、ローカルパックとの違いは画像やイベント情報も表示できるという点です。店舗の内外装やイベント情報を登録すると表示できるため、ユーザーの興味関心を高めることもできます。

掲載順位の決定要素

Google検索で掲載される順位の決定には、以下の3つの要素が用いられています。

  • 関連性
  • 知名度
  • 距離

参考:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する|Googleマイビジネス ヘルプ

関連性

関連性とは、検索キーワードとGoogleマイビジネスの情報の関連性を指します。ビジネス情報を充実させることで、検索語句との関連性が高まり順位向上も期待できます。

ユーザーが検索しそうなキーワードを想定し、マイビジネスの情報を紐づけていくと上位表示もされやすくなります。ビジネス情報は適当に記載せず、正しく充実させることが大切です。

例:美容院の場合はカテゴリ「美容院」を選択する

知名度

知名度は、Web上の知名度やオフラインでの知名度も上位表示の要因とされています。

Web上では記事・サイトの充実度やクチコミなども影響するので、オフラインの知名度と一緒にオンラインの知名度も上げていきましょう。またウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO施策に取り組むことも重要です。

距離

距離は、検索キーワードで指定した場所からの距離を指します。キーワードに地域名が含まれていない場合(”ラーメン”単体など)は、ユーザーの現在地から近いものが上位表示されやすくなります。

正しい住所を載せることで、検索結果に上位表示されやすくなります。近い距離にいるユーザーへアピールするため、誤字脱字や表記ゆれがないよう、間違いなく住所を載せましょう。


ローカルSEOのメリット・デメリット

ローカルSEOに取り組むためにも、まずはそのメリットとデメリットを把握しましょう。

メリット

ローカルSEOのメリットは以下のとおりです。

  • 無料で実施できる
  • 競合が少ない
  • 表示機会が増えている
  • ユーザーのアクションに繋げやすい

無料で実施できる

広告は出稿するのに費用が掛かりますが、ローカルSEOはすべて無料で実施することが可能です(人件費は除く)。Googleマイビジネスに一定の情報を登録するだけで、来店意欲のあるユーザーが自社サービスに触れる可能性を上げることができます。

無料かつ効果も高い施策なので、店舗集客をしたい事業者はまず取り組むべき施策です。

競合が少ない

コロナの影響もあり、ローカルSEOの注目度は上がっていますが、きちんと取り組めていない店舗も多いのが現状です。基本的な施策を正しく実施するだけで、十分に効果が期待できます。

表示機会が増えている

こちらもコロナの影響で、店舗の営業状況などを検索するユーザーが増えてきています。それも関係しているのか、キーワードを検索したときにGoogleマップが上部に表示されることが増えています。

Googleがローカル情報を積極的に表示させようとしていることがうかがえます。

ユーザーのアクションに繋げやすい

来店する前の情報収集や確認が目的で検索されることが多いのが、ローカルワードの特徴です。

”横浜 ラーメン”や”表参道 美容院”といったキーワードは、実際に横浜のラーメン屋や表参道の美容院に行きたくて、どこに行こうか迷っている人が検索します。その時に、正しい情報を十分に届けられれば、ユーザーを来店や問い合わせなどのアクションにつなげることができるでしょう。

デメリット

ローカルSEOのデメリットは以下のとおりです。

  • 悪評を受ける可能性もある
  • Googleの評価アルゴリズムに左右される

悪評を受ける可能性もある

いただいたクチコミの中には、当然悪い評価をいただくこともあります。著しく低評価が集まると、来店に悪影響を及ぼすことも考えられます。しかしそれを後ろ向きに捉えるのではなく、お客様の生の声を聞ける機会として捉え、真摯に向き合いましょう。

またクチコミの返信は他のお客様も見ていますので、誠意を持って返信し、お詫びと改善の意思を伝えると良いでしょう。

Googleの評価アルゴリズムに左右される

SEOと同様に、Googleの評価アルゴリズムは頻繁に変更が加えられます。その変更によっては、これまで最上位表示されていたものの順位が低下することもあります。

このようなアルゴリズムの変更に合わせて掲載情報を追加・修正する必要があるので、その分の工数が掛かることは認識しておくと良いでしょう。


ローカルSEOの必須対応事項

ローカルSEOは、以下の5つを必須で取り組む必要があります。

  • オーナー認証登録
  • 写真の登録
  • ビジネス情報の設定
  • 正確な営業時間の設定
  • クチコミへの返信

これらの対応を行わなければローカルSEOのゴールである掲載順位の向上、そして、新規顧客獲得も期待が薄れてしまいます。

それぞれについて、詳しく解説していきます。

オーナー認証登録

ローカルSEO対策を行うためには、Googleマイビジネスのオーナー認証の登録を行いましょう。Googleマップなどの検索結果にビジネス情報を表示させるためには、オーナー確認が必要になります。

現状を知るためには、Googleマイビジネスにアクセスし、左上にある『ビジネス情報の管理』を確認しましょう。オーナー確認が完了している場合は、確認済みのステータスになっています。確認ができていない場合、保留や未確認と表示されているので、登録を行う必要があります。

登録には、オーナー確認コードが必要になるので取得しましょう。取得方法は、電話・メール・ハガキから選択できますが、新規で開業した場合は郵送のみとなる場合もあります。

3つの選択方法いずれかでオーナー確認コードを取得したら、Googleマイビジネスにアクセスして「オーナー確認を行う」をクリックしましょう。

そのまま手順に沿って手続きを進めれば、登録完了です。

画像:実際のオーナー確認画面

写真の登録

ユーザーの興味関心を高めるために、写真の登録を行いましょう。

的確で訴求力のある写真を掲載すれば、求めている商品やサービスが自社にあることをユーザーにアピールすることができます。

例えば、写真がなくビジネス情報のみが掲載されているA社と、写真とビジネス情報どちらも充実しているB社では、やはりB社の方が魅力的に見えるでしょう。スマートフォンで見る場合にも、文字は読まずに写真だけを見ているユーザーが多いことからも、写真の登録はしておいた方が良いです。

構図や光の加減、加工で魅力的な写真を用意することができます。デザインを考えることが苦手な方は、検索などで目につく写真の構図などを参考にしてみるといいでしょう。

画像:「動物園」での検索結果。動物の画像がクリックを誘う。

ビジネス情報の設定

ビジネス情報を設定し、ユーザーにどのような店舗であるかアピールしましょう。基本的な情報は意外と見られているものなので、なるべく空白部分がないように設定しておく必要があります。

設定する主な情報は、住所・電話番号・カテゴリ・属性・webサイトなどです。

業種によっては空白を埋められない場合もあると思いますが、ビジネス名・住所・電話番号は必ず記載するようにしましょう。後程詳しく説明しますが、この3つの情報はGoogleがその店舗を判断するときに役立つ情報です。

以上を踏まえて、基本的なビジネス情報をしっかりと設定してください。

画像:「表参道 美容院」での検索結果。ビジネス情報を入力しないとどのお店か分からない。

正確な営業時間の設定

ユーザーが安心して店舗に足を運べるよう、正確な営業時間を設定しましょう。

開店や閉店時間、祝祭日、イベントに合わせたイレギュラーな営業時間などを定期的に更新しておくことで、ユーザーは安心して店舗に訪れることができます。

営業時間を記載していない店舗をよく見かけますが、それでは離脱に繋がる可能性が高いです。正確な営業時間を定期的に更新し、ユーザーに安心感を抱いてもらうことで定着してもらう狙いもあります。

画像:東京タワーのナレッジパネル。コロナによる緊急事態宣言のため臨時休業と表示。

クチコミへの返信

ユーザーからのクチコミに返信し、ユーザーと共に店舗を盛り上げましょう。

クチコミに返信することで、顧客の意見などを尊重していることを、他のユーザーにも伝えることができます。

また、ユーザーからのよいコメントが来ることで店舗自体の印象もよくなり、店舗へ出向く確率も高くなるでしょう。

ただし、ポジティブなコメントばかりではなく、ネガティブなコメントも記載されることがあります。そういったネガティブなクチコミにも真摯に向き合って、返信しましょう。他のユーザーはそのやりとりも来店するかしないかの判断として見ています。感情的に返信してしまうと離脱に繋がる可能性もあるので、冷静に対応する必要があるでしょう。


効果が出るローカルSEOのポイント

ただ闇雲に施策を行っていても、なかなか効果は出ないでしょう。ここからは、効果が出るローカルSEOのポイントを解説していきます。

ポイントは以下の4つです。

  • 「NAP」表記を統一する
  • タイトルに自社の店舗情報以外のワードを入れない
  • クチコミにインセンティブをつけない
  • 業界ごとに適切なフォーマットが存在する

「NAP」表記を統一する

Googleが同じ店舗であるか判断できるように、NAP表記を統一しましょう。

NAPとはName(名前)・Address(住所)・Phone(電話番号)の頭文字を取った用語です。

自社サイトやGoogleマイビジネスなどの表記に揺れがあると、Googleは同じ店舗であるか判断がつきにくくなります。

例えば、店舗名はアルファベットなのかカタカナなのか、住所や電話番号には「ー」を使用するのかなど、表記が統一できているかチェックする必要があります。

情報が正確であると判断されると上位表示の期待ができるので、NAP表記は必ず統一させましょう。

タイトルに自社の店舗情報以外のワードを入れない

Googleマイビジネスの名前に店舗情報以外のワードは、絶対に入れてはいけません。

検索でヒットさせるために、ビジネス名に自社の店舗情報以外のタグなどを記載している店舗がありますが、それはGoogleポリシーに違反します。

例えば飲食店の場合、「地域で一番安い・おしゃれ・〇〇駅から徒歩〇分」などの表記はNGです。

ポリシー違反をしてしまうと、検索結果が上位に表示されない事態にもなるので、絶対に不要なワードは入れてはいけません。トラブルを避けるためにも、記載前にGoogleマイビジネスヘルプをご確認ください。

参考:ヘルプセンター|Google マイビジネス ヘルプ

クチコミにインセンティブをつけない

評価を上げるために、クチコミにはインセンティブをつけてはいけません。

Googleは純粋なクチコミを評価したいため、インセンティブをつけたクチコミはガイドライン違反としています。ガイドラインに違反した場合は、掲載停止や最悪アカウント停止の事態に発展することもあるので注意が必要です。

Googleがクチコミの内容に対してガイドライン違反としているのは、割引などのインセンティブ以外に、なりすまし・関連性のないコンテンツ・スパムなどが挙げられます。

よかれと思ったことでも違反となる場合もあるので、ガイドラインに則って運営しましょう。

詳しくは以下のページでもご確認頂けます。

参考:禁止および制限されているコンテンツ – マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー|Google ヘルプ

業界ごとに適切なフォーマットが存在する

自店舗の業種に合った的確なフォーマットを選択しましょう。

この業種が適切なものでないと、検索結果で表示されにくく、ユーザーに不信感を抱かせる可能性もあるためです。

例えば、カラオケ付きのバーを経営している場合には、具体的に「カラオケ バー」を設定するといいでしょう。

現在、多種多様のフォーマットが用意されているので、ほとんどの場合に適切な業種を選択することができます。

しかし、スーパー兼薬局などの場合は、スーパー兼薬局のフォーマットがないため、「スーパー」と「薬局」を選ばなくてはいけません。

カテゴリ選択は、メインカテゴリ1つと追加カテゴリ最大9つまで設定できるので、適切な情報を設定しましょう。


【初心者向け】ローカルSEOに取り組む際にまずすべきこと

ここまででローカルSEOの基本などを解説してきましたが、初心者の方は上記以外にも取り組むべきことがあります。それは以下の3つの取り組みです。

  • 競合との比較
  • 多店舗の場合はまず1店舗から
  • ローカルSEOサービスの検討

この取り組みを行うことにより、ローカルSEOが初めての方でも、分析や見方などが理解しやすくなります。ローカルSEO含め、マーケティングで必要不可欠なことでもあるので、まずは以下の内容をしっかりと取り組んでいきましょう。

競合との比較

より効果を高めるために、競合店と自店舗を比較してみましょう。比較することで、ユーザーが何に興味があるのかを分析することもできるためです。

例えば、目視で競合店と比較した際に、自店舗はどのように見えるかを確認してみましょう。競合店に興味があるユーザーは何を見ているのか、潜在的なニーズなどを把握しましょう。

また、比較してみると思いもよらない自社の強みなども見つけられることがあります。比較検討された際に、自店舗が選ばれるかどうかを把握しておきましょう。

多店舗の場合はまず1店舗から

店舗が複数存在する場合は、まずは1店舗から取り組みを始めましょう。

これは、冷静な分析や時間の活用、対応などをしっかりと行うためです。はじめから多店舗のローカルSEO対策を行ってしまうと、クチコミの対応など単純に手が回らなかったり、分析に時間がとられます。まずは、1店舗から始めて数値の変化を可視化していく方法がいいでしょう。

ローカルSEOサービスの検討

ローカルSEO対策にしっかりと取り組みたいという方は、ローカルSEOサービスの検討をしてみましょう。

多店舗運営をしている場合など、管理が煩雑となり、情報改ざんの対応やデータ分析に時間がとられることがあるためです。管理やデータ収集で時間を費やすと仕事の効率にも影響し、なかなか上位表示されないなど、本末転倒な結果に繋がる可能性もあるでしょう。

ローカルSEOサービスは、業者によってサービスが異なりますが、分析やクチコミ返信の対応などを代行で行ってくれるサービスです。

ただし、ローカルSEOには悪質な業者が存在するのもまた事実です。過去の実績やGoogleのガイドラインに則っているかなど、選ぶ際はポイントを押さえておく必要があります。

以下の記事では業者選びのポイントや費用相場、おすすめなども解説していますので、気になる方はぜひご確認ください。

参考:成果につながるMEO業者の選び方と費用相場を解説!おすすめMEO業者5選


まとめ

ローカルSEOは、特定の地域にある店舗情報を調べているユーザーにとって、非常に重要でインパクトのある施策です。

ユーザーが知りたい情報を提供することで、自社のビジネス情報に触れてもらうことが大いに期待できます。そのためには、自社の掲載情報を見直し、改善に取り組むことが重要です。

ローカルSEO施策を行い、掲載順位の向上、そしてその先にある新規顧客獲得を目指しましょう。

Googleマイビジネス運用におけるポイントと事例紹介